創作內容

0 GP

爬虫類とサルモネラ(動物愛誤)(アニマルホーダー)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)

作者:小柯│2019-11-28 23:56:55│贊助:0│人氣:56
爬虫類とサルモネラ Salmonella in reptiles(動物愛誤)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)
林谷秀樹 : 岩田剛敏 : 中臺 文











ヘビ、男性の性器に噛み付く(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)


牧師、ヘビに噛まれ死亡(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)






はじめに

サルモネラは腸内細菌科に属するグラム陰性通性嫌気性桿菌で、哺乳類、鳥類、爬虫類および環境などに広く分布しており、食中毒ならびに人獣共通感染症の主要な原因細菌の一つとして知られている。

近年、欧米諸国では爬虫類はペットとして人気が高く、多くの種類の爬虫類がペットとして飼育されているが、これらの爬虫類が感染源となった人のサルモネラ症が報告されるようになってきた。

一方、わが国でも爬虫類のペットとしての人気が高まっており、さまざまな種類の爬虫類が飼育されるようになってきている。しかし、それに伴い、これら爬虫類に起因する人のサルモネラ症の発生が報告されるようになってきた。ここでは、爬虫類とサルモネラとの関係について、私たちがこれまでに行ってきた調査研究を中心にして述べる。


Ⅰ. 爬虫類に起因する人のサルモネラ症


1939 年に Caldwell ら1)により初めて爬虫類からサルモネラが分離された。その後、1960 年代には、米国やヨーロッパ諸国においてミシシッピーアカミミガメやキバラガメなど水棲カメ類の幼体に起因する小児のサルモネラ感染事例が報告され、これらのカメ類が人のサルモネラ症の感染源として注目されるようになった。1990 年代になると、欧米諸国では爬虫類のペットとしての人気が高まり、水棲カメ類以外にも陸棲カメ類、トカゲ類およびヘビ類な
どさまざまな種類の爬虫類が一般家庭で飼育され
るようになった。2001 年の調査では、米国の家庭でペットとして飼育される爬虫類は約 280 万匹にのぼると推測されており 2)、爬虫類の飼育数の増加に伴って、爬虫類を感染源とする人のサルモネラ症が欧米諸国で相次いで報告されるようになった 3 ~ 14)

実際に、米国では 1996 ~ 1997 年の 1 年間に約 120万件に及ぶサルモネラ症が確認され、そのうち約 7万 4000 件は爬虫類や両生類に起因するものと推定されている 15)

わが国では、1970 ~ 1980 年代にかけて、ミシシッピーアカミミガメの幼体であるミドリガメに起因する小児のサルモネラ症が報告され 16)、一時社会問題化した。その後もミドリガメに起因する感染事例は散発的に報告されてきた 17 ~ 20)。近年、欧米諸国と同様、わが国の一般家庭における爬虫類飼育者は増加の傾向にあり、内閣府によるペットの飼育状況調査によると、1990 年にはペット飼育者全体の1.1%、2000 年には 1.9%となり、2003 年には 2.4%を占めるに至っている 21)

飼育される爬虫類はミドリガメを中心としたカメ類のみならず、グリーンイグアナなどのトカゲ類やヘビ類など多種にわたっており、これら爬虫類に起因すると考えられるサルモネラ症の発生も報告されるようになってきた 22, 23)

表 1 に近年、わが国で発生した爬虫類を原因とするサルモネラ症をまとめた。わが国ではカメ類を感染源とする事例がほとんどであるが、欧米諸国では、イグアナなどのトカゲ類やヘビ類を感染源とする事例が多い。近年、重篤な症状を呈する症例も報告されている。



Ⅱ. 爬虫類におけるサルモネラ保有状況


1. ペットとして飼育される爬虫類におけるサルモネラの保有状況

わが国で飼育される爬虫類におけるサルモネラの保有状況を知る目的で、わが国のペットショップで販売されていた爬虫類 49 種 100 検体、および一般家庭で飼育されていた爬虫類 30 種 115 検体の計 215検体、ならびにわが国に輸入された直後の爬虫類28 種 91 検体におけるサルモネラの保有状況を検討した 24, 25)

その結果、家庭飼育検体の 32.2%、ペットショップ検体の 80.0%、ならびに輸入直後検体の56.0%からサルモネラが分離された。分離菌の生物群(亜種)は、いずれも人や家畜から分離されることの多いⅠ群が最も多く、また型別された血清型には、爬虫類に起因する人のサルモネラ症の原因菌として報告のある血清型(S. Montevideo, S. Poona,S. Newport など)やわが国の胃腸炎患者からの分離頻度の高い血清型(S. Enteritidis, S. Typhimurium
など)が含まれていた(表 2)。




