創作內容

1 GP

精神疾患と炎症(双極性障害.躁鬱症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②

作者:小柯│2019-05-01 03:49:45│贊助:2│人氣:128
精神疾患と炎症(その1 双極性障害 part1)(統合失調症.思覺失調症)(双極性障害.躁鬱症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②















共生と競争の生物界(12) トキソプラズマ(統合失調症.思覺失調症)(双極性障害.躁鬱症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)



妊娠時 寄生虫 "トキソプラズマ"の危険(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


人間の脳を支配する恐怖のトキソプラズマ(統合失調症.思覺失調症)(双極性障害.躁鬱症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)①


精神疾患と炎症(統合失調症.思覺失調症)(双極性障害.躁鬱症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)②



精神疾患を予防するために感染症を予防せよ(統合失調症.思覺失調症)(双極性障害.躁鬱症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii)③









最近、精神疾患と炎症との関連性を示す論文が急激に増えている。しかも、炎症は、中枢神経系にのみ限局したような炎症ではなく、消化器系の炎症や他の部位の感染症といった中枢神経系以外に由来する炎症が強く関与していることが分かってきている。精神疾患の根本的な原因は中枢神経系ではない可能性もあるのである。このような見地から、今では、精神疾患の予防や予後管理においては、身体の全ての部位における炎症をどのように抑えていくべきかが極めて重要なテーマになると認識され始めてきている
 
 今回は、精神疾患の中でも、双極性障害(BD)に的を絞って、双極性障害と炎症との関連性に関する最近の論文や知見を紹介したい。

 前書きで述べたように、まず、消化管の炎症が双極性障害では大きく関与している可能性がある。昨年度の12月に双極性障害と消化管における炎症との関連性を示唆する論文が発表された。その論文によれば、消化管の炎症のマーカーとなる抗サッカロマイセス・セレビシエ抗体(anti-Saccharomyces cerevisiae antibodies、ASCA)を双極性障害(BD)で上昇していないかを調べたのであるが、その結果、最近発病したBDのケースでは、ASCAが健常者と比べて4.4倍に上昇していたことが判明した。そして、ASCAの上昇は、他の食品への抗体、すなわち、抗グルテン抗体や抗カゼイン抗体(双方ともIgG)、そして、麻疹やトキソプラズマへの抗体価の上昇とも相関していることが分かった。この所見は、BDの症状の発現に消化管の炎症が関与していることを示唆する所見である。さらに、この所見は、セリアック病と同じようなメカニズム(小麦のグルテンや牛乳のカゼインに対する免疫感度の増加=食品アレルギー)により中枢神経系に炎症反応が及んでいることを意味する所見でもある。さらに、感染症、特に、トキソプラズマ感染症も関与する可能性も推測されている。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24313887
http://www.news-medical.net/news/20131212/Marker-for-inflammatory-bowel-disease-linked-to-bipolar-disorder.aspx
http://en.wikipedia.org/wiki/Anti-saccharomyces_cerevisiae_antibody
 
 BDでは、腸管壁のバリアー機能が低下し、免疫反応を惹起させる細菌のLPSだけでなく、抗原となりうるような食品由来の抗原までもが血中に侵入しやすくなっており、容易に再感作され炎症反応が生じてしまう環境になっているのであろう。その結果、本来の免疫機能も低下しており、悪循環に陥っており、トキソプラズマなどの病原体も侵入しやすくなっている可能性があるのではなかろうか。もし、トキソプラズマ原虫が体内に侵入すれば、さらにHERV-Wまでもが活性化されてしまい、中枢神経系への炎症性ダメージがさらに加速してしまうことになろう。この論文の所見からは、BDを維持管理する上で、プロバイオテクス製品にて腸内細菌叢を十分に整えておき、腸管壁のバリアー機能を回復しておくことが非常に重要なことになると言えよう。


 なお、余談なるが、ASCA陽性者は逆流性食道炎も多く見られたようだ。ヘリコバクター・ピロリ菌も関与しているのかもしれない。H.ピロリ菌も免疫反応を引き起す原因となり得よう。双極性障害の方々は、H・ピロリ菌を除菌したり、胃酸の分泌を抑えておいた方がよいのかもしれない。
(H・ピロリ菌は精神疾患の原因となる。特に、うつ病の原因となる)

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23794339
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23472412


ただし、H・ピロリ菌の除菌中に逆に躁病が誘発されることがあり注意が必要である。論文では除菌に使用されるクラリスロマイシンの神経毒性が原因ではないかと述べられているが、抗生物質による腸内細菌叢の変化も原因になろう。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3398086/

