創作內容

1 GP

人と動物の共通感染症に関するガイドライン(高危險性人畜共通傳染病)①

作者:小柯│2019-02-21 03:32:30│贊助:2│人氣:96
人と動物の共通感染症に関するガイドライン(高危險性人畜共通傳染病)①









人と動物の共通感染症に関するガイドライン

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/infection/guideline.pdf


目次はじめに ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1<総論>1 人と動物の共通感染症とは ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41.1 人と動物の共通感染症とは ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41.2 世界と日本の現状 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42 人と動物の共通感染症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72.1 人と動物の共通感染症の現状 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72.2 人と動物の共通感染症の種類と感染経路 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73 人と動物の共通感染症の症状 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥123.1 イヌ・ネコ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥123.2 その他の哺乳類 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥143.3 鳥類 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥143.4 爬虫類 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥144 人と動物の共通感染症の予防 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥154.1 動物への感染予防 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥154.2 人への感染予防 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥175 手指、器具、ケージ、環境等の消毒方法 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20<各論>6 人と動物の共通感染症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27<国内で発生がみられる人と動物の共通感染症>6.1 オウム病 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥286.2 Q熱 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥306.3 イヌブルセラ症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥326.4 エルシニア症・カンピロバクター症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥346.5 サルモネラ症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥366.6 猫ひっかき病 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥386.7 パスツレラ症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥406.8 レプトスピラ症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥426.9 クリプトコッカス症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥446.10 皮膚糸状菌症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥466.11 トキソプラズマ症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥486.12 犬糸状虫症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥506.13 イヌ・ネコ回虫症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥526.14 エキノコックス症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥546.15 ウリザネ条虫症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥566.16 疥癬 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58<海外からの侵入を警戒すべき人と動物の共通感染症>6.17 狂犬病 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥626.18 高病原性鳥インフルエンザ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥646.19 その他 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥667 関係法令 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥708 参考資料 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76


人と動物の共通感染症に関するガイドライン


はじめに


平成 17 年6月に改正された「動物の愛護及び管理に関する法律(昭和 48 年法律第 105号)」(以下、「動物愛護管理法」という)において、動物の所有者等の責務として、「動物に起因する感染性の疾病について正しい知識を持ち、その予防のために必要な注意を払うよう努めること」が追加されました。これは、動物が飼養保管されるあらゆる局面で、人と動物の共通感染症の予防措置が積極的に取組まれる必要があることから、新たに追加されたものです。

また、これに先だって平成 15 年には、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成 10 年法律第 114 号)」や、「狂犬病予防法(昭和25 年法律第 247 号)」に基づく「犬等の輸出入検疫規則(平成 11 年 10 月農林水産省令第 68 号)」等が改正され、人と動物の共通感染症に関する対策が充実強化されています。

このような動きの背景には、エボラ出血熱や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの新興感染症の出現や、海外での人と動物における狂犬病の多発、人と動物の共通感染症に感染したペット動物の日本への輸入事例、国内の動物展示施設における人と動物の共通感染症の集団発生の事例など、人と動物を含む物資の国際的な移動の活発化や、集合住宅など住環境の変化、ペットの室内飼いなど飼養方法の変化等により、国民の健康に対する関心の高まり等とともに、人と動物の共通感染症の予防対策がより重要となってきたことがあります。

動物愛護管理法では、人と動物の共通感染症の予防を含む、動物の適正飼養等に関する所有者の責務規定を実効あるものとするため、国及び地方公共団体は動物の愛護と適正な飼養に関し、普及啓発に努めなければならないとされています。

また、新たに動物取扱業者に対しては、販売前に購入者に対して、適正飼養に関する事項の一つとして、人と販売動物の共通感染症の種類と予防方法について説明することを義務付けています。

さらに、事業所ごとに動物取扱責任者を設置するとともに、関係自治体の開催する動物や飼養施設の適正な管理方法などに関する研修(動物取扱責任者研修)の受講が義務付けられています。

これらの施策等を推進するため、環境省では、動物の適正な飼養等に関して、地域における指導者である都道府県等の関係自治体職員を対象とした講習会を開催するなど、自治体等と連携しながらこれらの普及啓発に努めているところです。

本ガイドラインは、このような講習会や動物取扱責任者研修等の機会において、人と動物の共通感染症に関する知識を総合的に、わかりやすく伝えるための参考書として作成しました。関係自治体職員や動物取扱業者を通じて、動物の所有者等が人と動物の共通感染症についての理解を深め、動物とのより良い関係を築くための一助となることを期待するものです。

1 人と動物の共通感染症とは


1.1 人と動物の共通感染症とは


◇感染症とは

ある生物の生体内にウイルス、細菌、真菌、原生生物などの病原体が侵入し、そこに住み着いて安定した増殖を行うことを「感染」といいます。「感染症」とは、体内に侵入した病原体の増殖によって引き起こされる病気のことで、感染症は、感染源、感染経路、感受性動物の三つの条件がそろった時に成立します。風邪を例にとると、患者又は病原体保有者が感染源であり、風邪の原因となるウイルスなどが咳などの飛沫によって、他者の体に侵入して感染する道のりが感染経路です。人や動物がウイルスに対して感受性があり、病原体の毒性が強い場合や、人や動物の抵抗力が弱い場合には発症します。逆に病原体の毒性が低く人に充分な抵抗力がある場合には感染しても発症しません。