家庭で飼育されている爬虫類におけるサルモネラの保菌状況について、壁谷ら 26)は家庭で飼育されているグリーンイグアナの 17.3%(17/98)から、飯田ら27)は 1996 ~ 1997年の間に、ペットショップおよび家庭で飼育されて
いるカメレオンおよびイグアナなどの 22.7%(5/22)からサルモネラが分離されたことを報告している。



また、欧米諸国においては、Ebani ら28)は、イタリアのペットショップで販売されていたカメ類、トカゲ類およびヘビ類についてサルモネラの保有状況を調査し、その 23.9%(73/305)から本属菌が分離されたことを報告している。また、Pasmans ら29)は、ベルギーの家庭、ペットショップおよび動物園で飼育されていたトカゲ類を調査し、その 62.5%(70/112)がサルモネラを保有していたことを、また、Geueと Loschner 30)は、ドイツおよびオーストリアの家庭で飼育されているカメ類、トカゲ類およびヘビ類を調査し、そのサルモネラの保有率は 45.5%
(86/189)であったと報告している。

これらの報告ではいずれも分離されたサルモネラはⅠ群の割合が高く、われわれと同様の成績であった。これらのこ
とから、ペットとして飼育される爬虫類は人のサルモネラ症と関連の深い生物群や血清型のサルモネラを高率に保有しており、爬虫類は人への感染源となり得る可能性が高いことがわかる。また、爬虫類のうちヘビ類が極めて高率に本属菌を保有していた。わが国では、カメ類やトカゲ類に比べるとヘビ類の飼育者が少ないためか、ヘビ類を感染源とする人のサルモネラ症の発生はまだ報告されていない。しかし、欧米諸国ではヘビ類を感染源とする人のサル
モネラ症の報告は比較的多く5, 10, 12)、近年、わが国
でもヘビ類をペットとして飼育する人は増加の傾向
にあるため、今後はヘビ類のサルモネラの保有につ
いても注意が必要と思われる。


2. 野生の爬虫類におけるサルモネラの保有状況

ペットとしてわが国に輸入された直後の爬虫類はすでに高率にサルモネラを保菌していた(表 2)ことから、野生状態の爬虫類がサルモネラを保有しているか否かを明らかにする目的で、日本で捕獲した14 種 754 検体、およびベトナムで捕獲した 8 種 487検体の計 1,241 検体の野生爬虫類におけるサルモネラの保有状況を検討した 31)。その結果、それぞれ調査検体の 25.3%および 38.2%からサルモネラが分離された(表 3)。




日本およびベトナムのいずれにおいてもヘビ類のサルモネラ保有率は高かった。これらのことから、爬虫類は野生の状態ですでにサルモネラを高率に保有していることが明らかとなった。ただ、分離株の生物群は、日本産爬虫類由来株ではⅢb 群が 59.9%で最も多かったのに対し、ベトナム産爬虫類由来株ではⅠ群が 79.2%で最も多く、その分布の姿は日本とベトナムでは異なっており、ベトナムの爬虫類が保有するサルモネラの生物群はわが国のペットショップや家庭飼育の爬虫類のものとよく似ていた。


Broines ら32)は、スペインに生息する野生ヘビ類におけるサルモネラの保有率は 54.3%(19/35)で、カメ類の 29.7%(11/37)およびトカゲ類の 40.9%(9/22)に比べて高く、かつカメ類およびトカゲ類に比べⅢb 群を多く保有していたことを報告しており、日本の爬虫類におけるサ
ルモネラの姿とよく似た結果であった。ヘビ類のサルモネラの保有率がカメ類およびトカゲ類に比べて高く、またⅢb 群を高頻度に保有することを指摘する報告は多い 33, 34)


Ⅲ. 爬虫類におけるサルモネラの保有のメカニズム


爬虫類、特にヘビ類は野生状態のものでも高率にサルモネラを保菌していたが、どのような感染様式でサルモネラを保菌するに至るのかは明らかとなっていない。ヘビ類でのサルモネラの感染の様式に関連して、Schroter ら35)は胎生であるライノセラスバイパーおよびガボンバイパーの、Chiodini 36)は同様に胎生のノーザンウォータースネークの母ヘビと子ヘビにおけるサルモネラの保有状況や分離された菌株の血清型などを検討した結果、いずれも母ヘビと子ヘビの両方から同一の血清型菌が分離され、また、体内の卵からも菌が分離されたことから、これら胎生のヘビにおけるサルモネラの感染様式は、in eggでの垂直感染である可能性が高いことを指摘している。


しかし、卵生のヘビにおける感染様式についてはこれまで明らかになっていないため、われわれは卵を保有していた野生のシマヘビ 10 検体とこれらの母ヘビから得られた卵から自然孵化した子ヘビ57 検体について、サルモネラの保有状況と分離されたサルモネラの遺伝学的関連性を検討した。その結果、サルモネラ陽性であった母ヘビ由来の子ヘビはいずれも 50 ~ 100%が本菌を保有しており、また、母子の分離株の RAPD 法による分子遺伝子学的解
析で、その 50%において同一のパターンが認められた。

