前往
大廳
主題

【翻譯】亞歷山德羅・德・卡里奧斯特羅(翻譯文本・語音翻譯)

サラダ | 2024-03-27 19:53:04 | 巴幣 4014 | 人氣 288

是稀世的冒險家(Aventurier)?
還是稀世的詐欺師呢?
究竟,其廬山真面目是―――

角色詳情

18世紀、欧州諸国に出没した伝説的な怪人物。
革命前夜のフランス社交界を暗躍した大魔術師、或いは稀代の天才詐欺師。
王侯貴族のように振る舞うも貧民街で無償治療を行い、民衆に讃えられた傑物。

フランス王妃マリー・アントワネットをも巻き込む
世紀の大スキャンダル『首飾り事件』の黒幕として逮捕されるも、釈放され、市民からの大きな喝采を浴びた。
革命前夜のパリにあって、貴族を翻弄し貧民を救う彼は、まさに英雄であった。

18世紀,出沒於歐洲諸國的傳說怪人。
暗中活躍於革命前夜法蘭西的大魔術師、亦或是稀世天才詐欺師。
即使如同王侯貴族般的舉手投足卻仍會在貧民窟施行無償治療,被民眾讚頌的英傑。

作為捲入了法蘭西王妃瑪麗・安東尼的
世紀大醜聞『首飾事件』的黒幕被逮捕、釋放,淋浴來自市民的的盛大喝采中。
在革命前夜的巴黎,戲耍貴族拯救貧民的他,正可謂英雄。

筋力:D 耐久:C
敏捷:D 魔力:B+
幸運:A 寶具:B

個人資料1

身長/体重:188cm・85kg
出典:史実、デュマ著『王妃の首飾り』など
地域:欧州
属性:混沌・中庸  副属性:人  性別:男性
大デュマは彼を、巌窟王同様にダークヒーロー的な人物として物語に綴っている。そのことを指摘するとカリオストロは微笑み、巌窟王は嫌な顔をするだろう。

 ◆

操る炎は幻炎であり精神攻撃の一種である。
精神を持たない相手には効果が弱い。回路があるタイプであれば機械にも効く。

身高/體重:188cm・85kg
出典:史實、大仲馬著『王妃的首飾』等
地域:歐洲
屬性:混沌・中庸  副屬性:人  性別:男性
大仲馬將他,作為如同巖窟王的黑暗英雄人物來點綴故事。被指出這點後,卡里奧斯特羅會面露微笑,巖窟王則會面露嫌棄吧。

 ◆

操縱的火炎是幻炎也是精神攻撃之一。
對不具備精神的對手效果薄弱。若是有迴路的類型,也對機械有效。

個人資料2

バスティーユ監獄からは釈放されたものの、
カリオストロ伯爵は追放命令を受けることとなった。
貴族と教会から敵視された彼は、最終的にはローマで捕らえられ……
「欧州各王朝を転覆せんとする国際的陰謀の関係者」「違法結社の構成員」「異端的言動」等の罪状で有罪とされ、終身刑となった。

カリオストロという英雄はいない。
当時の貴族たちが突き止めた人物、哀れなる大詐欺師ジョゼッペ・バルサモこそ、彼の正体である。
と、されているが……

否。カリオストロのみならず、ジョゼッペ・バルサモもまた偽りの存在である。
革命の予兆を恐れた貴族たちによって造り上げられた、英雄零落のための虚像なり。
かのカリオストロ伯爵の正体こそは―――
世界の陰に隠された神秘を操る一魔術師であったのだ。

雖自巴士底監獄被釋放,
但卡里奧斯特羅伯爵收到了放逐令。
被貴族與教會敵視的他,最終仍在羅馬被捕……
「試圖顛覆歐洲各王朝的国際陰謀有關人士」「違法結社的成員」「異端言行」等罪狀而被視為有罪,落得無期徒刑的下場。

沒有名為卡里奧斯特羅的英雄。
當時貴族們所查明的人物,便是可悲的大詐欺師朱賽貝・巴爾薩莫,正是他的真面目。
雖,被這麼認為……

但並不對。不只卡里奧斯特羅,朱賽貝・巴爾薩莫也是虛偽的存在。
乃是由畏懼革命予兆的貴族們創造,為了令英雄衰敗的虛像。
那位卡里奧斯特羅伯爵的真面目―――
正是隱藏在世界陰影操弄神秘的一位魔術師。