◇人と動物の共通感染症とは

「人と動物の共通感染症」には、同義語として「人畜共通感染症」や、「人獣共通感染症」、「ズーノーシス」などの名称があります。1958 年に開催された WHO(世界保健機関)と FAO(国連食糧農業機関)の合同専門家会議で、ズーノーシスは「人と人以外の脊椎動物の間で自然に移行する病気又は感染」と定義されています。公衆衛生の立場からは、「動物由来感染症」と呼ばれていますが、動物愛護管理法では、動物から人への感染と同様、人から動物へ感染する疾病にも注意を払い、動物の健康と安全を確保すべきとの観点から、「人と動物の共通感染症」と表記することとしています。

◇本ガイドラインでの扱い

本ガイドラインでは、人と動物の共通感染症(以下、「共通感染症」という)のなかでも国内の代表的な家庭動物と人が共に感染する病気を取り上げ、動物の適正飼養の視点から、共通感染症の感染経路、予防方法等について整理したものです。

1.2 世界と日本の現状

世界には約 800 種の共通感染症があるといわれ、そのうち WHO が重要と考えている共通感染症は約 200 種あり、年々増える傾向にあります。

日本ではそのうち数十種類が問題となっており、交通網の発達による人や物資等の移動量の増加、移動の高速化等によって、今まで日本になかった共通感染症も注目すべき存在となってきています。

◇世界の現状

1998 年に輸出用のプレーリードッグがペストにより大量死する事故がアメリカで発生し、続いて 2002 年にも野兎病によるプレーリードッグの死亡事故が発生しました。このため日本では「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成 10 年法律第 114 号)」(以下、「感染症法」という)により、2003年にプレーリードッグの輸入禁止措置がとられました。

同様に輸入禁止措置とされた動物は、ニパウイルス感染症、リッサウイルス感染症及び狂犬病の侵入防止のためのコウモリ、ラッサ熱対策としてのヤワゲネズミ、SARS 対策としてのハクビシン、タヌキ、イタチアナグマがあげられます。

イヌなどの哺乳類の動物に広く感受性がある狂犬病は、現在日本では発生していませんが(輸入感染症例を除く)、アジア・アフリカを中心に未だに世界各国で年間約 5 万 5 千人もの死者を出しており(WHO 2004 年)、最近ではイヌやネコ以外にも、アライグマ、スカンク、マングース、コウモリなどの哺乳類が狂犬病ウイルスの重要な媒介動物であることが報告されています。

また、従来人には感染しないと考えられていた高病原性鳥インフルエンザ(H5N1 亜型)が、2003 年以降アジア、アフリカ、中東、ヨーロッパの家禽、野鳥に広く蔓延しており、これまで(2003~2006 年)鳥における発生が 53 カ国、そのうち 9 ケ国において 158 人の死者を出しています。

◇日本の現状

国内では、2002 年と 2006 年に島根県と兵庫県の鳥類展示施設でオウム病が発生し、従業員や一般来園者に感染する事例となりました。一時期日本には存在しないと考えられていたQ熱は、ネコからの感染など、毎年 10 例前後の患者数が報告されるようになっています。また北海道の風土病ともいわれたエキノコックス症は、毎年 20 例前後の患者が報告されています。

狂犬病については、1957 年以降、日本においてイヌ・人とも発生していませんが(海外渡航者による輸入感染症例は 3 例発生)、海外における発生状況等を踏まえ、引き続き狂犬病予防法に基づき犬の登録による全数把握と、毎年の予防接種が確実に行われる必要があります。しかし、国内のイヌの狂犬病予防接種率は40%台まで低下していると見られており、動物取扱業者、一般飼養者等の危機意識の低下が懸念されています。

(WHO の報告書によると、狂犬病の流行を抑制するには 70%の接種率が必要とされています。)

人と愛玩動物の距離が近くなっている現状では、動物愛護管理法に基づく動物の所有者等の責務に関する普及啓発及び動物取扱業者に義務付けられている事前説明等において、共通感染症の正確な知識等の普及の必要性が更に高まっているといえます。

また、水際対策の観点では、日本には年間約 83 万頭の哺乳類、鳥類、爬虫類が海外から輸入されていますが(2006 年 財務省貿易統計)、海外で発生している共通感染症の侵入を防止するため、輸入届出制度が導入され、哺乳類、鳥類等については輸入時の届出と、輸出国政府による輸出国衛生証明書の提出が義務付けられました。また、狂犬病の感染の恐れがあるイヌ、ネコ、アライグマ、キツネ、スカンクについては、狂犬病予防法に基づく輸入検疫が行われています。






2 人と動物の共通感染症

2.1 人と動物の共通感染症の現状

◇日本の代表的なペット

国内で飼われているイヌは約 1,210 万頭、ネコは約 1,250 万頭と推定されています(2006 年 ペットフード工業会)。イヌ・ネコ以外の哺乳類では、ハムスター、リス、ウサギ、フェレットの順に多く、鳥類ではインコ、ブンチョウ、ニワトリ・ウズラが多く飼育されています。爬虫類ではカメが最も多く飼育されています。

