前往
大廳
小說

II-ファイアトリック

山巔一寺一壺酒 | 2024-01-13 16:05:15 | 巴幣 0 | 人氣 67


一瞬、ホルンは自分が浮いているように感じた。
 
「クソババア!この馬車ごと爆破するつもりか?」
 
馬車は轟音を爆発し、すぐに刺激的な黒煙が上がった。
ブリエンは最初、軽くてゆったりとした曲を口ずさんで、メロディーに合わせてビートを叩いた。しかし、気にかけて振り返ったとき、彼の表情は一瞬で崩れた。「デスティニーの仕業? ホルン?」
 
「ふふ、他に誰がいる? これは彼女の得意分野だ」ホルンは彼に背を向け、もう一本の矢を放った。
 
「得意分野? おやおや、彼女の自慢の炎魔法?」ブリエンは再び手綱を引きしめ、馬車の速度を一気に上げた。「そんなに大げさに屋根を爆破する必要があるの? ただ野獣の群れじゃないか?」
 
「状況がそれほど楽観的であればいいんだけど、奴らは野獣だけじゃない!」ホルンは後ろのブリエンにもっとはっきり聞こえるように、音量を上げた。「きっと俺が先ほど言ったことを聞いていないんだよね、ブリエン。リザードマン……そんなモンスターについて聞いたことがある? 奴らが実在するとは思っていなかったさ!」
 
ホルンは素早く弓の弦を引き、馬車に近づく蜥蜴戦士に矢を放ち、的確にその喉を貫通させた。哀れな蜥蜴戦士は最初にけいれんをし、そして狼の背中から力なく転げ落ち、砂利の敷き詰められた山道に倒れ、すぐに狼たちに踏みつけられ、血まみれの惨状となった。
ホルンは再び矢筒に手を伸ばし、今度は新たなターゲットがレンジャーに狙われた――それは先頭を走っている凶暴なやつ、異形の蜥蜴戦士だった。
やつはレンジャーを真っ直ぐに見つめ、細い腕で長槍を高く掲げ、挑発的な姿勢をとっているようだった。
レンジャーは目を細め、相手にどう対処すべきかを考えた。やつを狼から落とすより、まずその変形した細い手を貫通することは、もっと効果的かもしれない――前提として、矢が矢筒にまだ残っていることだ。
今回、レンジャーは明らかに幸運の女神の加護を受けなかったようだった。そこに冷たい空気以外何もなかったから。
 
「くそっ!」ホルンは心の中で詛んだ。まさにこの緊急の時に!
かつて威風堂々とした勇敢な射手は今輝きを失い、リザードマンたちの笑い者になった。彼は屋根の上で踊り歌うこと以外は何もできず、ただ蜥蜴戦士が隠れる場所がない彼に槍を投げて狙うのを見ていることしかできなかった。
 
錆びついた黒い槍はホルンの前に瞬時に飛んでき、彼の痩せた体を越えて耳に震える低音を残した。その後、目の前にさらに多くの槍が現れ、次々と体を越え、最後の黒い影が左肩を貫きまで。ホルンは痛みで目眩を感じて飛び散った血とともに蹌踉つく数歩後退した。
 
蜥蜴戦士たちはついに輝かしい勝利をもたらし、喜んで槍を高く掲げ、バックラーを叩き、時に長く細い蜥蜴の舌を吐き出し、レンジャーの終わりを祝った。
 
状況は確かに良くなかった。
鮮血の強烈な匂いが鼻を突き、まるで甘くて酩酊させる赤ワインのようだ。ホルンは最初世界が回転しているように感じたが、その後、酔ったようにふらつき、屋根から慌てて転げ落ちた。危うく地上に倒れるところだった。幸いなことに、後ろの馬車が彼を間に合わせて受け止めた。さもなければ、彼の旅が終わっていたかもしれない。
 
「ホルン!」ノエルはぐったりとした貴族レンジャーを片手で支え、血が噴き出すひどい傷口を素早く押さえ、慌てて名前を叫んだ。「ホルン、大丈夫ですか」。
 
「あまり大声で叫びな!耳はまだ聞こえる……」ホルンは力が弱々しく笑みを浮かべながら、なんとか身を起こした。「ブリエンに知らせてくれ。この野郎たちを彼に片付けさせる必要がある」。
 
「早く……まだ少し力が残っているうちに、手綱を渡して」
 
 
 
