創作內容

3 GP

第31位妃子*29

作者:SPT草包│2020-10-24 17:48:06│贊助:6│人氣:296
31番目のお妃様
第31位王妃殿下
作者:桃巴
31番目の妃*29
第31位妃子*29
原文連結
漫畫生肉

『鞭が好きですわ』
『我喜歡鞭子喔』

 フェリアの返答にマクロンは少しだけ、妄想してしまったが、いかんいかんと首を横に振り、それをかきけす。
 馬庫隆雖然對菲莉亞的回答做了點妄想,但不行這樣地左右甩著頭,抹消了那個。

「ビンズ、フェリアは鞭を希望した。軽くて持ち運びの良い物を準備しろ」
「賓茲,菲莉亞希望要鞭子。去準備輕巧好拿的東西」

 マクロンは文をもう一度目にしながら、フェリアの姿を思い浮かべていた。どう装備させるかと、これまた男のロマン的な妄想が浮かび、それをかきけす。
 馬庫隆一邊再看一次內文,一邊回想起菲莉亞的身影。她要怎麼裝備呢,這又再次浮現男人的浪漫妄想,又再次抹消那個。

「はい、準備します。フェリア様から、鞭を使った魔獣狩りの話を聞いておりましたので、たぶん鞭を所望すると思っていました。いくつか候補を見繕ってあります」
「是,準備好了。因事先從菲莉亞大人那聽說了使用鞭子狩獵魔獸,我認為大概會要求鞭子。酌量準備了幾個候補」

「そうか、ではすぐに選んでもらえ。キュリー姫から、武器なしの実践実技がすでに終わっていると報告がきている」
「是嗎,那就快點讓她選擇。從佳麗居禮那來了沒有武器的實技實踐已經結束了的報告」

 フェリアは筋が良い。カロディア領での魔獣狩りに比べたら、フェリアにとって背後を守る連携実技は楽なものである。フェリアが武器なしで、王と連携し敵を討てる人数は七人だという。実に頼もしいことか。実際、フェリアとマクロンで連携はしていないのだから、人数の変動はあるだろう。人数が多くなる方にであるが。
 菲莉亞素質很好。跟在卡羅迪亞領的狩獵魔獸比較的話,對菲莉亞來說守住背後的合作實技是很輕鬆的東西。菲莉亞沒拿武器與國王合作討伐敵人的人數是七人。確實很可靠嗎。但因為實際上菲莉亞與馬庫隆沒有合作過,會有人數的變動吧。是有人數變多的可能。

 王妃の席に野望を抱く妃らの中で、ここまで短期間で襲撃に対処する技を習得できる者はいないと想像がつく。数年かけたとて無理だ。マクロンが王妃に望むのは知識や礼儀作法、智略や美貌、公務の手腕などではない。それらは、所謂王妃たる教育の一般的なものである。しかし、今現在王マクロンだけでダナン国は回っているのだ。王妃の手を借りずとも十分なほどに。ゆえにマクロンは、ビンズが言ったように生涯の伴侶を王妃として望むのだ。心のままに望むのだ、フェリアを。
 想像得到在對皇后寶座抱持野心的妃子們裡面,至今沒有以短時間就能學會應付襲擊技巧的人。即使花上數年也不可能。馬庫隆對皇后的期望並不是知識或禮法、智謀或美貌、公務的手腕等等。那些是所謂皇后的教育的一般東西。可是,現今達南國只要國王馬庫隆就能運作了。不用借用皇后的手就足夠的程度。故此馬庫隆就如賓茲所言般期望讓生涯伴侶作為皇后。隨心所望的就是菲莉亞。

 そのフェリアに必要な王妃教育とは何か? キュリーはズバリ指摘した。ダナンのアキレス腱はフェリアになると。王マクロンの唯一の弱味がフェリアの存在であろうと。確固たる力を持つマクロンに刃向かうには、弱味を握ることが効果的である。先の荒事のようなことが、幾度も繰り返される可能性があるのだ。だからこそ、実践が必要であった。フェリアには、生き残る術を。マクロンには、フェリアを守らぬ術を。……場合によっては、フェリアを見捨てる覚悟を。それが、フェリアの王妃教育である。
 那位菲莉亞所需要的皇后教育是什麼? 居禮直指核心。菲莉亞成為了達南的阿基里斯腱。國王馬庫隆的唯一弱點是菲莉亞的存在。要朝擁有鞏固力量的馬庫隆刀刃相向,抓住弱點是很有效果的。像之前暴力事件般的事情,有被重複好幾次的可能性。正因如此才需要實踐。菲莉亞需要倖存之術。馬庫隆需要不保護菲莉亞之術。……根據情況,需要有拋棄菲莉亞的覺悟。那就是菲莉亞的皇后教育。

