創作內容

6 GP

道草屋-はこべら-混浴マナー講座 文本翻譯

作者:hana│2017-05-08 23:02:50│贊助:12│人氣:1144

購買

試聽(請使用耳機)


的一些想像 基本上就是小學日文課本裡都會出現的東西
如果想要完全了解建議讀一下







----------お風呂----------(R18

1-お背中お流し致しましょうか

おや~
ご入浴中でしたか
失礼致しました
てっきり誰もいないかと
何て 気づいておりましたけと
私達共用の浴室が壊れてしまっておりまして
ご一緒させて頂けますか
タオル巻いたままですけと大目にみて下さい
私にも羞恥心というものがございますので
ありがとうございます


このお湯 一応 列記とした温泉なんですよ
鉱泉で湯量が少なく 浴槽は これ一つで精一杯ですが
ですので
いやおなしに 混浴
私の知る限り 混浴になったのは 今夜が初めですてけれと 
水鉄砲 昔 練習致しませんでした
あの頃はいくらやっても 出来ませんでしたのに
壁につくまで
器用になったのが それとも単に 手が大きくなったから でしょうか
手 以外も 大きくなりましたが
しかし よくよく 混浴とは 凄い物ですね
肌を火照らせ 濡れた布木で一枚の男女が
こんな近くに 隣り合って
その気になれば 指一本で こんな布 落としてしまうのに

紳士的な旦那様が そんなこと 考えて何ておりませんよね
信じておりますよ

旦那様 ずっと 浸かってらしゃたのでしょう
お体 真赤ですもの
せっかく ご一緒したのですし
お背中 お流し致しましょうか

おいや

では 洗い場の方へ どうぞ



2-手洗い


さって お腹の方から 洗わせて頂きますね
ご存知ですか
タオルで体をお擦りするのは あんまり 宜しくないですのよ
もっと 柔らかい物が望ましく ですので
今夜は 私の手のひらで
宿泊して肌荒れになってとあっては 申し訳が立ちませんからね
少しエッチな気も致しますが......
旦那様を紳士と見込んで
それでは 前から 失礼致しますね

いかがですか
気持ち いいでしょう
私の 手
あわあわで ぬるぬるで
洗い残しがないよう すみすみまで
優しく
こちらも お綺麗に

気持ちいいですね
優しく 洗ってもらえて
今夜 だけですよ



3-混浴マナー講座


どうしたのですか? 旦那様
お恥ずかしそうに 怖がって
まさか 何か 疚しいことでも?
失礼致しました 旦那様に限って そんなことは ございませんよね
信用している と 言われたそばから お腕を洗いますので
手を 上げていただけますか?
あら いけませんね 旦那様
私は 善意で お体を洗って差し上げたのに
どう言うことでしょう
いささか 失礼ではありませんか?
そんなに 気持ち良かったのですか?
旦那様が 人の好意を受けながら
そう言うことを 考えておられたのですね
こんな 混浴の場で

マナー違反 ですよ
旦那様

このご様子では どこかよそ様でも ご迷惑をお掛けておいでかも しれませんね
ふふ
これは 今夜しっかり マナーのを勉強 して行っていただきましょうか?
今後のためにも 止むを得ませんね
宜しいですね

はい
それでは 僭越ながらご教授させて頂きます
では まずは 一つ目
混浴では 女性の方 じろじろと見ないこと
こそこそ隠してるつもりでも 旦那様の様な
下心のある視線は すぐに ばれてしまう物なのですよ
旦那様が 思っているより 視線には 敏感なのですから
ああ この方は そう言う目て 私を見ている と 
落ち着かないでは ありませんか
今自分が この人の 頭の中で どんな事を されているのかと 思うと
どんな格好で 何をさせられているのか 考えると.......
先は 何をなさっていたんですか?
視線だけでは ありませんよ
こちらも こんなに大きくしては 当然 マナー違反です
どうするおつまりですか?
こんな物を見せつけて
頭の中では これて 私を......
妄想が お体に出てしまっておりますよ

もう 二つのマナー違反が 悪い旦那様ですね
それに こんなぬるぬるした物を 湯船に入れてしまうのも
感心致しませんね
先程から 洗っているのに
撫でると 後から 後から どんどんぬるぬると
どうなっていらちゃるのですか?
先程 注意されたのに
まだ 悪いこと 考えているのですね
幻滅です
体と 頭の中ぱっかり 大人で
気持ちよさそうにして 私のお話し 聞いておりました?
怒っているのですよ
分かっておられますか?
そうですね
一つくらいは 旦那様にも 答えていただきましょうか?
簡単の問題ですから......  分かりますよね

名誉挽回の 機会ですよ
湯船て 粗相しないために
こう言う 漏らしてしまいそうなものは
お湯に浸かる前に どうするべきですか?
女の人に 悪いことをしちゃう 
これは 
どうするのですか?

