創作內容

10 GP

ドーベン・ウルフ

作者:高町真│機動戰士鋼彈 ZZ│2014-06-26 10:53:53│贊助:20│人氣:1059

機體介紹(維基):
  • ドーベン・ウルフ (DÖVEN WOLF) は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する架空の兵器。ネオ・ジオン軍の一般兵用サイコミュ搭載量産型重モビルスーツ (MS) 。
  • 本項では、前身機であるガンダムMk-V、改修機であるシルヴァ・バレトも併記する。

諸元
ドーベン・ウルフ
DÖVEN WOLF
型式番号 AMX-014
所属 ネオ・ジオン
建造 ネオ・ジオン
生産形態 量産機
頭頂高 22.0m
本体重量 36.8t
全備重量 74.5t
出力 5,250kW
推力 21,700kg×1(背部中央)
32,800kg×2(背部外側)
(総出力)87,300kg
センサー
有効半径
12,000m
装甲材質 ガンダリウム・コンポジット
武装 30mmバルカン砲×2
グレネードランチャー×2
ビームキャノン(出力4.2MW)×2
ビームサーベル(出力0.56MW)×2
12連装ミサイルランチャー×2
メガ粒子砲(出力5.3MW)×2
大型対艦ミサイル×2
メガランチャー(出力40.2MW)兼ビームライフル(出力12.5MW)
インコム×2
有線ハンドビーム(出力2.3MW)×2(指揮官機は無線式)
隠し腕×2(指揮官機のみ)
搭乗者 ラカン・ダカラン ほか
その他 姿勢制御バーニア×17
機体解説
  • ハンマ・ハンマの時点では完成していなかった一般兵用サイコミュ兵器(準サイコミュ兵器)を初めて本格的に搭載した量産機。
  • 位置づけとしてはネオ・ジオンが入手したサイコガンダムMk-IIの一般兵用の小型量産機であり、また地球連邦軍よりアクシズに亡命したローレン・ナカモト博士が持ち込んだガンダムMk-Vの発展型でもある。
  • 同時期に開発されたザクIIIとの競合に勝利したという設定ながら、ネオ・ジオンの中ではグレミー・トト率いる反乱軍のみが所有しているとされ、ラカン・ダカラン率いるスペース・ウルフ隊を中心に配備された。
  • 基本フレームはMk-Vを踏襲しつつ、サイコガンダムMk-IIの各種火器を20m級MS用に小型化した上で搭載している。機能的には第4世代MSに分類され、その総合火力はΖΖガンダムにも匹敵する。この機体ではパイロットの微弱な感応波を増幅する技術を応用し、コンピュータの補助によりニュータイプ能力の低い一般パイロットにも有線ハンドビームやインコムといったサイコミュ兵器の使用を可能にした。
  • ネオ・ジオン側の準サイコミュ開発は連邦側の物に比べ遅れており、ニュータイプが搭乗しないと使用できないものだったが、ローレンの参加とガンダムMk-Vの存在によって、一般パイロットにも使用可能なものとなった。
  • 通常のサイコミュほど複雑な操作はできないとされるが、その詳細は資料によって若干内容の揺れがある。パイロットの脳波をサンプリングしているとも、あくまでもコンピュータによって擬似的にサイコミュ的挙動を再現しているに過ぎないともいわれている。インコムとハンドビーム(無線タイプ含む)はサイコミュ兵器に分類されるが、ミノフスキー通信は用いられていない。
  • それに加え、本機の準サイコミュはこれら遠隔兵器の操作のみならず、本機の多数の火器管制にも使用されているという。
  • なお現在の設定では準サイコミュはガンダムMk-Vからもたらされた地球連邦側の技術だが、古い資料ではネオ・ジオン側の技術としているものもある。
  • また放送当時に公開された設定ではバイオセンサーによって一般兵でも使用できる一般兵用サイコミュとされていた。
有線ハンドビーム
  • 掌にビーム砲があり、サイコガンダムMk-IIのように前腕部を切り離してオールレンジ攻撃ができる。有線タイプと無線タイプの二種類がある。
