創作內容

0 GP

猫の糞尿等に被害を発生させたこと(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)

作者:小柯│2019-08-21 07:09:18│贊助:0│人氣:42
猫の糞尿等による被害を発生させたことや名誉毀損行為(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)




ペット×悪臭 判例 猫屋敷 猫飼育 猫餌付け 犬の糞尿(イヌ回虫.犬蛔蟲Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲Toxocara cati)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


近隣からは悪臭被害を訴える声も出て(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


悪臭にゴミの山…猫の多頭飼育崩壊(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


ゴミ屋敷清掃 4部屋分 450,000円(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


猫が共食いするような悪臭漂うゴミ屋敷(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)















30~40代の「孤独死」が全く不思議でない事情(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


セルフネグレクト(統合失調症.思覺失調症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


孤独死の犠牲になった悲しき人たち(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


ゴミ屋敷の清掃現場に見る「多頭飼育崩壊」の真実(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


飼いネコを2匹殺害した元奈良県嘱託職員に執行猶予3年(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫を避け転倒した男性が車にひき逃げされて死亡(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


ツンと刺すような異臭「猫屋敷」で21匹死ぬ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


豊洲移転のドサクサで 5600万円野良猫シェルターの波紋(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


南伊勢町が独自活動 自然減でトラブル軽減へ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


相談者とするのは暗く、重い話ばかりではない(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


妹の遺体を遺棄した女に執行猶予付きの判決(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


異臭苦情で強制退去、原状回復に1千万円(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


ネコ53匹、市営住宅に放置「ふん尿で悪臭」強制退去(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


ペットのえさ用に牛乳盗み逮捕(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


犬猫の保護施設、建て替えの寄付集まらず(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


野良猫苦情ゼロへクラウドファンディング(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫のふんの悪臭に悩まされる品川区住民(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


店員が野良猫に餌付け、厨房での飲食も(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)




「猫ひっかき病」を侮るな。結膜炎だと思っていた女性がある朝突然失明(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


Cat scratch disease results in Ohio woman's blindness(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②


女飼主一覺醒來左眼就看不見(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)⑤





--------------------------------
迷惑極まりない害獣への餌やり

による被害まとめ

1.糞尿・スプレーによる悪臭。
2.駐車中の車への傷つけ・スプレー。
3.悪戯・喧嘩による庭の破壊。
4.ペットへの加害・捕食。
5.網戸等の破壊。
6.ゴミ漁りによる散らかし。
7.トキソプラズマ等の、寄生虫ウィルスの感染媒体となり人に感染、若しくは中継

※公園で野良猫に餌やりをされた為に野良猫が集まり、砂場がトイレと化し子供達が遊べなくなるケースも発生しています。

--------------------------------



 主    文

 一 被告Y4,同Y1は原告らに対し,各自,各金20万円及びこれに対する平成13年8月1日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
   二 被告らは原告らに対し,各自,各金33万円及びこれに対する平成13年8月1日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

   三 被告Y3,同Y1は原告らに対し,各自,各金5万円及びこれに対する平成15年4月16日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

   四 被告Y3は原告らに対し,各金10万円及び内金5万円に対する平成14年1月11日から,内金5万円に対する平成13年8月1日から,それぞれ支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

   五 被告Y3,同Y1は原告X1に対し,各自,金10万円及びこれに対する平成13年8月1日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

   六 被告Y3,同Y4,同Y1は原告らに対し,各自,各金2万円及びこれに対する平成15年4月16日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

   七 原告らのその余の請求をいずれも棄却する。

   八 訴訟費用は,これを3分し,その1を原告らの負担とし,その余は被告らの負担とする。

九 この判決の第一項ないし第六項は,仮に執行することができる。

            事実及び争点

第一 申立

 一 被告らは原告X1に対し,各自,金330万円及びこれに対する平成13年8月1日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

 二 被告らは原告X2に対し,各自,金170万円及びこれに対する平成13年8月1日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

 三 被告らは,各被告の自宅の公衆の通行する通路に面した壁面,及び神戸市a区b通,同区c通,d通,e通,f通の各自治会の掲示板に隣接する位置で,それぞれ通行人からその全面が見える位置に,縦1メートル,横2メートルの白色板に黒色20ポイント文字で,別紙<省略>の謝罪文を記載して,60日間掲示せよ。

第二 事案の概要

   本件は,原告らが被告らに対し,猫の糞尿等による被害を発生させたことや名誉毀損行為等をしたことを理由に,これらが共同不法行為にあたるとして,損害賠償を請求した事件である。

 一 前提事実

  1 原告X1(昭和8年11月11日出生)は,昭和61年6月,神戸市a区b通c丁目d番地e所在の2階建建物の1階店舗(以下,「本件店舗」という。)を被告Y1(昭和13年9月11日出生。)から賃借し,「甲」の屋号で居酒屋を営んできた。

    原告X2(昭和34年8月4日出生)は原告X1の子であり,平成6年2月に3階建建物を,本件店舗から約20メートルの距離の場所に新築し,原告らは以後同建物に居住している。原告X2は,自宅で電子機器の組立業をしている。
(<証拠略>)
  2 被告Y2(昭和25年9月12日出生。),同Y3(昭和34年12月1
日出生。)夫婦は,原告らの自宅の南側に面した2階建の住宅に居住している。同
住宅の南側には本件店舗建物が接しており,本件店舗の西隣には被告Y4(昭和6
年11月5日出生。)所有の2階建建物が存在し,被告Y4及び同Y1夫婦(以
下,併せて「被告Y1ら」ともいう。)が居住している。その西側の南北の通路を
挟んだ真向かいには被告Y1の亡実父の所有していた2階建建物がある。
    被告Y2は自営業であり,被告Y4はタクシー運転手であり,被告Y3同
Y1は主婦である。(<証拠略>)
  3 本件店舗賃貸借契約では,賃料月額7万円の約定で,賃借人である原告X
1は権利の売買はできないことが約定されていた。賃料は数次の値上げを経て,月
額9万5000円に改定されていたが,不況で売上が減少したことを理由に原告X
1が減額を申し入れ,被告Y1はこれに応じて,平成13年3月分から月額9万円
に減額変更された。(<証拠略>)
  4 原告らは,被告Y1らを相手方として,平成13年5月,神戸簡易裁判所
に,同被告らが原告らの自宅及び本件店舗からそれぞれ50メートル以内の区域で
猫の餌となる物を屋外に留置することの禁止及び同区域内で同被告らの給餌する動