個人資料3

…………それも否。
正しくは、彼は、魔術師ですらない。

数多くの神秘を知識としては有しているものの、彼が体得している神秘はただのひとつきり。不老及び超再生をもたらす魔術刻印のみである。
彼は決して、魔術を操って世間を騒がせたのではない。
多くの知識と技術から構成された大詐術によって人心を掌握し、アレッサンドロ・ディ・カリオストロという架空の人物として振る舞い、大いなる栄誉を得たのである。
―――と、本作では定める。

その時々によって在り方を変える怪人物。
実際のところ、彼に正体などないのかもしれない。
生前の彼を知る人物は、
彼を指して『がらんどう』と語ったという。

○偽装工作:EX
カリオストロ伯爵は自らの存在を鮮やかに偽装する。
己のクラス及び能力を偽装することができる。
一定の触媒及び時間を費やした上で、幸運判定に成功すれば、敵対者は自分を「味方である」と信じ込む。
敵対者は抵抗判定が可能だが、魔術的効果ではないため対魔力スキルは無効。

○我はアシャラなり:EX
錬金術、占星術、降霊術、カバラの奥義、古代エジプトの密儀等々の神秘を行使する在り方―――ではない。
本スキルの正体は詐術。王侯貴族を手玉に取り、並の魔術師の目さえ眩ませる領域の、超常の絶技とも言うべき大詐術である。

…………這也不對。
正確來說,他,連魔術師都不是。

斯雖將眾多神秘作為知識具備,但他所體現神秘僅限一項。正是僅能帶來不老及超再生的魔術刻印。
他絕不會,操弄魔術擾亂世間。
透過由眾多知識與技術構成的大騙術掌握人心,作為名為亞歷山德羅・德・卡里奧斯特羅的架空人物行動,獲得了偉大榮耀。
―――在本作中是如此認定的。

無時無刻會改變存在方式的怪人。
實際上,他或許沒有真面目。
知曉他生前的人物,
會指著他說『空空如也』。

○偽裝工作:EX
卡里奧斯特羅伯爵善於偽裝自身的存在。
能偽裝自己職階及能力。
若消耗一定的觸媒及時間,通過幸運判定,能讓敵對者相信自己「是夥伴」。
敵對者雖可抵抗判定,但由於並非魔術效果,對魔力技能是無效的。

○我乃亞沙羅〔註:同時還能是阿拉伯數字的10〕:EX
行使錬金術、占星術、降靈術、卡巴拉的奥義、古代埃及的密儀等神秘的存在方式―――並非如此。
本技能的真面目是騙術。擺佈王侯貴族,連平常魔術師的眼睛都能感到眩目之領域的,能說是超常絕技的大騙術。
〔註:傳言卡里奧斯特羅是來自東方亡國的王子亞沙羅〕

個人資料4(通過奏章Ⅱ及羈絆Lv.5)

○物品鋳造(偽):EX
『首飾り事件』にまつわる伝承が昇華されたスキル。
というのは嘘偽り。
陰謀達成のため、彼は必要な物品を自ら仕立て上げる。
道具作成スキルが変質したモノであり、特に、贋作製造や既存の存在の改造・調整に長ける。
『異星の神』の断片、魂をなくした神の器(オルガマリー)を『機械仕掛けの復讐者』として調整する際に用いたスキルでもある(断片を組み上げて造り上げた、という訳ではない。発見した神の断片を、それぞれ単独で活動できるように微調整を施した)。

○英雄の大敵(偽):E++
英雄(或いは反英雄)を阻む大敵であることを示す。
本来は魔獣や竜種、魔性の存在、反英雄が所有することの多い隠しスキルだが、(偽)が付く場合はその限りではない。
歴史に語られざる出来事として、カリオストロは巌窟王と深い因縁があり、幾度かの対立があった。このことから、彼は自らを「巌窟王の大敵」と深く認識し、スキルを獲得するに至った。
(マリー・アントワネットを陥れた事実も、獲得の一因となっているようである)

○アルトタス連続体:C
ただひとつだけ、彼は正真正銘の神秘を有する。
幼少期の師であった錬金術師アルトタスの奥義―――不老不死の体現である。
実際には不老と超再生。真の不死ではない。