 さらに、上の所見で見出された抗グルテン抗体や抗カゼイン抗体と関連するような論文が出されている。躁病では小麦のグルテンの成分であるグリアジンへの抗体(抗体はIgG抗体)の上昇が見られ、6ヶ月間のフォローアップ中に、抗グリアジン抗体価の上昇と再入院との因果関係が認められたというのである。急性躁病で入院したケースでは再入院を防ぐにはグルテンへの感受性のモニターと、グルテン摂取のコントロールが重要になると論文では述べられている。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22386570

 一方、炎症性マーカーの上昇が双極性障害では数多く報告されている。最近の論文の知見では、躁病の経過や病状に炎症性マーカーの上昇が関連していることが指摘されている。
 
 下の論文では、これまでに躁病や双極性障害における上昇が報告されている免疫活性化のマーカー、すなわち、MNDA受容体のNRペプチドへのクラス特異性抗体、抗グリアジン抗体、レトロウイルスである抗メイソン-ファイザー モンキーウイルスタンパク質24抗体(Mason-Pfizer monkey virus protein 24)、トキソプラズマ抗体を組み合わせて炎症スコアとして評価されている。その結果、炎症スコアの上昇は再入院に関連していることが判明したのである。この所見は、炎症度合が強いケースほど再入院するおそれが高くなることを意味する所見である。そして、炎症の強さの度合を評価すれば、躁病の予後が推測できることを意味する所見でもある。再入院を防ぐには炎症を防止することが鍵だと言えよう。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3760815/



特に、トキソプラズマ抗体に的を絞った調査では、躁病とトキソプラズマ感染との関連性が強く示唆されている。下の論文では、トキソプラズマに対するIgM抗体の有意な上昇が躁病の患者において観察された。一方、トキソプラズマのIgG抗体の上昇や、サイトメガロウイルスのIgG抗体やIgM抗体の上昇は認められなかった。トキソプラズマへのIgM抗体の上昇はトキソプラズマ感染が最近起こったことを意味する所見である。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24102676
 

 これは、トキソプラズマ感染によって躁病が誘発された可能性を示唆する所見でもある。トキソプラズマ原虫に1回曝露されたくらいではトキソプラズマが体内に侵入することはないのかもしれないし、さらに、たとえトキソプラズマ原虫が1回程度体内に侵入しても免疫の力ですぐに退治され炎症反応が検出される程の変化を生じない可能性もあるが、何度もトキソプラズマ原虫に曝露されてしまえばどうなるかは分からない。もし、トキソプラズマ原虫への曝露が続けば、多くのトキソプラズマ原虫が体内に侵入し住み着いてしまい、持続的な炎症の原因となり、躁病相が誘発されてしまう恐れがあろう。双極性障害の方々は、安易に動物を触ったり、生の肉を食べることを極力避けるべきだと言えよう(生肉は確かにおいしいのかもしれませんが、トキソプラズマ原虫が生きたまま含まれており、トキソプラズマ原虫を生きたまま食べることになるのかもしれません。汗;)。



一方、単極性うつ病だと思われていたケースでも炎症によって躁症状が惹起されてしまう恐れが指摘されている。昨年度のNatureに発表された論文では、うつ病患者の炎症性マーカー(CRP、インターロイキン-6{IL-6}、腫瘍壊死因子α{TNF- α})を2年間フォローアップしたが、躁症状を発現したケースでは躁症状の発現とCRPの上昇とが関連していることが分かった。さらに、有意差は示されなかったが、2年間で躁症状を呈したケース(男性)では同様にIL-6やTNF- αのベースラインの値が髙かった。特に、男性では、複数の炎症性マーカーの上昇と躁症状との関連性が示された。これらの炎症性マーカーは、うつ病相しか呈していない個人における将来の躁病相の出現の予測因子となり得るえるだろうと述べられている。なお、著者らは炎症によってトリプトファンの代謝が変化し、躁病相ではキヌレン酸が増加しているのだろうとも考察をしている。
http://www.nature.com/tp/journal/v3/n10/full/tp201387a.html
(関連ブログ2013年12月6日 双極性障害とキヌレニン経路)

 上記のような所見は青少年でも示されており、軽躁/躁病症状はCRPの上昇と関連していた。さらに、BDNFとインターロイキン6との逆相関も示されている。この所見は、インターロイキン6が増えれば、神経成長因子であるBDNFが低下してしまうことを意味する。BDNFの低下は、神経のダメージからの回復が遅延してしまうような所見であり、炎症が続けば躁病相からの回復も阻害されてしまうことになると言えよう。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3205790/

 さらに、炎症によって認知機能も低下してしまうことが指摘されている。CRPは、統合失調症においては認知機能を反映する炎症性マーカーに成り得ることが既に報告されている。しかし、双極性障害においても、統合失調症と同様に、CRPのレベルが高いほど認知機能障害が憎悪することが報告されたのである。もし、躁病相が再発した状態の時にCRPが高ければ、認知機能障害によって精神病症状を呈するリスクも強まることになろう。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23684514