しかし、サルモネラ菌陰性であった母ヘビ由来の子ヘビからは本菌は分離されなかった(写真 1,表 4)。また、産卵直前の母ヘビ 3 検体の卵管内から摘出した卵 8 個からは、母ヘビがサルモネラを排菌していたにもかかわらず、サルモネラは分離されなかった。

これらのことから、卵生のヘビ類では、on egg様式で母ヘビから子ヘビに垂直感染している可能性が考えられた。実際にヘビ類の卵は鶏卵などに比べて卵殻が薄くて柔らかく、また、孵卵期間中は常に一定の湿度を必要とし周囲から水分を吸収することから、産卵時に卵が母ヘビのクロアカを通過する際に卵殻表面に付着したサルモネラが、これらの水と一緒に気孔などを通して卵の内部に侵入するものと推測される。

また、これら垂直感染した子ヘビは孵化後、そのほとんどが生後 300 日以上にわたり 104~ 109CFU/g の多量の菌を排菌していた。したがって、ヘビ類ではサルモネラは母から子へ垂直感染し、なおかつ孵化後も極めて長期間に渡って腸管内に存在するため、ヘビ類におけるサルモネラ保菌率は高いものと推測された。

一方、カメ類については、ミシシッピーアカミミガメにおける調査で、孵化後の子ガメからは高率にサルモネラが分離されるが、母ガメの卵巣、卵管および卵管内の卵からはサルモネラは分離されなかったことから、on egg 様式による感染の可能性が高いことを指摘されている37, 38)


また、Feeleyら39)は、ミシシッピーアカミミガメの卵の表面に S.Braenderup を曝露したところ、1 時間の曝露でその26.8%(11/41)において卵内に供試菌が侵入しており、また、曝露後に孵化した子ガメからも供試菌が分離されたことから、ミシシッピーアカミミガメでは on egg 様式によるサルモネラの感染が実験的に成立することを報告している。また、トカゲ類については in egg による感染様式であることを指摘する報告がみられるが 40)、それを否定する報告もみられる41)

これらの報告から、カメ類やトカゲ類においても、サルモネラの垂直感染が成立しているものと推察されるが、いずれも断片的な調査報告に留まっており、今後、さらなる詳細な調査研究が必要である。いずれにしろ、爬虫類においてはサルモネラの垂直感染が成立しているという事実は、爬虫類におけるサルモネラの生態や疫学を考える上で、極めて重要な知見である。


Ⅳ. 爬虫類からのサルモネラ感染の予防対策


上述したように、サルモネラは爬虫類においては母から子へ垂直感染により伝播し、爬虫類は孵化した時点ですでにサルモネラを高率に保有している。また、ヘビ類では孵化後も極めて長期間にわたってサルモネラを保有し排菌し続ける。爬虫類は通常サルモネラを保有していても、臨床症状を呈することなく不顕性に推移する場合が多いことから、爬虫類にとってサルモネラは腸管内の常在細菌と考えられる存在であるといえる。

また、ペットとして飼育される爬虫類が保有するサルモネラの除菌方法については、抗生剤の投与による強制除菌などの方法も提案されているが、耐性菌の問題もあり、未だ有効な方法が確立されていない。したがって、爬虫類を飼
育する際には、爬虫類が常在細菌としてサルモネラを保有していることを十分認識し、感受性の高い子供や高齢者は爬虫類との接触を避け、爬虫類を取り扱った後は手洗いやうがいを心掛けたり、爬虫類の飼育環境を人の生活空間から隔離するなどの処置を行ってサルモネラの人への感染ルートを絶つなど、その飼育には細心の注意を払うことが望ましい。


米国では、1970 年の 1 年間にカメ類を感染源とする人のサルモネラ症の発生件数が 28 万件と推測され 42)、大きな社会問題となった。このため、米国Food and Drug Administration は 1975 年に背甲長が 4 インチ以下のカメ類の流通・販売の禁止措置 43, 44)を、また、カナダ農務省も同年に水棲カメ類の幼体の輸入禁止措置 45)を講じた。現在、わが国では、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)において、爬虫類は輸入届け出の対象となっておらず、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」(ワシント
ン条約)や「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(外来生物法)に基づき、一部の爬虫類については輸入が規制されているものの、ほとんどのものは制限されることなく輸入されている。


また、「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護法)で危険動物としてカミツキガメ、毒ヘビ、ワニなどが飼育が制限されているが、それ以外は特に規制がないのが現状である。しかし、2004年にグリーンイグアナおよびミシシッピーアカミミガメ19, 22)、2006 年にはケヅメリクガメ 23)を感染源とする重症化した幼児のサルモネラ症例が報告されたことから、2005 年には厚生労働省もペットの爬虫類に起因するサルモネラ症の発生に注意を喚起するに至っており(健感発第 1222002 号)、爬虫類を感染源とする人のサルモネラ症の発生については、公衆衛生上解決すべき急務の課題となっている。今後、爬虫類の輸入・流通・販売の各過程において何らかの規制や対策を講じることが必要であろう。


文 献

1 )Caldwell, M. E. and Ryerson, D. L.: J. Infect. Dis. 65, 242-245, 1939.

