創作內容

0 GP

Baby given MENINGITIS by CAT(貓抓病.Cat scratch disease)(弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)③

作者:小柯│2019-08-14 02:38:51│贊助:0│人氣:11
Baby given MENINGITIS by CAT: Girl left fighting for life after being licked by pet(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)③
Little Sparkle Anderson almost died after contracting the infection passed to her in the saliva of the family's ginger tomcat Chesney



ペット×悪臭 判例 猫屋敷 猫飼育 猫餌付け 犬の糞尿(イヌ回虫.犬蛔蟲Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲Toxocara cati)(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


近隣からは悪臭被害を訴える声も出て(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


悪臭にゴミの山…猫の多頭飼育崩壊(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


ゴミ屋敷清掃 4部屋分 450,000円(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


猫が共食いするような悪臭漂うゴミ屋敷(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)

















30~40代の「孤独死」が全く不思議でない事情(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


セルフネグレクト(統合失調症.思覺失調症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


孤独死の犠牲になった悲しき人たち(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


ゴミ屋敷の清掃現場に見る「多頭飼育崩壊」の真実(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


飼いネコを2匹殺害した元奈良県嘱託職員に執行猶予3年(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


経費流用し猫2匹など購入(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫を避け転倒した男性が車にひき逃げされて死亡(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


ツンと刺すような異臭「猫屋敷」で21匹死ぬ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


豊洲移転のドサクサで 5600万円野良猫シェルターの波紋(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


南伊勢町が独自活動 自然減でトラブル軽減へ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


相談者とするのは暗く、重い話ばかりではない(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


動物愛護センター 職員が公費で物品購入し持ち帰る(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


無断で所長の認め印を使用、家庭用品など購入(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


妹の遺体を遺棄した女に執行猶予付きの判決(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


異臭苦情で強制退去、原状回復に1千万円(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


ネコ53匹、市営住宅に放置「ふん尿で悪臭」強制退去(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


異臭苦情で強制退去、原状回復に1千万円(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)③


ペットのえさ用に牛乳盗み逮捕(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


犬猫の保護施設、建て替えの寄付集まらず(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


野良猫苦情ゼロへクラウドファンディング(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫のふんの悪臭に悩まされる品川区住民(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


店員が野良猫に餌付け、厨房での飲食も(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)




「猫ひっかき病」を侮るな。結膜炎だと思っていた女性がある朝突然失明(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


Cat scratch disease results in Ohio woman's blindness(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②


Ohio woman goes blind after cat licks her: report(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)③


貓舔眼 竟害女飼主失明(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)④


女飼主一覺醒來左眼就看不見(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)⑤



猫に噛まれたの男性 敗血症性ショックで死亡(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


The surprising cause of a Toronto man's death from septic shock:A bite on the thumb from his pet cat(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②


Man dies from septic shock after a bite on the thumb from his pet cat(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)③


A cat bit a man's thumb, and 6 weeks later, he was dead(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)④


被貓咬一口 加拿大男子數周后喪命(猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)⑤








A mum told today how her baby daughter nearly died from meningitis after being infected by the family’s pet cat.

Sparkle Anderson was just three weeks old when she was rushed to hospital with a high temperature and sickness.

She was left fighting for life in isolation unit after it was confirmed she was suffering from meningitis.

Doctors later told frantic mum Chelsea-Ann Dodd that tests showed the infection had been passed to her daughter in the saliva of their ginger tomcat Chesney.

Mum-of-one Chelsea-Ann, aged 21, said: “I was just really, really surprised when the doctors said she caught it from the cat - I didn’t have a clue it was possible.

“For the first couple of days we feared the worst because Sparkle was so unwell.

“About five days later the doctors asked if we had any pets. I said we had a cat.

“They explained to us that Sparkle’s illness had been caused by a bug carried by bacteria in the cat’s saliva.

“It took them a while to find out what it was because they had never seen it before.

“The doctor said that from the swab they had there was a bug that grew and they didn’t know what it was.

“It turned out it was in cats, dogs, rabbits and pigs - it was in their saliva and really rare.

“The doctors said there were only 39 recorded cases in the world and most involved newborn babies because they didn’t have an immune system.

“It broke my heart to see Sparkle hooked up to so many wires. When they told me she had meningitis, I felt sick.

“I was told that she could have died within hours if I hadn’t brought her in.

“They thought the bug was transferred through Chesney’s saliva. I’d been careful not to leave them alone together, but Chesney must have licked Sparkle’s milk bottle while my back was turned.

“I was consumed with guilt - I felt as if I hadn’t kept a careful enough eye on things, and that Sparkle’s sickness was all my fault.

“When Sparkle began to improve she had to go and have her bones checked because the doctors said in half the cases people later suffered a bone disease.

“I didn’t really let Chesney near her when she was tiny.

“But I was breast feeding and bottle feeding and he must have licked her milk bottle or my hand.

“The cat did have a thing about going for her bottle to get at the milk - it’s just a cat thing isn’t it.

“Sparkle spent about three weeks in hospital and then we had to take her back every day for a week to take antibiotics.

“Fortunately she made a full recovery.

“The cat was never unwell - it was just a natural bacteria in his saliva.”


Sparkle is now aged three and learning to ride a pony.

The terrifying episode unfolded shortly after Chelsea-Ann gave birth to her only child at the age of 18.

She and Sparkle’s dad Ricky Anderson were at home at 7pm one evening when their baby suddenly became very unwell.

Events promotions assistant Chelsea-Ann, from Winsham, Somerset, said: “She was restless and had a very high temperature and wouldn’t stop crying. It was a very piercing cry and she then started being sick.

“I thought she had colic and sent Ricky down to Tesco to get some colic drops.

“She didn’t have a rash but was really, really hot and we gave her a bath to cool her down because she loved a bath.”

But Sparkle became more unwell and the couple wrapped her in a blanket and went to Musgrove Park Hospital in Taunton after phoning NHS Direct.

Chelsea-Ann decided not to have two-year-old Chesney put down after Sparkle recovered from the life-threatening illness.

Instead, she gave the cat to her mum Susan Dodd who lives four miles away.

Chelsea-Ann said: “I used to worry about Sparkle at first and didn’t let her near any animals for more than a year.

“But it was not Chesney’s fault - he didn’t mean to do it.

“I’d had him since he was a kitten - he was like my first baby and I couldn’t have put him down.