「侍女の選定はどうだ?」
「侍女的選定怎樣了?」

 マクロンのその問いに、ビンズは顔をしかめる。
 賓茲對馬庫隆的那疑問蹙眉。

「女官長が首を突っ込んできます。フェリア様の邸の侍女は自分が決めるのだとしゃしゃり出てきまして、手こずってますよ」
「女官長攪和了。雞婆說出菲莉亞大人宅院的侍女自己會決定,很棘手唷」

 ビンズはこめかみを押さえた。マクロンもビンズも女官長の動きは把握している。泳がせていると言った方がよいだろう。サブリナの動向を探る駒であるのだ。キュリーからは報告があった。
 賓茲壓著太陽穴。馬庫隆跟賓茲都掌握住了女官長的行動。說是暫時逍遙會比較好吧。是探查薩布莉娜動向的棋子。有來自居禮的報告。

 女官長にしてみれば、サブリナとキュリーに報告するための、フェリアにつかせる侍女が必要であり、それは女官長の息のかかった者でなければならないのだろう。
 對女官長來說的話,需要為了向薩布莉娜與居禮報告的,跟著菲莉亞的侍女,那必須是有女官長撐腰的人吧。

 しかし、今は無理だ。武器を実装した実践が終わっていないからである。それさえ終われば、女官長の密偵を潜ませたとて、さして問題はなく、反対にその侍女を踊らせることもできる。こちら側の思惑通りに。
 可是,現在沒辦法。因為實裝武器的實踐還沒結束。只要那個結束了的話,讓女官長的密探潛入也沒有問題,相反地能操縱那位侍女。如同這邊的意圖。

「女官長推しの侍女は、実技テストと称してキュリー姫の邸で一週間働かせればいい。その間にフェリアの実践を終わらせるように組め。正規の侍女もこの間に準備すればいい。フェリアにもキュリー姫にもそう伝えてくれ」
「讓女官長推薦的侍女,以實技測驗為名在佳麗居禮的宅院裡工作一個禮拜就好。讓菲莉亞的實踐在那期間結束的編排。正規的侍女也在這期間準備好就行。也去跟菲莉亞與佳麗居禮如此傳達」

 ビンズは頭を下げて出ていった。マクロンは、ビンズの背を見ながら羨ましく思う。フェリアに会えるのだから。自身の妃でありながら会えぬとはと、マクロンはハァと息を吐き出した。
 賓茲低下頭出去了。馬庫隆一邊看著賓茲的背一邊想著好羨慕。因為看得到菲莉亞。儘管是自己的妃子卻看不到,馬庫隆哀嘆了一口氣。

「後、二ヶ月か」
「還有、兩個月嗎」

 フェリアに会えるまでの期間を、マクロンは呟いたのだった。
 馬庫隆囁嚅著見到菲莉亞為止的時間。



***

「なんてこった?!」
「咋回事呀?!」

 リカッロは屋敷が震えるほどの大声で発した。隣でうたた寝をしていたガロンは、飛び起きる。
 里卡羅發出了會讓府邸震動般的大聲。在旁邊打著盹的加隆跳了起來。

「何だよ?!」
「什麼啦?!」

 キレ気味にガロンが問う。リカッロは届いた文をガロンに渡した。ガロンは訝しげにそれを読み、リカッロと同じく『なんてこった?!』と叫んだのだった。
 加隆生氣地問起。里卡羅把送達的書信交給加隆。加隆訝異地讀著那個,與里卡羅一樣叫著『咋回事呀?!』。

『リカッロ兄さん、ガロン兄さん、お久しぶり。先ずは野営箱のことを報告するわ。十分に役に立ったわ。私の邸の土壌が、あの種を試すのに期待できたから、少々蒔いたわ。それと、言いにくいのだけど……荷物が全部焼けちゃったの。野営箱も種も、服も全部焼けちゃった。だから、適当に何か送ってくれないかな? 薬草とか薬草とか薬華もいいわね。後、種とか種とか種も。すっごく良い土壌よ。じゃ、よろしくね。
『里卡羅哥哥,加隆哥哥,好久不見。首先要報告野營箱的事喔。相當有用處喔。因為能期待用我宅院的土壤測試那個種子,稍微播種了喔。還有,雖然難以言說……但行李全部燒掉了。野營箱與種子、衣服全部都燒掉了。所以,可不可以適當地送些什麼過來呢? 藥草或藥草或藥花都可以呢。還有,種子或種子或種子也要。是非常好的土壤喔。那麼,就拜託了呢。