2 )Wise, J. K., Heathcott, B. L. and Gonzalez, M. L.: J. Am.Vet. Med. Assoc. 221 : 1572-1573, 2002.

3 )Andreaccio, A. and Miller, F.: Orthopedics. 23: 1201-1202,2000.

4 )Centers for Disease Control.: Morbid. Mortal. Wkly. 48 :1009-1013, 1999.

5 )Centers for Disease Control.: Morbid. Mortal. Wkly. 52 :1206-1209, 2003.

6 )Centers for Disease Control.: Morbid. Mortal. Wkly. 54 :223-226, 2005.

7 )Communicable Disease Surveillance Centre.: Commun.Dis. Rep. Wkly. 10 : 49, 52, 2000a.

8 )Communicable Disease Surveillance Centre.: Commun.Dis. Rep. Wkly. 10 : 161, 2000b.

9 )Cyriac, J. and Wozniak, E. R.: Commun. Dis. Public Health. 3 : 66-7, 2000.

10)de Jong, B., Andersson, Y. and Ekdahl, K.: Emerg. Infect.Dis. 11 : 398-403, 2005.

11)Milstone, A. M., Agwu, A. G. and Angulo, F. J.: Obstet.Gynecol. 107 : 516-518, 2006.

12)Paton, J. H. and Mirfattahi, M. B.: Arch. Dis. Child. 77 :91, 1997.

13)Wells, E. V., Boulton, M., Hall, W. and Bidol, S. A.: Clin.Infect. Dis. 39 : 687-691, 2004.

14)Woodward, D. L., Khakhria, R. and Johnson, W. M.: J.Clin. Microbiol. 35 : 2786 -2790, 1997.

15)Mermin, J., Hutwagner, L., Vugia, D., Shallow, S., Daily,P., Bender, J., Koehler, J., Marcus, R. and Angulo, F. J.:Clin. Infect. Dis. 38(Suppl 3): S253-261, 2004.

16)中森純三, 宮崎佳都夫, 西尾隆昌, 辻徹太郎, 松尾権一, 小玉 大, 土井秀之, 田村和満, 坂崎利一:臨床と細菌. 3 :88-94, 1976.

17)Kaibu, H., Iida, K., Ueki, S., Ehara, H., Simasaki, Y.,Anzai, H., Toku, Y. and Shirono, S.: Jpn. J. Infect. Dis. 59 :281, 2006.

18)南 弘一, 柳川敏彦, 小林昌和, 鈴木啓之, 中西直之, 下山田洋三, 大石 興, 吉野健一, 竹田多恵, 小池通夫:小児感染免疫. 12 : 19-22, 2000.

19)長野則之, 小穴愼二, 長野由紀子, 荒川宜親:病原微生物検出情報. 26 : 342-343, 2005.

20)小沼俊一, 工藤雅庸, 遠藤泰史, 高橋義博, 太田和子, 八柳潤, 斉藤志保子:小児科臨床. 58 : 2273-2276, 2005.

21)内閣府大臣官房政府広報室:動物愛護に関する世論調査. pp. 8-9. 内閣府大臣官房政府広報室, 東京, 2003.

22)依田清江, 内村眞佐子:イ病原微生物検出情報. 26 : 344-345, 2005.

23)西脇京子, 飯塚俊子, 渡邉 修, 五十嵐加代子, 種市尋宙,原井朋美, 山腰高子, 岡尾勇一:病原微生物検出情報. 27: 203-204, 2006.

24)中臺 文, 加藤行男, 黒木俊郎, 宇根有美, 岩田剛敏, 堀坂知子, 中野康子, 名塚岳宏, 小原嘉明, 林谷秀樹:日獣会誌 58 : 768-772, 2005.

25)Nakadai A., Kuroki T., Kato Y., Suzuki R., Yamai S., Yaginuma C., Shiotani R., Yamanouchi A. and Hayashidani H.: J.Vet.Med.Sci. 67 : 97-101, 2005.

26)壁谷英則, 村田浩一, 丸山総一, 藤田雅弘, 森田幸雄, 横山栄二, 依田清江, 山内 昭:日獣会誌 61 : 70-74, 2008.

27)飯田 孝, 神崎政子, 渡部浩文, 宮崎泰之, 丸山 務:日獣会誌. 52 : 583-587, 1999

28)Ebani, V. V., Cerri, D., Fratini, F., Meille, N., Valentini, P.and Andreani, E.: Res. Vet. Sci. 78 : 117-121, 2005.