物が放尿・排便等により土地ないし工作物等を汚損した場合は,直ちに同被告らの
費用で清掃及び脱臭措置をとるべきこと並びに原告らに100万円ずつ,合計20
0万円の慰謝料を支払うことを求めて,民事調停の申立(以下,「本件調停」とい
う。)をした。(<証拠略>)
 二 争点に関する双方の主張
 (原告ら)
  1 被告Y1らによる猫関係の被害
   (1) 被告Y1らは,以前より自宅において猫を飼育するほか,付近に生息し
ている野良猫に自宅周辺で餌を与えてきた。そのため,本件店舗入口やその周辺に
おいて,多数の猫が何か所にも放尿・排便し,異臭が頻繁に漂うなどして,本件店
舗営業に支障をきたすことがあった。
   (2) 原告X1は被告Y1らに対し,昭和62年頃から野良猫に給餌すること
の中止等の対処を求めたが,被告Y1らは餌をやり続け,野良猫の数も増え続け,
平成6年1月以降は原告らの自宅周辺を野良猫が徘徊し,排尿等を繰り返すように
なった。
   (3) 平成12年春頃からは,原告らの自宅2階の入口踊り場にしばしば猫が
排便し,また,自宅敷地内や本件店舗の周囲を猫が徘徊し,排尿・排便を続けた。
   (4) 被告Y1らは,付近の路上にプラスチック製容器に猫用の餌と水を入れ
ておいて,公然と猫に給餌したので,原告らは被告Y1らに平成13年初め頃から
給餌の中止を求めたが,被告Y1らはこれに応じなかった。
   (5) 被告Y3は,平成12年初め頃より,被告Y1らの猫への給餌のための
餌の購入を手伝うなどして,これに協力してきた。
   (6) 原告らは,猫の排尿・排便等により日々異臭に悩まされ,原告X1は平
成10年頃からいらいらがつのって高血圧症等で通院している。また,本件店舗で
も,顧客から異臭がするなどの苦情が出て,営業収益も悪化した。
  2 被告らによる名誉毀損行為
   (1) 被告Y1らは,本件調停期日に出頭しないまま,被告Y2,同Y3(以
下,この両名を併せて「被告Y2ら」ともいう。)と共謀して,本件調停申立につ
いて,原告らが一方的に訴訟を提起したかのような虚偽の事実,原告らが譲歩や話
し合いを拒絶しているかのような虚偽の事実を記載した文書を,大量に広範な地域
で配付し,もって,原告らの名誉を毀損した。
     すなわち,被告らは,平成13年7月初旬頃,原告らが居住するa区b
通のほか,これに隣接するc通,d通,e通,f通の各地域の多数の住民に対し,
原告らが裁判手続を行っていることを言いふらした上,「X1,X2氏のY4・Y
1氏に対する猫の給餌・糞尿に対する慰謝料料請求について」と記載した嘆願書へ
の署名を求め,その文書の中で,「二百万もの高額な慰謝料請求が一方的になさ
れ」,「その良識を疑われます」と記載して,同事実を多数の地域住民に知らしめ
るとともに,原告らを誹謗してその名誉を毀損した。
  3 その他の違法行為
   (1) 被告らは共謀の上,被告Y3において,原告らが深夜まで稼働し,午前
中就寝していることを知りながら,平成12年10月頃から,自宅内で飼育してい
る室内犬を,午前9時半頃から路上に放置して1時間余り吠え続けさせて,その結
果原告らの睡眠を妨害した。さらに,本訴提起後の平成13年9月末頃からは,犬
の放置時間を2時間以上に延長させた。加えて,平成13年9月23日午前9時半
頃から午前11時頃までの間,被告Y3において,原告らの自宅との境界に接する
同被告宅の2階の窓をわざと全開にし,大音量の音楽を流し続けた。同様の嫌がら
せ行為は,同年12月4日,5日,6日,9日,11日,13日,25日,平成1
4年1月7日,8日,10日,11日にもなされた。また,平成13年12月26
日の午前10時前頃,被告Y3において,2度にわたり,必要もないのに,自宅北
側の原告ら宅に面した窓を開けて,大声で「おばちゃん,おばちゃん」と叫び,就
寝中の原告X1はこの声に驚いて飛び起き,しばらく心臓の動悸が止まらなかっ
た。翌27日午前9時過ぎ頃にも,同被告は同様の行為をした。
   (2) 被告Y3は,毎日のように,自宅付近で大声で原告らの本件調停申立を
誹謗し,原告らをa通地域に住めないようにしてやるなどの恫喝の言葉を吐き,原
告らの名誉を毀損し続けた。
   (3) 被告らは共謀の上,平成13年7月6日,被告Y3において,原告X1
が本件店舗営業のため10年以上取引してきたa区b通c丁目所在の株式会社乙豆
腐店(以下,「乙」という。)に対し,原告X1に以後豆腐を販売しないよう働き



かけ,その結果同豆腐店は原告X1に豆腐の販売を中止し,同原告の営業に支障が
生じた。
  4 法的主張及び損害
   (1) 被告らの行為は,いずれも,原告らの人格権,営業権を侵害する不法行
為である。
   (2) 損害
    ① 原告X1の名誉毀損,猫の徘徊,排便,睡眠妨害等による精神的被害
につき金100万円
    ② 原告X1の名誉毀損行為等の営業妨害による売上の減少等による精神
的苦痛に対する慰謝料200万円
    ③ 原告X2の猫の徘徊,排便等による精神的被害に対する慰謝料100
万円
    ④ 原告X2の名誉毀損に対する慰謝料50万円
    ⑤ 弁護士費用として,原告X1につき30万円,同X2につき20万円
   (3) 原告らに対する名誉毀損の原状回復として,別紙の謝罪文を申立三のと
おりの方法で掲示することを求める。
 (被告ら)
  1 被告Y1らによる猫関係の被害について
   (1) 被告Y1らは十数年以上前から前記同被告らの自宅の真向かいの2階建
建物の中で猫を飼い始めたが,猫を外部に出すことはなかった。
   (2) 平成6年に前記原告らの自宅が新築された頃から平成7年1月の阪神・
淡路大震災後の頃までの間は,それまで付近にいた野良猫は姿を見せなくなってい
た。
   (3) 平成12年秋頃,被告Y1らが交通事故で負傷した子猫を介抱し,餌を
与えたことがあり,それを契機に数匹の野良猫や飼い猫が集まるようになった。
     被告Y1らは,負傷した子猫の糞尿の処理については,近隣に迷惑をか
けないよう,砂を入れた箱に排泄させ,1日置きに砂を替えていた。
     野良猫は,被告Y1らの占有下にはなく,同被告らには関係がない。
   (4) 本件調停申立前に原告らから被告Y1らに猫の関係で苦情が申し入れら
れたことはない。
   (5) 原告ら主張の猫の糞尿等による被害については否認する。原告ら以外の
付近の住民が猫の関係で苦情を述べたこともない。原告X1の高血圧症等による通
院と猫の被害は無関係である。
   (6) 平成13年4月中旬頃,被告Y1が原告らから呼ばれて本件店舗に赴く
と,原告X2は,「俺のおふくろも年だし,店を他にやりたい人がいる。」と言っ
て,同被告に本件店舗賃借権の譲渡(売買)の許可を求めた。同被告はこの申し入
れを,契約上権利売買が禁止されていることから拒絶した。本件調停は,被告Y1
が賃借権売買を認めなかったことに対する意趣返しであると考えられる。
     本件訴訟提起も,被告Y1らの味方をし,同被告らを擁護した被告Y2
らに対して,事実無根の事件を作り上げて被告Y1らとともに共同被告とするとい
う嫌がらせに出たものであると考えられる。
   (7) 原告X1は,深夜まで本件店舗の営業をして,被告らを含む近隣住民に
迷惑をかけていた。他にも,顧客の立ち小便や嘔吐物等によっても近隣住民は迷惑
を受けてきた。
  2 被告らによる名誉毀損行為について
   (1) 被告らが共謀して原告らの名誉を毀損したことは否認する。
   (2) 被告Y1らが本件調停事件の200万円の支払を求める書面を見て動揺
していたところ,被告Y3はこれを見かねて円満な解決のため協力する目的で近隣
住民から嘆願書への署名を集めることにしたものであり,原告らの名誉を毀損する
目的があったものではない。
     嘆願書への署名を求める際に,原告らを誹謗したりもしていない。
  3 その他の違法行為について
   (1) 被告らが共謀して,被告Y3において室内犬を路上に放置して原告らの
睡眠を妨害したこと,大音量の音楽を流し続けて原告らの睡眠を妨害したことは否
認する。被告Y3は,朝の掃除の際,犬が掃除機の音を畏れることから20分ない
し30分間犬を外に出しているが,知らない人が通りかかった際に吠えることはあ
っても,犬が吠え続けることはない。また,被告Y3は,掃除の際窓を開けてお
り,同被告や同被告の子が音楽を聴いていることはあるが,原告X1は以前は「あ