 炎症が双極性障害へ及ぼす悪影響は精神だけではない。身体への悪影響にも注意しておかねばならないのであった。

 双極性障害は、他の身体の炎症性疾患(心血管障害、糖尿病、肥満、甲状腺疾患、等)とのリンクを示す数多くの論文がある。炎症と多くの身体疾患がリンクしていることは確定的な事実であり、多くのエビデンスが存在する。従って、双極性障害では、炎症が原因となり、身体疾患のリスクも高まっていることになる。
 
 実際に、双極性障害では身体合併症(高脂血症、肥満、糖尿病などの代謝障害、狭心症などの心血管イベント、甲状腺炎など)が共存する率が高いことが多くの論文で報告されている。これらの身体合併症は、薬物治療の有害事象による可能性もあるが、薬物治療の影響を差し引いた解析でもこれらの身体疾患が併発する率が高いことが示されている。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2779721/
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23955004
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19909670
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19497250



特に、双極性障害では高脂血症が合併することが多く、さらに、恐ろしいことに心・血管系のイベントによる死亡率が高くなっているのである。薬物治療による肥満という影響も考えられるうるが、その背景には炎症が絡んでいるのではなかろうか。私が今見ている双極性障害の患者さんでも高脂血症が非常に多く、スタチンなどの高脂血症の治療薬を併用せざるを得ないケースが多い。炎症を放置することは、精神症状の遷延化を招くだけでなく、寿命までをも縮めてしまうことになろう。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3190964/

 さらに、双極性障害においてはBDNFの低下や炎症マーカーの上昇が見られ、特に、炎症は血管内皮障害(アテローム硬化)や心血管リスクと関連しているとの指摘がある。
http://www.news-medical.net/news/20131212/Marker-for-inflammatory-bowel-disease-linked-to-bipolar-disorder.aspx
 
 脂肪細胞と腸内細菌叢と炎症との関連性も最近注目されている。何らかのプロバイオティクスにて常に腸内細菌叢を整えておくことは、精神疾患や身体疾患を予防する上で極めて重要なことになろう。
http://www.sciencedaily.com/releases/2013/10/131030185153.htm
 
 下の論文では、双極性障害はマルチな(精神と身体の)炎症性疾患であると提唱されている。双極性障害への従来の認識を変える時が来たのかもしれない。双極性障害は全身の炎症性疾患なのだと認識すべき時が来たのではなかろうか。双極性障害では身体合併症が高く、精神症状をコントロールするだけでなく、身体疾患を防止することも重要であり、そのためには炎症を十分に抑えておく必要があると言えよう。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3498820/



では、双極性障害の炎症はどこに由来するのであろうか。消化管や感染症だけなのであろうか。いいや、それだけではなく、自己免疫も関与している可能性があるのであった。

 統合失調症の自己免疫仮説が存在するが、双極性障害も同様に自己免疫疾患であると唱える研究者もいる。下の論文では、自己免疫が背景に存在し、神経炎症、興奮毒性、酸化ストレス、ミトコンドリアの機能不全が自己免疫によって惹起されてしまうのだろうと述べられている。双極性障害でも自己抗体の産生が絡んでいる可能性があると言えよう。自己抗体が産生されてしまう背景には、前述したセリアック病(抗グリアジン抗体)のようなメカニズムが絡んでいるのかもしれない。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23908311

 次に問題になるのが、炎症性のサイトカインである。既に述べたように、双極性障害では、IL-1、IL-4、IL-6、IL-10、TNF-α、可溶性インターロイキン2受容体(soluble Interleukin-2 receptor 、sIL-2R)、などの炎症性のサイトカインやそれに関連した分子が上昇しているという数多くの報告がなされている(報告によって上昇しているサイトカインに関しては様々なパターンを呈してしるのではあるが)。この炎症性のサイトカインが脳に対して大きな悪影響を及ぼしていることは間違いないであろうと認識され始めている。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23768870
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22749156
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23419545
(大うつ病でも、IL-6、TNF-α、sIL-2Rが上昇している)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21872339

 サイトカインはモノアミンの神経伝達物質のレベルを変化させ、HPA軸の機能不全を引き起こし、脳のミクログリア(末梢血のマクロファージに相当)を活性化し、神経の可塑性を阻害し、脳の構造や形態までをも変化させてしまう。サイトカインは、中枢神経系に対しては、重度の悪影響を及ぼすことができる恐怖の炎症分子なのである。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24468642

 特に、インターロイキン6(IL-6)を10年間継時的に調査した結果では、持続的にIL-6が髙い場合は精神疾患全般の発症のリスクを高めてしまうことが示されている(2014年4月のNatureの論文)。
http://www.nature.com/mp/journal/v19/n2/full/mp201335a.html