29)Pasmans, F., Martel, A., Boyen, F., Vandekerchove, D.,Wybo, I., Van Immerseel, F., Heyndrickx, M., Collard, J.M., Ducatelle, R. and Haesebrouck, F.: Vet. Microbiol.110 : 285-291, 2005.

30)Geue, L. and Loschner, U.: Vet. Microbiol. 84 : 79-91,2002.

31)林谷秀樹:爬虫類とサルモネラ, 日本小動物獣医師会2007 年年次学会, 2007.

32)Briones, V., Tellez, S., Goyache, J., Ballesteros, C., del Pilar Lanzarot, M., Dominguez, L. and Fernandez-Garayzabal, J. F.: Environ. Microbiol. 6 : 868-871, 2004.

33)Greenberg, Z. and Sechter, I.: Isr. J. Med. Sci. 47 : 49-60,1992.

34)Schroter, M., Roggentin, P., Hofmann, J., Speicher, A.,Laufs, R. and Mack, D.: Appl. Environ. Microbiol. 70 :613-615, 2004.

35)Schroter, M., Speicher, A., Hofmann, J. and Roggentin,P.: Environ. Microbiol. 8 : 556-559, 2006.

36)Chiodini, R. J.: Infect. Immun. 36 : 710 -713, 1982.

37)Kaufmann, A. F., Fox, M. D., Morris, G. K., Wood, B. T.,Feeley, J. C. and Frix, M. K.: Am. J. Epidemiol. 95 : 521-528, 1972.

38)Izadjoo, M. J., Pantoja, C. O. A. and Siebeling, R. J.: Can.J. Microbiol. 33 : 718 -724, 1987.

39)Feeley, J. C. and Treger, M. D.: Public Health Rep. 84 :156-158, 1969.

40)Kaurany, M. and Telford, S. R.: lizards. Infect. Immun. 36: 432-434, 1982.

41)Mitchell, M. A. and Shane, S. M.: Prev. Vet. Med. 45 :297-304, 2000.

42)Lamm, S. H., Taylor, Jr. A., Gangarosa, E. J., Anderson,H. W., Young, W., Clark, M. H. and Bruce, A. R.: Am. J.Epidemiol. 95 : 511-517, 1972.

43)Cohen, M. L., Potter, M., Pollard, R. and Feldman, R. A.:JAMA. 243 : 1247-1249, 1980.

44)U. S. Food and Drug Administration.: Code of Federal Regulations. Title 21 : 1420 -1462, 1975.

45)D’Aoust, J. Y. and Lior, H.: Can. J. Public Health. 69 : 107-108, 1978.


http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM0806_01.pdf



無責任飼い主「アニマルホーダー」(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)




駆除の在り方の問題は、動物愛護が絡んできて非常に難しい。動物は非常に大きな重要な問題だが、動物を飼っている方たちは狂信的な部分があるので、対応をどうしていくか、理論的に済ませておく必要がある。


MOST EVIL - S03E01  Charles Manson




動物愛誤

概要

動物が可哀想という感情のみで間違った考えを持ったり行動を行うこと
感情のみでの発言や行動の為、結果的に愛護精神とは全くかけ離れた事になってしまうのが特徴。


“暴走した”動物愛護精神。

<<注意>>
動物が可哀想と思う心や行動が全て動物愛誤では無い事。
動物虐待などを肯定するための用語ではない事。
感情的にではなく、節度をもって一歩立ち止まり考える切っ掛けの用語である。

貴方が今、考えている事(行おうとしている事)は動物愛護ですか?それとも人間虐待ですか?


動物愛誤の特徴

    優先順位がその動物がカワイイからや頭が良いからなどで、自分の判断基準に当てはまらない物には興味が無い

    他者の不利益や社会規範、食文化などを自分の判断基準で切り捨て場合によっては悪と認定する

    人間よりも動物が大事で動物を守る為ならば他の“人間”の生命や財産に危害を及ぼしても平気

    動物愛護を謳いながら実は利己目的や政治利用をする動物愛誤団体の支持をしたりする。


https://dic.nicovideo.jp/a/%E5%8B%95%E7%89%A9%E6%84%9B%E8%AA%A4




















Stay Healthy Around Pet Reptiles and Amphibians

https://www.cdc.gov/healthypets/publications/healthy-around-reptiles-and-amphibians.html

https://www.cdc.gov/healthypets/resources/safety-around-reptiles-H.pdf





美國蛇愛誤被自己養的蟒蛇勒斃 屋內驚見140條蛇(動物愛誤)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)①


美國蛇愛誤被自己養的蟒蛇勒斃 2.4公尺蟒蛇纏頸(動物愛誤)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)②


美國印第安納州蛇愛誤被自己養的2m大蟒蛇勒死(動物愛誤)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)③


