前往
大廳
主題

【翻譯】耀星的哈桑(文本翻譯・語音翻譯)

サラダ | 2024-03-23 17:51:32 | 巴幣 2114 | 人氣 188

簡單。
由你命令,我來排除。

角色詳情

黒刃、黒衣、髑髏の仮面の暗殺者。
異名は「耀星のハサン」。
暗殺教団の教主「山の翁」を務めた歴代のハサン・サッバーハのひとりである。

年若くして教主と成り得たのは、
絶技とさえ呼べる異能を体得したため。
実際に教団全体の意思決定をしていた訳ではない(これは静謐のハサンも同様である)。
教団の長老たちの定めるままに、任務を果たし続けた。

黒刃、黒衣、骷髏假面的暗殺者。
異名為「耀星的哈桑」。
正是擔任暗殺教團的教主「山之翁」的歴代哈桑・薩巴赫之一。

會年紀輕輕便成為教主,
是由於領悟了能被稱為絕技的異能。
實際上並非由教團整體的意思所決定的(這點靜謐的哈桑也相同)。
順從教團的長老們決定,持續履行任務。

筋力:C  耐久:D
敏捷:A+ 魔力:C
幸運:A+ 寶具:B

個人資料1

身長/体重:165cm・55kg
出典:中東、山の翁
地域:中東
属性:秩序・悪  副属性:人  性別:男性
教主としては、静謐のハサンの一代前にあたる。
故に静謐のハサンからは「寡黙に任務をこなし続けた優秀な先代」として憧れの目を向けられるが、本人としては実のところ、そういった視線は苦手。

身高/體重:165cm・55kg
出典:中東、山之翁
地域:中東
屬性:秩序・惡  副屬性:人  性別:男性
作為教主,是静謐的哈桑的前一代。
因此會受到來自靜謐的哈桑視為「寡言執行任務的優線前代」的憧憬眼神,但本人說實話,不擅長應對這類視線。

個人資料2

寡黙な少年暗殺者。
冷徹にして怜悧。
自分の性能をよく把握しており、効率的な自己の運用を常に心がけている。
特に、精神系魔術等への耐性が弱いことを自覚しているため、戦闘時には魔術師や呪術師を速やかに処理するという癖がある。

感情が薄いように見える言動が多いものの、
実は、少年らしく瑞々しい感受性の「最後のかけら」を未だ拭い去れずにいる。

寡言的少年暗殺者。
冷徹且怜悧。
能充分掌握自己的性能,時常掛心有效率地運用自身。
特別是,由於自覺到對精神性魔術等耐性較弱,有在戰鬥時會盡速處理魔術師與咒術師的習慣。

雖然看起來很常有薄情寡義的言行,
但實際上,仍未去除像是少年的青澀感性之「最後碎片」。

個人資料3

○暗夜の武練:A
世代を経て練り上げられた暗殺技術。
特に、素手や武器を用いた白兵戦闘に長けていることを示すスキル。
更には、低光量環境下での戦闘、特に夜間戦闘に対するボーナスを受ける。Aランクとなれば完全な暗闇や視覚を失った状態でもペナルティを受けずに行動できる。

○戦闘加速(影):A+
対象との間合いを詰める特殊な技術。
Aランクとなればもはや、技術を超えた絶技であると言える。

○黒刃:C+
特殊な処理が施された黒色のダマスク鋼の刀身を持った短刀、および曲刀の装備。
数多くの命を吸い、年経たこれらの刃は、既に神秘の域に到達している。
本来は宝具。
本作ではスキルとして処理される。

○暗夜的武練:A
歷經世代練就的暗殺技術。
特別是,展現擅長空手與使用武器的肉搏戰鬥技能。
更甚者,在低光量環境下的戰鬥,特別是會受到對夜間戰鬥的加成。若到了A階級即使是完全的黑暗或失去視覺的狀態也能不受影響地行動。