 
ホルンの体力は徐々に失われ、時間が経つにつれて手が痺れ、こわばってきた。
上を見上げると、太陽の光を遮っていた灰色の霧はすでに消え去り、空いっぱいに広がる風景は満ちていた思い出だ――ナスウェイの邸宅で過ごした子供時代の思いが次から次へと飛んでいった。
ああ、それは懐かしい過去だな。
彼は今でも、よく雪が降る北の故郷のことを覚えている。そしてウィリアムという名前の真っ白な大きな犬、家族のみんな、親切な父親、優しい母親、ハンサムで優秀な兄がいて、彼らはみんな手を差し伸べて微笑んで彼を歓迎した。
 
「ふふ、どうしたの? アントニー……迎えに来てくれたの?」ホルンは目を細めて空を見上げ、懐かしの表情をした。
彼はまだ覚えている――弟は邸宅を追われ、大変で惨めな生活を送り、売春婦になった姉妹たちは今も深い窮地に陥っており、救ってくれる貴族を切望していた。彼は家族の名誉を取り戻すという使命を負っており、果たさなければならないことがたくさんあり、未だその願いをかなえ、流れ星を捉えられていないが、旅はここで終わる。
 
「ごめん、失敗しちゃった……流れ星を見つけることもできず……邸宅を取り戻すこともできなかった上に、売春婦の子たちに軽蔑られた……ハハー……やっぱり何もかもできないんだな、俺は……」
 
「おい? お前、何の寝言を言っているんだ? バカヤロー!」あまりにも聞き慣れた、大胆かつ威厳のある叱責だ。彼はその声の主が知っている。家族の顔が風と共に消え、耳元に残る声が徐々にはっきりしてきて、目に飛び込んできたのは、ブリエンの不機嫌な顔と、その肩を揺さぶる太い腕だった。「誰がお前にここで白昼の夢を見させた? ほら、立ちなさい、ホルン・ナスウェイ!小さな傷だぞ、もうどれくらい休みたいの?」
 
「ハハー……ブリエン……お前か……? ふふ、ちょうどいいタイミング、頭上を見て……」ホルンは無理に両目を開き、ぼんやりとした表情で空を見上げた。「見ろ、空……空に何か光のアーチが点滅してる? 見た? そのアーチが、ずっと探していた流れ星かも……おい、ブリエン……よかった、やっと見つけた……願いをかなえる流れ星、ついに……」
 
間に合ったブリエンは最初何秒か呆然とし、半信半疑で空を見上げたが、そこには灰色の霧にすぎず、どこにも流れ星の弧光は見当たらなかった。暗い太陽ですら見えないほどだった。
 
「おい、ホルン、お前……」ブリエンは何か言おうとしたが、その言葉が口に出る前に、弱々しいレンジャーは既に意識を失っていた。
 
「ゆっくり休んで、あとは俺に任せてくれ。流星はお前を連れていかないぞ、絶対に」巨漢は頭を下げ、レンジャーの手から手綱を受け取り、彼の傷口を真剣な表情で押さえ、血濡れのペダルに軽く舌打ちした。
仲間が死に瀕しているのを見て、今銀の長槍ブリエンはこれまで以上に激しい怒りを燃やしている。
彼は横に立っている銀の長槍を静かに握りしめ、ゆっくりと車両のドアに向かって歩いた。
去る前に、ブリエンは再び意識を失ったホルンをさらっと見て、太ももに手綱を巧みに巻きつけた。「頑張れ、我が友。すぐに戻ってくるから」。
 
 
 
 
「グウィネフ、早くこっちこい!」ブリエンは扉をぶち開け、車両に突入し、槍で窓の近くにいた蜥蜴の怪物を突き刺した。
 
「あら!ブリエン、どうしてここにいるんですか」グウィネフは横向きになり、胸を横切った錆びた長槍を巧みに避けた、驚いてこのがさつな巨漢に目を向けた。「前方の馬車は大丈夫ですか」。
 
「ノエルにその仕事を代わってもらった。それから……ホルンがけがをしている」ブリエンは脚から手綱を外し、急いで魔女のそばへ歩き、追いかけてくる蜥蜴騎手を睨みつけた。「グウィネフ、ホルンは緊急治療が必要で、彼の傷口から出血が続いていて、状況はあまり明るくないようだ」。
 