“We asked the doctors if we should get rid of the cat and they said it wasn’t really necessary.

“Now Sparkle is more immune to it than us because she has all the antibodies.”


Sparkle now plays with Chesney every time she visits her grandmother’s home in Chard.

Chelsea-Ann said: “Sparkle is a major cat person.

“She picks him up all the time and he is a big, big cat - it looks so funny. He is a real softie.”

Mum-of-four Susan, 52, a farm worker, said: “The doctors said they thought the cat had either grabbed hold of the teat of one of the bottles or a dummy - and that’s how Sparkle contracted the illness through the cat’s saliva.

“They said it was very rare and doesn’t normally cause a problem.

“They reckon if Chelsea had not gone down to the hospital that night Sparkle would not have been alive the next morning.

“Now Sparkle is full of beans and she and Chesney are best friends - they love each other, bless her.

“The cat lives with me and he sees Sparkle almost every day.

“She plays with him and picks him up round the head and lies all over him - he is as gentle as anything."


She added: “It was not the cat’s fault.

“The doctor said it was just a freak accident and we were very unlucky.

“I was shocked when the doctors told us what caused the illness but I was more worried about Chelsea and how she would cope - she was brilliant.

“We did think about getting rid of Chesney but that didn’t last long. He is a lovely cat and a big softie.”

Mum Chelsea-Ann and Sparkle’s dad Ricky no longer live together.

A spokeswoman for Musgrove Park Hospital today confirmed Sparkle was treated at the facility three years ago.



https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/baby-given-meningitis-cat-sparkle-3424700




猫ひっかき病.貓抓病.Cat scratch disease

ひっかき病について

■この記事は教科書的、文献的な内容についてまとめ、多くの方が参考にしていただけるよう掲載しています。必ずしも最新の知見を提供するものではなく、横浜市としての見解を示すものではありません。■なお、本件に関して専門に研究している職員は配置されていないため、ご質問には対応しかねます。また、個別の診断や治療については医療機関へご相談ください。


流行は?

猫ひっかき病(cat scratch disease: CSD)は、バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )という細菌による人間との共通感染症ですにひっかかれたり、咬まれたりすることで人間が感染することが多いです。特に、子にひっかかれての感染が多いです。を扱うことが多い獣医師が診察時にひっかかれたり咬まれたりしての感染も見られます。バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )に対する抗体陽性率が、日本の健康人で4.5%に対し、日本の獣医師で11.0%-15.0%と、獣医師の抗体陽性率が高いです(参考文献6)。

バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )に感染することもあり、に咬まれたりして人間が感染する可能性もあります。

の間ではが他のを咬んだり、ひっかいたりすることで、あるいは、の血を吸ったネコノミが他のの血を吸うことで感染が広がりますネコノミについては、人間刺すことで人間が感染する可能性もあります。

ネコノミは、に限らず、人間にも寄生することがあります。近年、人間で検出されるノミの多くがネコノミとなっています。


猫ひっかき病(cat scratch disease: CSD)の人間から人間への感染は通常の接触ではありません。

猫ひっかき病(cat scratch disease: CSD)は世界中で発生しています。日本でも全国的に発生しています。西日本と都市部の比較的温暖な地域での発生が多いです。すべての年齢層で発生していますが、若い年齢層での発生が多いです。

猫ひっかき病(cat scratch disease: CSD)」という病名は、主要な感染経路ではあるものの感染経路の一部を示すのみで、他の感染経路も存在することから、病原体に因んだ「バルトネラ-ヘンセレ感染症(Bartonella henselae infection)」の方が病名として好ましいとの意見もあります。なお、「バルトネラ症(bartonellosis)」では、「猫ひっかき病(cat scratch disease: CSD)」だけでなく、Bartonella bacilliformis という細菌によるCarrion病や、Bartonella quintana という細菌による塹壕熱(ざんごうねつ : trench fever )なども含んだ病名として受け取られる可能性があります。

猫ひっかき病(cat scratch disease: CSD)の発生は秋から冬にかけてが多いです。ネコノミは夏に殖えます。このネコノミによって夏から秋にかけてバルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )に感染するが増えます。秋から冬にかけて寒くなってくるとは家の中にいることが多くなり、人間にひっかかれたり咬まれたりして猫ひっかき病(cat scratch disease: CSD)の発生が増えると考えられます。
1999-2009年のフランスにおける猫ひっかき病患者の発生についての調査研究(参考文献7)によれば、猫ひっかき病患者の平均月間発生数(人)の推移は下の図2のとおりです。5-8月の発生は少なく、9月から4月までで全体の発生の87.5%と大部分を占め、12月の発生がピークです。なお、日本においては、9-12月の発生が年間の64%を占め11月が発生のピークとする調査研究(参考文献8)があります。




どんな病気?

バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )という細菌を持っているに咬まれたり、ひっかかれたりして、傷付いた部分で、3-10日で丘疹・水疱を生じたり、化膿したり、受傷の約2週間後から数週間から2年間にわたりリンパ節が腫れて痛むことがあります発熱や頭痛を起こすこともあります。まれな合併症として、脳症、髄膜炎、肝臓膿瘍、脾臓膿瘍などがあります。免疫を抑制するような薬剤の投与を受けている臓器移植を受けた人や癌患者、あるいはHIV感染者・エイズ患者など、免疫が弱まっている人たちでは、重症化しやすいですエイズ患者では、細菌性血管腫(bacillary angiomatosis: BA)肝臓紫斑病(peliosis hepatis)脾臓紫斑病(splenic peliosis)を起こすことがあります。

なお、バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )という細菌を持っているには、何の症状もありません。

人間では、自然治癒することもありますが、治療としてはエリスロマイシン、シプロフロキサシン、ドキシサイクリン等の抗生物質が用いられることがありますの治療としては、リンコマイシン、ドキシサイクリン等の抗生物質が用いられることがあります。

なお、に咬まれて感染することがある微生物はバルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )だけではありません。パスツレラ菌黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus )が多く、他にも、連鎖球菌、コリネバクテリウムEikenella corrodensカプノサイトファーガ-カニモルサス(Capnocytophaga canimorsus )など多数あります。破傷風狂犬病の心配もあります。カプノサイトファーガ-カニモルサス感染症重症例などでは死亡例も報告されていますが、受傷時に早急に医療機関を受診して消毒や抗生物質の投与等を受けていれば重症化しなかった可能性もあります。に咬まれたら早急に医療機関を受診して、消毒や抗生物質の投与等、適切な治療を受けましょう。



病原体は?