分かりますよね 旦那様
さ お答は?
はい どうぞ

そうですね
お風呂に入る前に 出してしまいましょう
よく出来ました



4-お背中


私の手 ドロドロにしてくれましたね
ようやく お話し(?)

お体 お流し致しますね
さあ コンテと(?) お背中をお流し致しますよ
旦那様は 手て洗うと 問題が起こるとうなので
今度は タオルて
もう今更 腰布も必要ないでしょう
お借り致しますね
では 肩口から
マナー講座 続き どう致しますか?
あれで 終わりた と思いました?
しかし 残念ながら 旦那様は 他のマナーは守って置いてのようですし
人の体はじろじろ見ない 目のやり場に困らせない
しっかり 守ってくださいね
もし 守って頂けないのなら
今度は 厳しく
マナーとは 他の方への配慮です
お互いに 気持ちよく
先程 マナーを説かれている時も 気持ち良かったでしょう
お流し致しますね
痒いどころはございませんか?
一度 言ってみたかったのです
(?)
05:31
随分と お湯から上がっておりましたし
もう お肩が冷えておりましたよ
湯冷めせぬよう お上がりの前に しっかり 温まってくださいね
私は 一まず 上がらせて頂きます
あらだけマナーを説いておいて
まだ 湯船にタオルをつける訳には 参りませんので
後程 改めて 入らせて頂こうかと
お休みの前に お耳のお掃除にお伺い致しますので お部屋でお待ちくださいね
はい それでは ごゆっくり

失礼致しました




----------湯上り----------

1-粗熱とり


はこべらです 入っても 宜しいですか?
縁側で 粗熱取りですか?
もう 夜風に冷たさが 混じっておりますね
私も 少し 涼ませて頂けますか?
夏とは違い 少し クラシックな雰囲気ですね
あれから ジンチョウゲの花嗅いでみて頂けました?
男性には 見た目は知らない方が 多そうですね
どこかでは 見かけていると思いますよ
緑の葉を 年中茂らせて
少し 肉厚の花が 沢山より集まて出来ている 小さい アジサイの様な
庭先なとに よく植えられていて
色は そうですね
この辺りの物は 真っ白て
ちょうと はこべら色ですね
いい香りなのですよ
甘く 名前の通り 沈香に似ていて
今は お互いに 石鹸の香り て ございますね
そう言えば 一度 お聞きしたかったのですか
旦那様は 私のこと......痴女だと 思っておられませんか?
瞳に期待の色が 見えていたもので
失礼致しますた
尺度は 人それぞれでございますし
旦那様には 旦那様の
私のは 私の
旦那様から見て痴女ならば それはそれて
ですか もし 手を出すお相手が 一人だけだとすれば
まだ 見え方も 変わって来たりなどは
言っておくと お優しい旦那様は まだ来てくださるでしょうから



2-あまがみ


お優しくて こう言うのお好きな旦那様は

このマサージも 少々大人向けて
だから お好きなのでしょう
私もです
お眼鏡にはかないましたか?
それはそれは
ありがとうございます
お拭き致しますので 動かないてくださいね
失礼致しますね
あまり 献身的な立では ないですが
喜んで頂けるのは 嬉しいものですね



3-お部屋へどうぞ


そろそろ お部屋に入りませんか?
女性の体は 冷えやすいですよ
旦那様も もう 粗熱は 取れたでしょう
耳かき 致しましょうか?
はい
お部屋へどうぞ
添い寝で よろしいですか?
はい
ありがとうございます
こちらへ



4-右耳


動くと シャンプーの香りが 鼻をくすぐりますね

さあ
初めて参りますね
石鹸の いい香り

横顔 横顔は その人の 人生を映すと 言われておりまして
正面ではないのは 自然な表情になる だからでしょうか?
ここからだと よく見えますよ
玄関を出て  道刈りに行った先に
少し大きな 神社がございます
その中に 一本の 古い桜の木が ご近所のお婆さんが 若い頃に旦那様と植えた物で
満開の姿は それは立派な物だった そうですよ
私は知っているのは 枯れて葉もつけない 古木の姿だけです
お散歩に よく 神社を通るのですが
その時 偶々 ご一緒致しまして
旦那様との馴れ初め 結婚記念に 桜を植えた話
社に 枝が当たるまでに成長して 枝を落とすのに 反対した話
子供が出来て 大人になって
都会に出た子が お盆にも帰って来ない という愚痴も
今年の初夏に 大風て 堂々 折れてしまいました
オチも何もない 只の世間話です
枯木も山の賑わいが 折れるまでは 話を聞くまでは 気にも止めていなかったですけとね
無くなると 寂しい物です
今は 朽ちた株が あるばかり
さあ
綿棒を
今も 昔も 変わらず 私には 古木しか見えませんが
あのお婆さんには 夏は青々
秋は真っ赤に
春には 満開の姿を 見せるのでしょうね
懐かしい思い出と 一緒に
昔話をしながら 古木を眺める横顔が とっでも印象的で
ロマンがあるではありませんか 自分だけの桜の木
桜の話も 今夜のお風呂も いいことも 悪いことも
些細な積み重ねが  黄昏を味付けてくれるのですね きっと
人生をシワに刻むとは よく言ったものです
それでは 私は この辺りにでも 刻んでおいて頂けますか?
反対側 致しますね
失礼致します