◇人とペット動物の共通感染症の現状とその社会的背景

近年のペットブームに伴い、ペットからうつる病気(共通感染症)についての関心が高まっています。一部の共通感染症については、人の患者数が増加傾向にあると報告されており(各論-パスツレラ症の項参照)、その他の共通感染症についても注意が必要です。人とペット動物の共通感染症についての関心の高まりには、以下のような社会的背景があると考えられます。


① ペットとして飼育される動物の数と種類の増加

② 室内飼育の増加

③ 濃厚接触の増加

④ 交通機関の発達によるペット動物の移動


今や日本の世帯の約 60%が核家族世帯であり、約 30%が単独世帯(一人暮らし世帯)となっており(平成 17 年度国勢調査)、コンパニオンアニマル、家庭動物としてのペットの需要が大きくなっています。これらのペットの多くが室内で飼育され、気密化された室内で人と密接に接触する機会が増えています。また、飼養する動物の種類が増え、爬虫類などの野生由来の動物(エキゾチックアニマル)を飼養する人も増えています。さらに交通の発達により世界中から動物が短時間で日本に輸入され、インターネットの普及も相まって、一般飼養者が様々な種類の動物を簡単に飼養できる状況になっています。

2.2 人と動物の共通感染症の種類と感染経路

◇人と動物の共通感染症の種類

日本のペット等家庭動物に関わりのある共通感染症は、約 60 種程度あると考えられています。このうち国内で発生のみられる主な共通感染症 17 種と、国内の動物で発生がみられるものの、人への感染例のない共通感染症 1 種(高病原性鳥インフルエンザ)、国内での発生を警戒すべき共通感染症 1 種(狂犬病)の計 19 種の共通感染症を表1に整理しました。


このうちエキノコックス症、狂犬病、Q熱、レプトスピラ症、オウム病、高病原性鳥インフルエンザは、人に対して「危険性が高い」共通感染症です。その他の大半は、人とペット等家庭動物の間に一般に存在する共通感染症ですが、国内の患者数が人も動物もともに把握されていない「要注意」の共通感染症です。動物にとって「危険性が高い」共通感染症は、狂犬病、レプトスピラ症、イヌブルセラ症、犬糸状虫症、高病原性鳥インフルエンザです。



表1に示した共通感染症の他、近年海外で発生している共通感染症について、特に危険性の高いものを表2に参考として示します。



◇人と動物の共通感染症の感染経路

感染症がうつることを伝播といい、伝播の経路は大きく直接伝播と間接伝播に分けられます(表 3、図1)。

直接伝播動物の体表や粘膜から、接触や咬傷、ひっかき傷によって病原体が人または動物に直接侵入する経路です。接触により感染する共通感染症には皮膚糸状菌症などがあります。人と動物ともに、感染した他の動物との直接接触により感染します。

咬傷で感染する共通感染症にはパスツレラ症などがあります。動物はどんなに慣れていても、咬むことで自己防衛をしたり、縄張りを主張したりします。咬み傷自体は感染症ではありませんが、傷口から病原体が侵入すると、感染が成立することがありますひっかき傷からうつる共通感染症に猫ひっかき病があります。


動物と遊んでいるときにはひっかかれることがよくあり、傷口から病原体が侵入すると、感染が成立し発症することがあります。直接伝播には上記の他に、糞口感染という感染経路があります。

動物触ったとき、病原体を含む動物の排泄物などが手に付着し、無意識にその手や指を口に持っていって感染する経路です。人が共通感染症に感染するケースとして最も多く、この経路によって感染する共通感染症が数多くあります。


間接伝播は動物の体離れた病原体が、人または動物の体に侵入するまでの過程でベクターを媒介する経路と、食品を媒介する経路、環境を媒介して感染する経路の3つに大別できます。「ベクター」とは、ノミや蚊、ダニ、シラミなど、吸血などによって動物から動物、動物から人へ病原体を運ぶ節足動物などをいい、ベクターが媒介する共通感染症には猫ひっかき病犬糸状虫症などがあります。

食品が媒介する共通感染症にはエルシニア症やサルモネラ症などがあり、病原菌の多くが食中毒菌に指定されています。病原体によって汚染された肉類をよく加熱しないで食べたり(餌として与えたり)、動物を触った後、手洗いをしないで調理したときに食品を汚染して感染する経路です。

環境が媒介する共通感染症にはレプトスピラ症やオウム病などがあります。動物が尿や糞便として排出する病原体が環境(土壌、水)を汚染し、汚染した土壌や水に接触して病原体が経皮感染したり、病原体を含む糞便などが粉塵となって空気感染する経路です。このほか動物の場合には、中間宿主(ネズミなど)捕食することにより感染する経路があり、エキノコックス症がその代表的なものです。





















4 人と動物の共通感染症の予防

4.1 動物への感染予防

動物への感染を予防するためには、「感染源対策」と、「感染経路対策」、「病気をうつされる側にある動物に対する対策」の3つがあげられます。

◇感染源対策

動物の感染源として以下のようなものがあげられます。

① 病原体に汚染された飼養施設

② 感染動物の糞便

③ 病原体に汚染された餌・水

④ 共通感染症に感染した他の動物(人も含む)