猫ひっかき病の病原体は、バルトネラ科(the family Bartonellaceae )バルトネラ属(the genus Bartonella )に属するバルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )という細菌です。なお、少ないですが、同じくバルトネラ科バルトネラ属に属するBartonella clarridgeiae という細菌もひっかき病の病原体となることがあります。バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )に感染していることが多いですが、が感染することもあり、から人間が感染したと思われる例もあります。

丸山らは、日本全国の690頭について調査し、その7.2%(50頭)バルトネラ(Bartonella )属菌を保菌していたこと、3歳以下ので保菌率が高いこと、南の地方や都市部で保菌率が高いことなどを明らかにしています(参考文献2)。

バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )Bartonella quintana とは、HIV感染者・エイズ患者などで、細菌性血管腫(bacillary angiomatosis: BA)を起こすことがあります。なお、Bartonella quintana については、コロモジラミが媒介する塹壕熱(ざんごうねつ : trench fever )の病原体です。塹壕熱は、第一次世界大戦中に塹壕内の兵士で多発し、百万人近くの兵士が罹患したとされます。菌名のquintana はラテン語で「5番目の」の意味です。塹壕熱は、5日熱(5-day fever あるいは quintan fever )の異名もあり、5日(4-8日のこともあります)の間隔で発熱・悪寒・発汗が繰り返されます。現代のアメリカ合衆国ではホームレスの人々に見られることがあり、都会塹壕熱(urban trench fever)と呼ばれます。

バルトネラ(Bartonella )という菌名については、ペルーの細菌学者Alberto Leopoldo Barton(1871年出生-1950年死亡)に因んでの命名です。Alberto Leopoldo Bartonは、Carrion病の病原体の研究において、1909年にバルトネラ(Bartonella )属菌のBartonella bacilliformis という細菌に関する記述をしています。Carrion病は、主にペルー・コロンビア・エクアドルのアンデス山脈の海抜600-3700mの渓谷で見られる、Bartonella bacilliformis という細菌による人間の感染症です。Phlebotomus sand flyというによって媒介されます。Carrion病には、ペルーいぼ(Peruvian wart あるいは verruga peruana)とオロヤ熱(oroya fever)とが含まれます。Carrion病はペルーの医学生だったDaniel Alcides Carrion(1850年出生-1985年10月5日死亡)に因んでの命名です。
1885年8月27日、Carrionは、ペルーいぼ(Peruvian wart あるいは verruga peruana)とオロヤ熱(oroya fever)の関係を明らかにするため、14歳の少年Carmen Paredesの右まゆの赤いペルーいぼから採取した血液を自分自身に接種しました。接種から3週間後の9月17日に左足首の不快と痛みとで発病しました。9月19日に発熱が始まりました。9月26日には重体となり自分で記録がとれなくなり、級友たちが付き添って替わりに記録をとりました。そして、接種から39日後の1885年10月5日午後11時30分、Carrionは、オロヤ熱のため死亡しました。Carrionは、ペルー医学に殉死した者とされ、Carrion病の病名に名を残すこととなりました。また、Carrionの栄誉を称え10月5日はペルー医学の日とされました。
なお、1926-1927年、日本の野口英世(1876年出生-1928年死亡)は、ペルーいぼ患者とオロヤ熱患者とからBartonella bacilliformis を分離培養して、ペルーいぼとオロヤ熱とが同じBartonella bacilliformis による感染であることを示しました。

バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )のヘンセレ(henselae )については、アメリカ合衆国オクラホマ州オクラホマシティでHIV感染者・AIDS患者の血液から多くの菌株を分離培養した微生物学者Diane M. Henselの栄誉を称えての命名です。


Bartonella clarridgeiae のclarridgeiae については、最初にアメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで分離した微生物学者Jill E. Clarridge 3.の栄誉を称えての命名です。

Bartonella bacilliformis のbacilliformis については、ラテン語で、「小さい棒(bacillus)の形(forma)をした」という意味です。

きわめて少ないですが、Afipia felis という細菌も猫ひっかき病の病原体となることがあります(参考文献3)。なお、Afipia については、Afipia felis 属の基準株がAFIP(the Armed Forth Institute of Pathology)という研究所で最初に分離されたことに因んでの命名です。felis については、ラテン語でを示します。


予防のためには・・・

を手荒に扱うのはやめましょう。手荒な扱いは、が咬みついたり、ひっかいたりすることを誘発しがちです。また、興奮しているに手を出すのは止めましょうに接した後には、手をよく洗いましょう。

人間の傷を猫になめさせないようにしましょう。

の爪は定期的に、よく切っておきましょう。

ノミは定期的に駆除しましょう。

猫ひっかき病(cat scratch disease: CSD)に対するワクチン(予防接種)については、人間のワクチンも猫のワクチンも開発されていません。

バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )に対するモノの表面の消毒については、詳しい文献が見当たらないようですが、バルトネラ-ヘンセレ(Bartonella henselae )に近縁のBartonella bacilliformis に有効とされている、70%エタノール、1%次亜塩素酸ナトリウム、2%ホルムアルデヒドなどの使用が考えられます(参考文献5)。



参考文献

1.環境省自然環境局総務課動物愛護管理室、人と動物の共通感染症に関するガイドライン、平成19年3月。

2.丸山総一、[話題の感染症]猫ひっかき病、モダンメディア 50巻 9号 2004、p. 203-211.

3.Michael Giladi, Boaz Avidor, Yehudith Kletter, et al. ; Cat scratch disease: the rare role of Afipia felis ; Journal of clinical microbiology, Sept. 1998, Vol.36, No. 9, p. 2499-2502.

4.Myron G. Schultz; Photo Quiz: Who is this man ? : Daniel Alcides Carrion; Emerging Infectious Diseases, Vol. 16, No. 6, June 2010, p. 1025-1027.

5.Technical Factsheet(外部サイト): Cat Scratch Disease and Other Bartonella henselae Infections; Center for Food Security & Pubric Health(CFSPH), Iowa State University, May 1, 2005, p. 1-5.

6.Bruno B. Chomel, Henri-Jean Boulouis, Soichi Maruyama, and Edward B. Breitschwerdt; Bartonella Spp. in Pets and Effect on Human Health; Emerging Infectious Diseases, Vol. 12, No. 3, March 2006, p. 389-394.