「ああっ!」少女はイライラして髪を何度か引っ張った。「でも、でも……もし今離れたら、誰がおばあさんを守るんですか」。
 
「俺にまかせろ、この銀の長槍は血を飢えているよ」ブリエンは後ろの空いた席を指さした。「ホルンの怪我を手当てした後、この馬車の運転は頼む!」
 
「ロジャー!」グウィネフは機敏に身をかわし、飛んできた漆黒の槍を間一髪で避けた。そして、彼女は短剣を馬車の屋根に投げ、腰に隠していた二本の短剣を素早く放り出し、車両に登りかけていたリザード戦士を一人ずつ撃ち落とした。リザードマンの悲鳴とともに、空中で回転する二本の短剣もそれに応じて止まり、落下し、彼女の立ち姿に完璧に合致し、剣の鞘にまっすぐ落ちた。
その後、少女は可愛らしいポニーテールを結び、息ぴったり槍を持つ戦士とすれ違った。彼女は野良猫のように軽快なステップで、新しい仕事の場所に向かい、魔女を守る責任を彼に引き継いだ。
 
「がっかりさせないですよ、友よ」
 
 
 
 
ホルンは御者席に倒れ伏し、瀕死の野獣のように見えた。
グウィネフは眉をひそめ、腰に差していた救急薬袋を開け、透明なガラスの試験管を取り出した。彼女は慎重に試験管内の深緑色の粉末を確認した。それは治癒修道女から渡された緊急治療薬で、強力な治癒効果があると言われており、皮膚傷を速やかに凝固させるだけでなく、体内の造血機能を活性化することもできるとされている。
次いつ補充できるか全くわからないから、彼女はこうした薬が早くなくならないよう願っていた。
少女は慎重に瓶の栓を開け、傷口に粉末を軽く振りかけ、その後指の腹で塗り広げ、これにより、薬がこの恐ろしい傷跡にしっかり吸収されるようにした。粉末が透明な薄膜に凝縮し、継続的な血流を一時的に止めたまで、少女は眉を緩め、そして、血に染まった手をゆっくりと離し、戦士が蹴ってきた手綱の束に視線を移した。
 
戦士は冷静にスクワットで立ち、銀槍を素早く回転させ、体の前に「盾」のような円弧を描いた。槍の柄が投げられた漆黒の長槍を跳ね返させるたび、このたくましい男の顔に怒りがだんだん増していく。彼がホルンの肩に刻まれた恐ろしい傷痕の元凶を知っていたから。
リザードマンの蛇のような目が彼をじっと見つめた。あいつらは目の前の難敵にどう立ち向かうかを考えているのか、または相手の弱点を観察しているのか、この瞬間、あいつらはハンターであり、前の馬車はただの獲物だ。
「ブリエン、この怪物たちは一体なんなの?」隅に隠れているデスティニーは、いくつかの唾を呑み込み、散らばった荷物の中からより強力な魔法武器を見つけようとした。「どうして奴らが馬車を追っているの?」
 
「え? 博識な巫女ですら答えを見つけられないのに、俺みたいな野郎が知っているはずはないだろう」
 
ブリエンは口角を上げ、リザードマンの喉に槍を突き刺した。おそらく、この蜥蜴戦士は死ぬまで自分の決断がどれほど愚かであるか理解できないだろう——やつは勝手にブリエンの守護の槍陣に侵入し、目の前の馬車に闖入しようとした。
 
「それよりも、あなたの強力な火力サポートが必要だ!デスティニー、もしかしたら……軍隊全体を壊滅させるほど、強力な魔法のようなものはないのか?」
 
「ああ、運命の女神様……ブリエン、あんたは何をしたいの?」
 
「何をしたい? ハハー!しばらくあなたの炎魔法を借りたいと思っている。これらの異形の怪物たちにリベラシオンの怒りを感じさせてやりたい!」ブリエンはリザードマンの横顔を槍で突き刺し、相手を山壁に釘付けにして一撃でやつを振り落とした。「できるか?」
 
「もし少しの時間を稼いでくれるなら!」
 
「ハハー!何の問題もないぞ!」
ブリエンは口角を広げて笑い、すぐにもう一度突き刺した。彼は傲慢に敵に立ち向かい、一人で銀の長槍を振り回し、リザードマンの悲鳴とともに、次々と黒い泉を切り裂いた。
馬車は前に疾走し続け、冷たい風の中で車輪が狂ったように回転した。この時、彼は最も威風堂々たる戦士であり、仲間を守る英雄だった。
彼はリベラシオンの旧軍団に属すエリート傭兵で、無数の敵を殺し、過酷な戦場で血みどろの戦いを繰り広げた。彼の名前はブリエン・エヴァンスだ。リベラシオンの戦牛、銀の長槍の骨砕き、銀の長槍ブリエンと称えられていた。
 
胸を張って立ち向かおう!勇者よ!
Stellen Sie sich ihm! Tapfer!
槍を持って刺そう!槍兵よ!
Stechen!Pikeniere!
鎧を貫通せよ!戦士よ!
durchbohrenRüstung!Krieger!
後ろにいる仲間を守ろう!銀の長槍ブリエンよ!
silberne langSpeer Burien!
大切な仲間を守ろう!銀の長槍ブリエンよ!
silberne langSpeerBurien!
 