 なお、上記の論文(PID 24468642)では、双極性障害ではこのサイトカインの悪影響に対処しておくべきだと述べれられており、アセチルサリチル酸(アスピリン)、セレコキシブ(COX2阻害剤、セレコックス)、抗TNF-α剤、ミノサイクリン、クルクミン(うこん)、ω-3脂肪酸などの抗炎症剤の補助的使用によって双極性障害では大きな利益を受けることになろうと述べられている。




さらに、双極性障害の炎症の引き金や誘因になるような他の多くの因子がある。これらの因子については下の論文でレビューされている。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3846682/

 この論文によれば、炎症と酸化ストレスやニトロソ化ストレス(O&NS)が複雑に絡み合い、神経の病変を進行させ(neuroprogression)、双極性障害を全身性の炎症疾患へと変化させていくことになると述べられている。この炎症を惹起させ、加速させる因子としては、心理社会的ストレス、偏った食生活、運動不足、肥満、喫煙、腸の浸透性の変化(腸の炎症)、アトピー、歯科疾患(歯周病)、睡眠不足、ビタミンD欠乏症、そして、サイトカイン、などが提示されている。
 
 まず、O&NSは自己免疫を含めた異常な免疫反応を引き起こす可能性がある。免疫反応によって誘導されたサイトカインはcyclooxygenase-2, myeloperoxidaseなどの白血球のmRNAを変化させる。さらに、それらはプロスタグランディンの産生を促し炎症性カスケードを惹起させ、NOの産生を誘導する。NOは酸化ストレスの原因となる。酸化ストレスはさらに炎症反応を誘導する。・・・・、といったように悪循環に陥っていく可能性があるのであった。この悪循環を加速させるのが、上記で列記されている種々の因子なのである。
 
 一方、心理社会的ストレスやトラウマも多くの種類の炎症性サイトカイン(IL-1、IL-6、TNF-α、など)の全身やCNSにおけるレベルを増加させる。さらに、インターフェロンγ(IFN-γ)の産生をも促し、それが不安感や苦痛感を強め、うつ症状を惹起させ、さらに、不安やうつが惹起したことで、心理社会的ストレスを増していくといったストレスと炎症との悪循環に陥り、炎症の進行を加速させてしまうことになる。
 
 次に、食事の影響も大きい。高脂肪食+高炭水化物食は炎症を惹起させることが分かっている。高血糖はCRPの上昇を招く。飽和脂肪酸の過剰摂取によって炎症性マーカーが上昇する。特に、トランス脂肪酸は血管の炎症を引き起こし、酸化ストレスのリスクを高める。さらに、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が多いような食事は腸内細菌叢にも影響を及ぼし、その結果、腸管における内毒素リポ多糖(LPS)が上昇し、LPSはCD14-Toll様受容体4(TLR4)複合体に結合することで免疫系を刺激する。その結果、腸管において炎症性サイトカインが誘導され、全身に撒布され、中枢神経に炎症性ダメージを惹起させてしまうことになる。なお、LPSはO&NS経路をも活性化することが示されている。




運動不足や肥満も炎症を惹起する。肥満は高脂肪状態となり、炎症性サイトカインが常に誘導されているような状態となる。肥満は炎症性疾患だと言われている。双極性障害においては肥満にならないように常に注意しておく必要があると言えよう。
 
 次にタバコも問題となる。タバコには、鉛、タール、外因性のフリーラジカルなどの炎症反応を惹起する多くの化学物質が含まれている。タバコは細胞性免疫応答を刺激し、O&NSへの曝露を高め、酸化ストレスが増していき、全身性の炎症を誘発することになる。喫煙者では、CRP、IL-6、TNF-αなどの炎症性マーカーのレベルが高いことが報告されている。
 
 アトピー、花粉症、喘息などのアレルギー疾患も炎症を惹起させる。アレルゲンとIgEの反応は肥満細胞を刺激して、肥満細胞からの炎症性のサイトカインの放出を誘導する。
 
 歯肉炎など歯周病も炎症を惹起する。歯周病自体は局所の炎症性疾患だが、CRPなどの炎症マーカーの上昇を招き、心血管イベントが増加することが知られている。歯周組織は、IL-6やIL-8などのサイトカインを産生することができる。




睡眠不足と死亡率の増加が関連しており、背景に炎症の存在が考えられている。睡眠不足でも炎症を誘導されてしまう可能性がある。睡眠不足が免疫系に及ぼすメカニズムは不明のままだが、睡眠不足によってCRPが上昇し、IL-6、TNF-αなどの炎症性のサイトカインが増加することが報告されている。




さらに、ビタミンDも炎症に大きく関連している。ビタミンDのレベルが低くなると概日リズムや睡眠に悪影響が及ぼされる。概日リズムの障害はメラトニンを減少させ、メラトニンの減少は酸化ストレスや炎症が高まる方向に体を変化させてしまう。ビタミンDには炎症性サイトカインを減少させたり、酸化ストレスを減少させる効果があるとも言われている。概日リズム障害と炎症との観点からは双極性障害ではビタミンDやメラトニンの補充も必要になるのかもしれない。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19551767
 