飼養施設の不衛生は、ノミ、ダニ、ネズミなど、共通感染症を媒介する動物(ベクター)の発生を促しペット動物の健康を脅かし、飼養者本人の他、従業員や店を訪れる客、周辺住民、家族の健康にも悪影響を及ぼしかねません。

日々適切な清掃を行って動物の飼養環境を清潔に保つとともに、病原体による汚染が疑われるときは、獣医師と相談し、適切な消毒を行わなければなりません(5 手指、器具、ケージ、環境等の消毒方法参照)。

感染動物の糞便は飼養施設の不衛生化の他、糞食による直接感染や、粉塵の飛散(エアロゾル化)による飼養施設全体の汚染につながります掃除を頻繁にし、排泄物はすみやかに適切に処理しなければなりません

病原体に汚染された水と餌による感染を防ぐためには、新鮮なものを与え、肉類は充分加熱する必要があります。

感染の疑いのある動物については、他の動物の感染源とならないよう、獣医師の診断のもと、適切に隔離し、治療しなければなりません動物が感染源とならないよう清潔な飼養管理を心掛けることが必要です

◇感染経路対策

動物への直接伝播(図1参照)としては、感染動物との接触、けんか(咬傷)などが考えられます。放し飼いにせず、出来る限り他の動物との接触を控えさせることが重要です。特に野生動物との接触は断たなければなりません。野生動物の感染症や保有している微生物に関しては、不明な点が多く、どのような感染症の原因となる可能性があるのかも明らかでないからです。


動物への間接伝播としては、ネズミなどの中間宿主の捕食、病源体等に汚染した餌・水の摂取、ノミや蚊などのベクターによる媒介が考えられます。これらの感染経路対策の多くが、動物の飼養者による「飼い方・しつけ」に依存すると考えられます。飼養者は、日頃から動物に対して以下のような基本的な「飼い方・しつけ」を行うなどの注意が必要です。

① ネズミなど(中間宿主)を捕食させない。

② 常に新鮮な水を与える。野外の生水を飲ませない。排泄物は速やかに処理する。

③ 生ゴミ置き場に動物を入れさせない。なま物(非加熱の肉など)を与えない。

④ 衛生昆虫の侵入を防ぐ。衛生昆虫等を駆除する。

⑤ 他の動物との咬傷事故を防止する。

飼養施設にノミなどのベクターの生息が確認されるようであれば、殺虫等の処理を適切に行う必要があります。

◇動物に対する対策

動物に対する対策としては、動物の健康を維持することと、ワクチン等により、疾病予防を行うことです。

動物の健康を維持するためには、清潔な飼養環境、適度な食事と運動など、飼養者が適正な飼育を心がけ、病原体による感染を防ぐための体力を養ってあげなければなりません。体力(免疫力)が低下した不健康な状態では、通常無害な微生物による疾病を引き起こしたり(日和見感染といいます)、共通感染症の感染の確率も高まります。また、異常の早期発見による診療、治療、隔離等も必要です。

イヌについては狂犬病とレプトスピラ症のワクチンがあり、これらの共通感染症の予防に効果的です。その他のイヌ・ネコ用のワクチンは共通感染症との関わりはありませんが、ワクチンによって発病を抑え、健康状態を維持することにより、共通感染症の感染リスクを軽減することにつながります。






4.2 人への感染予防

人への感染を予防するためには、「感染源となる動物対策」と、「感染経路対策」、「病気をうつされる側にある人に対する対策」の3つがあげられます。

◇感染源対策

衛生的な飼養管理が最も有効な感染源対策となります。動物の感染源対策に準じます。異常がみられる動物については、獣医師の診断のもと、適切な隔離と治療を行わなければなりません。病気は早期発見と早期治療を心がけることが重要で、必要により隔離等が行われます。動物が保有している共通感染症の病原体を、人に感染する前に排除し、動物を健康な状態に戻すことが必要です。

◇感染経路対策

直接伝播に対する対策として、ペットとの過剰なふれあいを控えることが感染リスクを減らすのに最も有効な手段となります。イヌ、ネコは、パスツレラ菌、サルモネラ菌などを保菌しています。そのため以下のような対策が重要となります。

① ペットとキスをしない。

② 口移しでエサを与えない。箸わたしで物を与えない。

③ 一緒に寝ない。

④ ペットの爪を切っておく。

⑤ ペットと触れ合ったあとはすぐに手を洗う。

間接伝播のうち、糞便などの排泄物は感染源となりやすく、掃除を頻繁に行い、排泄物はすみやかに適切に処理します。動物を飼育している施設や部屋では、動物の排泄物や皮膚片(フケ)や羽が埃となって室内に浮遊している可能性があり、丁寧な掃除と十分な換気を行うことが必要です。また状況により消毒も必要となります。カメなどの飼育水を台所に廃棄したり、容器の掃除を行うことは食品を汚染する可能性が高いため避けなければなりません。

動物を取り扱い、飼育施設等を掃除する際に、必要に応じてマスク、ゴム手袋等を着用します。

◇人に対する対策

動物種ごとの生理、生態、習性等をよく理解し、咬傷事故等を未然に防ぐことが重要です。咬まれたり、ひっかかれた場合には、その部分を十分洗浄し、消毒することが必要です。