んたええ音楽かけとったなあ。」と述べて抗議はしていなかったものである。
   (2) 平成13年12月27日午前9時過ぎに,被告Y3が窓を開けて,大声
を張り上げて「おばちゃん,おばちゃん,甲(本件店舗)の前で猫が目むいて死ん
どうわ。」と叫んだことはあるが,同被告は地声が大きく,悪意をもってした行為
ではない。
   (3) 被告Y3が自宅付近で本件調停申立を誹謗等したことは否認する。
   (4) 被告らが乙に原告X1へ豆腐を販売しないよう働きかけたことは否認す
る。
  4 法的主張及び損害について
   (1) 住宅地においては,様々な人々が生活しており,それぞれが互いの多少
の生活上の騒音,塵芥等を排出することは不可避であって,その立場の互換性故社
会通念上許容される程度のことについては,近隣住民ら相互に寛容の精神をもって
許容すべきである。しかも,原告らにおいても,前記1(7)のような迷惑行為をして
きたことを考えると,被告らの行為については,社会通念上許容される行為であっ
て,原告らにおいて受忍すべきものであるから,原告らの請求は,信義則に反し,
権利の濫用にあたり,許されない。
   (2) 本件店舗の売上の減少があったとすれば,不況による影響等が原因であ
り,被告らの不法行為により生じたものではない。
            理    由
一 被告Y1らによる猫関係の被害について
 1 証拠(<証拠略>)と弁論の全趣旨によれば,以下の事実が認められる。
  (1) 被告Y1らは,猫が好きで,昭和60年以前から野良猫を前記前提事実2
の自宅西側真向かいの2階建建物内で飼育するようになり,その数は10匹前後で
推移してきた。野良猫を室内で飼育する前の段階で,被告Y1らは野良猫に給餌す
ることがあった。
  (2) 昭和63年か平成元年頃,本件店舗に雨漏りが発生し,猫の糞尿によると
思われる異臭がしたことから,原告X1は家主の被告Y1に申し入れ,同被告にお
いて屋根の修理をした。この以前は,本件店舗の顧客から臭いとの苦情が出ること
があったが,屋根の修理後は苦情はなくなった。
  (3) 被告Y2らは,昭和63年に前記前提事実2の自宅に引っ越した。被告Y
2は以前に暴力団に所属していたことがあり,原告らもこの事実を知っていた。被
告Y2らが引っ越して来てまもなくの頃,被告Y2らの関係者が近くに駐車した
際,原告らが駐車違反を警察に通報したものと誤解した被告Y2らが原告らに怒鳴
り込んで来て,被告Y2において,「店できんようにしてもたろか。」とか「車の
ことでごちゃごちゃぬかしやがって。」などと言った。
    こうしたことから,原告らと被告Y2らは互いに好感情をもってはいなか
ったが,被告Y2らの子の入学等の祝賀パーティー等には,原告X1も近所の人達
とともに参加はしていた。
  (4) 平成12年秋頃,被告Y1らは,交通事故で負傷した子猫を介抱し,餌を
与えたりしていたが,その際,他の猫4,5匹も餌を求めて集まるようになった。
大半は野良猫であるが,飼い猫も含まれていた可能性がある。そして,少なくとも
この頃から,周辺を徘徊する野良猫が増え始め,平成13年には約10匹にまで増
加していた。なお,被告Y1らは,負傷した子猫の排泄用に砂を入れた箱を自宅前
の通路に用意し,砂を1日置きに取り替えていた。
    もっとも,周辺の地域には,被告Y1ら以外にも野良猫に餌を与える者は
いた。
  (5) 平成13年頃には,原告らの自宅内や敷地内に野良猫が入り込んだり,敷
地や建物の周り,あるいは本件店舗周辺に糞尿をしたりして,悪臭が漂うようにな
った。原告らが猫の糞尿の始末をしなければならないことも度々あった。
  (6) 原告らは,被告Y1が本件店舗賃貸人であることから,遠慮もあって,明
確に野良猫に給餌することを止めるよう求めたことはないが,猫の糞尿の被害を被
告Y1らに指摘することはあり,原告らが猫を嫌がっていることは,被告Y1らや
被告Y3において把握していた。
    なお,本件調停申立後,原告らは被告Y1らに対し,野良猫に給餌するこ
とを止めるよう求めたが,同被告らは拒絶した。
  (7) 被告Y1らは,平成13年8月末頃までは野良猫に給餌していたが,本件
訴訟提起(平成13年9月1日)後,野良猫に給餌することを中止した。また,野
良猫のうち4,5匹を前記自宅建物の西側真向かいの建物内で飼育するようになっ


た。
  (8) 原告X1は,精神的ストレスによる血圧上昇により,平成12年6月7日
から丙病院で投薬治療を受け,同年10月4日からは不眠が強くなり,抗不安薬を
服用している。
 2 原告らは猫の糞尿による異臭のため本件店舗営業に支障をきたすことがあっ
たと主張するが,原告X1本人が前記1■のとおり,屋根修理後は顧客からの苦情
はなくなったと供述していることに照らして,少なくとも平成13年頃以前には営
業に支障が生じていたとまでは認められない。
   また,原告らは昭和62年頃から被告Y1らに野良猫への給餌の中止を求め
ていたと主張し,<証拠略>中にはこれに沿う部分があるが,原告X1が被告Y1
から本件店舗を賃借している関係等からすると,原告らが被告Y1らに明確に給餌
の中止を要請したとまでは認められない。
 3 証拠(<証拠略>)によれば,平成13年4月中頃,原告X1側から被告Y
1に対し,本件店舗の賃借権を買ってくれる人がいたら譲ることを考えているとい
う趣旨のことを言ったが,同被告は本件店舗賃貸借契約上権利売買は禁止されてい
ることを理由にこれを拒絶したことが認められる。
   被告らは,本件調停申立や本件訴訟提起はこの権利売買申出拒絶に対する意
趣返しであると主張するが,原告X1の申出自体が具体的なものでなく被告Y1に
打診した程度のものであること,前記1で認定のとおり原告らは猫の糞尿等による
被害を現実に受けていたことからすると,被告ら主張のように解することはできな
い。
 4 違法性等について
  (1) 前記1で認定の事実によれば,平成12年秋頃以降被告Y1らが野良猫へ
の給餌を続け,その結果平成13年には多数の野良猫が原告らの自宅や本件店舗付
近を徘徊し糞尿による悪臭が漂うようになったものであり,原告らが猫嫌いである
ことを前提とすれば,受忍限度を超えるに至っていたと認めることができる。
  (2) 被告Y1らは,明確に野良猫への給餌の中止を求められたことはないもの
の,原告らが猫嫌いであり,野良猫の糞尿等を苦痛に感じていることを知っていた
のであるから,野良猫への給餌を続行することが原告らの迷惑になることは認識で
きたものであり,給餌を続行したことにつき過失がある。
  (3) 世の中には様々な嗜好の人々が存在し,猫等の小動物を好む人も多く存在
する。こうした嗜好に基づく行動の自由はできる限り尊重されるべきではあるが,
一方で猫,特にその糞尿等による臭いを嫌う人も多く存在し,現代社会,特に都会
においては,このような他人に不快感を与えないようにする配慮も当然要請され
る。したがって,近くに猫嫌いの人がおり,自分が野良猫に餌を与えることにより
付近に野良猫が集まるようになり,その結果,野良猫の糞尿により猫嫌いの人が大
きな不快感を味わっていることを認識できる場合には,野良猫への給餌を中止すべ
きであり,給餌を続ける行為は,野良猫による被害が受忍限度を超えるものである
以上は違法であるというべきである。
  (4) なお,<証拠略>中には,被告Y3が平成12年頃から猫の餌の購入を手
伝ったりして,被告Y1らの野良猫への給餌に協力してきたとする部分があるが,
これを裏付ける的確な証拠はないし,仮にそれに類した事実があったとしても,給
餌の主体は被告Y1らであるということができるから,被告Y3に対し,その不法
行為責任を問うことはできない。被告Y2が被告Y1らと共同して野良猫に給餌し
たことを認めるに足りる証拠はない。
二 被告らによる名誉毀損行為について
 1 証拠(<証拠略>)と弁論の全趣旨によれば,以下の事実が認められる。
  (1) 本件調停申立書(<証拠略>)の送達と第1回期日の呼出を受けた被告Y
1らは,これに驚いて,被告Y2らに同申立書を見せた上対処方法を相談した。こ
れに対し,被告Y2らは被告Y1らに同情し,特に被告Y3は,事前の話し合いも
なく突如弁護士に依頼して裁判を起こしたとの考えから,原告らに立腹した。被告
らは,いずれも調停と訴訟との相違を正確に理解していなかった。
    そして,平成13年6月21日,被告Y3は本件店舗に来て,原告X1に
対し,被告Y1らから被告Y2らが依頼を受けたことを告げた上,「家1軒2軒売
ってでも甲(本件店舗)と闘ってくれとうちの人(被告Y2)に頼みに来たので,
最後まで責任をもってやらなあかんな。」などと言った。
  (2) 被告Y3と被告Y1は,平成13年7月頃,「Y4・Y1氏に対する訴え
取下げの嘆願書」と題し,以下のような記述のある文書をもって,嘆願書への署名