 従って、これらの因子への対応が重要となり、双極性障害における炎症の悪影響を抑える意味からも上記のことには常に注意を怠らず対処しておかねばならないことになる。

 以上のことからは、双極性障害では定期的に炎症性マーカーをモニターしておく必要があるのではなかろう。特に、CRPのモニターくらいは最低限度の検査事項として定期的に実施しておく必要があると言えよう。
 
 もし、CRPが常に正常値を超えており(1.0強の軽度の上昇であっても)、うつも含めた精神症状が遷延化しているようなケースでは、抗炎症が期待できる補助的な治療を上乗せする必要性も出てこよう。特に、躁とうつとか頻回に入れ替わるような気分変動が激しいケースでは、背景に炎症が存在していないかを、CRPだけでなくサイトカインをも含めて検査しておく必要があるのではなかろうか。もし、CRPが3.0以上上昇しているようなケースでは、抗炎症的な薬剤や物質をアドオンとして必ず付加しておいた方がよいと思われる。

 最後に、炎症は躁病相だけに関与している訳ではなく、うつ病相にも強く関与していることが多くの論文で指摘されている。特に、治療抵抗性うつ病(treatment-resistant depression 、TRD)と炎症との関連性が強く指摘されており、双極性障害でうつ病相が長引くようなケースでは背景に炎症が潜んでおり、それがうつ病相を遷延化させてしまっている可能性がある。この点については別の機会に触れてみたいと思っている。
(双極性のうつ病相においても抗炎症療法による補助的な治療を付加することが重要である。)

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23196997


http://blog.livedoor.jp/beziehungswahn/archives/38564251.html




Toxoplasma. Mind controlling parasite Must watch





A Brain Parasite Might Be Making Us Angrier




映画『スリザー』予告




寄生蟲是如何改變生物體的行為














































による被害まとめ

1.糞尿・スプレーによる悪臭。
2.駐車中の車への傷つけ・スプレー。
3.悪戯・喧嘩による庭の破壊。
4.ペットへの加害・捕食。
5.網戸等の破壊。
6.ゴミ漁りによる散らかし。
7.トキソプラズマ等の、寄生虫ウィルスの感染媒体となり人に感染、若しくは中継

※公園で野良猫に餌やりをされた為に野良猫が集まり、砂場がトイレと化し子供達が遊べなくなるケースも発生しています。



住民「ちゃんとクソの始末もしろよ」 ※
猫狂「どんどん窮屈な世の中になった」
住民「だからちゃんとクソの始末もしろよ」
猫狂「猫嫌いはキチガイ。みんな死ねばいい」
住民「そうじゃなくてクソの始末しろよ」
猫狂「ちゃんと去勢だってしてるし地域猫はいてもいい」
住民「だからクソの始末しろよ」
猫狂「ネズミとか・・・」
住民「クソの始末のハナシしてんだよ」
猫狂「ペストとか・・・」
住民「平成の世にペストがなんだって?クソさせるなよ」
猫狂「猫嫌いは猟奇殺人予備軍」
住民「クソの始末はどうした?」
猫狂「猫嫌いは人間同士の排除までやって最後は滅びる」
住民「クソの始末は誰がやるんだよ」
猫狂「猫嫌いはモンスターペアレンツ」
住民「猫のクソの話をしてるんだよクソの」
猫狂「猫嫌いは精神病質を抱えたファシスト」
住民「そうじゃないだろクソの始末の話だよ」
猫狂「犬の鳴き声とか・・・」
住民「クソの話をしてるんだよ猫の」
猫狂「猫嫌いは自分の子供も家に閉じ込める」
住民「人間の子は他所の庭でクソしないだろ」

※くりかえし









Toxoplasma. Mind controlling parasite Must watch





A Brain Parasite Might Be Making Us Angrier




映画『スリザー』予告




寄生蟲是如何改變生物體的行為




-------------------------------------------------------
猫様に奉仕するため社会と戦った、猫真理教の聖戦士たちを紹介します。



●2009/08/27 「猫に餌」を注意され、隣家女性を刺殺 70歳の男を逮捕
27日午後1時40分ごろ、千葉県船橋市習志野台で「包丁を持った男が女性を追いかけている」と110番通報があった。船橋東署員が現場にかけつけると、女性が自宅付近で腹部から血を流して倒れており、同署は殺人未遂の現行犯で、女性の脇に包丁を持って立っていた、近くに住む無職、林喜市容疑者(70)を逮捕した。
女性は病院に搬送されたが、間もなく死亡
。同署は殺人容疑に切り替えて捜査している。
同署の調べによると、林容疑者は同日午後1時40分ごろ、隣に住む無職の女性(64)の腹部を包丁で2回刺して殺害した疑いが持たれている。
林容疑者が2年ほど前から野良猫の餌付けをしていたことを巡り、女性とトラブルになっていた。同署の調べに林容疑者は「猫のことで注意され頭にきてやった」と供述しているという。