7.Diane Sanguinetti-Morelli, Emmanouil Angelakis, Herve Richet, Bernard Davoust, Jean Marc Rolain, and Didier Raoult; Seasonality of Cat-Scratch Disease, France, 1999-2009; Emerging Infectious Diseases, Vol. 17, No. 4, April 2011, p. 705-707.

8.Masato Tsukahara; Cat scratch disease in Japan; Journal of Infection and Chemotherapy, 2002, vol. 8, no. 4, p. 321-325.



https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/eiken/kansen-center/shikkan/na/catscratch1.html






















パスツレラ症について


■この記事は教科書的、文献的な内容についてまとめ、多くの方が参考にしていただけるよう掲載しています。必ずしも最新の知見を提供するものではなく、横浜市としての見解を示すものではありません。■なお、本件に関して専門に研究している職員は配置されていないため、ご質問には対応しかねます。また、個別の診断や治療については医療機関へご相談ください。


流行は?

近年、日本ではパスツレラ症(pasteurellosis)の患者発生が増えています。に咬まれて感染する感染症としては、患者数が多いものの一つだと考えられています。

パスツレラ症(pasteurellosis)は、人と動物の共通感染症の一つですパスツレラ症として、萎縮性鼻炎、肺炎、多発性関節炎などがありますのパスツレラ症として、出血性敗血症がありますのパスツレラ症として、家禽コレラがありますウサギのパスツレラ症として、鼻炎(スナッフル: snuffles)、肺炎、中耳炎、結膜炎、敗血症などがあります。


どんな病気?

パスツレラ症パスツレラ菌による感染症です。パスツレラ菌を持っていることが多いですが、ではほとんど症状を起こしません。まれにで肺炎を起すことがあります。咬まれるあるいは引っかかれるなどして、からパスツレラ菌をもらって人間がパスツレラ症を発病することがあります

に咬まれてパスツレラ菌に感染した場合には、早ければ数時間で受傷部位が赤く腫れ、痛みや発熱を伴います。近くのリンパ節が腫れることもありますパスツレラ症での受傷部位の炎症は皮下組織の中を広がり、「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」と呼ばれます。受傷部位が関節に近いときには、関節炎を起こすことがあります骨に達するような傷であれば骨髄炎を起こします。免疫機能が低下している人では、重症化して敗血症や骨髄炎を起こし死亡することもあります。

咬まれなくてもとの接触によりパスツレラ菌を吸い込んで、呼吸器系で感染して、肺炎・気管支炎や副鼻腔炎などを起こすこともあります。気管支拡張症患者やコントロールができていない糖尿病患者・HIV感染者・悪性腫瘍患者など特に免疫機能が低下している人では、注意が必要です。

治療としては、早期に抗生物質を投与します。抗生物質としては、ペニシリン系、テトラサイクリン系、セファロスポリン系、クロラムフェニコールなどが有効です。ただし、ペニシリン系に対しての耐性株もまれにあります。
なお、に咬まれて感染することがある微生物は、パスツレラ菌だけではありませんパスツレラ菌黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus )が多く、他にも、連鎖球菌コリネバクテリウムEikenella corrodensカプノサイトファーガ-カニモルサス(Capnocytophaga canimorsus )など多数あります。FusobacteriumBacteroidesPorphyromonasPrevotellaPropionibacteriumなどの嫌気性菌もあります破傷風狂犬病の心配もあります。カプノサイトファーガ-カニモルサス感染症の重症例などでは死亡例も報告されていますが、受傷時に早急に医療機関を受診して消毒や抗生物質の投与等を受けていれば重症化しなかった可能性もあります。に咬まれたら早急に医療機関を受診して、消毒や抗生物質の投与等、適切な治療を受けましょう。


病原体は?

パスツレラ菌は哺乳類の上気道や消化管に存在し、はほぼ100%は約75%持っているとされます。パスツレラ-ムルトシダ(Pasteurella multocida )パスツレラ-カニス(Pasteurella canis )パスツレラ-ダグマティス(Pasteurella dagmatis )パスツレラ-ストマティス(Pasteurella stomatis )などのパスツレラ菌の口の中に存在しますに咬まれたり、引っかかれたりして人間が感染することがありますが、人間のパスツレラ症の原因としては、パスツレラ-ムルトシダ(Pasteurella multocida )が多いです。
なお、パスツレラ-ムルトシダ(Pasteurella multocida )は、さらに、subsp. multocidasubsp. septicasubsp. gallicida といった亜種(subspecies)に分類されます。

による咬傷50とによる咬傷57とについての調査研究があります(参考文献3)。咬傷から検出された細菌として多かったのは、による咬傷では、パスツレラ(Pasteurella )(50%)連鎖球菌(46%)ブドウ球菌(46%)による咬傷では、パスツレラ(Pasteurella )(75%)連鎖球菌(46%)ブドウ球菌(35%)Moraxella(35%)でした。による咬傷でも、による咬傷でも、検出された細菌としてはパスツレラ(Pasteurella )が一番多かったです。なお、パスツレラ(Pasteurella )の中では、による咬傷では、パスツレラ-カニス(Pasteurella canis )が多く、による咬傷では、パスツレラ-ムルトシダ(Pasteurella multocida )のsubsp. multocida とsubsp. septica とが多かったです。

パスツレラ(Pasteurella )は、フランスの化学者・細菌学者のルイ-パスツール(Louis Pasteur ;1822年12月27日誕生、1895年9月28日死亡)に因んでの命名です。パスツレラ-ムルトシダ(Pasteurella multocida )は、1878年に家きんコレラ(fowl cholera)ので発見され、1890年に家きんコレラ(fowl cholera)の病原体としてルイ-パスツール(Louis Pasteur)が分離しました。パスツレラ-ムルトシダは、に限らず、ウサギ、牛、豚、鳥などの上気道に見られることがあります。日本では、「家きんコレラ」が家畜伝染病とされていて、鶏、あひる、うずら、および七面鳥が本菌に感染し、それらの70%以上急性敗血症で死亡した場合に家畜伝染病の対象となります。家きんコレラは、経気道感染または経口感染します。家きんコレラは、アジア、アフリカ、中近東、欧米などで発生がみられます。家きんコレラの予防のために海外ではワクチンも使用されています。
なお、パスツレラ-ムルトシダ(Pasteurella multocida )の菌名のムルトシダ(multocida )については、ラテン語で「多数」を意味するmultusと「殺す」を意味するcidusとからなり、多くのに対する家きんコレラの致死率の高さを示しています。