健康な人でも風邪などで体調を崩したり、疲労によって免疫力が低下すると、共通感染症に感染する可能性が高くなります。通常感染しない微生物による日和見感染が起こることもあり、体調がすぐれない時などは、動物との接触を避けることが重要です。

疥癬、皮膚糸状菌症、結核などは人とイヌ・ネコ間の再帰性感染症(人から動物に感染したものが人へ戻ってくる病気)となる可能性があります。室内飼育のように、人とペット動物が密閉された空間を共有している場合には、動物からうつる感染症のみならず、人から動物へうつる感染症の存在についても認識しなければなりません。

ペットとの過剰な接触が共通感染症増加の要因の一つと考えられています。動物との距離が近いほど感染のリスクは大きくなります。感染を予防するという観点から、以下のようなペットとの節度ある関係を保つことが重要です。

① ペットと食器を共有しない。

② 食物の口移しなど過剰なふれあいをひかえる。

③ ペットを寝床に入れない。

④ 排泄部を処理したときは手をよく洗い、必要に応じて消毒すること。


人と動物の双方において、共通感染症を予防するには、飼養者が共通感染症について的確な情報を習得することが重要です。

人と動物の共通感染症に感染する原因がどこにあるのか、どのように予防できるのかを知り、確実に実行することが必要です。動物愛護管理法(7 関係法令参照)においても、動物取扱業に携わる者は、人と動物の共通感染症についての正確な知識を身に付け、一般飼養者へ的確に共通感染症についての情報を伝えることが求められています。一方、一般飼養者に対しても、同様に正確な知識を身に付け、自らの感染のみならず、家族や近隣住民への感染を予防するための努力が求められています。

5 手指、器具、ケージ、環境等の消毒方法

◇消毒とは

病原体を除去するための基本は、「滅菌」、「消毒」、「洗浄」という言葉の意味を正しく理解することが重要です。

「滅菌」とは、全ての微生物を物理的、化学的方法を用いて殺滅するか、完全に除去し無菌状態にすることです。「消毒」とは、有害な微生物の感染性を物理的、化学的方法を用いて無くすか、病原体量を少なくすることで、微生物をゼロにすることではありません。また、「洗浄」とは対象物から目に見える範囲で異物(汚物、有機物など)を除去することです。十分な洗浄と、十分な乾燥は消毒効果を更に高めます。なお、それぞれの消毒薬の特徴等をよく理解し、使用方法に従い、使用することが必要です。

◇飼養施設の一般的な消毒方法

物理的な消毒方法には焼却と煮沸があります。焼却は最も確実で、全ての病原体を死滅させることができます。焼却についで効果が高いのが煮沸で、抵抗力の弱い病原体であれば、日光消毒や乾燥消毒も有効です。以下に代表的な化学的消毒方法 9 種について、その効果と適切な使用濃度、注意点等について整理しました。

●界面活性剤系

界面活性剤のなかには、家庭で使用する石けんのように「陰イオン界面活性剤」に分類されるものがあり、殺菌力は弱いが優れた洗浄力を持っています。同じ界面活性剤でも消毒薬として使用される「陽イオン界面活性剤」や「両性界面活性剤」は刺激が少なく、生体に対する毒性も低いので、手指消毒や簡単な器具の消毒に使用されています。






















トキソプラズマ感染による宿主動物の行動変化のしくみを解明(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)
















共生と競争の生物界(12) トキソプラズマ(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)





妊娠時 寄生虫 "トキソプラズマ"の危険(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


人間の脳を支配する恐怖のトキソプラズマ(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)①


精神疾患と炎症(双極性障害.躁鬱症)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)②








住民「ちゃんとクソの始末もしろよ」 ※
猫狂「どんどん窮屈な世の中になった」
住民「だからちゃんとクソの始末もしろよ」
猫狂「猫嫌いはキチガイ。みんな死ねばいい」
住民「そうじゃなくてクソの始末しろよ」
猫狂「ちゃんと去勢だってしてるし地域猫はいてもいい」
住民「だからクソの始末しろよ」
猫狂「ネズミとか・・・」
住民「クソの始末のハナシしてんだよ」
猫狂「ペストとか・・・」
住民「平成の世にペストがなんだって?クソさせるなよ」
猫狂「猫嫌いは猟奇殺人予備軍」
住民「クソの始末はどうした?」
猫狂「猫嫌いは人間同士の排除までやって最後は滅びる」
住民「クソの始末は誰がやるんだよ」
猫狂「猫嫌いはモンスターペアレンツ」
住民「猫のクソの話をしてるんだよクソの」
猫狂「猫嫌いは精神病質を抱えたファシスト」
住民「そうじゃないだろクソの始末の話だよ」
猫狂「犬の鳴き声とか・・・」
住民「クソの話をしてるんだよ猫の」
猫狂「猫嫌いは自分の子供も家に閉じ込める」
住民「人間の子は他所の庭でクソしないだろ」

※くりかえし













A Brain Parasite Might Be Making Us Angrier




映画『スリザー』予告





POSSESSION ALIEN INVASION





-------------------------------------------------------
猫様に奉仕するため社会と戦った、猫真理教の聖戦士たちを紹介します。