-------------------------------------------------------

2009/05/25 野良猫に餌をやらないよう注意されたことを逆恨み 大家刺殺に懲役22年判決
横浜地裁
川崎市のアパートで昨年6月、野良猫に餌をやらないよう注意されたことを発端に大家の男性(当時76)を刺殺、その長男の妻にもけがを負わせたとして殺人と傷害の罪に問われた同市川崎区浜町3丁目、無職高田正雄被告(70)に対する判決公判が25日、横浜地裁川崎支部であり、加登屋健治裁判長は懲役22年(求刑懲役25年)の有罪判決を言い渡した。
判決などによると、昨年6月5日午後、高田被告は前日に大家の妻から猫に餌をやらないよう注意されたことに不満を持って自室で騒ぎ、注意しに来た大家の首をナイフで刺すなどして失血死させた。さらに大家の長男の妻の顔をバールで殴って2カ月のけがを負わせた。






-------------------------------------------------------

2007/07/27 飼い猫トラブルで隣人刺す 70歳男逮捕…大阪
飼い猫を巡るトラブルで苦情を言いに来た男性を包丁で刺し、全治2週間のけがを負わせたとして、大阪府警は26日、東大阪市、無職、中田光一容疑者(70)を殺人未遂容疑で逮捕した。

調べによると、中田容疑者は同日午後10時半ごろ、同じアパートに住む男性(54)の右胸を、自宅にあった包丁で刺した疑い。


-------------------------------------------------------

2003/12/08 猫の仕返しと線路に石 電車妨害の男逮捕
8日午後3時10分ごろ、大阪府貝塚市のJR阪和線和泉橋本-東貝塚間で、線路に自転車の車輪や石などがあるのを白浜発新大阪行き特急「くろしお16号」の運転士が発見緊急停車した。運転士が線路脇に除き、約5分後に運転を再開。 けが人はなかった。
線路脇にいた男が投げ入れたと認め、貝塚署は往来危険の疑いで住所不定、無職藤田英久容疑者(52)を 逮捕した。「飼っていた猫が電車にはねられて死に、仕返ししようと思った」と供述したという。
調べでは、藤田容疑者は自転車の車輪2つと段ボール箱、重さ5キロの石を線路に投げ入れた疑い。
JR西日本によると、上下計2本が運休、上下計13本が最大8分遅れ、約2900人に影響した。





-------------------------------------------------------
名須川早苗(51)2014.4.30 札幌市北区警察施設や大型店で5件のガスボンベ爆発を起こし、激発物破裂の容疑で逮捕野良猫の餌やりで周囲住民とトラブルを起こし、警察ともめていた模様(現在捜査中)。
-------------------------------------------------------

藤井ミヤ子(62)2014.4.20 大阪市阿倍野区民家に置かれていた猫よけシートに放火し、現住建造物等放火未遂の容疑で逮捕
-------------------------------------------------------

出水衛(48)2013.12.11 大阪府和泉市飼い猫約20匹と野良猫約100匹の餌代のため、民家など32件、被害額約1920万円相当の空き巣を繰り返し、窃盗容疑などで逮捕。「猫を抱きしめているのが至福の時間」と供述。




-------------------------------------------------------
片山祐輔(30)2013.2.10 東京都江東区
遠隔操作ウィルスで他人のパソコンを乗っ取って犯罪予告をし、パソコン所有者4人の誤認逮捕を引き起こし社会を震撼させた。4人は濡れ衣だとの犯行声明をマスコミに送るなど、警察を挑発し続けたが、ウィルスのソースコード入り記録媒体を江ノ島で猫の首輪に付けたことで身元を特定され、威力業務妨害容疑で逮捕。
2006年に「のまネコ」を巡りエイベックスグループを脅迫し、懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けるなど、猫への執着心が犯行や逮捕のきっかけとなっている