5-耳揉み


そう言えば まだ 齧っておりませんでしたね
もう そう言う雰囲気でも ございませんね
手で ギュッと
この辺りは家屋の明かりがございませんから
そうして 仰向けになると 星がよく見えると思いますよ
もう少し 縁側でゆっくりしていでも 良かったかもしれませんね
お気に入りの コーヒーを入れて 星の見える縁側て 大の字に
蚊取り線香の端が 赤く燻ると 漂う除虫菊と 松脂の匂い
次第次第に 目が慣れると
天の川の何様で よく言えるようで
秋の夜中には お勧めです
ノウサンクロスで 列車に乗って 一路  サウザンクロスのまで
水晶の砂の貝かいや 真っ赤なさそりの火を眺めながら
小さマグカップから立ち上る ロマンの香り
ここは お部屋の中ですが 目も耳も 塞いで
真っ暗の中て お話しを聞いていれば 瞼の裏に 何か 浮かびませんか?
ずっと広かる星々や 木造でモダンな停車駅
石炭袋まで 乗り過ごさないように
今夜は 私が抑えておりますから 浮かぶ駅は ここのバス亭かもしれませんね
夢に出てきてしまうくらい よく 浮かべて頂けますか?

はい
では 横にならせて頂きますね



6-左耳


きゅ

こう見えて 私は強欲なのです
何でもかんでも 大切に 取っておきたい
物も 景色も 人も
お別れは いくつになっても 慣れませんね
お仕事から 仕方がないことですが
それでも ささやかに 抵抗してみたり
今夜も片耳で辞めてしまいましょうか?
半分残しておけば まだ 来ていただける気がして
子ともぽいと 笑ってください
四畳半の 隅に伸びる 黒い柱
枕の上の障子は 大きく剥げはなたれ
黒い画用紙に 沢山の針を刺したように
小さな明かりを漏らして
言葉や 文字にすると 思いては 止めやすいです
何時か 思い出してくださるよう
ささやかながら お手伝いよう

古い古い バスに揺られて
見えてくるのは 木製の薄く苔むした 停留場
カラカラと 壊れそうな音を立てながら
小さくなっていく 停留ランプを見送り
剥きだしの土を踏みしめて 雨の様な 季節の声を轍に沿って
くくった先て 私は 待っております
次は 何を話そうか 今度は 何をしてみようか
少し 困らせてみようか と
次に会うのが 楽しみですね
もう 夜も更けますよ
続きは 夢の中で

記憶とは 道の様な物
何度も通れば 轍が出来て
地面は固まり 太い道へ
人が誰も通らなければ 雑草が茂り
そのうち 忘れられるのでしょう
本の受け売りですけと
旦那様が 忙しくでも
石鹸の香りを 表札に下げておけば
まだ とおを叩いて くれるかも
今のこの 旦那様の嗅いでいる匂いが
はこべらさんの お家ですよ
何時でもお越しを
お休みなさい 旦那様

まだ後日













以下為中文翻譯 不想破壞日文情境請省略!













----------お風呂----------(R18

1-お背中お流し致しましょうか

おや~
唉阿

ご入浴中でしたか
在洗澡嗎?

失礼致しました
真是失禮了

てっきり誰もいないかと
以為沒有人在

何て 気づいておりましたけと
騙你的~  我有注意到喔

私達共用の浴室が壊れてしまっておりまして
我們共用的浴室剛好壞掉了

ご一緒させて頂けますか
請問可以一起嗎?

タオル巻いたままですけと大目にみて下さい
請饒恕我捲著毛巾

私にも羞恥心というものがございますので
我也有著  羞恥心  這種東西的

ありがとうございます
非常感謝


このお湯 一応 列記とした温泉なんですよ
這個溫泉  也算是有名的溫泉喔

鉱泉で湯量が少なく 浴槽は これ一つで精一杯ですが
是礦泉 出水量也很少  能裝滿這個浴槽就已經是很勉強了

ですので
所以

いやおなしに 混浴
請不要拒絕的  一起混浴吧

私の知る限り 混浴になったのは 今夜が初めですてけれと 
據我所知  變成這樣混浴  今天還是第一次


水鉄砲 昔 練習致しませんでした
水鐵炮  以前  有練習過嗎?