押印を求め,a区b通,c通,d通,e通,f等の住民に依頼して回った。その結
果,200名を超える住民らが嘆願書に署名押印した。被告Y4と同Y2も嘆願書
の内容は承知していた。
   ① X1・X2氏のY4・Y1氏に対する猫の給餌・糞尿に対する慰謝料請
求について私たちは以下の理由でその訴えを取り下げることを嘆願します。
    ア X1氏の訴えるような猫による被害は近隣住民は受けていません。
    イ 近隣隣保で今まで温厚な交流のあった人間関係が,二百万もの高額な
慰謝料請求が一方的になされることにより,歪められることが近隣住民として,納
得できずその良識が疑われます。
    ウ 本来このような事柄は,近隣住民が互いに譲歩し,話し合うことでそ
の解決が図られることが一番望ましいと考えられます。
   ② 以上の理由により,私はY4・Y1氏に対する慰謝料請求の訴えが取り
下げられることを切望しここにその趣旨に賛同の上,署名捺印致します。
  (3) 被告Y1らは本件調停の第1,2回期日には出頭せず,第3回期日から
は,被告Y2らの知人が代理人として出頭したが,結局調停は成立しなかった。
  (4) 原告らは被告らを名誉毀損罪で神戸地方検察庁に告訴したが,平成13年
12月27日,同検察庁はいずれも不起訴とした。
 2 前記嘆願書の内容のうち,「訴え取下げ」や「二百万もの高額な慰謝料請
求」という表現は,被告らが調停と訴訟との相違を正しく理解せず,あたかも通常
の訴訟のように,当事者間の合意によるのではなく判決等の裁判により決着をみる
手続を原告らがとったことを表現したものであり,嘆願書への署名押印を求められ
た住民らもそのように理解したであろうと容易に推認できる。「互いに譲歩し,話
し合うことでその解決が図られることが一番望ましい」という表現は,一つの見識
ではあるが,これも,調停が話し合いのための手続であることを無視したものであ
り,住民らに誤った印象を与えるものである。さらに,「X1氏の訴えるような猫
による被害は近隣住民は受けていません。」という表現と相俟って,原告らは根拠
もなく一方的に裁判に訴えたという印象を与える。
   以上のような表現は,原告らが一方的に近隣住民を裁判に訴えるような人物
であるという悪印象を与え,原告らの社会的評価を低下させる性質を有するもので
あり,原告らの名誉を毀損するものであるということができる。
 3 裁判等について,その当事者や支持者が広く広報活動等をして多くの人の賛
同を得ようとする行為は,もとより違法ではないが,嘆願書への署名押印を広く求
めるにあたり,調停と通常の訴訟とを区別せず,同様の性質を有するものであると
の前提で,原告らが近隣住民を一方的に裁判に訴えたという内容の嘆願書をもって
署名捺印を依頼して回る行為は,原告らの名誉を毀損する違法な行為であるという
べきである。被告Y4及び同Y2も被告Y3及び被告Y1の嘆願書への署名押印を
求めて住民らに依頼して回る行為を容認していたものであるから,被告らは共同不
法行為責任を負うべきである。
   なお,被告らが調停と通常の訴訟の相違を正確に理解していなかったとして
も,調停期日に出頭するなどして調停の性質を知ることは容易であったといえるか
ら,この点について過失がある。
三 その他の違法行為について
 1 証拠(<証拠略>)と弁論の全趣旨によれば,以下の事実が認められる。
  (1) 被告Y3は,少なくとも平成12年10月頃以降,雨の日などを除いて,
午前10時前後頃から室内の掃除をする際,室内犬(ヨークシャーテリア)を自宅
前の通路上のゲージの中に入れて外に出し,犬が鳴いて就寝中の原告ら(原告らは
仕事が深夜に及ぶ関係で就寝時刻,起床時刻とも一般より遅い。)がその鳴き声に
驚かされて目覚めたりすることがあった。原告らはこのことで被告Y3に抗議等を
しなかった。
    原告らは被告Y3に平成13年9月13日に送達された本件訴状で犬の鳴
き声による被害にも触れていた。しかし,その後も被告Y3は同様の行為を続け,
犬を外に出している時間が1時間を超えることも多くなった。また,被告Y1も犬
を外に出す行為を手伝うようになった。
    犬の鳴き声は相当大きく,70メガヘルツに達することもあった。
  (2) 被告Y3は,平成13年9月23日,同年12月4ないし6日,9日,1
1日,13日,25日,平成14年1月7日,8日,10日,11日の午前中,掃
除の際に自宅の窓を開け放して,ラジカセ等から大音量(時には80メガヘルツを
超える)の音楽を流し,そのため原告らの睡眠が妨害されることがあった。