-------------------------------------------------------
早川充益(39)2013.1.12 名古屋市西区
父経営の不動産会社に勤めていたが、「東日本大震災の原発事故で置き去りにされた動物を救う」と被災地に入り、会社が契約者から預かった数千万円の金を横領して犬猫の飼育費などに流用。
横領が発覚したため、両親と義理の祖母を絞殺し、小牧市の山中で自殺
-------------------------------------------------------
動物愛護団体ら15人 2012.1~9月 福島県双葉市
福島県警双葉署は、福島第一原発事故の警戒区域に無許可で立ち入ったとして、災害対策基本法違反容疑で15人を摘発していたことを2012年9月24日に報告。
-------------------------------------------------------
高田光弘(74)2012.1.24 埼玉県毛呂山町
息子が飼い猫を虐めていると思い込み、口論の末首を閉めて殺害。殺人容疑で現行犯逮捕。
-------------------------------------------------------
西原康太(26)奈奈(30)2011.10.31 広島県東広島市
猫の尿や毛などが散乱した不潔な部屋に生後2ヶ月の次男を置き、皮膚炎を発症させ死亡させた。保護責任者遺棄致傷の容疑で逮捕。
-------------------------------------------------------
小坂雄造(39)里美(27)2011.5.26 千葉県柏市
長男(2)に食事を与えず餓死させ、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕。「子どもより猫の方がかわいかった」と供述。
-------------------------------------------------------
宍井良夫(65)2011.3.30 静岡県湖西市
野良猫に餌やりしていた公園で、市の職員と共に野良猫を駆除していた男性にカッターナイフを突きつけて脅し、暴力行為容疑で逮捕。逮捕するため自宅に訪れた警察官も殴りつけ、傷害の現行犯
-------------------------------------------------------
坂本とし子(58)2011.3.4 千葉県勝浦市
猫の飼育方法を指導しに来た保健所職員の顔をひっかいたとして、公務執行妨害と傷害容疑で現行犯逮捕
-------------------------------------------------------
佐々木祐一(65)2010.11.13 埼玉県寄居町
猫同士の喧嘩が元で相手の飼い主の頭や顔を木刀で殴り、重傷を負わせた。殺人未遂容疑で逮捕。
-------------------------------------------------------
水元努(31)2010.9.1 北海道留萌市
「ペットの猫が死んでむなしくなった」と高速道路を約100km逆走し、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕。
-------------------------------------------------------
会社役員の女(48)2010.4.27 岐阜市
米国に残したペットの猫に会うため、偽造パスポートで米国へ渡航を繰り返したとして、旅券法違反の罪で懲役1年6カ月の判決
-------------------------------------------------------
板橋静男(72)2010.4.24 埼玉県川口市
団地で猫を追いかけていた男児(9)のあごを締め上げるなどし、暴行容疑で逮捕
段ボールで野良猫の家を作り餌を与えるなど、団地内で有名。
-------------------------------------------------------
林喜市(70)2009.8.27 千葉県船橋市
女性から野良猫の餌やりを注意され、その帰宅を待ち伏せして包丁で刺殺殺人罪で懲役17年の判決
-------------------------------------------------------

平野幸男(73)2008.10.22 長崎市
犬の散歩に通りかかった男性を、餌やり中の野良猫が逃げたからと木刀で脅し、暴力行為容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
永吉教幸(72)2008.7.5 栃木県小山市(ホームレス)
寝泊まりしている公園で野良猫を抱いた人を、猫を虐めていると勘違いし鉄パイプで殴り、現行犯逮捕
-------------------------------------------------------
20歳の夫婦 2008.7.3 福岡市
生後1ヶ月の乳児に食事を与えず、育児放棄で虐待死させる。保護責任者遺棄致死容疑で逮捕
乳児は猫のトイレにしていた段ボールに寝かせていた。「子供より猫の方が可愛かった」と供述。
-------------------------------------------------------
河田教晴(28)2008.6.19 大阪市
無職・生活保護受給者で猫5匹飼う。餌代に困り何度もコンビニに押し入り、強盗容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
高田正雄(69)2008.6.5 神奈川県川崎市
アパートの大家に餌やりを注意されて逆上し、サバイバルナイフで大家を刺殺、大家の義理の娘にも重傷を負わせ、殺人及び傷害罪で懲役22年の判決
-------------------------------------------------------
中田光一(70)2007.7.27 大阪市
猫被害の苦情を言いに来たアパートの隣人を包丁で刺し、殺人未遂容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
静岡県伊東市の老人(81)2006.8.24
ペット禁止の市営住宅で猫を放し飼いしていることを市に告げ口されたと妄想、上の階に住む姉妹に言い掛かりを付けた挙げ句にノコギリで殴り、傷害容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
中島数男(73)2005.4.24 兵庫県尼崎市
猫の餌付けに苦情を言った人の部屋へ包丁を持って押し込み乱闘に。暴力行為(脅迫)容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
荒木正道(60)2005.8.29 埼玉県吹上町
猫糞で迷惑していた隣人を金属バットで小突くなどして、傷害容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
藤田英久(52)2003.12.8 大阪府貝塚市
電車に轢かれた猫の仕返しに、線路に自転車のタイヤや段ボール、石などを置き、往来危険容疑で逮捕