蛇140匹のいる家で女性亡くなる 首に2.4メートルの蛇巻き付いた状態(動物愛誤)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)④


トカゲ愛誤が外来種放つ ひたちなかで拾われる(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)


ヘビ愛誤が外来種放つ 外来種ペット交雑の恐れ(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)①


ヘビ愛誤がまた外来種放つ 日本の自然界にいてはいけない(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)②


希少トカゲ密輸 社長ら書類送検(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)①


“最も美しいトカゲ”を密輸、600万円で購入した男性は(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)②


世界で最も美しいトカゲ密輸 1匹600万円 芸人ら書類送検(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)③


“絶滅”トカゲ密輸か「警察来るとは…」(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)④


希少トカゲ密輸か 業者書類送検(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)⑤


“最も美しい”希少トカゲを密輸入容疑 業者ら書類送検(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)⑥


仙台のペットショップ 関税法違反容疑で書類送検(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)⑦


希少トカゲ密輸で書類送検 600万円で購入の芸人が釈明(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)⑧


「世界で最も美しいトカゲ」密輸容疑で書類送検(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)⑨


「世界で最も美しいオオトカゲ」密輸で男ら書類送検(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)⑩


日本人2人が南アで有罪判決 アルマジロトカゲ違法所持(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)①


希少アルマジロトカゲ所持、日本人の男2人に有罪判決(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)②


「死なせるより...」外来種放つ 日本的思考、見え隠れ(動物愛誤)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(アニマルホーダー.動物囤積症.Animal Hoarding)(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)(サルモネラ.沙門氏菌.Salmonella)


蛇有寄生蟲嗎?


外來寄生蟲,尤其是和蝨在野外蛇身上常被發現。是微小的吸血節肢動物。多數外皮的寄生蟲依附在鱗片中柔軟的皮膚。少數在許多野生蛇發現,但很少大量出沒。被圈養的蛇,大多是不合標準的檢疫、疏忽消毒的蛇和缺乏保養的圈養環境就會有出現。自圈養蛇被限制後,不能免除不斷的再被感染,寄生蟲的侵入不斷增加。最後因蛇身上的使血液損耗而威脅生命。最小型的住在蛇的氣管和肺。沙蚤潛伏皮膚表面下,會刺激蛇就像牠們刺激人類一樣。


  蝨也會侵襲野生蛇是比更大的吸血節肢動物。蛇不會是任何種類的蝨的第一個寄主;反而是一個或更多階段的哺乳動物的蝨的中間寄主。蝨與會導致蛇不舒服,牠們和蚊子或其他吸血昆蟲一樣,都會吸蛇的血,也會傳送濾過性毒菌和原生動物疾病給蛇。許多原生動物都在蛇的血液中找到;很多是由昆蟲咬過的寄主再傳送到寄主。這些血液寄生蟲包括有鞭毛的,如錐蟲屬、利甚曼蟲和介殼蟲類。介殼蟲類包括瘧疾引起的虐原寄生蟲,普遍存在熱帶與亞熱帶蜥蜴和蛇身上。而其他原生動物對寄主的健康影響尚未知。


  專門吸血的節肢動物稱做pentastomids(五角口蟲)或稱為舌蟲也能在響尾蛇(Crotalus)、棉口蝮(Agkistrodon piscivorus)和一些蟒的嘴、咽和肺發現。各式各樣腸的原生動物也發現存在蛇腸管上。在蛇腸內,阿米巴變形蟲是特別常見的,像是各種形式的介殼蟲都有。這些腸的原生動物似乎對蛇的健康無害,只有當蛇的健康下降時才會變成有害的。
  蛇也藏匿巨大多樣的寄生蟲。蛔蟲(線蟲類)是最常見的;事實上,解剖蛇幾乎找不到沒有被線蟲類寄生的個體。線蟲類發生在各種內臟器官和肌肉,但最具破壞性的線蟲類是常居在循環和淋巴系統的絲蟲。這些線蟲會變得很多並阻礙血液和淋巴循環。蛇也有其他寄生蟲,包括他們腸裡的蛔蟲和肺臟、血管、消化道和尿道的吸蟲(吸蟲類)。有些水蛇可能也被吸血的環節動物(水蛭)困擾。



http://digimuse.nmns.edu.tw/Default.aspx?ObjectId=0b00000181c8e5da&Domin=z&tabid=319&Field=r1&ContentType=Exhibit&FieldName=&Language=CHI









A Brain Parasite Might Be Making Us Angrier




映画『スリザー』予告





POSSESSION ALIEN INVASION





--------------------------------------------------------



印度野猴多次惡意襲擊傷人 居民不堪其擾被迫離家(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)


柴山獼猴搶背包 女山友墜崖骨折(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)


登山客爬柴山 遭獼猴咬傷(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)