(3) 被告Y3は,平成13年12月26日午前10時前頃,2度にわたり,自
宅の窓を開けて,大声で「おばちゃん,おばちゃん。」と叫んだ。また,
同月27日午前9時過ぎ頃,被告Y3は,同じく自宅の窓を開けて,「おば
ちゃん,おばちゃん,甲(本件店舗)の前で猫が目むいて死んどうわ。」と叫び,
原告X1はその声に驚き,血圧が上昇した。
  (4) 原告らは警察署に以上の騒音による被害を訴え,平成13年12月頃には
警察官が被告Y3に対し迷惑をかけないよう注意したこともあったが,被告Y3に
よる犬や音楽による騒音発生は継続された。原告らは平成13年末頃には自宅の窓
を二重サッシに改造する工事をし,その結果耳に届く音量は相当低下した。
  (5) 被告Y3は,原告らが本件調停を申し立てた後,原告らの自宅付近の道路
上で大きな声で原告らの本件調停申立を非難するようなことを叫び,原告らがこれ
を聞きつけることが何度かあった。
  (6) 平成13年7月6日,被告Y3は被告Y1とともに,原告X1が本件店舗
営業のため10年以上豆腐購入の取引をしてきた乙のAに会い,被告Y3におい
て,被告Y2らと長い付き合いがあり,同被告らに恩義を感じているAに対し,本
件店舗に納入している豆腐は全部被告Y3が購入するから,本件店舗との取引を中
止するよう要請した。その結果,乙は本件店舗との取引を中止し,原告X1は他か
ら豆腐を購入しなければならなくなった。
   <証拠略>中には,上記■の認定に反する部分があるが,採用できない。<
証拠略>によれば,被告Y3のAに対する働きかけを優に認定できる上,被告Y3
本人も,原告X1に納入していた分を自分が買うという発言をしたかとの質問に対
し,「冗談で甲(本件店舗)に入れておる分やったら,何ぼぐらい入れとったか知
らんけどというて,そういう話はしました。」と答えて,事実上自分が本件店舗へ
の納入分を購入するという話をしたことを認めており,さらに,乙から豆腐を5,
60丁購入して近所に配ったことが何度もあるとも供述していることに照らして,
上記認定は覆らない。
 2 違法性等について
  (1) 1(1)犬による被告Y3の騒音を発生させた行為のうち,本件訴状送達後,
原告らがこれにより睡眠を妨害されるなどの迷惑を被っていることを知った以降の
分は,違法である。また,1(2)の被告Y3の音楽による騒音を発生させた行為及び
同(3)の同被告の言葉による騒音を発生させた行為も違法である。
    いずれの騒音も時には相当大きく,受忍限度を超える場合もあること,前
記二で認定のとおり,被告Y3は原告らの本件調停申立に立腹しており,1(6)の行
為までしたことに照らすと,上記の騒音を発生させた行為は原告らに対する悪感情
から嫌がらせのためになされた行為であると推認できること等を総合すると,元々
は掃除の際に窓を開放して犬を外に出すという日常生活の習慣から発したことであ
るとしても,違法という評価は免れないというべきである。
    上記のうち,犬による騒音を発生させた行為については,被告Y1も被告
Y3に加担していたと評価できるから,共同不法行為責任を免れない。他の行為に
ついて被告Y1が,また上記の各行為について被告Y4,同Y2が加担したと評価
できる事情は,証拠上認められない。
  (2) 1(5)被告Y3による近隣路上での原告らを非難する行為は,前記二の名誉
毀損行為と相俟って,原告らの社会的評価を低下させる違法な行為であるというこ
とができる。
    この点についても,被告Y3以外の被告らが加担したことは証拠上認めら
れない。
  (3) 1(6)の被告Y3及び被告Y1の行為は,原告X1の本件店舗営業を妨害す
る意図の下になされたことは明白であり,違法である。
    この点について,被告Y4,同Y2が加担したことは証拠上認められな
い。
四 被告らの信義則違反,権利の濫用の主張について
  被告らが主張するように,現代社会,特に都会においては,様々な人達が相接
する形で生活しており,それぞれの日常生活における行動が,他人には迷惑と感じ
られる場合も多く存在する。したがって,その全てを当然に違法視することが相当
でないことは明らかである。しかし,本件の,猫の糞尿等による被害,本件調停申
立に端を発する名誉毀損行為及び騒音を発生させる行為等は,そのいずれもが被害
の程度が受忍限度内のものとはいえず,関係被告において原告らの被害を知り,ま
たは少なくとも知ることができる状況の下でなされており,乙関係の営業妨害行為



に至っては,明らかに原告らに対する悪意から出たものであり,これらを違法とい
うを妨げない。
  原告X1本人と弁論の全趣旨によれば,本件店舗営業が深夜に及ぶことがある
ことや,顧客の立小便等により近隣住民が迷惑を被ったことがあることを認めるこ
とができるが,このような事実があるからといって,以上で認定した被告らによる
違法行為の責任を追及することが,信義則違反や権利の濫用にあたると解すること
はできない。
五 損害
 1 猫の糞尿等による被害(原告ら)
  (1) 原告の主張,特に遅延損害金の起算日を平成13年8月1日としているこ
と及び前記一の認定のとおり,本訴提起後は被告Y1らによる野良猫への給餌は中
止したことに照らし,同日までの被告Y1らによる違法行為を対象として,損害を
認定する。
  (2) <証拠略>と弁論の全趣旨によれば,原告X1は平成15年2月頃本件店
舗営業を断念して本件店舗を被告Y1に明け渡す予定であることが認められ,この
営業継続断念は,不況による顧客減少も影響したと考えられる一方,被告らとの本
件の紛争により原告X1が心身とも疲労した影響も大きいものと推認でき,この点
も斟酌するのが相当である。
  (3) 一で認定の各事情,本件店舗営業に対する猫の糞尿被害の影響に関する的
確な証拠はないこと,原告X1の高血圧症に対する影響についても,加齢による影
響もあったであろうといえなくはないこと,被告Y1らは本訴提起後は野良猫への
給餌を停止したこと,被告Y1ら以外の者の給餌による影響も皆無とはいえないこ
と等本件に現れた諸般の事情を考慮すると,原告らに対する慰謝料は各20万円を
もって相当と認める。
 2 名誉毀損行為による被害(原告ら)
   前記二の被告らによる名誉毀損行為について認定した各事情,その他諸般の
事情を考慮すると,原告らに対する慰謝料は各30万円をもって相当と認める。
 3 被告Y3,被告Y1の犬による騒音を発生させた行為による被害(原告ら)
   前記三1(1),(4)及び2(1)の犬による騒音を発生させた行為について認定し
た各事情,その他諸般の事情を考慮すると,原告らに対する慰謝料は各5万円をも
って相当と認める。
   なお,弁論の全趣旨によれば,上記行為について,原告らは本訴係属後も継
続してなされていると主張していると認められるので,この関係の損害について
は,遅延損害金の起算日を口頭弁論終結の日である平成15年4月16日とする。
 4 被告Y3の音楽による騒音を発生させた行為及び言葉による騒音を発生させ
た行為による被害(原告ら)
   前記三1(2),(3),(4)及び2(1)の騒音を発生させた行為について認定した
各事情,その他諸般の事情を考慮すると,原告らに対する慰謝料は各5万円をもっ
て相当と認める。
   なお,この関係の損害については,平成14年1月11日までの不法行為を
原告らは主張しているので,同日を遅延損害金の起算日とする。
 5 被告Y3の路上での非難行為による被害(原告ら)
   前記三1(5)及び2(2)で認定した各事情及びこの関係の被告Y3の具体的行
為の態様,発した言葉,回数等が不明確であること等諸般の事情を考慮すると,原
告らに対する慰謝料は各5万円をもって相当と認める。
 6 被告Y3,被告Y1の乙関係の営業妨害行為による被害(原告X1)
   前記三1(6)及び2(3)で認定した各事情,その他諸般の事情を考慮すると,
原告X1に対する慰謝料は10万円をもって相当と認める。
 7 弁護士費用(原告ら)
   以上の被告らの不法行為と相当因果関係にある弁護士費用相当の損害は,原
告らそれぞれにつき各5万円(嘆願書関係の名誉毀損行為につき各3万円,その余
につき各2万円)をもって相当と認める。そして,各被告に対する上記の認容額か
らすると,被告ら全員に各内金3万円につき賠償義務を負わせ,被告Y2を除く被
告らに各内金2万円につき賠償義務を負わせるのが相当である。なお,各内金2万
円に対する遅延損害金の起算日は最も遅い平成15年4月16日に統一することと
する。
六 原状回復措置の請求について
  前記のとおり,被告らによる嘆願書関係の名誉毀損行為は,原告らの社会的



用を損なうものであるが,本件における名誉毀損行為の態様,嘆願書の全内容,本
件調停申立に引き続き本訴が提起されたこと等を前提に,本訴において金銭賠償が
認められることを考慮すると,原告らが求める原状回復措置をしなければ原告らの
人格的価値に対する社会的,客観的な評価を回復できないとまではいえない。
  よって,本件において原告らの原状回復を求める請求は理由がない。
七 結論
  以上によれば,原告らの請求は以下の限度で理由があり,その余は理由がな
い。
 1 原告らの被告Y1らに対する各金20万円及びこれに対する平成13年8月
1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払請求
 2 原告らの被告らに対する各金33万円及びこれに対する平成13年8月1日
から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払請求
 3 原告らの被告Y3,被告Y1に対する各金5万円及びこれに対する平成15
年4月16日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払請