あの頃はいくらやっても 出来ませんでしたのに
明明以前不管怎麼做  都沒辦法

壁につくまで
噴到牆那裡

器用になったのが それとも単に 手が大きくなったから でしょうか
是手變的靈巧了嗎  還是只是單純的  手變大了呢?

手 以外も 大きくなりましたが
雖然  手以外也 跟著長大了

しかし よくよく 混浴とは 凄い物ですね
但是  仔細想想  混浴阿  真是厲害呢

肌を火照らせ 濡れた布木で一枚の男女が
染紅著肌膚  只隔著一塊濕毛巾的男女

こんな近くに 隣り合って
這麼靠近的坐在一起

その気になれば 指一本で こんな布 落としてしまうのに
只要有那個意思  只需要用一根手指  就可以解開毛巾

紳士的な旦那様が そんなこと 考えて何ておりませんよね
但是紳士的旦那様  這種事情  連想都不會想的吧

信じておりますよ
相信您的喔


旦那様 ずっと 浸かってらしゃたのでしょう
旦那様  從剛剛就一直泡在裡面吧

お体 真赤ですもの
因為身體都全紅了阿

せっかく ご一緒したのですし
難得這樣一起泡澡

お背中 お流し致しましょうか
要不要幫您擦背呢?


おいや
討厭嗎?

では 洗い場の方へ どうぞ
那  請一起往水龍頭那裡



2-手洗い


さって お腹の方から 洗わせて頂きますね
那  就先從肚子的地方 開始洗起

ご存知ですか
請問知道嗎

タオルで体をお擦りするのは あんまり 宜しくないですのよ
用毛巾洗身體  其實不是很好喔

もっと 柔らかい物が望ましく ですので
用更柔軟的東西  會更好喔

今夜は 私の手のひらで
今晚  就用我的手掌

宿泊して肌荒れになってとあっては 申し訳が立ちませんからね
如果住在這裡  皮膚變的粗糙了  會連理由都不好意思講了

少しエッチな気も致しますが......
會稍微有一點色色的感覺.......

旦那様を紳士と見込んで
相信旦那様的紳士喔

それでは 前から 失礼致しますね
那 就從前面開始  失禮了


いかがですか
請問怎麼樣呢

気持ち いいでしょう
舒服嗎?

私の 手
我的手

あわあわで ぬるぬるで
泡泡的  滑滑的

洗い残しがないよう すみすみまで
不留下任何地方的  仔細的

優しく
溫柔的

こちらも お綺麗に
這邊也  弄乾淨

気持ちいいですね
請問舒服嗎?

優しく 洗ってもらえて
能這樣溫柔的幫您洗的

今夜 だけですよ
只有今晚喔



3-混浴マナー講座


どうしたのですか? 旦那様
請問怎麼了呢? 旦那様

お恥ずかしそうに 怖がって
好像很害羞的  害怕

まさか 何か 疚しいことでも?
難道 有什麼對不起我的地方嗎?

失礼致しました 旦那様に限って そんなことは ございませんよね
失禮了  旦那様才不會作出這種事情的吧

信用している と 言われたそばから お腕を洗いますので
才剛說好相信您  準備幫您洗手腕

手を 上げていただけますか?
請問可以把手抬起來嗎?

あら いけませんね 旦那様
唉阿 不可以喔 旦那様

私は 善意で お体を洗って差し上げたのに
我明明好心幫您洗身體

どう言うことでしょう
請問這是怎麼樣呢?

いささか 失礼ではありませんか?
是不是有一點失禮了呢?

そんなに 気持ち良かったのですか?
有那麼舒服嗎?

旦那様が 人の好意を受けながら
旦那様一邊接受著別人的好意

そう言うことを 考えておられたのですね
一邊想著這樣的事情啊

こんな 混浴の場で
這樣 在混浴場裡

マナー違反 ですよ
是違反規則的喔

旦那様
旦那様


このご様子では どこかよそ様でも ご迷惑をお掛けておいでかも しれませんね
一直這樣子的話  說不定會給其他人造成麻煩呢

ふふ
呵呵

これは 今夜しっかり マナーのを勉強 して行っていただきましょうか?
今晚 來徹底的學習一下混浴場的規則吧

今後のためにも 止むを得ませんね
為了將來 這是必須的喔

宜しいですね
請問可以嗎?