----------------------------------------------------------------

古美術商殺人事件 容疑者宅に放置された21匹のネコを保護(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)

https://www.news-postseven.com/archives/20140606_259567.html


東京・国立市の古美術商強殺事件 被告の無期懲役が確定(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②

https://www.sankei.com/affairs/news/151017/afr1510170018-n1.html


東京・国立市の古美術商強盗殺人で男に無期懲役の判決(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③

http://jwssnnews.blog.jp/archives/43572982.html


----------------------------------------------------------------
戦後最大の大量殺人鬼・植松聖容疑者の全貌(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


https://matome.naver.jp/odai/2146960319854545001?&page=1


植松聖容疑者 犯行直前の美容整形手術費用は80万円

https://www.news-postseven.com/archives/20160803_435837.html?PAGE=2


----------------------------------------------------------------


弟を「練炭殺害」した姉の実父も怪死 自身のブログでは動物殺処分への怒り綴る(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(弓形蟲感染症)


https://dot.asahi.com/dot/2018070100014.html?page=1

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180701-00000014-sasahi-soci

練炭自殺装い弟殺害 44歳の姉に離婚トラブルで元夫の定期に大麻入れた過去

https://dot.asahi.com/wa/2018062400003.html?page=1

弟を殺害で起訴 朱美被告が綴った「練炭殺人日記」全文入手


https://dot.asahi.com/wa/2018071100098.html?page=1


----------------------------------------------------------------

会うと会釈、「人当たりいい子」 警官刺殺容疑の大学生(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)

https://www.asahi.com/articles/ASL9M6K55L9MUTIL06F.html?iref=pc_ss_date


仙台・警官刺殺・容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②

https://mainichi.jp/articles/20180920/k00/00m/040/156000c


仙台・交番襲撃の大学生 包丁以外にも多くの凶器持つ(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③

https://www.oricon.co.jp/article/560069/


警官刺殺容疑者「おとなしくて礼儀正しかった」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00050040-yom-soci


-----------------------------------------------------------

脳をあやつる虫(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)(狂犬病)

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0306/parasite.html



人と動物の共通感染症に関するガイドライン
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/infection/guideline.pdf

トキソプラズマが人の脳を操る仕組み


http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7449/


-----------------------------------------------------------------------------

起業したい人は猫のウ●コ食べればできるかも!(良い子は真似しないように、危険です)

-----------------------------------------------------------------------------





為何一聽到非洲豬瘟台日兩國如臨大敵?(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑥


中國殺百萬頭豬 外媒指真實疫情更嚴重(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑦


擔保台灣不致爆發非洲豬瘟(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑧



豚コレラ、岐阜で6例目(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑫


豚コレラ拡大 感染、見極め難しく(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑬


豚コレラ 衛生管理に複数不備(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑭


愛知県田原市の養豚場で豚コレラ(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑮


岐阜県の養豚場で豚コレラ(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑯


山県市で豚コレラ(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑰


中國非洲豬瘟疫情嚴峻(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑱


台北市延平河濱公園驚見泡水豬屍(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑲


非洲豬瘟更嚴重 4月檢出新高(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑳


ずさん極まる豚コレラ対策(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)㉑



-------------------------------------------------------


猫オタのロリコン勝又拓哉が2005年栃木県今市市で下校途中の7歳の女児を車で拉致して
わいせつ行為をしたあとに胸をメッタ刺しにして殺害して雑木林に遺棄した残虐な事件
勝又拓哉の飼っていた希少種の猫の毛が女児の遺体の付着していたことが逮捕の決め手

-------------------------------------------------------





ト キ ソ プ ラ ズ マ と 母 子 感 染(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


-------------------------------------------------------
猫オタが起こした猟奇殺人事件「神戸小1女児バラバラ殺害事件」

猫オタのロリコン君野康弘が2014.年に神戸市長田区で6歳の女児を家に連れ込んで
殺害してわいせつ行為をした後に遺体をバラバラにしてビニール袋に入れて遺棄した残虐な事件
君野康弘は飼ってる猫を餌に猫好き女児を家に連れ込んでいた 勝又被告、控訴審も有罪 今市事件で東京高裁
-------------------------------------------------------
2005年12月、日光市(旧今市市)大沢小1年だった吉田有希ちゃん=当時(7)=が殺害された
今市事件で、殺人罪に問われた鹿沼市西沢町、無職勝又拓哉被告(36)の控訴審判決公判が
3日午前、東京高裁で開かれた。藤井敏明裁判長は、無期懲役を言い渡した一審宇都宮地裁の
裁判員裁判判決を破棄したが、被告に無期懲役を言い渡した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-03057321-soon-l09


-----------------------------------------------------------------------

狂犬病どんな病気か?(狂犬病)











狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ(狂犬病)




犬・猫回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑥


回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑦


消化管内の寄生虫(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑧


イヌ・ネコ回虫感染症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑨


成人肺トキソカラ症8例(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑩



引用網址:https://home.gamer.com.tw/TrackBack.php?sn=4377558
Some rights reserved. 姓名標示-非商業性 2.5 台灣

追蹤私訊

作品資料夾

fffbk2012所有人
今天更新了兩篇小說~看更多我要大聲說昨天21:47


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】