○戰鬥加速(影):A+
縮短與對象間距的特殊技術。
若到了A階級,已然能說是超越技術的絕技了。

○黒刃:C+
具有施加特殊處理之黒色大馬士革鋼刀身的短刀,以及曲刀裝備。
吸吮眾多性命,歷經歲月的這些刀刃,早已到達了神祕之領域。
本來是寶具。
本作中作為技能來處理。

個人資料4

『無想駆体』
ランク:C+ 種別:対人/対軍絶技
レンジ:―/1~80 最大捕捉:1人/1人・50人

ザバーニーヤ。
超・超高速の移動および戦闘機動を可能とする絶技。
全身の魔術回路を活性化させることで敏捷性、機動力を著しく上昇させる。特殊な魔術的効果を及ぼす技術であり、ある種の呪術に近い性質を持つ。
サーヴァントとしては、敏捷パラメーターに対する常時上昇効果として表現される。

真名解放時には、限界まで超活性化・過剰暴走させた魔術回路の輝きを纏い、光の軌跡を残しながら更なる超高速の窮極に到達し、対象に苛烈な連続攻撃を叩き込む。

……真名解放は強力だが、莫大なリスクがある。
解放と同時に反動ダメージを負うだけでなく、
限界時間(10秒)以上の使用を行えば、暴走しきった魔術回路が破壊され、彼の肉体は内側から崩壊し、耀く星が如く消え、命果てることになるのである。

『無想軀體』
階級:C+ 種類:對人/對軍絕技
範圍:―/1~80 最大捕捉:1人/1人・50人

Zabaniya。
將超・超高速的移動及戰鬥機動化為可能的絕技。
藉由讓全身的魔術迴路活化來顯著提升敏捷性、機動力。是會帶來特殊魔術効果的技術,具有近似某種咒術的性質。
作為Servant,表現為對敏捷參數的常時上昇效果。

真名解放時,會超活化・過度暴走到極限並身纏魔術迴路的光輝,一邊留下光之軌跡到達更加超高速的境界,向對象打出猛烈的連續攻擊。

……真名解放雖強力,但有著巨大風險。
解放同時不只會承受反作用傷害,
若實行了極限時間(10秒)以上的使用,暴走的魔術迴路會被破壞,他的肉體會從內側崩壞,猶如閃耀星辰般消逝、殞命。

個人資料5(通過奏章Ⅱ及羈絆Lv.5)

座は、時に時空を超越するという。
奏章Ⅱ冒頭でストーム・ボーダーに現界したハサンは、
既に一連の事態を経験していたようだ。
(そのため、対面した巌窟王が「どのタイミングのどの巌窟王なのか」分からず、敵か味方か判断できずに咄嗟に警戒したのである)

座上,傳言有時能超越時空。
奏章Ⅱ開頭在Storm Border現界的哈桑,
貌似早已經歷過一連串事態。
(為此,無從分辨面對的巖窟王「究竟是哪個時間點的窟王」,無從判斷是敵是友而即刻警戒)

個人資料6(通過某任務及羈絆Lv.5)


漆黑刀刃

その刃は、黒い。

月なき夜を鋼の硬度に凝縮したかの如き刃だった。
暗中で閃き、切り裂くための刃だった。
陽光の下で華やかに戦うためではなく、
ただひたすらに、獲物を殺すためだけの刃だった。

教団の秘技が施されたダマスク鋼の刃は、
数多の血を吸いながら、決して錆びることなく。
年経て尚も切れ味を鈍らせず。

―――死の夜をもたらす黒き刃。
最高の技を修めた者が振るわばあらゆる敵を排す。

“人を殺す方法は、幾らでもある。
 方法に拘るのは二流どころか三流だ。
 刃に何かを託した連中が作り上げたおとぎ話だ”

少年は言う。
手にした黒き刃の重さを感じながら。

“……でも、きっと。
 込められた願いは本物だ”