パスツレラ-ガリナルム(Pasteurella gallinarum )は、が持っていることがあります。パスツレラ-ガリナルム(Pasteurella gallinarum )による急性胃腸炎の患者が報告されていて、その患者はバーベキューパーティーでの肉の摂取により感染した疑いがありました(参考文献2)。


予防のためには・・・

との接触に注意しましょう

寝室にを入れないようにしましょう。

犬や猫とベッドで一緒に寝ないようにしましょう。

とキスしないようにしましょう

にエサを口移しで与えないようにしましょう。

と接触したら手洗い・うがいをしましょう。

犬や猫に咬まれないようにしましょう。

については、当・横浜市衛生研究所ホームページ「による咬傷(こうしょう、かみきず:bite )について」をご参照ください。

による咬傷50とによる咬傷57とについての調査研究があります(参考文献3)。咬傷部位として多かったのは、による咬傷では、手(50%)、足・脚(20%)、顔面・頭頸部(16%)、肩・腕(12%)、による咬傷では、手(63%)、肩・腕(23%)、足・脚(12%)でした。だけでなくにも咬まれないように注意が必要です。また、前足をなめるの場合には、口の中の細菌を爪に付着させることにもなるので、に引っ掻かれないように注意が必要です。



参考文献

1.環境省自然環境局総務課動物愛護管理室、人と動物の共通感染症に関するガイドライン、平成19年3月。

2.Yasutomo Arashima, Kimitoshi Kato, Reiko Kakuta, Toru Fukui, Kazunari Kumasaka, Toshio Tsuchiya, and Kinya Kawano; Brief Reports: First Case of Pasteurella gallinarum Isolation from Blood of a Patient with Symptoms of Acute Gastroenteritis in Japan; Clinical Infectious Diseases(CID), 1 September 1999;Vol. 29, No. 3:p. 698-699.

3.DAVID A. TALAN , M.D., DIANE M. CITRON , B.S., FREDRICK M. ABRAHAMIAN , D.O., GREGORY J. MORAN , M.D., AND ELLIE J.C. GOLDSTEIN , M.D., FOR THE EMERGENCY MEDICINE ANIMAL BITE INFECTION STUDY GROUP; BACTERIOLOGIC ANALYSIS OF INFECTED DOG AND CAT BITES; N Engl J Med, January 14,1999;Volume 340, Number 2: p. 85-92.


https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/eiken/kansen-center/shikkan/ha/pasteurella1.html

















不潔「猫屋敷」76匹保護…虐待容疑で書類送検(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫約40匹を劣悪環境で飼育 名古屋の姉妹書類送検へ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫40匹の世話放棄 書類送検へ 多頭飼育 悪臭トラブル(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫増えすぎ放置して引っ越し「虐待」容疑(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


野良猫の駆除を行っていた男性に激高し(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


名古屋のハト男を逮捕 餌やり注意され暴行(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


猫23匹虐待で逮捕の容疑者(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


隣家に排せつ物、野良猫餌やりに55万賠償命令 (トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①



将棋元名人・加藤一二三ネコ餌やり裁判(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑤


猫を連れ去り遺棄した男を書類送検(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③


猫遺棄疑いで54歳男性を書類送検(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②


「猫を飼いたかった」保護猫を盗んだ男逮捕(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)①


台湾で猫2匹盗んだ女 香港へ持ち込む(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


港女竊36萬波斯貓藏肚騙過機場安檢出境(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


港女偷2貓扮孕婦 成功闖關出境(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)③




キャットフード強盗 容疑の70歳無職男を逮捕(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


野良猫のえさ「お金もったいない」万引の女逮捕(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


猫の餌にするため69歳男インコとハムスター万引逮捕(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


猫の餌にするため69歳男インコとハムスター万引逮捕(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


猫27匹餌代欲しさに空き巣27件「猫にほおずり至福」 容疑の52歳男逮捕 4年前も御用(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


30~40代の「孤独死」が全く不思議でない事情(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


セルフネグレクト(統合失調症.思覺失調症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


孤独死の犠牲になった悲しき人たち(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


ゴミ屋敷の清掃現場に見る「多頭飼育崩壊」の真実(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


飼いネコを2匹殺害した元奈良県嘱託職員に執行猶予3年(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


経費流用し猫2匹など購入(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


猫を避け転倒した男性が車にひき逃げされて死亡(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


ツンと刺すような異臭「猫屋敷」で21匹死ぬ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


豊洲移転のドサクサで 5600万円野良猫シェルターの波紋(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


南伊勢町が独自活動 自然減でトラブル軽減へ(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)
































大阪市の住宅街でハトや猫に大量の餌を与え続ける女性たち(鳥インフルエンザ.禽流感)(新型隱球菌.クリプトコックス症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)





片山祐輔被告、母のメールに涙(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑧


PC遠隔操作事件片山祐輔被告 真犯人に遠隔操作された(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑨


PC遠隔操作、片山祐輔被告に求刑10年(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑩



男性に60万円賠償命令(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


猫を返して 慰謝料認める(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


鉄パイプで襲撃 無職男逮捕(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


誤解して男性を襲い(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


現金5万円を脅し取った男を逮捕(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


生後3カ月の乳児虐待で父親逮捕(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


生後3カ月の次女に虐待容疑(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


生後3カ月の次女を揺さぶり脳に傷害(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)③


次女を虐待して大けがをさせた逮捕(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)④


乳児揺さぶりの父親に有罪(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑤


24歳父親に猶予判決(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑥


次女には障害が残ることが予想される(育児放棄.虐待兒童)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑦


ペットの餌代のためコンビニに押し入った(狂犬病)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)①


ペットの食費に困ってコンビニ強盗(狂犬病)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②


コンビニ強盗:ペット14匹超、餌代に困り(狂犬病)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)③


'Dogman' robs convenience stores to feed pets(狂犬病)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)④


Dog-masked Japanese man robs to buy pet food(狂犬病)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑤


コンビニに「動物」帽子強盗(狂犬病)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑥


男が連続コンビニ強盗犯であることを自供(狂犬病)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑦


Japan 'dogman' robs to feed pets: police(狂犬病)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑧


猫、猫…ふんの山、共食いも(自然破壊.生態破壞)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


野良猫対策TNRとは(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


地域猫活動はただの餌やり(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


野良猫は糞尿や鳴き声などの環境問題を引き起こす要因(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


医療費足りず愛護団体が支援呼び掛け(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)









Rabies alert issued for Disney World's Epcot area after infected cat scratches employees(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)④


Rabies alert issued for Walt Disney World Resort's Epcot theme park(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)⑤


マンション一室にネコ30匹飼育も(自然破壊.生態破壞)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


賀茂地区の野良猫減少(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


猫「1軒で80匹」引き取りも(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


飼い主入院でネコ「多頭飼育崩壊」(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


“多頭飼育崩壊”からネコ(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


マンション一室にネコ30匹飼育も(自然破壊.生態破壞)(狂犬病.Rabies)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


賀茂地区の野良猫減少(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


猫「1軒で80匹」引き取りも(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


飼い主入院でネコ「多頭飼育崩壊」(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


“多頭飼育崩壊”からネコ(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)


ハトや猫に大量の餌を与え続ける女性(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(鳥インフルエンザ.禽流感)(新型隱球菌.クリプトコックス症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


ハトや猫に大量の餌を与え続ける女性(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(鳥インフルエンザ.禽流感)(新型隱球菌.クリプトコックス症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②



野良猫の餌やりでトラブル 79歳女性に実刑言い渡し(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


She was feeding the stray cats that kept her company. Now the 79-year-old is going to jail.(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②


Ohio woman, 79, sentenced to prison for feeding stray cats(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)③


Ohio woman,79,sentenced to jail time for feeding stray cats(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)④


野良猫にえさやりの79歳女性に禁錮10日判決(自然破壊.生態破壞)(製造車禍.傷人)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)⑤





迷惑極まりない害獣への餌やり





による被害まとめ

1.糞尿・スプレーによる悪臭。
2.駐車中の車への傷つけ・スプレー。
3.悪戯・喧嘩による庭の破壊。
4.ペットへの加害・捕食。
5.網戸等の破壊。
6.ゴミ漁りによる散らかし。
7.トキソプラズマ等の、寄生虫ウィルスの感染媒体となり人に感染、若しくは中継

※公園で野良猫に餌やりをされた為に野良猫が集まり、砂場がトイレと化し子供達が遊べなくなるケースも発生しています。



住民「ちゃんとクソの始末もしろよ」 ※
猫狂「どんどん窮屈な世の中になった」
住民「だからちゃんとクソの始末もしろよ」
猫狂「猫嫌いはキチガイ。みんな死ねばいい」
住民「そうじゃなくてクソの始末しろよ」
猫狂「ちゃんと去勢だってしてるし地域猫はいてもいい」
住民「だからクソの始末しろよ」
猫狂「ネズミとか・・・」
住民「クソの始末のハナシしてんだよ」
猫狂「ペストとか・・・」
住民「平成の世にペストがなんだって?クソさせるなよ」
猫狂「猫嫌いは猟奇殺人予備軍」
住民「クソの始末はどうした?」
猫狂「猫嫌いは人間同士の排除までやって最後は滅びる」
住民「クソの始末は誰がやるんだよ」
猫狂「猫嫌いはモンスターペアレンツ」
住民「猫のクソの話をしてるんだよクソの」
猫狂「猫嫌いは精神病質を抱えたファシスト」
住民「そうじゃないだろクソの始末の話だよ」
猫狂「犬の鳴き声とか・・・」
住民「クソの話をしてるんだよ猫の」
猫狂「猫嫌いは自分の子供も家に閉じ込める」
住民「人間の子は他所の庭でクソしないだろ」

※くりかえし







A Brain Parasite Might Be Making Us Angrier




映画『スリザー』予告







-------------------------------------------------------
猫様に奉仕するため社会と戦った、猫真理教の聖戦士たちを紹介します。



●2009/08/27 「猫に餌」を注意され、隣家女性を刺殺 70歳の男を逮捕
27日午後1時40分ごろ、千葉県船橋市習志野台で「包丁を持った男が女性を追いかけている」と110番通報があった。船橋東署員が現場にかけつけると、女性が自宅付近で腹部から血を流して倒れており、同署は殺人未遂の現行犯で、女性の脇に包丁を持って立っていた、近くに住む無職、林喜市容疑者(70)を逮捕した。
女性は病院に搬送されたが、間もなく死亡
。同署は殺人容疑に切り替えて捜査している。
同署の調べによると、林容疑者は同日午後1時40分ごろ、隣に住む無職の女性(64)の腹部を包丁で2回刺して殺害した疑いが持たれている。
林容疑者が2年ほど前から野良猫の餌付けをしていたことを巡り、女性とトラブルになっていた。同署の調べに林容疑者は「猫のことで注意され頭にきてやった」と供述しているという。


-------------------------------------------------------

2009/05/25 野良猫に餌をやらないよう注意されたことを逆恨み 大家刺殺に懲役22年判決
横浜地裁
川崎市のアパートで昨年6月、野良猫に餌をやらないよう注意されたことを発端に大家の男性(当時76)を刺殺、その長男の妻にもけがを負わせたとして殺人と傷害の罪に問われた同市川崎区浜町3丁目、無職高田正雄被告(70)に対する判決公判が25日、横浜地裁川崎支部であり、加登屋健治裁判長は懲役22年(求刑懲役25年)の有罪判決を言い渡した。
判決などによると、昨年6月5日午後、高田被告は前日に大家の妻から猫に餌をやらないよう注意されたことに不満を持って自室で騒ぎ、注意しに来た大家の首をナイフで刺すなどして失血死させた。さらに大家の長男の妻の顔をバールで殴って2カ月のけがを負わせた。


-------------------------------------------------------

2007/07/27 飼い猫トラブルで隣人刺す 70歳男逮捕…大阪
飼い猫を巡るトラブルで苦情を言いに来た男性を包丁で刺し、全治2週間のけがを負わせたとして、大阪府警は26日、東大阪市、無職、中田光一容疑者(70)を殺人未遂容疑で逮捕した。