○物品鑄造(偽):EX
圍繞『首飾事件』的傳承被昇華的技能。
這麼說也是謊言。
為了達成陰謀,他會自主準備必要的物品。
是道具作成技能變質的產物,特別,善於贋品製造與既存存在之改造・調整。
也是將失去『異星之神』的碎片、靈魂的神之器皿(奧爾嘉瑪麗)調整為『機械裝置之復仇者』之際被使用的技能(並非,累積碎片創造。而是讓發現的神之碎片,施加微調成能各自單獨活動)。

○英雄之大敵(偽):E++
揭示身為阻擋英雄(亦或是反英雄)的大敵。
本來雖是魔獸、龍種、魔性存在與反英雄多會持有的隱藏技能,但被添加了(偽)的情況下則不在此限。
作為闡述歷史發生的事情,卡里奧斯特羅與巖窟王有很深的因緣,曾數度對立。自此事之後,他將自身深刻地認知為「巖窟王的大敵」,獲得了技能。
(陷害瑪麗・安東尼的事實,貌似也是獲得的原因之一)

○阿爾特塔斯連續體:C
僅有一項,他擁有的貨真價實神秘。
曾是幼年期老師的錬金術師阿爾特塔斯〔原文:Althotas〕的奥義―――正是不老不死之體現。
實際上是不老與超再生。並非真正的不死。

個人資料5(通過奏章Ⅱ及羈絆Lv.5)

『秩序に死を、遍く世界に混沌を』
ランク:B~EX 種別:対都市/混沌宝具
レンジ:1~50 最大捕捉:500人

レベリオン・ウ・モンド。
革命の戦火の幻影を伴って、魔力の渦が周囲一帯を薙ぎ払う。
破壊と新生を自らの命題とする精神の具現、心象風景の模倣。固有結界に似て非なるモノ。
秩序特攻の効果を伴う。

この宝具の真価は「秩序の破壊」であり、決して永続的なものではないが、秩序に類する概念を醜悪なまでにねじ曲げる。法、倫理、規範―――時に、聖杯戦争のルールさえ一時的に書き換えてしまう。
ただし、この真価は本作では基本的に使用されない。
また、本来の規模と効果の運用のためには長時間に渡る儀式と裏工作、リソースの投入が必要となる。

『予秩序以死,予遍地世界以混沌』
階級:B~EX 種類:對都市/混沌寶具
範圍:1~50 最大捕捉:500人

Rebellion Un Mondo。
伴隨革命戰火的幻影,魔力漩渦會掃蕩周遭一帶。
將破壊與新生當作自身命題的精神之具現、心象風景的模仿。與固有結界似是而非。
伴隨秩序特攻的效果。

這項寶具的真正價值是「秩序的破壊」,雖絕非永續,但能將分類為秩序的概念曲解為醜惡。法律、倫理、規範―――有時,連聖杯戰爭的規則都能暫時改寫。
不過,其真正價值在本作中基本不會被使用。
並且,為了本來的規模與效果運用會需要經歷長時間儀式、暗中作業與資源的投入。

個人資料6(通過奏章Ⅱ、通過Ordeal Call 奧爾嘉瑪麗_1及羈絆Lv.5)

奏章Ⅱでは、最後の異星の使徒として活動。
最終使徒・カリオストロ絶望伯と化してカルデアのマスター抹殺を企てるも、復讐者たちとマスターによって撃破され、完全退去に至った。

 ◆

不滅の肉体を標榜しており、事実、
不老の肉体と極めて高い再生能力を有してはいるが……
奏章Ⅱで見せた「首を落とされても蘇る」不死性はあくまで例外的なもの。

奏章Ⅱにおける彼は、
平安京特異点/亜種異聞帯にて天覧聖杯戦争の一騎として(キャスターであると偽って)リンボに招かれた際、リンボの手で霊基及び霊核を改竄されることで、更に死ににくい&増えやすい悪性情報と化していたのである。
(この改竄は霊基の不可逆的な解体を意味するため、平安京聖杯は「サーヴァント・カリオストロはリンボによって破壊された」と判定を下したようだ)

悪性情報としてのカリオストロは、平安京でのリンボとの接触時、および『遺分體』との初遭遇時に、一部ずつがカルデアのマスターの精神に潜り込んだものと予想される。

……リンボの式神をベースとした悪性情報であるためか、たまに「霊基に混ざった式神リンボの性質が浮かび上がる」ことがあったようではある。
口調の変化などが顕著だが、最終的には、額の上に五芒星(道満判)が浮かんでいた。

