主題

【日本新聞翻譯】《男性の育休取得促進 新たな仕組みづくりなど検討へ 厚労省》

拉麵蘭 | 2020-11-12 17:53:13

男性の育休取得促進 新たな仕組みづくりなど検討へ 厚労省
2020年11月12日 17時05分
 
男性の育児休業の取得促進に向け、厚生労働省は、子どもが生まれた直後に短期間の休暇を組み合わせて、4週間程度休むことができる新たな仕組みづくりなどについて、検討を進めることになりました。
 
厚生労働省によりますと、去年10月の時点で、育児休業を取得することができる人のうち、実際に取得した人の割合は、女性が83%だったのに対し、男性は7.48%でした。
 
こうした現状を踏まえ、厚生労働省は、男性が育休を取得しやすい環境作りに向けて、労使の代表などで作る審議会で議論を行っていて、12日に新たな案を示しました。
 
それによりますと、女性の負担が大きい出産の直後に休みやすいよう、子どもが生まれてから8週間以内は、短期間の休暇を組み合わせて4週間程度、休むことができる新たな仕組みを検討するとしています。
 
また、
▽原則1回となっている育児休業を、2回程度にわけて取得する「分割取得」を、出産からの時期に関係なく広く認めることや、
▽企業に対して、取得のための職場環境の整備や、労働者への制度の周知を義務づけるとしています。
 
現在は、有期契約の非正規労働者は、育児休業の取得は雇用期間が1年以上という要件がありますが、これをなくすことも提案されました。
 
この案に対して企業側の委員からは、人手不足に悩む中小企業の負担を軽減するため、支援策もあわせて検討すべきだという意見が出されました。
 
専門家からも、短期間の休みを組み合わせる新たな仕組みをつくると、男性の育児休業は短期間でいいという考えが定着してしまう懸念があり、将来的には男女、ともに希望に応じて長期の休みを取れるようにすべきだという意見も出されました。
 
厚生労働省はこの案をもとに、審議会で議論を進めたうえで答申をまとめ、必要な法改正を行うことにしています。
 
翻譯:
促使男性取得育嬰假,日本厚生勞動省將推出新提案。
2020年11月12日 17點05分
 
為了促使男性能更容易取得育嬰假,日本厚生勞動省目前正對新提案進行商議,提案內容預定為在嬰兒出生後,可以自由決定短期休假期間,取得總計約4週左右的育嬰假。
 
依據厚生勞動省的資料來看,單看去年10月,有資格請育嬰假的人當中,成功取得育嬰假的人,女性達83%,但男性只有7.48%。
 
因應此情形,厚生勞動省決定要讓男性更容易取得育嬰假,因此邀請勞資雙方代表等人召開審議會,對此提出議論,於本月12號發起新的提案。
 
此外,新提案也提到,為了讓剛生完小孩、此時身體負擔最重的女性能更容易請假,可在小孩出生後的8週內,自由決定短期休假期間,取得總計4週左右的育嬰假。
 
▽原則上只能請1次的育嬰假,可分為2次左右「分開請假」,且跟出生後過幾天沒關係。
▽企業應有能讓員工請育嬰假的職場環境,並且有瞭解勞動者相關制度的義務。
 
現今,針對定期契約的非正式員工,需在職滿一年後才能請育嬰假此規定
,厚生勞動省也提出要取消此一規定。
 
對於此提案,企業方的委員也提出意見,對於苦於人手不足的中小企業,政府也應有相對應的對策支援,以減輕其負擔。
 
專家也提出意見,若自由決定短期育嬰假此提案通過後,擔心可能會使未來男性在請育嬰假時,變成只能請短時間的育嬰假,希望將來能制定出不論男女都能滿意的請假辦法。
 
厚生勞動省對於此意見,表示會在審議會進行議論後才做答覆並修改相關法條。
 




育嬰假離我好遠,我應該是不會生小孩才是,

沒錢也沒自信當爸爸就是。



52 巴幣: 6
偽 § 正義の人
日本男社畜應該不敢請這個假吧.... 裝飾用的政策
2020-11-12 17:56:54
拉麵蘭
所以請假率只有7%...
2020-11-13 14:02:10

更多創作