主題

【日本新聞翻譯】《全世界總工時銳減,等同於有2.55億人失業。》

拉麵蘭 | 2021-01-26 17:51:05 | 巴幣 6 | 人氣 87

世界の総就労時間減 25500万人失業相当若者 女性対策を
2021126 524
ILO=国際労働機関は、去年の世界の総就労時間が新型コロナウイルスの感染拡大前と比べて8.8%減少したという推計を公表しました。2億5500万人が失業したことに相当するということです。
ILOは、世界の総就労時間が感染拡大前のおととし10月から12月に比べてどの程度減ったかを3か月ごとに推計していて、25日、去年1年間の平均では8.8%の減少だったと発表しました。

フルタイムで働く2億5500万人が失業したことに相当し、リーマンショックのあとの2009年に比べておよそ4倍にあたるということです。
若者は特に深刻 女性への影響がより大きい
仕事を失った人を年齢別に見ると、25歳以上が3.7%だったのに対し、15歳から24歳までの若者は8.7%と特に深刻だったということです。

また、男性の3.9%が仕事を失ったのに対し女性は5%で、女性への影響がより大きかったとしています。

業種別では最も大きな影響を受けたのは宿泊業や飲食業で、20%余りの雇用が失われたとしています。
国際労働機関 若者や女性の対策を拡充するよう呼びかけ
ことしの見通しについてILOは、各国でワクチン接種が始まる中、年後半にはほとんどの国で雇用が回復すると見込む一方、総就労時間は感染拡大前の3%の減少になると推計していて、各国に対して若者や女性の雇用対策を拡充するよう呼びかけています。
ILO事務局長「パンデミックによる失われた世代生むおそれも」
ILO=国際労働機関のライダー事務局長は25日、NHKのインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大後、若者がほかの世代よりも高い割合で失業していることについて「若者は、いったん労働市場から外されてしまうと、感染拡大終息後にも及ぶ長期的な影響を受ける。パンデミックによる失われた世代を生んでしまうおそれもある」と述べ、各国が若者の雇用対策を強化する必要があるという考えを示しました。

また、女性については「小売業や飲食業、宿泊業など、新型ウイルスの影響を大きく受けた業界で働いている人が多く、仕事を失って厳しい環境に置かれている」と指摘しました。

そのうえで、ことしの見通しについて「最も楽観的なシナリオでも、総就労時間が感染拡大前の水準に戻る見通しはない。小売業や観光業など深刻な影響を受けた業界に焦点をあてた雇用対策を講じるべきだ」と述べました。



翻譯:
全世界總工時銳減,等同於有2.55億人失業,「應針對年輕人與女性制定對策」。
2021126 524
ILO=國際勞工組織發表報告書,推算出去年全世界的總工時比起新型冠狀肺炎疫情擴大前,減少了約8.8%左右。等同於有將近2.55億人失業。
ILO於25號發表的報告,是以疫情尚未擴大的前年10月到12月共3個月與去年同期做計算,推算出去年一整年平均總工時約減少了8.8%左右。

等同於有將近2.55億名正職員工失業,比起2009年雷曼兄弟的金融風暴還多了約4倍左右。
年輕人與女性所受到的影響較大。
從因疫情而失業的年齡層分析來看,25歲以上的失業率是3.7%,而15至24歲的年輕人失業率則是8.7%,可見其影響。

另外,相比男性3.9%的失業率,女性的失業率則來到5%,可見女性受到疫情的影響更為嚴重。

以行業別來看,則是旅館業與餐飲業所受到的影響最大,約有2成多的人遭到解雇。
國際勞工組織呼籲,應加強針對雇用年輕人與女性的對策。
ILO推測今年各國開始接踵疫苗後,下半年失業率應會趨緩,預估總工時只會比疫情擴大前少3%而已。呼籲各國應加強針對雇用年輕人與女性的政策。
國際勞工組織總幹事:「擔心會因為疫情而失去一整個世代的勞動力。」
ILO=國際勞工組織總幹事GuyRyder於25號接受NHK採訪,針對在新型冠狀病毒疫情擴大後,年輕人的失業率比起其他世代還要高出許多此一議題上,表示:「年輕人一旦被勞動市場排除在外後,即便之後疫情趨緩,也可能會留下長期性的不良影響,擔心會因為疫情而失去一整個世代的勞動力。」,呼籲各國應想出針對加強雇用年輕人的對策。

另外,關於女性方面,Guy Ryder表示:「女性多從事於零售業、餐飲業和旅館業等,受疫情影響最較大的業界,因此失業率也更高。」

此外,針對今年經濟的復甦上,Guy Ryder表示:「就算樂觀地來看,總工時也很難回復到疫情前的水準,因此在零售業和觀光業等最受疫情影響的業界上,如何制定出雇用對策,才是最關鍵的地方。」
 




送禮物贊助創作者 !
0
留言

創作回應

追蹤 創作集

作者相關創作

相關創作

更多創作