●2009/08/27 「猫に餌」を注意され、隣家女性を刺殺 70歳の男を逮捕
27日午後1時40分ごろ、千葉県船橋市習志野台で「包丁を持った男が女性を追いかけている」と110番通報があった。船橋東署員が現場にかけつけると、女性が自宅付近で腹部から血を流して倒れており、同署は殺人未遂の現行犯で、女性の脇に包丁を持って立っていた、近くに住む無職、林喜市容疑者(70)を逮捕した。
女性は病院に搬送されたが、間もなく死亡
。同署は殺人容疑に切り替えて捜査している。
同署の調べによると、林容疑者は同日午後1時40分ごろ、隣に住む無職の女性(64)の腹部を包丁で2回刺して殺害した疑いが持たれている。
林容疑者が2年ほど前から野良猫の餌付けをしていたことを巡り、女性とトラブルになっていた。同署の調べに林容疑者は「猫のことで注意され頭にきてやった」と供述しているという。



-------------------------------------------------------

2009/05/25 野良猫に餌をやらないよう注意されたことを逆恨み 大家刺殺に懲役22年判決
横浜地裁
川崎市のアパートで昨年6月、野良猫に餌をやらないよう注意されたことを発端に大家の男性(当時76)を刺殺、その長男の妻にもけがを負わせたとして殺人と傷害の罪に問われた同市川崎区浜町3丁目、無職高田正雄被告(70)に対する判決公判が25日、横浜地裁川崎支部であり、加登屋健治裁判長は懲役22年(求刑懲役25年)の有罪判決を言い渡した。
判決などによると、昨年6月5日午後、高田被告は前日に大家の妻から猫に餌をやらないよう注意されたことに不満を持って自室で騒ぎ、注意しに来た大家の首をナイフで刺すなどして失血死させた。さらに大家の長男の妻の顔をバールで殴って2カ月のけがを負わせた。






-------------------------------------------------------

2007/07/27 飼い猫トラブルで隣人刺す 70歳男逮捕…大阪
飼い猫を巡るトラブルで苦情を言いに来た男性を包丁で刺し、全治2週間のけがを負わせたとして、大阪府警は26日、東大阪市、無職、中田光一容疑者(70)を殺人未遂容疑で逮捕した。

調べによると、中田容疑者は同日午後10時半ごろ、同じアパートに住む男性(54)の右胸を、自宅にあった包丁で刺した疑い。


-------------------------------------------------------

2003/12/08 猫の仕返しと線路に石 電車妨害の男逮捕
8日午後3時10分ごろ、大阪府貝塚市のJR阪和線和泉橋本-東貝塚間で、線路に自転車の車輪や石などがあるのを白浜発新大阪行き特急「くろしお16号」の運転士が発見緊急停車した。運転士が線路脇に除き、約5分後に運転を再開。 けが人はなかった。
線路脇にいた男が投げ入れたと認め、貝塚署は往来危険の疑いで住所不定、無職藤田英久容疑者(52)を 逮捕した。「飼っていた猫が電車にはねられて死に、仕返ししようと思った」と供述したという。
調べでは、藤田容疑者は自転車の車輪2つと段ボール箱、重さ5キロの石を線路に投げ入れた疑い。
JR西日本によると、上下計2本が運休、上下計13本が最大8分遅れ、約2900人に影響した。





-------------------------------------------------------
名須川早苗(51)2014.4.30 札幌市北区警察施設や大型店で5件のガスボンベ爆発を起こし、激発物破裂の容疑で逮捕野良猫の餌やりで周囲住民とトラブルを起こし、警察ともめていた模様(現在捜査中)。
-------------------------------------------------------

藤井ミヤ子(62)2014.4.20 大阪市阿倍野区民家に置かれていた猫よけシートに放火し、現住建造物等放火未遂の容疑で逮捕
-------------------------------------------------------

出水衛(48)2013.12.11 大阪府和泉市飼い猫約20匹と野良猫約100匹の餌代のため、民家など32件、被害額約1920万円相当の空き巣を繰り返し、窃盗容疑などで逮捕。「猫を抱きしめているのが至福の時間」と供述。




-------------------------------------------------------
片山祐輔(30)2013.2.10 東京都江東区
遠隔操作ウィルスで他人のパソコンを乗っ取って犯罪予告をし、パソコン所有者4人の誤認逮捕を引き起こし社会を震撼させた。4人は濡れ衣だとの犯行声明をマスコミに送るなど、警察を挑発し続けたが、ウィルスのソースコード入り記録媒体を江ノ島で猫の首輪に付けたことで身元を特定され、威力業務妨害容疑で逮捕。
2006年に「のまネコ」を巡りエイベックスグループを脅迫し、懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けるなど、猫への執着心が犯行や逮捕のきっかけとなっている