 4 原告らの被告Y3に対する各金10万円及び内金5万円に対する平成14年
1月11日から,内金5万円に対する平成13年8月1日から,それぞれ支払済み
まで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払請求
 5 原告X1の被告Y3に対する金10万円及びこれに対する平成13年8月1
日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払請求
 6 原告らの被告Y3及び同Y1らに対する金2万円及びこれに対する平成15
年4月16日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払請

     神戸地方裁判所第5民事部
          裁判官   前   坂   光   雄



http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/974/006974_hanrei.pdf


餌をやる人と被害を受けている人が対立し、感情論に陥って深刻化しやすく、全国的には殺人事件にまで発展した例もあるという。

TNRを行う場所や犬猫を大切に育てている地域を選んで犬猫を捨てる人も後を絶たない。

成功例ゼロの机上の空論でしかないTNRや犬猫などを行うと捨て犬猫が増えることが判明


【無知】【無意味】「TNR活動」とかいう全く成功例がない無駄な活動を始めてしまうwwww

「餌やりや可愛がりの様な美味しいところは俺がやるから、金がかかる事や糞尿の世話はお前らがやれな」
って奴か 最近増えたなこの手の奴

犬猫に餌やる奴は全員きちがい






不潔「猫屋敷」76匹保護…虐待容疑で書類送検(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫約40匹を劣悪環境で飼育 名古屋の姉妹書類送検へ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫40匹の世話放棄 書類送検へ 多頭飼育 悪臭トラブル(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫増えすぎ放置して引っ越し「虐待」容疑(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


野良猫の駆除を行っていた男性に激高し(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


名古屋のハト男を逮捕 餌やり注意され暴行(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


猫23匹虐待で逮捕の容疑者(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


隣家に排せつ物、野良猫餌やりに55万賠償命令 (トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①



将棋元名人・加藤一二三ネコ餌やり裁判(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑤


猫を連れ去り遺棄した男を書類送検(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③


猫遺棄疑いで54歳男性を書類送検(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②


「猫を飼いたかった」保護猫を盗んだ男逮捕(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)①


台湾で猫2匹盗んだ女 香港へ持ち込む(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


港女竊36萬波斯貓藏肚騙過機場安檢出境(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


港女偷2貓扮孕婦 成功闖關出境(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)③




キャットフード強盗 容疑の70歳無職男を逮捕(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


野良猫のえさ「お金もったいない」万引の女逮捕(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


猫の餌にするため69歳男インコとハムスター万引逮捕(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


猫の餌にするため69歳男インコとハムスター万引逮捕(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


猫27匹餌代欲しさに空き巣27件「猫にほおずり至福」 容疑の52歳男逮捕 4年前も御用(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


30~40代の「孤独死」が全く不思議でない事情(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


セルフネグレクト(統合失調症.思覺失調症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


孤独死の犠牲になった悲しき人たち(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


ゴミ屋敷の清掃現場に見る「多頭飼育崩壊」の真実(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


飼いネコを2匹殺害した元奈良県嘱託職員に執行猶予3年(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫を避け転倒した男性が車にひき逃げされて死亡(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


ツンと刺すような異臭「猫屋敷」で21匹死ぬ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


豊洲移転のドサクサで 5600万円野良猫シェルターの波紋(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


南伊勢町が独自活動 自然減でトラブル軽減へ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)







--------------------------------
迷惑極まりない害獣への餌やり

による被害まとめ

1.糞尿・スプレーによる悪臭。
2.駐車中の車への傷つけ・スプレー。
3.悪戯・喧嘩による庭の破壊。
4.ペットへの加害・捕食。
5.網戸等の破壊。
6.ゴミ漁りによる散らかし。
7.トキソプラズマ等の、寄生虫ウィルスの感染媒体となり人に感染、若しくは中継

※公園で野良猫に餌やりをされた為に野良猫が集まり、砂場がトイレと化し子供達が遊べなくなるケースも発生しています。

--------------------------------





















餌をやる人と被害を受けている人が対立し、感情論に陥って深刻化しやすく、全国的には殺人事件にまで発展した例もあるという。

TNRを行う場所や犬猫を大切に育てている地域を選んで犬猫を捨てる人も後を絶たない。

成功例ゼロの机上の空論でしかないTNRや犬猫などを行うと捨て犬猫が増えることが判明


【無知】【無意味】「TNR活動」とかいう全く成功例がない無駄な活動を始めてしまうwwww

「餌やりや可愛がりの様な美味しいところは俺がやるから、金がかかる事や糞尿の世話はお前らがやれな」
って奴か 最近増えたなこの手の奴

犬猫に餌やる奴は全員きちがい



大阪市の住宅街でハトや猫に大量の餌を与え続ける女性たち(鳥インフルエンザ.禽流感)(新型隱球菌.クリプトコックス症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)




PC遠隔操作片山被告“心の闇”の原点とは(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑤


車の安全機能が猫に誤作動(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


輸入コンテナの「迷い猫」に注意(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


輸入コンテナに「迷い猫」注意を(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②



男性に60万円賠償命令(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


猫を返して 慰謝料認める(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


鉄パイプで襲撃 無職男逮捕(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


誤解して男性を襲い(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


現金5万円を脅し取った男を逮捕(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


生後3カ月の乳児虐待で父親逮捕(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


生後3カ月の次女に虐待容疑(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


生後3カ月の次女を揺さぶり脳に傷害(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)③


次女を虐待して大けがをさせた逮捕(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)④











Rabies alert issued for Disney World's Epcot area after infected cat scratches employees(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)④


Rabies alert issued for Walt Disney World Resort's Epcot theme park(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)⑤


マンション一室にネコ30匹飼育も(自然破壊.生態破壞)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


賀茂地区の野良猫減少(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


猫「1軒で80匹」引き取りも(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


飼い主入院でネコ「多頭飼育崩壊」(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


“多頭飼育崩壊”からネコ(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


マンション一室にネコ30匹飼育も(自然破壊.生態破壞)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


賀茂地区の野良猫減少(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


猫「1軒で80匹」引き取りも(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


飼い主入院でネコ「多頭飼育崩壊」(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


“多頭飼育崩壊”からネコ(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


ハトや猫に大量の餌を与え続ける女性(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(鳥インフルエンザ.禽流感)(新型隱球菌.クリプトコックス症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


ハトや猫に大量の餌を与え続ける女性(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(鳥インフルエンザ.禽流感)(新型隱球菌.クリプトコックス症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②



野良猫の餌やりでトラブル 79歳女性に実刑言い渡し(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


She was feeding the stray cats that kept her company. Now the 79-year-old is going to jail.(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②


Ohio woman, 79, sentenced to prison for feeding stray cats(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)③


Ohio woman,79,sentenced to jail time for feeding stray cats(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)④


野良猫にえさやりの79歳女性に禁錮10日判決(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)⑤




台東15處禁餵流浪貓狗 違者最高罰1萬(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


台東禁餵食流浪動物 最重罰一萬(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②


公園餵流浪貓狗 台東即起要罰(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)③


猫も鳥インフルエンザ感染(禽流感.鳥インフルエンザ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


猫も鳥インフルエンザ感染の疑い 韓国(禽流感.鳥インフルエンザ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②


里長掛布條禁餵食流浪貓狗 引爆愛誤團體互槓(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


高市林華里禁餵食野貓狗 引發愛誤人士怒火(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②


高市林華里禁餵食野貓狗 愛誤團體抗議(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)③


正妹為棄養貓詐死(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


屢次認養又棄養貓(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


バイリンガルな“ゴミ屋敷”家主の女性を直撃(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


バイリンガルな“ゴミ屋敷”家主の女性を直撃取材(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②


30~40代の「孤独死」壮絶な後始末に見えた現実(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


猫の糞尿等に被害を発生させたこと(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


猫を多頭飼育していた住宅(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)