調べによると、中田容疑者は同日午後10時半ごろ、同じアパートに住む男性(54)の右胸を、自宅にあった包丁で刺した疑い。


-------------------------------------------------------

2003/12/08 猫の仕返しと線路に石 電車妨害の男逮捕
8日午後3時10分ごろ、大阪府貝塚市のJR阪和線和泉橋本-東貝塚間で、線路に自転車の車輪や石などがあるのを白浜発新大阪行き特急「くろしお16号」の運転士が発見緊急停車した。運転士が線路脇に除き、約5分後に運転を再開。 けが人はなかった。
線路脇にいた男が投げ入れたと認め、貝塚署は往来危険の疑いで住所不定、無職藤田英久容疑者(52)を 逮捕した。「飼っていた猫が電車にはねられて死に、仕返ししようと思った」と供述したという。
調べでは、藤田容疑者は自転車の車輪2つと段ボール箱、重さ5キロの石を線路に投げ入れた疑い。
JR西日本によると、上下計2本が運休、上下計13本が最大8分遅れ、約2900人に影響した。


-------------------------------------------------------
名須川早苗(51)2014.4.30 札幌市北区警察施設や大型店で5件のガスボンベ爆発を起こし、激発物破裂の容疑で逮捕野良猫の餌やりで周囲住民とトラブルを起こし、警察ともめていた模様(現在捜査中)。
-------------------------------------------------------

藤井ミヤ子(62)2014.4.20 大阪市阿倍野区民家に置かれていた猫よけシートに放火し、現住建造物等放火未遂の容疑で逮捕
-------------------------------------------------------

出水衛(48)2013.12.11 大阪府和泉市飼い猫約20匹と野良猫約100匹の餌代のため、民家など32件、被害額約1920万円相当の空き巣を繰り返し、窃盗容疑などで逮捕。「猫を抱きしめているのが至福の時間」と供述。

-------------------------------------------------------
片山祐輔(30)2013.2.10 東京都江東区
遠隔操作ウィルスで他人のパソコンを乗っ取って犯罪予告をし、パソコン所有者4人の誤認逮捕を引き起こし社会を震撼させた。4人は濡れ衣だとの犯行声明をマスコミに送るなど、警察を挑発し続けたが、ウィルスのソースコード入り記録媒体を江ノ島で猫の首輪に付けたことで身元を特定され、威力業務妨害容疑で逮捕。
2006年に「のまネコ」を巡りエイベックスグループを脅迫し、懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けるなど、猫への執着心が犯行や逮捕のきっかけとなっている

-------------------------------------------------------
早川充益(39)2013.1.12 名古屋市西区
父経営の不動産会社に勤めていたが、「東日本大震災の原発事故で置き去りにされた動物を救う」と被災地に入り、会社が契約者から預かった数千万円の金を横領して犬猫の飼育費などに流用。
横領が発覚したため、両親と義理の祖母を絞殺し、小牧市の山中で自殺
-------------------------------------------------------
動物愛護団体ら15人 2012.1~9月 福島県双葉市
福島県警双葉署は、福島第一原発事故の警戒区域に無許可で立ち入ったとして、災害対策基本法違反容疑で15人を摘発していたことを2012年9月24日に報告。
-------------------------------------------------------
高田光弘(74)2012.1.24 埼玉県毛呂山町
息子が飼い猫を虐めていると思い込み、口論の末首を閉めて殺害。殺人容疑で現行犯逮捕。
-------------------------------------------------------
西原康太(26)奈奈(30)2011.10.31 広島県東広島市
猫の尿や毛などが散乱した不潔な部屋に生後2ヶ月の次男を置き、皮膚炎を発症させ死亡させた。保護責任者遺棄致傷の容疑で逮捕。
-------------------------------------------------------
小坂雄造(39)里美(27)2011.5.26 千葉県柏市
長男(2)に食事を与えず餓死させ、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕。「子どもより猫の方がかわいかった」と供述。
-------------------------------------------------------
宍井良夫(65)2011.3.30 静岡県湖西市
野良猫に餌やりしていた公園で、市の職員と共に野良猫を駆除していた男性にカッターナイフを突きつけて脅し、暴力行為容疑で逮捕。逮捕するため自宅に訪れた警察官も殴りつけ、傷害の現行犯
-------------------------------------------------------
坂本とし子(58)2011.3.4 千葉県勝浦市
猫の飼育方法を指導しに来た保健所職員の顔をひっかいたとして、公務執行妨害と傷害容疑で現行犯逮捕
-------------------------------------------------------
佐々木祐一(65)2010.11.13 埼玉県寄居町
猫同士の喧嘩が元で相手の飼い主の頭や顔を木刀で殴り、重傷を負わせた。殺人未遂容疑で逮捕。
-------------------------------------------------------
水元努(31)2010.9.1 北海道留萌市
「ペットの猫が死んでむなしくなった」と高速道路を約100km逆走し、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕。
-------------------------------------------------------
会社役員の女(48)2010.4.27 岐阜市
米国に残したペットの猫に会うため、偽造パスポートで米国へ渡航を繰り返したとして、旅券法違反の罪で懲役1年6カ月の判決
-------------------------------------------------------
板橋静男(72)2010.4.24 埼玉県川口市
団地で猫を追いかけていた男児(9)のあごを締め上げるなどし、暴行容疑で逮捕
段ボールで野良猫の家を作り餌を与えるなど、団地内で有名。
-------------------------------------------------------
林喜市(70)2009.8.27 千葉県船橋市
女性から野良猫の餌やりを注意され、その帰宅を待ち伏せして包丁で刺殺殺人罪で懲役17年の判決
-------------------------------------------------------