-------------------------------------------------------
早川充益(39)2013.1.12 名古屋市西区
父経営の不動産会社に勤めていたが、「東日本大震災の原発事故で置き去りにされた動物を救う」と被災地に入り、会社が契約者から預かった数千万円の金を横領して犬猫の飼育費などに流用。
横領が発覚したため、両親と義理の祖母を絞殺し、小牧市の山中で自殺
-------------------------------------------------------
動物愛護団体ら15人 2012.1~9月 福島県双葉市
福島県警双葉署は、福島第一原発事故の警戒区域に無許可で立ち入ったとして、災害対策基本法違反容疑で15人を摘発していたことを2012年9月24日に報告。
-------------------------------------------------------
高田光弘(74)2012.1.24 埼玉県毛呂山町
息子が飼い猫を虐めていると思い込み、口論の末首を閉めて殺害。殺人容疑で現行犯逮捕。
-------------------------------------------------------
西原康太(26)奈奈(30)2011.10.31 広島県東広島市
猫の尿や毛などが散乱した不潔な部屋に生後2ヶ月の次男を置き、皮膚炎を発症させ死亡させた。保護責任者遺棄致傷の容疑で逮捕。
-------------------------------------------------------
小坂雄造(39)里美(27)2011.5.26 千葉県柏市
長男(2)に食事を与えず餓死させ、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕。「子どもより猫の方がかわいかった」と供述。
-------------------------------------------------------
宍井良夫(65)2011.3.30 静岡県湖西市
野良猫に餌やりしていた公園で、市の職員と共に野良猫を駆除していた男性にカッターナイフを突きつけて脅し、暴力行為容疑で逮捕。逮捕するため自宅に訪れた警察官も殴りつけ、傷害の現行犯
-------------------------------------------------------
坂本とし子(58)2011.3.4 千葉県勝浦市
猫の飼育方法を指導しに来た保健所職員の顔をひっかいたとして、公務執行妨害と傷害容疑で現行犯逮捕
-------------------------------------------------------
佐々木祐一(65)2010.11.13 埼玉県寄居町
猫同士の喧嘩が元で相手の飼い主の頭や顔を木刀で殴り、重傷を負わせた。殺人未遂容疑で逮捕。
-------------------------------------------------------
水元努(31)2010.9.1 北海道留萌市
「ペットの猫が死んでむなしくなった」と高速道路を約100km逆走し、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕。
-------------------------------------------------------
会社役員の女(48)2010.4.27 岐阜市
米国に残したペットの猫に会うため、偽造パスポートで米国へ渡航を繰り返したとして、旅券法違反の罪で懲役1年6カ月の判決
-------------------------------------------------------
板橋静男(72)2010.4.24 埼玉県川口市
団地で猫を追いかけていた男児(9)のあごを締め上げるなどし、暴行容疑で逮捕
段ボールで野良猫の家を作り餌を与えるなど、団地内で有名。
-------------------------------------------------------
林喜市(70)2009.8.27 千葉県船橋市
女性から野良猫の餌やりを注意され、その帰宅を待ち伏せして包丁で刺殺殺人罪で懲役17年の判決
-------------------------------------------------------

平野幸男(73)2008.10.22 長崎市
犬の散歩に通りかかった男性を、餌やり中の野良猫が逃げたからと木刀で脅し、暴力行為容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
永吉教幸(72)2008.7.5 栃木県小山市(ホームレス)
寝泊まりしている公園で野良猫を抱いた人を、猫を虐めていると勘違いし鉄パイプで殴り、現行犯逮捕
-------------------------------------------------------
20歳の夫婦 2008.7.3 福岡市
生後1ヶ月の乳児に食事を与えず、育児放棄で虐待死させる。保護責任者遺棄致死容疑で逮捕
乳児は猫のトイレにしていた段ボールに寝かせていた。「子供より猫の方が可愛かった」と供述。
-------------------------------------------------------
河田教晴(28)2008.6.19 大阪市
無職・生活保護受給者で猫5匹飼う。餌代に困り何度もコンビニに押し入り、強盗容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
高田正雄(69)2008.6.5 神奈川県川崎市
アパートの大家に餌やりを注意されて逆上し、サバイバルナイフで大家を刺殺、大家の義理の娘にも重傷を負わせ、殺人及び傷害罪で懲役22年の判決
-------------------------------------------------------
中田光一(70)2007.7.27 大阪市
猫被害の苦情を言いに来たアパートの隣人を包丁で刺し、殺人未遂容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
静岡県伊東市の老人(81)2006.8.24
ペット禁止の市営住宅で猫を放し飼いしていることを市に告げ口されたと妄想、上の階に住む姉妹に言い掛かりを付けた挙げ句にノコギリで殴り、傷害容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
中島数男(73)2005.4.24 兵庫県尼崎市
猫の餌付けに苦情を言った人の部屋へ包丁を持って押し込み乱闘に。暴力行為(脅迫)容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
荒木正道(60)2005.8.29 埼玉県吹上町
猫糞で迷惑していた隣人を金属バットで小突くなどして、傷害容疑で逮捕
-------------------------------------------------------
藤田英久(52)2003.12.8 大阪府貝塚市
電車に轢かれた猫の仕返しに、線路に自転車のタイヤや段ボール、石などを置き、往来危険容疑で逮捕