あ、忘れてた。私、妃になるわ。
啊,忘記了。我成為妃子了喔。

フェリア』
菲莉亞』



***

 フェリア邸に届けられた荷物は十箱にも及んだ。フェリアはそれを運び入れた人物を知っている。背が高い、ボサ頭でわかってしまう。
 被送到菲莉亞宅的行李達到十箱。菲莉亞知道搬進那些的人物。因高個子、刺蝟頭而明白了。

「ガロン兄さん」
「加隆哥哥」

「おぅよ! ここの土すげえな」
「喔唷! 這裡的土真厲害呢」

「あ、うん。じゃなくて! 何でわざわざ兄さんが運んだの?」
「啊,嗯。才不是! 為何是哥哥特意搬過來的?」

「ああ、あの種の状態を見てこいって大兄さんに言われてさ。土壌が良いなら、芽吹きが早いんじゃないかって。気になって仕方ないからって、俺がかり出された」
「啊啊,被大哥說了來看看那個種子的狀態。如果土壤很好,會不會很快發芽呢。會在意也沒有辦法,我就被趕出來了」

 種蒔きをしてから一ヶ月が経とうとしている。毎日、様子は見ているがまだ芽吹いてはいない。
 播種之後過了一個月。每天都在看情況但都還沒發芽。

「この土壌なら、二ヶ月はかからねえな。二週間ぐらい早く芽吹きそうだな」
「如果是這個土壤,用不到兩個月呢。似乎會提早兩個禮拜左右發芽呢」

 ガロンは土壌を直に触り、確かめている。フェリアもガロンと同じ意見だ。
 加隆直接碰觸土壤、確認著。菲莉亞也與加隆意見相同。

「芽吹きまで町にいるからな。大兄さんからさ……少しでいいから婚礼品持たせてやれって、町で購入すっぞ。俺のセンスに文句は言わせねえからな! カッハッハ」
「因為要待在城裡直到發芽呢。來自大哥的……讓我帶來了點婚禮禮物,在城裡購買的喔。不要對我的品味抱怨吶! 喀哈哈」

「ぁ、ぅん……ありがとう」
「啊、嗯……謝謝你」

 フェリアの瞳が揺れた。ガロンが優しくフェリアの頭を撫でる。ポロリとつたった頬のしずく。邸にいる騎士らはとても美しい涙を見たのだった。
 菲莉亞的眼眸搖曳。加隆溫柔的撫摸菲莉亞的頭。沿著臉頰滑落的淚滴。在宅院的騎士們看到了非常美麗的淚水。



***

 ヒュン
 咻

 ヒュン
 咻

 バシッ
 啪

 ゾッドは感嘆した。フェリアの鞭さばきの精密さに。的に全て命中するそれに。ただその鞭を、おもむろにスカートをたくしあげ太腿のベルトにくくるのは止めてほしい。騎士のみならずケイトも真っ赤な顔になって視線を反らした。
 佐多很感嘆。對菲莉亞運用鞭子的精密。對全部命中目標那點。只是希望停止將那個鞭子系在徐徐撩起裙子的大腿皮帶上。不僅是騎士連凱特都滿臉通紅別過視線。

「フェリア様!!」
「菲莉亞大人!!」

 ケイトは慌ててスカートを下げる。フェリアはキョトンとした顔でケイトを見つめた。
 凱特慌慌張張放下裙子。菲莉亞以呆然的表情看著凱特。

「鞭、鞭、鞭は、そんな場所に携えるのではなく、腰にお願いします」
「鞭、鞭、鞭子,才不是攜帶在那種地方,請系在腰上」

「え? それじゃあ、武器の存在が丸わかりじゃない」
「咦? 那樣武器的存在不就整個暴露了」

「はい?」
「什麼?」

「私の武器は秘密であるからこそ、もしもの時に役に立つのでは? 私が武器をさらしてそれなりに扱えると知っていたら、襲撃人数は増えるのではなくって?」
「正因為我的武器是秘密,有個萬一的時候不就能派上用場了? 要是知道我會把武器暴露出來適當地操作的話,襲擊人數不就增加了嗎?」

 ケイトは閉口した。ゾッドら騎士も、その通りだと思った。隠し持つ武器だからこその効果を、最初から手放すことはない。だが、あの適度に筋肉のついた健康的でスラリとした腿を、毎回見せられるのは勘弁願いたいと伝えたい。目の毒だ。いや、王の逆鱗に触れるやもしれない。そうゾッドは悩む。思ったことを伝えればいいのだが、自身がフェリアの腿をそのような目で見ていたと知られるのも……羞恥である。
 凱特閉嘴了。佐多他們騎士也認為就是如此。正因為偷偷帶著武器,從一開始就無法割捨那效果。但是,想要傳達希望放過每次都讓他們看到那適度地帶著肌肉健康且修長的腿。很傷眼。不對,或許會觸碰到國王的逆鱗。佐多如此煩惱著。雖然傳達所想的事就好,但被知道自己以那樣的眼神看到了菲莉亞的腿……會很羞恥。