はい
好的

それでは 僭越ながらご教授させて頂きます
那就  雖然有點失禮 請讓我來教您吧

では まずは 一つ目
那 先從第一點

混浴では 女性の方 じろじろと見ないこと
在混浴場  不可以一直盯著女性看

こそこそ隠してるつもりでも 旦那様の様な
就算自己認為有藏好 像旦那様一樣

下心のある視線は すぐに ばれてしまう物なのですよ
別有居心的視線  很快就會漏餡的喔

旦那様が 思っているより 視線には 敏感なのですから
比旦那様所想的  我們對於視線 是很敏感的喔

ああ この方は そう言う目て 私を見ている と 
「阿阿 那邊那個人 是 是這樣看我的阿」 的

落ち着かないでは ありませんか
這樣 不是讓人沒辦法安心嗎

今自分が この人の 頭の中で どんな事を されているのかと 思うと
想到 現在的自己 在那個人腦袋裡 被做著各種各樣的事情

どんな格好で 何をさせられているのか 考えると.......
一想到 什麼外表 被做著什麼事情就......

先は 何をなさっていたんですか?
剛剛 我被做了什麼樣的事情了呢?

視線だけでは ありませんよ
不只有視線而已喔

こちらも こんなに大きくしては 当然 マナー違反です
這裡 弄的這麼大 當然 也是違反規定的

どうするおつまりですか?
到底想要怎麼樣呢?

こんな物を見せつけて
給我看這種東西

頭の中では これて 私を......
難到在腦袋裡 用這個東西把我......

妄想が お体に出てしまっておりますよ
妄想 透過身體傳達出來了喔


もう 二つのマナー違反が 悪い旦那様ですね
已經違反了兩條規定了呢  壞旦那様

それに こんなぬるぬるした物を 湯船に入れてしまうのも
還有 把這種濕濕的東西 放到溫泉裡面

感心致しませんね
實在無法認同呢

先程から 洗っているのに
不是剛剛才洗過的嗎

撫でると 後から 後から どんどんぬるぬると
只要一摸起來 就會越變越濕 越變越濕

どうなっていらちゃるのですか?
到底想要怎麼樣呢?

先程 注意されたのに
不是剛剛才要您注意的嗎

まだ 悪いこと 考えているのですね
一定是 又在想不好的事情了吧

幻滅です
真是幻滅了呢

体と 頭の中ぱっかり 大人で 気持ちよさそうにして
在腦袋裡 只想著色色的事情

私のお話し 聞いておりました?
有好好聽我說話嗎?

怒っているのですよ
我在生氣喔

分かっておられますか?
有好好理解嗎

そうですね
那就

一つくらいは 旦那様にも 答えていただきましょうか?
也讓旦那様回答一個問題吧?

簡単の問題ですから......  分かりますよね
是很簡單的問題...... 所以 知道的吧

名誉挽回の 機会ですよ
是名譽挽回的機會喔

湯船て 粗相しないために
在溫泉裡 為了不要丟臉

こう言う 漏らしてしまいそうなものは
像這樣 快要失禁的東西

お湯に浸かる前に どうするべきですか?
在進到溫泉前 應該要怎麼樣呢?

女の人に 悪いことをしちゃう これは 
準備對 女人做不好的事情的這個

どうするのですか?
應該怎麼辦呢?

分かりますよね 旦那様
知道的吧 旦那様

さ お答は?
那 回答呢?

はい どうぞ
好的 請


そうですね
是阿

お風呂に入る前に 出してしまいましょう
在進去以前 要好好射出來喔

よく出来ました
做的很好



4-お背中


私の手 ドロドロにしてくれましたね
我的手 變的黏答答了呢

ようやく お話し(?)


お体 お流し致しますね
那 幫您清洗身體

さあ コンテと(?) お背中をお流し致しますよ
那 就用這個 幫您清洗身體了喔

旦那様は 手て洗うと 問題が起こるとうなので
旦那様 用手來洗的話 感覺會出問題

今度は タオルて
這次 就用毛巾來

もう今更 腰布も必要ないでしょう
事到如今 腰布也不需要了吧

お借り致しますね
來幫您收起來喔

では 肩口から
那 就從肩膀開始

マナー講座 続き どう致しますか?
規則講座 要繼續嗎?

あれで 終わりた と思いました?
難不成把那個當成是結束了嗎?

しかし 残念ながら 旦那様は 他のマナーは守って置いてのようですし
但是 很可惜 旦那様沒有違反其他規定的樣子

人の体はじろじろ見ない 目のやり場に困らせない
不要盯著別人的身體看  不要讓別人的目光沒地方看

しっかり 守ってくださいね
請 好好的遵守喔

もし 守って頂けないのなら
如果 沒有好好遵守的話

今度は 厳しく
下次 會更嚴厲的

マナーとは 他の方への配慮です
規定這種東西 是對別人的尊敬

お互いに 気持ちよく
為了互相 都能舒服

先程 マナーを説かれている時も 気持ち良かったでしょう
剛剛 在說規定的時候 也很舒服了吧

お流し致しますね
幫您沖掉喔

痒いどころはございませんか?
還有什麼癢的地方嗎?