其刀刃,為黑色。

是把猶如在鋼的硬度上凝聚無月之夜的刀刃。
是把為了於黑暗中閃爍、切裂的刀刃。
並不是為了於陽光下華麗戰鬥,
而僅是把,為了殺掉獵物的刀刃。

被施加教團秘技的大馬士革鋼之刃,
一邊吸吮許多血液,決不會生鏽。
銳度歷經歲月仍未變鈍。

―――帶來死亡夜晚的漆黑刀刃。
若由修習至高技術技之人揮舞便能排除任何敵人。

“殺掉人的方法,要多少有多少。
 拘泥於方法的何止二流是三流。
 在刀刃中寄託何物是那些傢伙創造的童話”

少年說著。
一邊感受拿著的漆黑刀刃份量。

“……不過,想必。
 傾注的願望是真實的”


召喚
「Assassin,耀星的哈桑。
 真名是叫哈桑・薩巴赫。
 ……又見面了啊。
 不,是我這邊的事情。」

召喚(通過奏章Ⅱ)
「Assassin,耀星的哈桑。
 真名是叫哈桑・薩巴赫。
 ……又見面了啊。
 怎麼,你就是我的Master嗎。」

對話1
「要走? 還是不走嗎? 請說清楚」

對話2
「簡單。由你命令,我來排除。
 僅此如此」

對話3
「Servant與Master沒有必要交好吧。
 那些傢伙,很奇怪」

對話4→咒腕的哈桑
「咒腕大哥!
 啊,不,在亞種聖杯戰爭之前……並不……記得了啊。抱歉」

對話5→百貌的哈桑
「百貌小姐,您好。是的,是的。
 很、很有精神,沒事啦,是的。失禮了!」

對話6→靜謐的哈桑
「怎麼了? 是靜謐啊。
 我? 並沒有特別,要去哪裡……
 『參觀施設』?
 啊,不,不用。沒事。之後,再說吧」

對話7→“山之翁”
「初代大人! 十分抱歉……是、是的! 是的! 非常感謝!
 ……嗯? 怎、怎樣啦,Master?
 『初代大人已經去那邊了,覺得抬起頭也沒關係』?
 呼……是嗎……」

對話8→貞德〔Alter〕(Berserker)、窟王、貞德〔Alter〕(Avenger)、戈爾貢、海森・羅伯、安東尼奧・薩里耶利、平景清、尼托克里絲〔Alter〕
(通過奏章Ⅱ 26節 ―――接著你,前往旅途的盡頭)
「那些傢伙……不是消失了嗎?
 ……欸,是嗎?
 是所謂留下的,影子嗎?
 是嗎……」

對話9→瑪麗・安東尼〔Alter〕
(通過不可逆廢棄孔 本我 26節 ―――接著你,前往旅途的盡頭)
「小鬼雖不值一提,但大人的瑪麗,這、這樣……難以下手啊……」