「フェリア様、せめて生足はやめましょう。生足は王様だけの特権ですよ」
「菲莉亞大人,至少停止赤腳吧。赤腳是屬於國王的特權喔」

 その声はキュリーである。フェリア邸にキュリー来訪の知らせはなく、それは突然であった。
 那個聲音是居禮。沒有居禮來訪菲莉亞宅的通知,那是很突然的。

「キュリー様! どうしてこちらに?」
「居禮大人! 怎麼會來這邊?」

「動きがありました」
「有動作了」

 キュリーのひと言でフェリアの顔がしまる。フェリアは邸宅へキュリーを案内した。キュリーが直にフェリア邸に来たことから、動きの度合いが危険だということがわかる。
 菲莉亞的臉因居禮的一句話繃緊。菲莉亞帶居禮前往宅邸。從居禮直接來到菲莉亞宅來看,能知道行動的程度很危險這件事。

「毒を入手したようです」
「取得毒了」

 フェリアは顔を強ばらせた。まさか、そんなまさかとの思いが沸き起こる。
 菲莉亞僵著臉。不會吧,那種不會吧的想法沸騰起來。

「なぜです? 妃候補であろう方々が、なぜそのような馬鹿なことをなさろうとするのか……」
「為何? 身為妃子候補的各位為何決定要做那樣的蠢事呢……」
 フェリアは呆れ返り、言葉を止めた。首を横に小さく振りふぅと息を吐き出す。
 菲莉亞驚呆了,停止了言語。左右小小甩著頭呼地吐了一口氣。

「魔獣と戦うフェリア様と同じだとお考えくださいな」
「請想成是與跟魔獸戰鬥的菲莉亞大人一樣呢」

 キュリーはニヤリと口角を上げた。
 居禮揚起嘴角微笑。

「あの方々にとって、フェリア様は魔獣的存在なのです。驚異の存在、負ければ自身が滅ぼされるかのように感じているのでしょう。まあ、正にそれがフェリア様の格でしょうし、妃の器であると肯定しているようなもの。お馬鹿な方々ね、その行動でフェリア様の格を認めたのですから」
「對那些人們來說,菲莉亞大人是魔獸般的存在。感覺到輸給驚異的存在的話,自己就好像會被消滅了吧。不過,那確實是菲莉亞大人的品格,像是肯定了妃子器量般的東西。愚蠢的人們呢,以那行動承認了菲莉亞大人的品格」

 フェリアは、『私が魔獣?』と呟いた後、クスクスと笑いだした。キュリーも扇子を開き内で含み笑いをする。
 菲莉亞嘟噥說『我是魔獸?』後,咯咯地笑了起來。居禮也打開扇子在內側抿嘴而笑。

「ならば、魔獣らしく接しましょう。人ならば毒の効き目はありましょうが、魔獣ならどうでしょうか? キュリー様、ひと泡ふかせましょう」
「那樣的話,就像魔獸的接待吧。若是人的話毒是有效果的,但若是魔獸又會怎麼樣呢? 居禮大人,來讓人大吃一驚吧」

「ええ、面白いわね」
「好,會很有趣呢」

 二人は楽しげに話し合う。毒のお茶会に招待されるだろうに、二人に恐怖はないようだ。それを見ているケイトは、身震いした。『これが妃の器』感嘆と共に背に感じる冷たい何かに、ケイトは身震いしたのだった。二体の雌の獅子がそこにいたのだから。
 兩個人愉快地交談。是被招待了毒的茶會吧,兩人似乎沒在恐懼。看見那個的凱特打了個冷顫。凱特是對與『這就是妃子器量』的感嘆一起,感到背後發冷的什麼打冷顫。是因為有兩隻母獅子在那裡。
引用網址:https://home.gamer.com.tw/TrackBack.php?sn=4958795
Some rights reserved. 姓名標示-非商業性 2.5 台灣

相關創作

同標籤作品搜尋:第31位王妃殿下|桃巴

留言共 0 篇留言

我要留言提醒:您尚未登入,請先登入再留言

3喜歡★okinadog 可決定是否刪除您的留言,請勿發表違反站規文字。

前一篇:262.魔導具制作部一課... 後一篇:263.魔導義手與魔物的...

追蹤私訊

作品資料夾

ricky4124各位
晚上好看更多我要大聲說昨天23:27


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】