迷惑極まりない害獣への餌やり





による被害まとめ

1.糞尿・スプレーによる悪臭。
2.駐車中の車への傷つけ・スプレー。
3.悪戯・喧嘩による庭の破壊。
4.ペットへの加害・捕食。
5.網戸等の破壊。
6.ゴミ漁りによる散らかし。
7.トキソプラズマ等の、寄生虫ウィルスの感染媒体となり人に感染、若しくは中継

※公園で野良猫に餌やりをされた為に野良猫が集まり、砂場がトイレと化し子供達が遊べなくなるケースも発生しています。



住民「ちゃんとクソの始末もしろよ」 ※
猫狂「どんどん窮屈な世の中になった」
住民「だからちゃんとクソの始末もしろよ」
猫狂「猫嫌いはキチガイ。みんな死ねばいい」
住民「そうじゃなくてクソの始末しろよ」
猫狂「ちゃんと去勢だってしてるし地域猫はいてもいい」
住民「だからクソの始末しろよ」
猫狂「ネズミとか・・・」
住民「クソの始末のハナシしてんだよ」
猫狂「ペストとか・・・」
住民「平成の世にペストがなんだって?クソさせるなよ」
猫狂「猫嫌いは猟奇殺人予備軍」
住民「クソの始末はどうした?」
猫狂「猫嫌いは人間同士の排除までやって最後は滅びる」
住民「クソの始末は誰がやるんだよ」
猫狂「猫嫌いはモンスターペアレンツ」
住民「猫のクソの話をしてるんだよクソの」
猫狂「猫嫌いは精神病質を抱えたファシスト」
住民「そうじゃないだろクソの始末の話だよ」
猫狂「犬の鳴き声とか・・・」
住民「クソの話をしてるんだよ猫の」
猫狂「猫嫌いは自分の子供も家に閉じ込める」
住民「人間の子は他所の庭でクソしないだろ」

※くりかえし







A Brain Parasite Might Be Making Us Angrier




映画『スリザー』予告




-------------------------------------------------------
猫様に奉仕するため社会と戦った、猫真理教の聖戦士たちを紹介します。



●2009/08/27 「猫に餌」を注意され、隣家女性を刺殺 70歳の男を逮捕
27日午後1時40分ごろ、千葉県船橋市習志野台で「包丁を持った男が女性を追いかけている」と110番通報があった。船橋東署員が現場にかけつけると、女性が自宅付近で腹部から血を流して倒れており、同署は殺人未遂の現行犯で、女性の脇に包丁を持って立っていた、近くに住む無職、林喜市容疑者(70)を逮捕した。
女性は病院に搬送されたが、間もなく死亡
。同署は殺人容疑に切り替えて捜査している。
同署の調べによると、林容疑者は同日午後1時40分ごろ、隣に住む無職の女性(64)の腹部を包丁で2回刺して殺害した疑いが持たれている。
林容疑者が2年ほど前から野良猫の餌付けをしていたことを巡り、女性とトラブルになっていた。同署の調べに林容疑者は「猫のことで注意され頭にきてやった」と供述しているという。


-------------------------------------------------------

2009/05/25 野良猫に餌をやらないよう注意されたことを逆恨み 大家刺殺に懲役22年判決
横浜地裁
川崎市のアパートで昨年6月、野良猫に餌をやらないよう注意されたことを発端に大家の男性(当時76)を刺殺、その長男の妻にもけがを負わせたとして殺人と傷害の罪に問われた同市川崎区浜町3丁目、無職高田正雄被告(70)に対する判決公判が25日、横浜地裁川崎支部であり、加登屋健治裁判長は懲役22年(求刑懲役25年)の有罪判決を言い渡した。
判決などによると、昨年6月5日午後、高田被告は前日に大家の妻から猫に餌をやらないよう注意されたことに不満を持って自室で騒ぎ、注意しに来た大家の首をナイフで刺すなどして失血死させた。さらに大家の長男の妻の顔をバールで殴って2カ月のけがを負わせた。


-------------------------------------------------------

2007/07/27 飼い猫トラブルで隣人刺す 70歳男逮捕…大阪
飼い猫を巡るトラブルで苦情を言いに来た男性を包丁で刺し、全治2週間のけがを負わせたとして、大阪府警は26日、東大阪市、無職、中田光一容疑者(70)を殺人未遂容疑で逮捕した。

調べによると、中田容疑者は同日午後10時半ごろ、同じアパートに住む男性(54)の右胸を、自宅にあった包丁で刺した疑い。


-------------------------------------------------------

2003/12/08 猫の仕返しと線路に石 電車妨害の男逮捕
8日午後3時10分ごろ、大阪府貝塚市のJR阪和線和泉橋本-東貝塚間で、線路に自転車の車輪や石などがあるのを白浜発新大阪行き特急「くろしお16号」の運転士が発見緊急停車した。運転士が線路脇に除き、約5分後に運転を再開。 けが人はなかった。
線路脇にいた男が投げ入れたと認め、貝塚署は往来危険の疑いで住所不定、無職藤田英久容疑者(52)を 逮捕した。「飼っていた猫が電車にはねられて死に、仕返ししようと思った」と供述したという。
調べでは、藤田容疑者は自転車の車輪2つと段ボール箱、重さ5キロの石を線路に投げ入れた疑い。
JR西日本によると、上下計2本が運休、上下計13本が最大8分遅れ、約2900人に影響した。


-------------------------------------------------------
名須川早苗(51)2014.4.30 札幌市北区警察施設や大型店で5件のガスボンベ爆発を起こし、激発物破裂の容疑で逮捕野良猫の餌やりで周囲住民とトラブルを起こし、警察ともめていた模様(現在捜査中)。
-------------------------------------------------------

藤井ミヤ子(62)2014.4.20 大阪市阿倍野区民家に置かれていた猫よけシートに放火し、現住建造物等放火未遂の容疑で逮捕
-------------------------------------------------------

出水衛(48)2013.12.11 大阪府和泉市飼い猫約20匹と野良猫約100匹の餌代のため、民家など32件、被害額約1920万円相当の空き巣を繰り返し、窃盗容疑などで逮捕。「猫を抱きしめているのが至福の時間」と供述。

-------------------------------------------------------
片山祐輔(30)2013.2.10 東京都江東区
遠隔操作ウィルスで他人のパソコンを乗っ取って犯罪予告をし、パソコン所有者4人の誤認逮捕を引き起こし社会を震撼させた。4人は濡れ衣だとの犯行声明をマスコミに送るなど、警察を挑発し続けたが、ウィルスのソースコード入り記録媒体を江ノ島で猫の首輪に付けたことで身元を特定され、威力業務妨害容疑で逮捕。
2006年に「のまネコ」を巡りエイベックスグループを脅迫し、懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けるなど、猫への執着心が犯行や逮捕のきっかけとなっている