警察も出動 富山市の中心部にニホンザル現る(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)①


富山市中心部で サル出没 中学校の敷地にも(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)②


縫了十幾針 屏東男在家午睡 竟被猴子闖入啃頭皮(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)


柴山獼猴搶食 登山客遭咬大失血(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)


直擊人猴大戰 2人傷、猴被擒(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)


印度12天大嬰兒遭猴子擄走 全身受傷致死(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)①


印度潑猴強行擄人 出生12天嬰兒遭咬頸慘死(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)②


59歲老婦野外如廁被猴子咬死(Bウイルス病.疱疹B病毒)(狂犬病)





Killer Outbreaks: Deadly Animals Among Us




寄生蟲是如何改變生物體的行為



--------------------------------------------------------


狂犬病どんな病気か?(狂犬病)











狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ(狂犬病)




犬・猫回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑥


回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑦


消化管内の寄生虫(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑧


イヌ・ネコ回虫感染症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑨


成人肺トキソカラ症8例(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑩





--------------------------------------------------------

狗兒咬人,飼主該負哪些法律責任?一般來說所應負的法律責任有三種
一、『行政罰』部分:
政府於民國87年的11月4日公布了「動物保護法」,明定要給予動物適當的保護,也訂有防止動物侵害他人權益的規定。違者可處以罰鍰。動物保護法第20條第2項規定:「具攻擊性之寵物出入公共場所或公眾得出入之場所,應由成年人伴同,並採取適當防護措施。」
所謂「防護措施」,依行政院農業委員會的公告,是指「23公斤以上的犬隻,出入公共場所或公眾得出入之場所,應由成年人伴同,及以長度不超過1.5公尺之鍊繩牽引作為防護措施。具有攻擊性品種或有攻擊紀錄之犬隻,出入公共場所或公眾得出入之場所,除應由成年人伴同,及以長度不超過1.5公尺之鍊繩牽引外,應戴口罩。」違反第2項規定拒不改善,還可以逐次處罰。要處罰新台幣30000元以上150000元以下罰鍰。

二、『刑事責任』
刑法第284條第1項、寵物傷害到他人的身體健康,飼主應注意而沒有注意,故顯然有過失,要負起過失傷害罪的刑責。

三、『民事責任』
民法第190條第1項規定:「動物加損害於他人者,尤其占有人(飼主)負損害賠償責任。」被害人得要求飼主賠償醫藥費。



刑法第277條

傷害人之身體或健康者,處三年以下有期徒刑、拘役或一千元以下罰金。犯前項之罪因而致人於死者,處無期徒刑或七年以上有期徒刑;致重傷者,處三年以上十年以下有期徒刑。

社會秩序維護法第70條

有左列各款行為之一者,處三日以下拘留或新臺幣一萬二千元以下罰鍰:
一、畜養危險動物,影響鄰居安全者。
二、畜養之危險動物,出入有人所在之道路、建築物或其他場所者。
三、驅使或縱容動物嚇人者。


道路交通安全規則
第 88 條

機車附載人員或物品,應依下列規定:
一、載物者,小型輕型不得超過二十公斤,普通輕型不得超過五十公斤, 重型不得超過八十公斤,高度不得超過駕駛人肩部,寬度不得超過把 手外緣十公分,長度自座位後部起不得向前超伸,伸出車尾部分,自 後輪軸起不得超過半公尺。
二、小型輕型機車不得附載人員,重型及普通輕型機車在駕駛人後設有固 定座位者,得附載一人。
三、附載坐人後,不得另載物品。但零星物品不影響駕駛人及附載人員之 安全者,不在此限。
四、附載坐人不得側坐。
五、駕駛人及附載坐人均應戴安全帽。
六、裝載容易滲漏、飛散、氣味惡臭之貨物,能防止其發洩者,應嚴密封 固,裝置適當。
七、附載坐人、載運貨物必須穩妥,物品應捆紮牢固,堆放平穩。
機車駕駛人及附載座人應依下列規定配戴安全帽:
一、安全帽應為乘坐機車用之安全帽,經經濟部標準檢驗局檢驗合格,並 於帽體貼有商品檢驗標識。
二、帽體及相關配件必須齊全,並無毀損、鬆脫或變更之情事。
三、配帶時安全帽應正面朝前及位置正確,於顎下繫緊扣環,安全帽並應 適合頭形,穩固戴在頭上,不致上下左右晃動,且不可遮蔽視線。

道路交通管理處罰條例第31條第5項規定:「機器腳踏車附載人員或物品未依規定者,處駕駛人新臺幣300元以上600元以下罰鍰。」另按道路交通安全規則第88條規定:普通重型機車及普通輕型機車在駕駛人後設有固定座位者,得附載1人,附載坐人時應穩妥、不得側坐並應配戴安全帽。因此,如附載之兒童未戴安全帽,還要另外處罰新臺幣500元。