在奏章Ⅱ中,作為最後的異星的使徒活動。
化作最終使徒・卡里奧斯特羅絕望伯企圖抹殺迦勒底的Master,仍被復仇者們與Master所急迫,完全退去。

 ◆

標榜不滅的肉體,事實上,
雖具有不老的肉體與極為高效的再生能力……
但在奏章Ⅱ中讓人看到「即使被斬落首級也能復甦」的不死性說到底只是例外。

在奏章Ⅱ中的他,
作為平安京特異點/亞種異聞帶中天覽聖杯戰爭的一騎(偽裝成Caster)被Limbo招來之際,藉Limbo之手竄改靈基及靈核,藉此化為更難以死去&容易增加的惡性情報。
(由於這項竄改意味著靈基的不可逆解體,平安京聖杯貌似下達了「Servant・卡里奧斯特羅被Limbo破壞了」的判定)

能預想作為惡性情報的卡里奧斯特羅,與在平安京的Limbo接觸時,及與『遺分體』的初次遭遇時,一點點地潛入迦勒底的Master的精神。

……雖是以Limbo的式神為基礎的惡性情報,但偶爾「靈基仍會浮現混雜式神Limbo的性質」。
語調變化等雖顯著,但最終,仍在額頭上浮現了五芒星(道滿式)。


王妃的首飾

「この首飾りを巡る数奇なる運命の渦に
 私は呑み込まれ、昏き監獄を味わいましたが……
 ご覧ください。この煌めく美しさ。
 己が運命と王家とのすれ違いを思いはすれど、何、
既にそれも過去のこと。語るべき言葉はない。
 今はただ、輝きを前に、目を細めるばかりですよ」

(カリオストロ伯爵、カルデアにて語る)


「圍繞這個首飾的不幸命運漩渦中
 我被吞噬了,雖嘗到了昏暗監獄的滋味……
 但請看。這份輝煌美麗。
 雖然覺得己身命運與王家錯身而過了,但沒什麼,
早已是過去的事了。沒有值得說的話語。
 如今僅能,在光輝前,瞇起眼睛哦」

(卡里奧斯特羅伯爵,在迦勒底娓娓道來)


召喚
「初次見面。
 名喚亞歷山德羅・德・卡里奧斯特羅。
 旁人,都是這般稱呼我的。
 ―――說是卡里奧斯特羅伯爵。」

對話1
「是主人啊,請容我侍奉

對話2
「願您心情良好,吾之陛下/吾之女王陛下

對話3
「當然,吾身為Servant。是你的僕從

對話3(通過不可逆廢棄孔 本我 26節 ―――接著你,前往旅途的盡頭)
當然,吾身為Servant。過去雖敵對,但如今,是你的僕從。
 ……吾之混沌,儘管駕馭吧。

對話4→瑪麗・安東尼(Rider)、瑪麗・安東尼(Caster)
「哦……閃耀的白百合王妃殿下,願您心情良好。

對話5→夏爾=亨利.桑松
「亨利,當然會向你獻上最高級別的敬意!
 ……只不過,對於桑松家來說,對我心懷不滿

對話6→沃夫岡.阿瑪迪斯.莫札特
「久違了,阿瑪迪斯。
 能像這樣會面,生前,睽違了不知何時的聚會啊。
 生前的你平安結束一生……不不,當然很好

對話7→安東尼奧・薩里耶利
「薩里耶利大人……竟是Avenger……原來如此

對話8→拿破崙
「哦哦,拿破崙・波拿巴。
 在那之後竟爬上了法蘭西皇帝之位,這可真是……不,我無話可說。
 尋求應當的報酬……並不會去這麼說。是的

對話9→巖窟王、巖窟王基督山(通過不可逆廢棄孔 本我 26節 ―――接著你,前往旅途的盡頭)
「向久違的重逢乾杯吧,基督山伯爵。
 ……哼哼,哼哈,哈哈哈哈哈哈哈哈哈。
 一如既往恐怖的火炎。
 能否像過去灼燒我,要來確認嗎? 巖窟王!」

對話10→巖窟王(通過不可逆廢棄孔 本我 26節 ―――接著你,前往旅途的盡頭)
「巖窟王,不,是其最後的殘渣嗎。
 還真是諷刺啊,儘管,在彼方守望吧

對話11→海倫娜.布拉瓦茨基(Archer)、海倫娜.布拉瓦茨基(Caster)
「哎呀哎呀,與妳相見是自西藏之後了吧,小姐(Mademoiselle)?
 ……哎呀,希望能別瞪著我。
 話說,那位西格森氏並未來到此處嗎?
 ……啊? 有在?

