創作內容

2 GP

聖火降魔錄if 支援對話翻譯 マークスXヒノカ

作者:隕石中誕生的人│聖火降魔錄 if│2017-05-22 13:38:30│巴幣:4│人氣:306
以下內容僅為個人日語學習用
請勿抄襲

不知不覺又快到學期末了
現在這種時間也不得不開始準備未來的事情了
啊~~~事情好多QQ

突然發現翻譯了好多篇馬克思
畢竟龍馬的支援對話都比較沒梗(X 嚴肅(O
看來我不知不覺也變成馬克思控了


マークスXヒノカ
 
 
支援C
 
【ヒノカ】
マークス王子…
今、時間はあるか?
【陽乃香】
馬克思王子…
你現在有空嗎?
 
【マークス】
ヒノカ王女。
どうしたのだ。
【馬克思】
陽乃香王女。
怎麼了嗎。
 
【ヒノカ】
ちょっと聞いてもらいたいことがあってな…
【陽乃香】
想請你聽我說一件事…
 
実はリョウマ兄様が、
私のために食事会を計画しているらしいのだ。
其實龍馬哥哥,
似乎正為了我而在計畫一場餐會的樣子。
 
【マークス】
…ほう。
いいことではないか。優しい兄だな。
【馬克思】
…喔。
這不是很好嗎。很體貼的哥哥呢。
 
【ヒノカ】
…まあ、そうなのだが。
ちょっと問題があってな。
【陽乃香】
…雖然確實是那樣。
但稍微有點問題呢。
 
【マークス】
問題?
【馬克思】
問題?
 
【ヒノカ】
どうもこの食事会は
私に内密で計画されているらしい。
【陽乃香】
這場餐會
似乎是對我保密而計畫的。
 
しかし、すでに私は食事会のことを知ってしまっている。
然而我已經不小心知道餐會的事情了。
 
…こういうときはどう振る舞えばいいのだ。
…這種時候到底該表現怎麼樣的態度才好呢。
 
【マークス】
待て。ヒノカ王女は
どうして食事会のことを知ったのだ?
【馬克思】
慢著。為什麼
陽乃香王女會知道餐會的事情呢?
 
【ヒノカ】
リョウマ兄様がひそひそ話をしているのを
聞いてしまったのだ…
【陽乃香】
龍馬哥哥在講悄悄話的時候
不小心被我聽到了…
 
【マークス】
…なるほど、そういうことか。
【馬克思】
…原來如此,是那麼回事嗎。
 
【ヒノカ】
こんな話は誰にも相談できない。
だから、マークス王子に頼ろうと思ったのだ。
【陽乃香】
這種事情不能找任何人商量。
所以我才想拜託馬克斯王子。
 
【マークス】
…………
【馬克思】
…………
 
なんの食事会なのかは知っているのか?
你知道那是怎麼樣的餐會嗎?
 
【ヒノカ】
さぁ…誕生日でもないし…
【陽乃香】
不知道…最近也不是我的生日…
 
もしかしたら、私が初めての出撃で
勝利を掴んだ記念日だろうか…
難道說,是我第一次出擊
拿下勝利的紀念日嗎…
それならば近日(きんじつ)だし…
年数的(ねんすうてき)にもちょうど区切(くぎ)りがいい。
那樣的話日期很近…   
就年數來看也正好到一個段落。
 