この戦闘はあの永遠に過ぎ去った時間であり、彼の過去の記憶を呼び起こし、同時に山道上の小石も呼び起こした。これらの小石は車輪が通過するたびに跳ね返り、崖から飛び降り、失速して谷底に墜落し、最後には穏やかな湖に落ち、湖面に波紋を広げ、空を飛び回る灰色の鷹の姿を映し出した。
灰色の鷹は馬車の上空を通り過ぎ、目がくるくる回って下にある緑の森を見下ろし、渓谷をつなぐ石の橋を越え、山中に立って果てしない空に向かって伸びる荘厳な教会へ飛んでいった。
 
「デスティニー!」彼は後ろに向かって大声で叫び、老魔女に目で合図をした。
デスティニーは急いで足元の乱雑な荷物を開け、いくつかの奇妙な道具を取り出したが、残念ながら、役に立てるものは1つもなかった。「もうすぐ、もうすぐ!もう少し時間をくれ!」
 
「あとどれくらいかかる?」
 
「3分!いや……たぶん1分!」
 
デスティニーは緊張して歯を食いしばり、雑貨が詰まった白い布袋を乱暴にあさった——思いがけず、本当に見つけた。その時、魔女が触れたのは冷たく重いガラス瓶だった。その中には黒い魔法液体が入っており、それはカリヨンワイナリータウンで購入した新しい素材だった。
瞬時に、インスピレーションが彼女の頭に次々と湧き出し、さまざまな奇抜なアイデアが飛び出し、封印されていた創作欲望に再び火が付いた。
 
「あった!」デスティニーは興奮して叫び、まるで秘宝の手がかりをつかんだかのように、もう少しで走る馬車の中で飛び上がりそうになるほど喜んだ。
 
「教えてくれ!デスティニー、どれくらいの時間が必要か?」
 
「グウィネフ、教会までどれくらいの距離なの?」魔女は戦士に答えず、代わりに手に持っているガラス瓶を軽く振り、馬車を運転している少女に興味深そうに尋ねた。
 
「おばあさん、もう一度質問を言ってください!」
 
デスティニーは再び声を張り上げ、ほぼ全身の力を込めて咆哮した。「教会までどのくらいの距離があるの?」
 
「もうすぐです!前にある橋を渡れば!」
グウィネフは御者席から頭を出し、口元に笑みを浮かべた。「私は今、あの教会が見えます。父様に指定された合流地点……フォレスト大聖堂です!」
 
「前に何があるの?」
 
「フォレスト大聖堂ですよ、おばあさん!」
 
「いえ、グウィネフダーリン……その前の一文よ!」
 
「ええ、一の……橋?」
 
「橋?ああ、それだ!」デスティニーは乾いた唇をさっと噛み締め、何かを思い出したようにガラス瓶の中の黒い液体を激しく振り、そして一連の奇妙な笑い声を上げ、瞳には一抹の狂気がきらめいた。「それだよ!それだよ!」
 
魔女は瓶の栓を抜き、中の黒いインクを窓の外にまき散らした。馬車が通過したところに巨大な黒いニシキヘビ現れ、山道を曲がりくねって通った。その巨大なニシキヘビは滑らかな体に優美な身のこなしで、時折奇妙なに匂いを放ちながら数匹の不運な蜥蜴の怪物を転ばせた。
 
「これですか。おばあさん、また何か変なアイデアを思いつきましたか」
 
「ふふふ……急がないで、すぐに分かるよ」デスティニーは急いでポケットから火打ち石を取り出し、すぐに火をつけた。松明の上で精霊は、魔女の内なる悪魔を映し出すように、踊り狂っていた。彼女は松明を投げて自由に舞わせ、その落下地点の黒い蛇体を染め上げ、長く燃えるような赤い蛇へと変容させた。
 
「これがあなたの炎魔法か? デスティニー?」ブリエンは長槍をまっすぐに持ち立て、冷静に炎を見つめていた。その炎は灰狼を呑み込み、狼たちは叫び声をあげ、正気を失って苦しみながら崖から落ちて行った。しかし、これだけでは足りなかった。追いかけてくる蜥蜴の騎兵たちを止めるには、このレベルでは足りない。彼らは火の海中から勇敢で恐れることなく飛び出し、飛び上がるとき長槍を投げつけた。
 