對話12→夏洛克・福爾摩斯
「Mr.西格森!
 ……哎呀,是假名啊。
 真名夏洛克・福爾摩斯,當然是知道的哦

對話13→安娜絲塔西亞&Viy、安娜絲塔西亞
「別那麼警戒也無妨哦,安娜絲塔西亞皇女殿下。
 若同為侍奉Master之身,當然不會對妳做任何事……是的,任何事都不會

對話14→馮.霍恩海姆.帕拉塞爾斯
「鍊金術師,帕拉塞爾斯!
 是嗎是嗎。如此這麼說得我也有修習相對應的鍊金術知識。
 看來能進行令人深感興趣的對話了

對話15→詹姆斯・莫里亞蒂(通過惡性隔絕魔境 新宿 第10節 監獄大逃脫)
「哦,竟是蜘蛛啊。
 無論怎樣的世間都會有相似的存在。
 請務必,要關係和睦,教授?

對話16→天草四郎
「關係和睦,是做不到的嗎,四郎大人

對話17→斯巴達克斯
「斯巴達克斯,你正可謂混沌的化身!
 當然雖是有別於我的方式,但會致上崇高的敬意!

對話18→歌劇魅影
「卡尼爾宮的怪人?
 ……原來如此,到達了這般型態啊。
 雖都事到如今但還真有意思

對話19→貞德(Archer)、貞德(Ruler)
「哦,竟是救國的聖女

對話20→奧伯隆
「偉大的妖精王奧伯隆!
 迦勒底第一位的Pretender!
 感覺能與您相談甚歡呢?

對話21→赫費斯提翁
「原來如此,妳是迦勒底第二位的Pretender。
 實在有著頗具趣味的靈基

對話22→諸葛孔明〔埃爾梅羅Ⅱ世〕
「是埃爾梅羅Ⅱ世,嗎?
 我,怎麼了嗎?

對話23→蘆屋道滿
「哦哦,道滿閣下!
 ……哈哈哈,一如既往善於玩笑

對話24→瑪麗・安東尼〔Alter〕
「是瑪麗・安東尼……Alter,嗎?
 漆黑花朵仍舊美麗

喜歡的東西
「我所好的正是混沌。
 混沌、混亂、阿鼻叫喚。
 呵,也就是說,我,喜歡人類與其社會

討厭的東西
「討厭的東西,當然沒有。是的」

討厭的東西(羈絆Lv.5)
「會說『討厭的東西,當然沒有』,是謊言。
 當然有。如果要說的話……就準備些好東西吧?

關於聖杯
「陛下/女王陛下,Master……這可不行,這可不行啊。
 竟向我這種人予以許願機。
 聖杯,放得遠遠也無妨

活動
「喜歡祭典哦。
 雖說是暫時,但混沌與混亂在那邊……是存在的。
 雖不過是常人會享受事物的程度……哈,並不會去奢求。

「向生命致上祝福!
 你生命之誕生,正是為了讓世界孕育混沌的第一步!
 實在,值得慶幸!
 ……恭喜,吾之陛下。

「向生命致上祝福!
 妳生命之誕生,正是為了讓世界孕育混沌的第一步!
 實在,值得慶幸!
 ……恭喜,吾之女王陛下。」

羈絆1
「我是以Pretender的職階被召喚。
 是的,是偽裝自身之人。
 比如說,若是聖杯戰爭之魔術儀式,雖能貢獻Master偉大的勝利,
 但在迦勒底,或許不太會有牽扯虛偽的機會呢

羈絆2
「魔術……嗎? 是的,錬金術多少會。
 生前在布拉格的教會中……哎呀,迦勒底,是相近於時鐘塔的組織吧。
 那麼,就先保持緘默吧

羈絆3
「錬金術、占星術、降靈術。
 魔術師們使用的眾多神秘,我是知情的。
 不過,實際上,我並不是魔術師。
 雖如那般行事,但我並不能使用魔術。
 吾身所具備的神祕是這具肉體的絕對性,僅有一個……
 嗯? 『那麼在戰鬥時讓人看見的那個又是什麼呢』?
 ……哈哈哈哈哈,那當然,有耍花招,是用了幻覺