平野幸男(73)2008.10.22 長崎市
犬の散歩に通りかかった男性を、餌やり中の野良猫が逃げたからと木刀で脅し、暴力行為容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
永吉教幸(72)2008.7.5 栃木県小山市(ホームレス)
寝泊まりしている公園で野良猫を抱いた人を、猫を虐めていると勘違いし鉄パイプで殴り、現行犯逮捕
-------------------------------------------------------
20歳の夫婦 2008.7.3 福岡市
生後1ヶ月の乳児に食事を与えず、育児放棄で虐待死させる。保護責任者遺棄致死容疑で逮捕
乳児は猫のトイレにしていた段ボールに寝かせていた。「子供より猫の方が可愛かった」と供述。
-------------------------------------------------------
河田教晴(28)2008.6.19 大阪市
無職・生活保護受給者で猫5匹飼う。餌代に困り何度もコンビニに押し入り、強盗容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
高田正雄(69)2008.6.5 神奈川県川崎市
アパートの大家に餌やりを注意されて逆上し、サバイバルナイフで大家を刺殺、大家の義理の娘にも重傷を負わせ、殺人及び傷害罪で懲役22年の判決
-------------------------------------------------------
中田光一(70)2007.7.27 大阪市
猫被害の苦情を言いに来たアパートの隣人を包丁で刺し、殺人未遂容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
静岡県伊東市の老人(81)2006.8.24
ペット禁止の市営住宅で猫を放し飼いしていることを市に告げ口されたと妄想、上の階に住む姉妹に言い掛かりを付けた挙げ句にノコギリで殴り、傷害容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
中島数男(73)2005.4.24 兵庫県尼崎市
猫の餌付けに苦情を言った人の部屋へ包丁を持って押し込み乱闘に。暴力行為(脅迫)容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
荒木正道(60)2005.8.29 埼玉県吹上町
猫糞で迷惑していた隣人を金属バットで小突くなどして、傷害容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
藤田英久(52)2003.12.8 大阪府貝塚市
電車に轢かれた猫の仕返しに、線路に自転車のタイヤや段ボール、石などを置き、往来危険容疑で逮捕

----------------------------------------------------------------

古美術商殺人事件 容疑者宅に放置された21匹のネコを保護(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)

https://www.news-postseven.com/archives/20140606_259567.html


東京・国立市の古美術商強殺事件 被告の無期懲役が確定(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②

https://www.sankei.com/affairs/news/151017/afr1510170018-n1.html


東京・国立市の古美術商強盗殺人で男に無期懲役の判決(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③

http://jwssnnews.blog.jp/archives/43572982.html


----------------------------------------------------------------
戦後最大の大量殺人鬼・植松聖容疑者の全貌(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


https://matome.naver.jp/odai/2146960319854545001?&page=1


植松聖容疑者 犯行直前の美容整形手術費用は80万円

https://www.news-postseven.com/archives/20160803_435837.html?PAGE=2


----------------------------------------------------------------


弟を「練炭殺害」した姉の実父も怪死 自身のブログでは動物殺処分への怒り綴る(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(弓形蟲感染症)


https://dot.asahi.com/dot/2018070100014.html?page=1

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180701-00000014-sasahi-soci

練炭自殺装い弟殺害 44歳の姉に離婚トラブルで元夫の定期に大麻入れた過去

https://dot.asahi.com/wa/2018062400003.html?page=1

弟を殺害で起訴 朱美被告が綴った「練炭殺人日記」全文入手


https://dot.asahi.com/wa/2018071100098.html?page=1


----------------------------------------------------------------

会うと会釈、「人当たりいい子」 警官刺殺容疑の大学生(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)

https://www.asahi.com/articles/ASL9M6K55L9MUTIL06F.html?iref=pc_ss_date


仙台・警官刺殺・容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②

https://mainichi.jp/articles/20180920/k00/00m/040/156000c


仙台・交番襲撃の大学生 包丁以外にも多くの凶器持つ(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③

https://www.oricon.co.jp/article/560069/


警官刺殺容疑者「おとなしくて礼儀正しかった」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00050040-yom-soci


-----------------------------------------------------------

脳をあやつる虫(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)(狂犬病)

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0306/parasite.html



人と動物の共通感染症に関するガイドライン
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/infection/guideline.pdf

トキソプラズマが人の脳を操る仕組み


http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7449/


-----------------------------------------------------------------------------

起業したい人は猫のウ●コ食べればできるかも!(良い子は真似しないように、危険です)

-----------------------------------------------------------------------------





為何一聽到非洲豬瘟台日兩國如臨大敵?(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑥


中國殺百萬頭豬 外媒指真實疫情更嚴重(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑦


擔保台灣不致爆發非洲豬瘟(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑧



豚コレラ、岐阜で6例目(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑫


豚コレラ拡大 感染、見極め難しく(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑬


豚コレラ 衛生管理に複数不備(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑭


愛知県田原市の養豚場で豚コレラ(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑮


岐阜県の養豚場で豚コレラ(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑯


山県市で豚コレラ(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑰


中國非洲豬瘟疫情嚴峻(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑱


台北市延平河濱公園驚見泡水豬屍(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑲


非洲豬瘟更嚴重 4月檢出新高(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑳


ずさん極まる豚コレラ対策(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)㉑



-------------------------------------------------------


猫オタのロリコン勝又拓哉が2005年栃木県今市市で下校途中の7歳の女児を車で拉致して
わいせつ行為をしたあとに胸をメッタ刺しにして殺害して雑木林に遺棄した残虐な事件
勝又拓哉の飼っていた希少種の猫の毛が女児の遺体の付着していたことが逮捕の決め手

-------------------------------------------------------





ト キ ソ プ ラ ズ マ と 母 子 感 染(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


-------------------------------------------------------
猫オタが起こした猟奇殺人事件「神戸小1女児バラバラ殺害事件」

猫オタのロリコン君野康弘が2014.年に神戸市長田区で6歳の女児を家に連れ込んで
殺害してわいせつ行為をした後に遺体をバラバラにしてビニール袋に入れて遺棄した残虐な事件
君野康弘は飼ってる猫を餌に猫好き女児を家に連れ込んでいた 勝又被告、控訴審も有罪 今市事件で東京高裁
-------------------------------------------------------
2005年12月、日光市(旧今市市)大沢小1年だった吉田有希ちゃん=当時(7)=が殺害された
今市事件で、殺人罪に問われた鹿沼市西沢町、無職勝又拓哉被告(36)の控訴審判決公判が
3日午前、東京高裁で開かれた。藤井敏明裁判長は、無期懲役を言い渡した一審宇都宮地裁の
裁判員裁判判決を破棄したが、被告に無期懲役を言い渡した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-03057321-soon-l09


-----------------------------------------------------------------------

狂犬病どんな病気か?(狂犬病)











狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ(狂犬病)




犬・猫回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑥


回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑦


消化管内の寄生虫(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑧


イヌ・ネコ回虫感染症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑨


成人肺トキソカラ症8例(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑩



引用網址:https://home.gamer.com.tw/TrackBack.php?sn=4494672
Some rights reserved. 姓名標示-非商業性 2.5 台灣

追蹤私訊

作品資料夾

nate6126十字軍們
以撒旦的力量征服世界吧!十字軍之王2全新編年史:十字褻瀆者—現已推出!看更多我要大聲說10小時前


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】