----------------------------------------------------------------

古美術商殺人事件 容疑者宅に放置された21匹のネコを保護(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)

https://www.news-postseven.com/archives/20140606_259567.html


東京・国立市の古美術商強殺事件 被告の無期懲役が確定(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②

https://www.sankei.com/affairs/news/151017/afr1510170018-n1.html


東京・国立市の古美術商強盗殺人で男に無期懲役の判決(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③

http://jwssnnews.blog.jp/archives/43572982.html


----------------------------------------------------------------
戦後最大の大量殺人鬼・植松聖容疑者の全貌(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)


https://matome.naver.jp/odai/2146960319854545001?&page=1



植松聖容疑者 犯行直前の美容整形手術費用は80万円

https://www.news-postseven.com/archives/20160803_435837.html?PAGE=2



----------------------------------------------------------------


弟を「練炭殺害」した姉の実父も怪死 自身のブログでは動物殺処分への怒り綴る(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(弓形蟲感染症)


https://dot.asahi.com/dot/2018070100014.html?page=1

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180701-00000014-sasahi-soci

練炭自殺装い弟殺害 44歳の姉に離婚トラブルで元夫の定期に大麻入れた過去

https://dot.asahi.com/wa/2018062400003.html?page=1

弟を殺害で起訴 朱美被告が綴った「練炭殺人日記」全文入手


https://dot.asahi.com/wa/2018071100098.html?page=1


----------------------------------------------------------------

会うと会釈、「人当たりいい子」 警官刺殺容疑の大学生(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)

https://www.asahi.com/articles/ASL9M6K55L9MUTIL06F.html?iref=pc_ss_date


仙台・警官刺殺・容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)②

https://mainichi.jp/articles/20180920/k00/00m/040/156000c


仙台・交番襲撃の大学生 包丁以外にも多くの凶器持つ(餌やり猫愛誤の子供は殺人鬼に育つ)(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)③

https://www.oricon.co.jp/article/560069/


警官刺殺容疑者「おとなしくて礼儀正しかった」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00050040-yom-soci



-----------------------------------------------------------

脳をあやつる虫(トキソプラズマ)(弓形蟲感染症)(狂犬病)

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0306/parasite.html



人と動物の共通感染症に関するガイドライン
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/infection/guideline.pdf

トキソプラズマが人の脳を操る仕組み


http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7449/


-----------------------------------------------------------------------------

起業したい人は猫のウ●コ食べればできるかも!(良い子は真似しないように、危険です)

-----------------------------------------------------------------------------






為何一聽到非洲豬瘟台日兩國如臨大敵?(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑥


中國殺百萬頭豬 外媒指真實疫情更嚴重(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑦


擔保台灣不致爆發非洲豬瘟(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑧



豚コレラ、岐阜で6例目(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑫


豚コレラ拡大 感染、見極め難しく(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑬


豚コレラ 衛生管理に複数不備(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑭


愛知県田原市の養豚場で豚コレラ(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑮


岐阜県の養豚場で豚コレラ(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑯


山県市で豚コレラ(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑰


中國非洲豬瘟疫情嚴峻(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑱


台北市延平河濱公園驚見泡水豬屍(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑲


非洲豬瘟更嚴重 4月檢出新高(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)⑳


ずさん極まる豚コレラ対策(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)㉑



-------------------------------------------------------


猫オタのロリコン勝又拓哉が2005年栃木県今市市で下校途中の7歳の女児を車で拉致して
わいせつ行為をしたあとに胸をメッタ刺しにして殺害して雑木林に遺棄した残虐な事件
勝又拓哉の飼っていた希少種の猫の毛が女児の遺体の付着していたことが逮捕の決め手

-------------------------------------------------------





ト キ ソ プ ラ ズ マ と 母 子 感 染(トキソプラズマ.弓形蟲感染症)


-------------------------------------------------------
猫オタが起こした猟奇殺人事件「神戸小1女児バラバラ殺害事件」

猫オタのロリコン君野康弘が2014.年に神戸市長田区で6歳の女児を家に連れ込んで
殺害してわいせつ行為をした後に遺体をバラバラにしてビニール袋に入れて遺棄した残虐な事件
君野康弘は飼ってる猫を餌に猫好き女児を家に連れ込んでいた 勝又被告、控訴審も有罪 今市事件で東京高裁
-------------------------------------------------------
2005年12月、日光市(旧今市市)大沢小1年だった吉田有希ちゃん=当時(7)=が殺害された
今市事件で、殺人罪に問われた鹿沼市西沢町、無職勝又拓哉被告(36)の控訴審判決公判が
3日午前、東京高裁で開かれた。藤井敏明裁判長は、無期懲役を言い渡した一審宇都宮地裁の
裁判員裁判判決を破棄したが、被告に無期懲役を言い渡した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-03057321-soon-l09


-----------------------------------------------------------------------

狂犬病どんな病気か?(狂犬病)











狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ(狂犬病)




犬・猫回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑥


回虫症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑦


消化管内の寄生虫(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑧


イヌ・ネコ回虫感染症(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑨


成人肺トキソカラ症8例(イヌ回虫.犬蛔蟲.Toxocara canis)(猫回虫.貓蛔蟲.Toxocara cati)⑩



引用網址:https://home.gamer.com.tw/TrackBack.php?sn=4301430
Some rights reserved. 姓名標示-非商業性 2.5 台灣

追蹤私訊

作品資料夾

henrykuh雷室友患者
『辛咖瓦』到貨嘍!來戰室友!小屋很大,沒問題的!看更多我要大聲說昨天19:02


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】