羈絆4
「錬金術的事情? 那當然也是謊言。
 聽好了,陛下/女王陛下。不可相信Pretender的話語。
 啊啊,對了。布拉格的教會之類的是真實的哦。嗯呵呵」

羈絆5
「亞歷山德羅・德・卡里奧斯特羅,召喚時雖如此自稱,但請隨意稱呼。
 無論是卡里奧斯特羅伯爵、大詐欺師朱賽貝,亦或是,亞沙羅王子。
 會變得如你所定義的我,我便會履行之

羈絆5(通過奏章Ⅱ)
「雖是確認,但在與你們決戰時,我改寫了世界嗎?
 啊啊,果然是啊。
 無論歷經怎樣的過程,都不可洩露異星的秘密,我,能預想到會改寫我自身。
 因此,身在此處的我,是欠缺許多關於異星情報的狀態。
 嗯呵呵……。真是的,還真是做了麻煩事,過去的我

靈基再臨1
「果然正副模樣才熟悉。致上謝意。吾之陛下/女王陛下

靈基再臨2
「這還真是多謝。就心懷感激地收下吧」

靈基再臨3
「呼姆,第三靈基。
 迦勒底式英靈召喚,實在是有意思」

靈基再臨4
「狀況頗佳。
 這副靈基,這股魔力。
 若祈願,甚至是你的世界也能改寫掉吧」

升級1
「就享用吧」

升級2
「然也?」

升級
「哦哦……」

戰鬥開始1
「那麼,就排除」

戰鬥開始2
「猶如夢、幻」

戰鬥開始3
「順從主命而戰吧」

戰鬥開始4
「請交給我」

技能1
「請看」

技能2
「來,盡管上!」

技能3
「請覺悟!」

技能4
「接下來?」

技能5
「吾身為不滅」

技能6
「喝哈哈哈哈哈哈哈哈哈哈!」

指令卡1
「很好」

指令卡2
「當然好」

指令卡3
「遵旨」

寶具卡1
「混沌啊」

寶具卡2
「喝哈哈哈哈哈哈哈哈哈!」

寶具卡3
「革命之時」

寶具卡4
「就該這樣啊!」

Attack1
「喝哈哈哈哈」

Attack2
「在這邊」

Attack3
「砍!」

Attack4
「喝!」

Attack5
「殺!」

Attack6
「哈哈哈哈!」

Attack7
「左、右」

Attack8
「如何?」

Attack9
「哈哈哈哈哈哈哈哈!」

Attack10
「燃燒吧」

Attack11
「哼!」

Attack12
「請收下」

Attack13
「哈!」

Attack14
「失禮了!」

Extra Attack1
「喝哈哈哈哈! 哈哈哈哈哈哈哈哈哈哈!」

Extra Attack2
「化作塵土吧」

Extra Attack3
「發狂吧!」

寶具1
「紳士淑女諸君,請聆聽。
 秩序於此迎來終結。
 『予秩序以死,予遍地世界以混沌(Rebellion Un Mondo)』!

寶具2
「起舞吧起舞吧,發狂吧。
 人之曙光正是瘋狂之園啊。
 『予秩序以死,予遍地世界以混沌(Rebellion Un Mondo)』!

受擊1
「奴嗚。奴嗚嗚嗚嗚嗚!」

受擊2
「奴嗚!」

受擊3
「就該,就該這樣……!」

受擊4
「還真是不錯!」

無法戰鬥1
「先走一步,失禮了。
 喝哈哈,哈哈哈哈哈哈哈哈哈哈!」

無法戰鬥2
「這下這下……啊啊……無妨哦」

無法戰鬥3
「我? 誤判了?」

無法戰鬥4
「敗北! 哈哈哈! 是無法習慣的……滋味……」

勝利1
「勝利。有所滿足嗎?

勝利2
「有點手感呢」

勝利3
「稍微搞錯了力道。失禮了」

勝利4
「那麼就此,再會」

創作回應

來自金星非狸貓的某物
不死的肉體>>>>>變成蘿莉
2024-03-27 20:11:16

更多創作