對話10→瑪麗・安東尼(Rider)、瑪麗・安東尼(Caster)
「安麗・安東尼……
 那傢伙,原來,是那種感覺嗎。是嗎……」

對話11→風魔小太郎
「是叫小太郎來著?
 和那傢伙,很合得來啊」

對話12→卡里奧斯特羅(通過不可逆廢棄孔 本我 26節 ―――接著你,前往旅途的盡頭)
「卡里奧斯特羅……那傢伙,吸著很好的空氣啊」

喜歡的東西
「喜歡的東西?
 我想想,那個,什麼,是遊戲……嗎?
 乒乓乒乓的那個。
 那個,嗯,很不錯」

討厭的東西
「不擅長的東西?
 怎麼會有。難道你有嗎?」

關於聖杯
「若聖杯真的能許願……不,沒什麼」

活動
「開始了吧!
 要走了,Master!」

「Servant和Master沒有必要交好。
 所以,我也不會和你交好。
 你誕生的日子是哪天,也與我無關。
 懂吧。聽懂了嗎,不用邀請我。
 聽懂了嗎!」

羈絆1
「又遇到你了啊。
 不,這是我這邊的事情」

羈絆2
「沒有交好的意思,
 當然,會履行職責。
 但僅此如此」

羈絆3
「怎麼? 吃飯?
 英靈不需要飲食。
 難道不知道嗎?」

羈絆4
「……知道了,會陪你吃飯。
 不過,僅限午餐或晚餐擇一。
 聽懂了嗎?」

羈絆5
「你,是怎麼感覺的。
 你自身,在這場旅途中。
 不,算了。忘掉吧,沒什麼。
 不對,沒有在擔心! 忘掉吧!」

羈絆1(通過奏章Ⅱ)
「又遇到你了啊。
 而且,這次還是正規的Master。
 偶然這種事,真該怎麼說,受不了」

羈絆2(通過奏章Ⅱ)
「沒有交好的意思,
 當然,會履行職責。
 但僅此如此。
 ……就僅此如此」

羈絆3(通過奏章Ⅱ)
「怎麼? 吃飯?
 英靈不需要飲食。
 應該不會不知道嗎?
 你,到底是怎樣?」

羈絆4(通過奏章Ⅱ)
「……知道了,會陪你吃飯。
 不過,僅限午餐或晚餐擇一。
 真受不了,完全沒變啊,你」

羈絆5(通過奏章Ⅱ)
「你,是怎麼感覺的。
 你自身……在這場旅途中戰鬥、戰鬥、持續戰鬥……
 不,算了。不用回答。
 啊? 不、不對,沒有在擔心! 忘掉吧!」

戰鬥開始1
「盡快趕赴吧!」

戰鬥開始2
「解決掉!」

戰鬥開始3
「哼!」

戰鬥開始4
「參上!」

技能1
「欸咻」

技能2
「要上了」

技能3
「迅速正是光芒」

技能4
「要加速了」

技能5
「殺掉」

技能6
「影之刀刃」

指令卡1
「啊!」

指令卡2
「了解」

指令卡3
「是嗎」

寶具卡1
「知道了!」

寶具卡2
「可以吧!」

寶具卡3
「好!」

寶具卡4
「烙印在視網膜上吧!」

Attack1
「看招!」

Attack2
「喝!」

Attack3
「砍!」

Attack4
「歐啦!」

Attack5
「拿下了!」

Attack6
「那個首級!」

Attack7
「砍下!」

Attack8
「接招!」

Attack9
「喝,砍!」

Attack10
「呀! 砍!」

Attack11
「接下,這個![color=rgba(0, 0, 0, 0)]」

Attack12
「哦,砍!」

Attack13
「哦哦哦!」

Attack14
「砍砍砍!」

Extra Attack1
「要上了! 砍!」

Extra Attack2
「閃耀星辰的! 哈桑!」

Extra Attack3
「這個! 如何!」

寶具1
「加速開始。
 如今,化為閃耀星辰!
 ――『無想軀體(Zabaniya)』!」

寶具2
「全力活性。極限驅動!
 ――『無想軀體(Zabaniya)』!」

寶具3
「即使天空沒有月亮! 地上沒有光芒!
 此處也有光輝星辰! 嗚哦~!」

受擊1
「咕喔啊啊啊啊」

受擊2
「嗚」

受擊3
「嗚啊啊啊啊啊」

受擊4
「嘖!」

無法戰鬥1
「可惡……! 可惡……!」

無法戰鬥2
「抱歉……到此為止了……」

無法戰鬥3
「太不成熟了……!」

無法戰鬥4
「Master……!」

勝利1
「戰鬥結束。很好。」

勝利2
「走了,下一場」

勝利3
「魔力殘量如何?
 ……並沒有,在擔心你的身體!」

勝利4
「解決掉了」

升級1
「是嗎」

升級2
「哼~」

升級3
「別太常碰我」

靈基再臨1
「靈基的再臨嗎。
 不錯。這下就越來越能習慣」

靈基再臨2
「什麼? 『也很適合現代衣服』?
 是嗎……」

靈基再臨3
「會變成這樣嗎。
 不,算了。沒什麼」

靈基再臨4
「真有耐心的傢伙。
 資源和魔力都變多了。
 哈,真是的。
 安心吧。會去做符合的工作」

創作回應

更多創作