一度 言ってみたかったのです
從以前就想說一次看看了

(?)
05:31
随分と お湯から上がっておりましたし
已經 從溫泉裡上來一段時間了呢

もう お肩が冷えておりましたよ
肩膀已經冷下來了喔

湯冷めせぬよう お上がりの前に しっかり 温まってくださいね
為了不要著涼 在洗好之前 請好好溫暖身體喔

私は 一まず 上がらせて頂きます
我就先回去了

あらだけマナーを説いておいて
說了那麼多規定

まだ 湯船にタオルをつける訳には 参りませんので
已經不會把毛巾放到溫泉裡面了吧

後程 改めて 入らせて頂こうかと
之後 想要回來再泡一次

お休みの前に お耳のお掃除にお伺い致しますので お部屋でお待ちくださいね
在休息之前 會來幫您挖耳朵  請在房間裡等待

はい それでは ごゆっくり
好的 那就請慢慢泡

失礼致しました
失禮了




----------湯上り----------

1-粗熱とり


はこべらです 入っても 宜しいですか?
我是はこべら 請問可以進去嗎?

縁側で 粗熱取りですか?
在走廊下乘涼嗎?

もう 夜風に冷たさが 混じっておりますね
夜風裡已經開始參雜一些涼意了呢

私も 少し 涼ませて頂けますか?
請問  我可以一起乘涼嗎?

夏とは違い 少し クラシックな雰囲気ですね
和夏天不一樣  有點優雅的氣氛呢

あれから ジンチョウゲの花嗅いでみて頂けました?
在那之後  有去聞聞瑞香的香味了嗎?

男性には 見た目は知らない方が 多そうですね
好像男生比較不知道長什麼樣子呢

どこかでは 見かけていると思いますよ
相信您一定也見到過

緑の葉を 年中茂らせて
綠色的葉片  整年都茂綠著

少し 肉厚の花が 沢山より集まて出来ている 小さい アジサイの様な
有點厚重的花聚在一起的感覺  就像小小的紫陽花一樣

庭先なとに よく植えられていて
常常被種在庭園旁

色は そうですね
顏色阿  是阿......

この辺りの物は 真っ白て
這附近都是純白色的

ちょうと はこべら色ですね
剛好是  繁縷的顏色呢

いい香りなのですよ
味道很香喔

甘く 名前の通り 沈香に似ていて
很甜  跟名子一樣  有沉香的味道

今は お互いに 石鹸の香り て ございますね
現在 我們互相都是  肥皂的香味呢

そう言えば 一度 お聞きしたかったのですか
這麼說來  一直很想問問看

旦那様は 私のこと......痴女だと 思っておられませんか?
旦那様是不是一直把我想成是...... 癡女呢?

瞳に期待の色が 見えていたもので
因為您眼神透露出了對我的期待

失礼致しますた
真是失禮了

尺度は 人それぞれでございますし
尺度阿  每個人都不一樣

旦那様には 旦那様の
旦那様有旦那様的

私のは 私の
我有我的

旦那様から見て痴女ならば それはそれて
旦那様把我想成癡女的話  那就是癡女了

ですか もし 手を出すお相手が 一人だけだとすれば
但是  如果只對一個人癡的話......

まだ 見え方も 変わって来たりなどは
看法又會改變了吧


言っておくと お優しい旦那様は まだ来てくださるでしょうから
如果這樣講的話  溫柔的旦那様一定會在來光臨的吧



2-あまがみ


お優しくて こう言うのお好きな旦那様は
溫柔  卻又喜歡這樣的旦那様

このマサージも 少々大人向けて
這種按摩  有點大人向

だから お好きなのでしょう
所以很喜歡吧?

私もです
我也是喔

お眼鏡には かないましたか?
有變的比較認同我了嗎?

それはそれは
那還真是~

ありがとうございます
非常感謝

お拭き致しますので 動かないてくださいね
幫您擦乾淨  請不要亂動喔

失礼致しますね
失禮了

あまり 献身的な立では ないですが
雖然說不上是無私奉獻

喜んで頂けるのは 嬉しいものですね
但是只要您喜歡的話  我就會很開心喔



3-お部屋へどうぞ


そろそろ お部屋に入りませんか?
要不要  回房間了呢?

女性の体は 冷えやすいですよ
女性的身體阿  很容易著涼的喔

旦那様も もう 粗熱は 取れたでしょう
旦那様也  差不多涼下來了吧

耳かき 致しましょうか?
要不要幫您挖耳朵呢?

はい
好的

お部屋へどうぞ
請到房間裡來

添い寝で よろしいですか?
請問可以躺下來嗎?

はい
好的

ありがとうございます
非常感謝

こちらへ
請來這裡



4-右耳


動くと シャンプーの香りが 鼻をくすぐりますね
只要一動  肥皂的香味  就會飄進鼻子裡呢


さあ

初めて参りますね
要開始了喔

石鹸の いい香り
肥皂的 味道很香


横顔 横顔は その人の 人生を映すと 言われておりまして
側臉  側臉阿  常常被說成會映照出人生喔

正面ではないのは 自然な表情になる だからでしょうか?
因為比起正面  表情會變得更自然嗎?