狗撞機車,狗主有責

https://www.tph.moj.gov.tw/ct.asp?xItem=54644&ctNode=5088&mp=003


--------------------------------------------------------

狂犬病


病原體
狂犬病是一種急性由狂犬過濾性病毒引起的中樞神經系統傳染病,可影響哺乳類動物,例如狗、貓、狐類、蝙蝠和人類。

傳播途徑
當人類被帶病毒動物咬傷或抓傷,或傷口被舐後,動物唾液內的病毒經傷口侵入人體,沿神經直到腦部,造成腦炎。狂犬病也可以通過吸入含病毒的水點或通過移植受感染的器官傳播,但相當罕見。

潛伏期
潛伏期通常是 1 至 3 個月,但亦有可能是 1 星期以內至超過 1 年。
病徵
狂犬病初期的病徵並不特別,與流感病徵相似,包括疲倦、發燒或頭痛,可能持續數天,受傷部位附近可能麻痺或刺痛。數天後患者會出現焦慮、神志不清、咽喉肌肉痙攣、癱瘓、昏迷和死亡。
治理方法
當病徵出現後,狂犬病一般會致命,醫生會對患者施以支援性治療。

預防方法



  1. 狗主必須替其狗隻領取牌照及替家畜作預防狂犬病注射。
  2. 避免與不明來歷的動物接觸,包括狗、貓、猴子等。
  3. 傷前或傷後接種預防疫苗和徹底清洗傷口是最有效的預防方法。被動物咬傷後,盡速用清水及肥皂清洗傷口,然後前往附近的急症室接受治療。如有需要,醫生會為傷者提供傷後疫苗注射。
  4. 傷前接種預防疫苗宜用於要長期逗留疫區的旅客,特別是要去偏遠和缺乏醫療設施的鄉村地方,或者在疫區逗留雖然很短時間,但要進行高危活動 (長途步行、踩單車、遠行、處理動物)的旅客。如要獲得更多資訊,請瀏覽衞生署旅遊健康服務網頁。


https://www.chp.gov.hk/tc/healthtopics/content/24/3149.html


-----------------------------------------------------------------------







-----------------------------------------------------------------------

脳をあやつる虫(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)(狂犬病)

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0306/parasite.html


-----------------------------------------------------------------------
山口連続殺人放火事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E9%80%A3%E7%B6%9A%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E6%94%BE%E7%81%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6




妄想型人格違常
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%84%E6%83%B3%E5%9E%8B%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%81%95%E5%B8%B8



山口「連続殺人・放火」犬めぐるトラブル?怒りや恨みどんどん膨らみ爆発

https://www.j-cast.com/tv/2013/07/23179946.html?p=all


---------------------------------------------------------------------


人と動物の共通感染症に関するガイドライン
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/infection/guideline.pdf


獨居男病死家中 20狗啃食充飢
https://news.cts.com.tw/cts/society/201605/201605131751295.html


イヌやネコはなぜ死んだ飼い主を食べるのか

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062700244/?P=1


---------------------------------------------------------------------

四獸山命案嫌犯扯:為「狗」殺人
https://news.ebc.net.tw/News/Article/25612



台北四獸山涼亭 驚見坐屍 為了一隻狗 少年砍死老翁

https://www.chinatimes.com/newspapers/20160614000419-260106



殺人累犯再犯案!狠砍晨運老人 男二審仍判無期徒刑

https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=314843



88歲老翁遭砍陳屍四獸山! 嫌犯行兇動機「因為狗」
http://bepo.ctitv.com.tw/2016/06/84476/

---------------------------------------------------------------------

台鐵火車爆炸案傷24人 炸彈客判刑30年4月
http://www.epochtimes.com/b5/17/2/22/n8835978.htm



再犯之虞 檢聲押台鐵爆炸案主嫌林英昌
http://www.epochtimes.com/b5/16/7/19/n8114646.htm




台鐵松山爆炸案 家屬盼盡快協調賠償
http://www.epochtimes.com/b5/16/9/2/n8261661.htm



---------------------------------------------------------------------


埼玉愛犬家連続殺人事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BC%E7%8E%89%E6%84%9B%E7%8A%AC%E5%AE%B6%E9%80%A3%E7%B6%9A%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


埼玉愛犬家連続殺人事件②

https://matome.naver.jp/odai/2139382184372744001


埼玉愛犬家殺人事件被告夫婦の娘 両親逮捕以後の人生を告白

https://www.news-postseven.com/archives/20140206_240096.html


日本琦玉縣愛犬家連續殺人事件,看見人性無止盡的瘋狂


http://www.adaymag.com/2018/05/04/morethanthriller-saitama.html



引用網址:https://home.gamer.com.tw/TrackBack.php?sn=4605800
Some rights reserved. 姓名標示-非商業性 2.5 台灣

追蹤私訊

作品資料夾

sji4441大家
繪圖更新 自家人物設定 歡迎來看看~看更多我要大聲說昨天18:59


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】