-------------------------------------------------------
早川充益(39)2013.1.12 名古屋市西区
父経営の不動産会社に勤めていたが、「東日本大震災の原発事故で置き去りにされた動物を救う」と被災地に入り、会社が契約者から預かった数千万円の金を横領して犬猫の飼育費などに流用。
横領が発覚したため、両親と義理の祖母を絞殺し、小牧市の山中で自殺
-------------------------------------------------------
動物愛護団体ら15人 2012.1~9月 福島県双葉市
福島県警双葉署は、福島第一原発事故の警戒区域に無許可で立ち入ったとして、災害対策基本法違反容疑で15人を摘発していたことを2012年9月24日に報告。
-------------------------------------------------------
高田光弘(74)2012.1.24 埼玉県毛呂山町
息子が飼い猫を虐めていると思い込み、口論の末首を閉めて殺害。殺人容疑で現行犯逮捕。
-------------------------------------------------------
西原康太(26)奈奈(30)2011.10.31 広島県東広島市
猫の尿や毛などが散乱した不潔な部屋に生後2ヶ月の次男を置き、皮膚炎を発症させ死亡させた。保護責任者遺棄致傷の容疑で逮捕。
-------------------------------------------------------
小坂雄造(39)里美(27)2011.5.26 千葉県柏市
長男(2)に食事を与えず餓死させ、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕。「子どもより猫の方がかわいかった」と供述。
-------------------------------------------------------
宍井良夫(65)2011.3.30 静岡県湖西市
野良猫に餌やりしていた公園で、市の職員と共に野良猫を駆除していた男性にカッターナイフを突きつけて脅し、暴力行為容疑で逮捕。逮捕するため自宅に訪れた警察官も殴りつけ、傷害の現行犯
-------------------------------------------------------
坂本とし子(58)2011.3.4 千葉県勝浦市
猫の飼育方法を指導しに来た保健所職員の顔をひっかいたとして、公務執行妨害と傷害容疑で現行犯逮捕
-------------------------------------------------------
佐々木祐一(65)2010.11.13 埼玉県寄居町
猫同士の喧嘩が元で相手の飼い主の頭や顔を木刀で殴り、重傷を負わせた。殺人未遂容疑で逮捕。
-------------------------------------------------------
水元努(31)2010.9.1 北海道留萌市
「ペットの猫が死んでむなしくなった」と高速道路を約100km逆走し、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕。
-------------------------------------------------------
会社役員の女(48)2010.4.27 岐阜市
米国に残したペットの猫に会うため、偽造パスポートで米国へ渡航を繰り返したとして、旅券法違反の罪で懲役1年6カ月の判決
-------------------------------------------------------
板橋静男(72)2010.4.24 埼玉県川口市
団地で猫を追いかけていた男児(9)のあごを締め上げるなどし、暴行容疑で逮捕
段ボールで野良猫の家を作り餌を与えるなど、団地内で有名。
-------------------------------------------------------
林喜市(70)2009.8.27 千葉県船橋市
女性から野良猫の餌やりを注意され、その帰宅を待ち伏せして包丁で刺殺殺人罪で懲役17年の判決
-------------------------------------------------------

平野幸男(73)2008.10.22 長崎市
犬の散歩に通りかかった男性を、餌やり中の野良猫が逃げたからと木刀で脅し、暴力行為容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
永吉教幸(72)2008.7.5 栃木県小山市(ホームレス)
寝泊まりしている公園で野良猫を抱いた人を、猫を虐めていると勘違いし鉄パイプで殴り、現行犯逮捕
-------------------------------------------------------
20歳の夫婦 2008.7.3 福岡市
生後1ヶ月の乳児に食事を与えず、育児放棄で虐待死させる。保護責任者遺棄致死容疑で逮捕
乳児は猫のトイレにしていた段ボールに寝かせていた。「子供より猫の方が可愛かった」と供述。
-------------------------------------------------------
河田教晴(28)2008.6.19 大阪市
無職・生活保護受給者で猫5匹飼う。餌代に困り何度もコンビニに押し入り、強盗容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
高田正雄(69)2008.6.5 神奈川県川崎市
アパートの大家に餌やりを注意されて逆上し、サバイバルナイフで大家を刺殺、大家の義理の娘にも重傷を負わせ、殺人及び傷害罪で懲役22年の判決
-------------------------------------------------------
中田光一(70)2007.7.27 大阪市
猫被害の苦情を言いに来たアパートの隣人を包丁で刺し、殺人未遂容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
静岡県伊東市の老人(81)2006.8.24
ペット禁止の市営住宅で猫を放し飼いしていることを市に告げ口されたと妄想、上の階に住む姉妹に言い掛かりを付けた挙げ句にノコギリで殴り、傷害容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
中島数男(73)2005.4.24 兵庫県尼崎市
猫の餌付けに苦情を言った人の部屋へ包丁を持って押し込み乱闘に。暴力行為(脅迫)容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
荒木正道(60)2005.8.29 埼玉県吹上町
猫糞で迷惑していた隣人を金属バットで小突くなどして、傷害容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
藤田英久(52)2003.12.8 大阪府貝塚市
電車に轢かれた猫の仕返しに、線路に自転車のタイヤや段ボール、石などを置き、往来危険容疑で逮捕

----------------------------------------------------------------

古美術商殺人事件 容疑者宅に放置された21匹のネコを保護(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)

https://www.news-postseven.com/archives/20140606_259567.html


東京・国立市の古美術商強殺事件 被告の無期懲役が確定(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②

https://www.sankei.com/affairs/news/151017/afr1510170018-n1.html


東京・国立市の古美術商強盗殺人で男に無期懲役の判決(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③

http://jwssnnews.blog.jp/archives/43572982.html


----------------------------------------------------------------
戦後最大の大量殺人鬼・植松聖容疑者の全貌(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


https://matome.naver.jp/odai/2146960319854545001?&page=1


植松聖容疑者 犯行直前の美容整形手術費用は80万円

https://www.news-postseven.com/archives/20160803_435837.html?PAGE=2


----------------------------------------------------------------


弟を「練炭殺害」した姉の実父も怪死 自身のブログでは動物殺処分への怒り綴る(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(弓形蟲感染症)


https://dot.asahi.com/dot/2018070100014.html?page=1

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180701-00000014-sasahi-soci

練炭自殺装い弟殺害 44歳の姉に離婚トラブルで元夫の定期に大麻入れた過去

https://dot.asahi.com/wa/2018062400003.html?page=1

弟を殺害で起訴 朱美被告が綴った「練炭殺人日記」全文入手


https://dot.asahi.com/wa/2018071100098.html?page=1


----------------------------------------------------------------

会うと会釈、「人当たりいい子」 警官刺殺容疑の大学生(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)

https://www.asahi.com/articles/ASL9M6K55L9MUTIL06F.html?iref=pc_ss_date


仙台・警官刺殺・容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②

https://mainichi.jp/articles/20180920/k00/00m/040/156000c


仙台・交番襲撃の大学生 包丁以外にも多くの凶器持つ(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③

https://www.oricon.co.jp/article/560069/


警官刺殺容疑者「おとなしくて礼儀正しかった」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00050040-yom-soci


-----------------------------------------------------------

脳をあやつる虫(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)(狂犬病)

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0306/parasite.html


人と動物の共通感染症に関するガイドライン
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/infection/guideline.pdf

トキソプラズマが人の脳を操る仕組み


http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7449/


-----------------------------------------------------------------------------

起業したい人は猫のウ●コ食べればできるかも!(良い子は真似しないように、危険です)

-----------------------------------------------------------------------------





為何一聽到非洲豬瘟台日兩國如臨大敵?(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑥


中國殺百萬頭豬 外媒指真實疫情更嚴重(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑦


擔保台灣不致爆發非洲豬瘟(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑧


-------------------------------------------------------




-----------------------------------------------------------------------

狂犬病どんな病気か?(狂犬病)











狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ(狂犬病)




犬・猫回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑥


回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑦


消化管内の寄生虫(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑧


イヌ・ネコ回虫感染症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑨


成人肺トキソカラ症8例(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑩




引用網址:https://home.gamer.com.tw/TrackBack.php?sn=4502585
Some rights reserved. 姓名標示-非商業性 2.5 台灣

追蹤私訊

作品資料夾

a4755063巴友
各位巴友們安安,小說更新囉~喜歡的記得訂閱或是給雞皮當作牡蠣喔~看更多我要大聲說昨天13:58


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】