ここからだと よく見えますよ
從我這裡  看的很清楚喔

玄関を出て  道刈りに行った先に
從玄關出去  沿著小徑前進的話

少し大きな 神社がございます
有一間不是很大的神社

その中に 一本の 古い桜の木が ご近所のお婆さんが 若い頃に旦那様と植えた物で
神社裡有一株老櫻花樹   是附近的老婆婆年輕的時候  和她老公一起種下去的

満開の姿は それは立派な物だった そうですよ
滿開的樣子  聽說非常漂亮喔

私は知っているのは 枯れて葉もつけない 古木の姿だけです
雖然我所看到的  只是一顆枯萎的  沒什麼葉子的老樹

お散歩に よく 神社を通るのですが
之前散步的時候  常常會經過那個神社

その時 偶々 ご一緒致しまして
偶然間  有遇到過幾次老婆婆

旦那様との馴れ初め 結婚記念に 桜を植えた話
說起了她老公的回憶  結婚紀念日 和種下樹時候的話題

社に 枝が当たるまでに成長して 枝を落とすのに 反対した話
樹長到了神社上  準備把它裁斷  婆婆反對的話題

子供が出来て 大人になって
生了小孩  小孩長大

都会に出た子が お盆にも帰って来ない という愚痴も
到了城市的孩子  連長假都不回來的 牢騷也......

今年の初夏に 大風て 堂々 折れてしまいました
今年的初夏  來了一陣大風  就這樣把樹給折斷了

オチも何もない 只の世間話です
說著這樣  沒什麼重點的八卦

枯木も山の賑わいが 折れるまでは 話を聞くまでは 気にも止めていなかったですけとね
枯樹也好  山裡的繁盛也好  在折斷以前  在聊起來以前  明明一點都沒有去在意的

無くなると 寂しい物です
但是只要突然不見了  還真是會寂寞呢

今は 朽ちた株が あるばかり
現在也是  只剩下被折斷的遺骸

さあ

綿棒を
用棉棒

今も 昔も 変わらず 私には 古木しか見えませんが
現在也好以前也好  在我眼裡只看成是個老樹

あのお婆さんには 夏は青々
但在婆婆眼裡  夏天茂綠

秋は真っ赤に
秋天泛紅

春には 満開の姿を 見せるのでしょうね
到了春天 眼裡一定是  滿開的樣子 吧

懐かしい思い出と 一緒に
跟著懷念的回憶一起

昔話をしながら 古木を眺める横顔が とっでも印象的で
一邊講著以前的話題  一邊看著古木的側臉  讓我留下了很深的印象

ロマンがあるではありませんか 自分だけの桜の木
不是很浪漫嗎?  只屬於自己的櫻花樹

桜の話も 今夜のお風呂も いいことも 悪いことも
櫻花的話題也好  今晚的溫泉也好  好事壞事也好

些細な積み重ねが  黄昏を味付けてくれるのですね きっと
這些不起眼的小事堆積在一起  為我們的人生做了調味喔

人生をシワに刻むとは よく言ったものです
不是常說歲月會在臉上留下痕跡嗎?

それでは 私は この辺りにでも 刻んでおいて頂けますか?
那是不是我也  在這附近  留下一點痕跡了呢?

反対側 致しますね
另外一邊

失礼致します
失禮了



5-耳揉み


そう言えば まだ 齧っておりませんでしたね
這麼說來  還沒輕咬呢

もう そう言う雰囲気でも ございませんね
已經  不是那個氣氛了吧

手で ギュッと
那用手  緊緊的...

この辺りは家屋の明かりがございませんから
這附近  沒有家屋的燈光

そうして 仰向けになると 星がよく見えると思いますよ
所以只要仰望天空  星星就會看的很清楚喔

もう少し 縁側でゆっくりしていでも 良かったかもしれませんね
在走廊稍微休息一下  更好也說不定

お気に入りの コーヒーを入れて 星の見える縁側て 大の字に
泡著喜歡的咖啡  一邊大大的躺著看星星

蚊取り線香の端が 赤く燻ると 漂う除虫菊と 松脂の匂い
蚊香的一頭  綻著紅光時  搖曳的松指和除蟲菊香

次第次第に 目が慣れると
慢慢的慢慢的  等到眼睛習慣的時候

天の川の何様で よく言えるようで
就像天邊的那位常常說的一樣

秋の夜中には お勧めです
推薦是在秋天的晚上

ノーサンクロスで 列車に乗って 一路  サウザンクロスのまで
在北十字星上車  一路座到 南十字星

水晶の砂の貝かいや 真っ赤なさそりの火を眺めながら
一邊看著水晶雕刻的貝殼裡  蘊含的天蠍座的火光

小さマグカップから立ち上る ロマンの香り
在小小的馬克杯裡  爬上來的 浪漫的香味

ここは お部屋の中ですが 目も耳も 塞いで
這裡  雖然是在房間裡面  只要遮住眼睛和耳朵

真っ暗の中て お話しを聞いていれば 瞼の裏に 何か 浮かびませんか?
在漆黑的房間裡  聽著故事的話  眼皮下 有沒有什麼浮現出來呢?