【マークス】
そうか。
だったら難しく考えるな。
【馬克思】
是嗎。
那麼不用想的太複雜。
 
とりあえず何も知らないふりだ。
食事会が始まったら、素直に楽しめばいい。
總之當作什麼都不知道就好。
餐會開始之後便好好享受就行。
 
気にしすぎると、せっかくの食事会が
台なしになってしまうぞ。
太過在意的話,難得的餐會
也就白費了喔。
 
【ヒノカ】
た、確かに…そうだな…
【陽乃香】
確、確實…說的也是…
 
ありがとう、マークス王子。
では、そういうことにする。
謝謝你,馬克思王子。
那麼我就這麼做吧。
 
 
支援B
 
【ヒノカ】
マークス王子…
【陽乃香】
馬克思王子…
 
【マークス】
どうしたのだ。
表情が冴()えないが…
【馬克思】
怎麼了嗎。
表情不太開朗…
 
食事会のことならば、
気にするなと言っただろう。
如果是餐會的事情的話,
已經和你說過不必在意了吧。
 
【ヒノカ】
ああ…そうなんだが…
【陽乃香】
是啊…是那樣子沒錯…
 
…私の初勝利の日が過ぎたのだ。
…我初次勝利的日子已經過了。
 
【マークス】
【馬克思】
 
【ヒノカ】
つまり食事会など、なかったのだ。
【陽乃香】
也就是說,根本沒有什麼餐會。
 
おそらくあれは、
私の聞き違いだったのだろう。
或許那果然是我聽錯了吧。
 
【マークス】
そうか…
【馬克思】
是嗎…
 
【ヒノカ】
…………
【陽乃香】
…………
 
私は…バカだ。
食事会なんてないのに…
我…真是個笨蛋。
明明根本沒有什麼餐會…
 
柄に似合わずずっとドキドキして…
卻期待的這麼不像樣…
 
リョウマ兄様たちと話すときも
緊張してしまったり…
和龍馬哥哥他們說話的時候
也會感到緊張…
 
当日になると何も手に付かなかった…
一到當天就一直心神不寧…
 
いつリョウマ兄様が呼びに来てもいいように、
ご飯もほとんど食べずに待っていたのに…
為了準備隨時都能讓龍馬哥哥來叫我,
幾乎沒有吃飯就那麼等著…
 
だけど……
その日は何ごともなく過ぎていったんだ…
但是……
那天什麼事都沒有發生就這麼過去了…
 
【マークス】
ヒノカ王女…
それは残念だったな。
【馬克思】
陽乃香王女…
那還真是可惜。
 
…だが悪く取るな。
…但是不用想的太糟。
 
初勝利記念の食事会はなくても、
別の記念日のことかもしれない。
就算不是紀念初次勝利的餐會,
也可能是別的紀念日也說不定。
 
【ヒノカ】
…いや、それはない。
【陽乃香】
…不,那是不可能的。
 
だって他には食事会をするような
記念日はないからな。
因為並沒有其他
值得開餐會的紀念日了。
 
【マークス】
そうか…
【馬克思】
是嗎…
 
…わかった。
今日はとことん話を聞こう。
…我知道了。
今天就聽你講個夠吧。
 
【ヒノカ】
マークス王子…ありがとう…
【陽乃香】
馬克思王子…謝謝你…
 
貴殿は思っていたより…
優しい人なんだな。
你比我想像中…
還要溫柔呢。
 
 
支援A
 
【ヒノカ】
マークス王子!
【陽乃香】
馬克思王子!
 
【マークス】
ヒノカ王女。
いい表情だな。
【馬克思】
陽乃香王女。
真是不錯的表情。
 
【ヒノカ】
当然だ。
素敵な食事会を開いてもらえたからな。
【陽乃香】
那是當然的。
畢竟都舉辦了那麼棒的餐會了啊。
 
【マークス】
だから言っただろう。
悪く取るなと。
【馬克思】
所以才和你說了吧。
不用想得太糟。
 
【ヒノカ】
…ああ。本当だな。
【陽乃香】
…是啊。真的是那樣。
 
…しかし、未だに解せないことがある。
…不過,還是有些不明白的地方。
 
…結局、あの食事会はなんだったんだろう。
…結果那場餐會到底是為何而舉辦的呢。
 
初勝利の記念日でも
誕生日会でもなかったようだし…
既不是初次勝利紀念日
也不像是生日餐會的樣子…
 
…………
…………
 
解せないことは他にもあるのだ。
なぜあの場所にマークス王子がいた?
而且還有其他不明白的地方。
為什麼馬克思王子當時會在那裡呢?
 
【マークス】
それは…
【馬克思】
那是…
 
【ヒノカ】
…………
【陽乃香】
…………
 
あっ!
啊!
 
もしかして…
マークス王子の仕業ではあるまいな?
難道說…
這都是馬克思王子策畫的嗎?
 
食事会はやはり私の聞き違いで、
本当はそんなものはなかった…
餐會的事情果然是我聽錯,
實際上並沒有那些事情…
 
だがそれを哀れに思って、
無理矢理みんなを集めて開いてくれたのでは…
但你覺得那樣太可憐,
所以才硬是把大家招集起來為我辦了餐會…
 
【マークス】
さあな。
【馬克思】
誰知道呢。
 
とにかく料理は最高だった。
それは確かだ。
總之料理非常美味。
那倒是真的。
 
【ヒノカ】
…………
【陽乃香】
…………
 
まったく…貴殿という人は…
你這個人真是的…
 
暗夜の第一王子は冷徹(れいてつ)だと聞いていたが、
実際は思いやりのかたまりではないか…
我聽說暗夜的第一王子是十分冷淡嚴肅的人,
但實際上卻是徹頭徹尾的行動派不是嗎…
 
【マークス】
ははは。
【馬克思】
哈哈哈。
 
どう解釈してもらっても構わないが、
それは過大評価かもしれないぞ。
雖然要怎麼解釋是你的自由,
但你可能太抬舉我了喔。
 
【ヒノカ】
…マークス王子。
本当に感謝している。
【陽乃香】
…馬克思王子。
真的很謝謝你。
 
…そうだ。
お礼に天馬で空の旅でもどうだ?
…對了。
作為回禮就帶你來個天馬空中之旅怎麼樣?
 