ブリエンは投げられた数本の長槍を簡単に弾き返し、汗まみれで魔女を振り返った。「これが俺たちの決定的な武器なのか? これでは止められるとは思えないが……」
 
「急がないで、急がないで、ふふ!ブリエン、マジックショーは今から始まるよ!」デスティニーは遊び心でウィンクしてから、別の鉄球を取り出し、てきぱきして鉄の蓋を噛み破って開け、復讐の炎が目に燃え上がた。「この野郎たちは私の貴重な宝物を冒涜したから、今あいつらに魔法少女の怒りを味わわせてあげるよ!へへへ、ハハハハ!」
 
「魔法……少女?」
 
「よく見てね、ブリエンくん、これこそが魔法少女の本当の切り札だ!」
 
ブリエンは興味津々に振り返ると、髪を振り乱したデスティニーが鉄球を投げるのを見た。それは黒と灰色の粉が詰まった魔法の道具で、目立たないが、強大な潜在能力を秘めており、あらゆるものを焼き尽くす猛火を引き起こすことでもできる。デスティニーはそれを「ファイアトリック」と呼んだ。
リザードマンは馬車の外へ投げられたこの鉄球には気付かず、前に向かって猛進し続け、差し迫った災害にまったく気づいていなかった。でもブリエンは違った。戦士は急いでハンドルをつかみ、車両の先端に向かって叫叫んだ。「——グウィネフ、ホルンをしっかりつかんで!」
 
急速に走行中の馬車はそのまま空中に浮かび上がった。
そう、彼らは飛んでいた。
そして、あいつらも。
まるで童話のように、それは空を翔ける魔法だ。飛行時間は保証できないが、少なくとも彼らは実際に飛び立った。
 
山谷全体には轟音が響き渡った。
石レンガは橋の中央から空中に飛び散り、空の果てまで舞い上がり、翼を羽ばたかせることができなくなるまで、仲間たちに一緒に前に進むよう呼びかけながら下に落ちた。
石橋の崩壊は徐々に拡大し、上から下に崩れ、同時に多くの砂塵を生み出し、さらに多くの石レンガを深い谷に引きずり込んだ――馬車を追いかけていたリザードマンや灰狼たちも。
 
 
 
 
馬車はついに彼らの目的地に到着した――なぜ建てられたのか、どのように建てられたのか誰も知らない建物であり、山の間にそびえ立つ荘厳な教会だ。
教会の上にそびえ立つ高い尖塔は雲の中までまっすぐ伸びており、彫刻で覆われた屋根さえもモミを超えていた。尖塔の頂上には漆黒の大きな鐘が吊られており、多くの人々がその過去について話し合った。大鐘が鳴るたびに、厳かで荘厳な鐘の音が山下の住民に思い出させる――何年経っても、ここには依然として天神様のご加護を受けてい。
 
ノエルはブリエンの指示に従って道をまっすぐ歩き、先に教会の前の広場に到達した。
彼は躊躇して御者席から立ち上がり、後ろの馬車を探しいた。
目的地に到着する前の大きな音は確かにデスティニーの仕業だったが、その後はどうなったのだろうか? 彼らはどこに行ったの?
 
「おい!また間違えたかな?」ノエルは両手を腰に当て、興味津々に背後の教会に目を向けた。「ここに別の教会がありますか。おい、みんな――」。
 
しかし、ノエルが話を終える前に、彼の慣れ親しんだ長い馬車は霧を突き破り、空からちょうど急降下してきた。もしも彼がすぐに後ろに数回転がっていなかったら、この「空からの馬車」に潰されていたかもしれない。その後に続いたのは、いくつかの物体が地面に落ちる鈍い音と共に、一連の悲鳴や叫び声だった。馬車はすでにバラバラに壊れてしまったが、この一団はようやく人も馬も一緒に目的地に「到着」した。出発前に詰めた荷物は当然のように散乱し、いくつかのうめき声も混じり、激しい衝突音を出した。
その後、ブリエンが崩れた馬車から出てきて、ぐちゃぐちゃしたデスティニーを引き上げ、ふらついたグウィネフを助け起こし、さんざんにホルンを探した。
一方、傷ついた貴族レンジャー……彼はちょうどそのかわいそうな馬の上に落ちた。その不運な馬はしばらくもがいた後、息を引き取り、正確には、ホルンに生きたまま圧死された。
 
「まあ……それで、着いたんですか」ノエルは目を大きく見開き、驚いて口を半開きにし、目の前の光景を信じられない表情で見つめ、無理に微笑みを浮かべた。「ねえ!一体どういうことなんですか、誰か教えてくれませんか」。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Oh, Thechurch!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

創作回應

相關創作

更多創作