ずっと広かる星々や 木造でモダンな停車駅
遠遠延伸的星星  木造的新車站

石炭袋まで 乗り過ごさないように
注意不要在石炭袋座過頭了

今夜は 私が支えておりますから 浮かぶ駅は ここのバス亭かもしれませんね
今晚  是我在支撐著  所以浮現的是這裡的巴士站也說不定呢

夢に出てきてしまうくらい よく 浮かべて頂けますか?
有沒有放開去想像呢?

はい
好的

では 横にならせて頂きますね
那 請躺到另外一側



6-左耳


きゅ

こう見えて 私は強欲なのです
這樣看來  我還真是貪心呢

何でもかんでも 大切に 取っておきたい
不管什麼事都像去重視

物も 景色も 人も
東西也好 景色也好 人也好

お別れは いくつになっても 慣れませんね
不管到了什麼年紀  分離總是很難習慣呢

お仕事から 仕方がないことですが
雖然這份工作  不管怎樣都沒辦法

それでも ささやかに 抵抗してみたり
這是這是我 小小的抵抗

今夜も片耳で辞めてしまいましょうか?
今晚  要不要留下一隻耳朵不去挖呢?

半分残しておけば まだ 来ていただける気がして
想著如果留下一邊的話  下次一定會再光臨的

子ともぽいと 笑ってください
請笑我像小孩子沒關西

四畳半の 隅に伸びる 黒い柱
在四帖半 角落裡的黑色柱子

枕の上の障子は 大きく剥げはなたれ
柱子上的小窗戶  大大的剝落下來

黒い画用紙に 沢山の針を刺したように
感覺就像在黑色圖畫紙上  用針插出無數小洞

小さな明かりを漏らして
透出淡淡的光

言葉や 文字にすると 思いては 止めやすいです
語言阿  只要化作文字  回憶就更容易停留在上面

何時か 思い出してくださるよう
為了讓您能隨時想起來

ささやかながら お手伝いよう
一邊在您耳邊耳語  一邊幫忙


古い古い バスに揺られて
舊舊的 舊舊的 巴士搖晃著

見えてくるのは 木製の薄く苔むした 停留場
遠方能看到的  是青苔的巴士站

カラカラと 壊れそうな音を立てながら
一邊發出快壞掉的聲音

小さくなっていく 停留ランプを見送り
一邊望向慢慢遠離的道路

剥きだしの土を踏みしめて 雨の様な 季節の声を轍に沿って
駛過乾枯的土地  就好像雨一樣  季節的聲音沿著車胎痕

くくった先て 私は 待っております
在那彼方 我 在那裡等著

次は 何を話そうか 今度は 何をしてみようか
下次 要說點什麼呢  下次 要做點什麼呢

少し 困らせてみようか と
要不要 讓您困擾一下呢  的

次に会うのが 楽しみですね
真期待 下次見面呢

もう 夜も更けますよ
已經很晚了喔

続きは 夢の中で
接下來  就在夢裡......


記憶とは 道の様な物
記憶阿  就像路一樣

何度も通れば 轍が出来て
只要走過幾次  就會像車痕一樣

地面は固まり 太い道へ
會慢慢踏實地面  變成大條的路

人が誰も通らなければ 雑草が茂り
如果都沒人走過  就會長出出雜草

そのうち 忘れられるのでしょう
就會慢慢的 被忘記了吧

本の受け売りですけと
雖然這個說法我也是從書裡看到的

旦那様が 忙しくでも
旦那様 就算很忙

石鹸の香りを 表札に下げておけば
只要把肥皂的香味藏在門牌下

まだ トアを叩いて くれるかも
說不定只要輕輕的敲門

今のこの 旦那様の嗅いでいる匂いが
今天的事情  還有現在的香味

はこべらさんの お家ですよ
就會引領您到有我的地方

何時でもお越しを
不管什麼時候 都歡迎您光臨

お休みなさい 旦那様
晚安了 旦那様

まだ後日
請下次再見

引用網址:https://home.gamer.com.tw/TrackBack.php?sn=3570151
All rights reserved. 版權所有,保留一切權利

追蹤私訊

作品資料夾

joy55559all
小屋內有免費結緣物品、書籍、電繪板、護身符,歡迎來結緣。阿彌陀佛(。◕∀◕。)看更多我要大聲說3小時前


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】