言葉にできないくらい美しい
秘密の場所があるのだ。
我有個秘密地點
那裡可是美麗到難以言喻的喔。
 
【マークス】
それはいいな。
楽しみにしているぞ。
【馬克思】
那還真是不錯。
我會很期待的。
 
 
支援S
 
【ヒノカ】
マークス王子、どうしたのだ。
こんな場所に呼び出して。
【陽乃香】
怎麼了嗎,馬克思王子。
把我叫到這種地方。
 
【マークス】
すまないな。どうしても
今日ヒノカ王女に会いたかった。
【馬克思】
抱歉。因為我無論如何
都想在今天見到陽乃香王女。
 
【ヒノカ】
今日? 何かあるのか?
【陽乃香】
今天? 有什麼原因嗎?
 
【マークス】
暗夜には十年に一度しか訪れない
特別な日がある。
【馬克思】
今天是暗夜十年一度的
特別之日。
 
その日に男女が食事を共にすると
強い絆で結ばれると言われている。
據說只要男女在那天一起用餐
就能建立起強大的羈絆。
 
【ヒノカ】
【陽乃香】
 
…ん?
…男女が食事?
咦?
…男女一起用餐?
 
【マークス】
…じつはリョウマ王子が話していた
食事会とはこのことだったのだ。
【馬克思】
其實龍馬王子所說的
餐會的事情就是指這件事。
 
誕生日でも
初勝利の記念日でもなく…
既不是生日
也不是初次勝利紀念日…
 
十年に一度訪れる暗夜の大事な日に
私はヒノカ王女と食事がしたかったのだ。
而是我想和陽乃香王女
在這暗夜十年一度的大日子裡一起用餐。
 
【ヒノカ】
…えっ?
【陽乃香】
…咦?
 
【マークス】
しかし、直接食事に誘うのが難しかったため、
私はリョウマ王子に相談したのだ。
【馬克思】
但是要直接邀約實在有些困難,
所以我才會找龍馬王子商量。
 
【ヒノカ】
…も、もしかして、私が聞いた
リョウマ兄様のひそひそ話は…
【陽乃香】
…難、難道說,我聽到的
龍馬哥哥的悄悄話是…
 
【マークス】
そう。
私が提案した食事会の話だ。
【馬克思】
沒錯。
就是我所提案的餐會的事情。
 
…それでどうだろう。
ここで私と食事をしてくれるか?
…那麼你的答覆如何呢。
可以和我在這裡一起用餐嗎?
 
【ヒノカ】
…………
【陽乃香】
…………
 
食事をするとマークス王子と
絆で結ばれるんだろう?
只要和馬克思王子一起用餐
就能夠建立起羈絆吧?
 
【マークス】
…そうなるな。
【馬克思】
…就是那樣呢。
 
【ヒノカ】
わ、わかった。
付き合おう。
【陽乃香】
我、我知道了。
就和你一起用餐吧。
 
【マークス】
そうか。
【馬克思】
是嗎。
 
それから…
これも受け取ってくれるだろうか?
然後…
你也能收下這個嗎?
 
【ヒノカ】
こ、これは…
指輪…
【陽乃香】
這、這是…
戒指…
 
【マークス】
そうだ。結婚指輪だ。
【馬克思】
沒錯。是結婚戒指。
 
最初…私は両国の友好のため、
この食事会を催(もよお)そうと考えた。
最初…我是為了兩國的友好,
才會舉辦這場餐會。
 
だが、ヒノカ王女と話すうちに、
その気持ちは変わっていった。
但是在和陽乃香王女的談話之中,
我改變心意了。
 
私はあなたと結ばれていたいのだ。
強い絆と…永遠の愛で。
我想和你建立起強大的羈絆…
以及永遠的愛。
 
【ヒノカ】
マークス王子…
【陽乃香】
馬克思王子…
 
……
十年に一度の日か…
……
十年一度的日子嗎…
 
そ、それなら、
受け取らないと失礼にあたるな。
那、那樣的話,
如果不收下就太失禮了呢。
 
【マークス】
ありがとう。
ヒノカ王女。
【馬克思】
謝謝你。
陽乃香王女。
 
さあ、食事会の準備はもうしてある。
ゆっくり食べようではないか。
好了,餐會已經準備好了。
讓我們一起慢慢用餐吧。
 
【ヒノカ】
はい!
【陽乃香】
好的!
 
 
引用網址:https://home.gamer.com.tw/TrackBack.php?sn=3584614
All rights reserved. 版權所有,保留一切權利

相關創作

同標籤作品搜尋:聖火降魔錄 if

留言共 0 篇留言

我要留言提醒:您尚未登入,請先登入再留言

2喜歡★bruce31303 可決定是否刪除您的留言,請勿發表違反站規文字。

前一篇:聖火降魔錄if 支援對話... 後一篇:聖火降魔錄if 支援對話...

追蹤私訊切換新版閱覽

作品資料夾

colanncolann
~★科嵐工作室★~ 攜手創作 邁向理想 ~★科嵐實驗室★~ 研究實驗 成就進步看更多我要大聲說昨天22:32


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】