  • 有線タイプはジオングのものと同様の遠隔操作のほか、敵機を掴み、電流で攻撃が可能。実際には劇中ではこちらの攻撃でしか使っておらず、動きも直線的なものであった。
  • 指揮官機(ラカン・ダカランが搭乗したタイプ)はレーザー通信による無線通信で操作され、本体から分離して制御される。こちらは腕の発射後の本体に隠し腕が仕込まれており、マニピュレーターとしての機能が残るようになっている。また、かなり自由に操作されており、相手の武器をつかんで妨害したり、ビームサーベルで斬りかかることができた。
  • 有線タイプ、無線タイプともに、劇中で本体から切り離した状態でビーム砲を使用する機会はなかった。掌のビーム自体は本体と接続した状態で発射する場面がある。
メガランチャー
  • 携行武器のビーム・ライフルは12.5MWの高出力を有し、本体腹部のメガ粒子砲に接続、加速器として用いることで最大出力40.2MWのメガ・ランチャーとして機能する。その威力は、マゼラン級宇宙戦艦を撃沈するものとされる。ただし、機体本体の固定武装となることで射角が限定されるほか、大量のエネルギー消費のため、連続使用は不可能である(劇中では接続したまま低出力で連射している)。
胴体
  • 腹部にサイコガンダムのようなメガ粒子砲があり、メガランチャーとして運用する際にはここにビームライフルを接続する。
  • 脇の下にはグレネード弾やスモーク弾を発射可能な隠しランチャーがある。
バックパック
  • 中央部の突起にAMS-09R対艦ミサイルを装備可能(劇中未使用)。バインダーには多数のAMS-01H対MSミサイル(ガザDのものと同型)と、バインダー先端部のビームキャノンがある。
  • 基部側には有線サイコミュ兵器・インコムが左右1基ずつ内蔵されている。リレーインコム(レーザー砲を搭載)という装置を経由することで方向転換し、自由な遠隔攻撃を可能としている。
その他
  • 頭部にはバルカン砲を装備している。
  • ビームサーベルは大腿部腰アーマーに内蔵され、後方攻撃用ビーム砲としても使用できる。
  • スペックノート上の推力値はオリジナルのMk-Vに比べ減少しているが、その推力はスペックがはるかに上のザクIIIを上回るともいわれている。姿勢制御スラスターは合計17基。
  • 同時期に開発されたゲーマルクと比較して火力の点では一歩譲るものの(この評価は逆の場合もある)、一般兵用サイコミュを実用化した点でこちらのほうが評価が高かった。ネオ・ジオンの量産型MSとしてザクIIIと次期主力の座を争い、火力・推力面において上回っていたことからこれを下し少数が量産されているが、その後ネオ・ジオンが崩壊したこともあり、実質的な登場数はほぼ同数に留まっている。
劇中での活躍
  • スペース・ウルフ隊の乗機として第一次ネオ・ジオン抗争末期に6機が実戦投入され、ネオ・ジオン内乱時にはグレミー・トト率いる反乱軍に所属。隊長機であるラカン機は、その操縦技量と相まって正規軍のキャラ・スーン操るゲーマルクを圧倒するなど高い戦果を挙げる。また、彼の巧みな指揮の下、マシュマー・セロのザクIII改を部下たちとの連携で撃破する。
  • しかし、スペース・ウルフ隊はザクIII改との戦いの前に1機、ザクIII改の自爆で1機、その直後にゲーマルクの攻撃を受け2機が撃墜され、ラカン機を含む2機のみとなる。その後ラカン機はゲーマルクを撃破寸前まで追い詰めるが、介入してきたジュドー・アーシタのフルアーマーΖΖガンダムと交戦し、撃墜される。(小説版ではΖΖガンダムのハイ・メガキャノンの一撃で全機撃破される。)
  • OVA『GUNDAM EVOLVE../10』では、第一次ネオ・ジオン抗争後に要人Mという人物が木星圏へと向かうジュピトリスIIに亡命する事件がおこり、それを阻むネオ・ジオン残党の追っ手として数機登場する。木星圏の高重力に対応した円盤状のサブフライトシステムに搭乗しており、隊長機は白く塗装されていた。最終的にはジュピトリスII所属のジュドー・アーシタの乗るΖΖガンダムによってオールレンジ攻撃を看破され、撃墜されている。インコムが映像作品で使用されたのはこれが最初の例である。
  • 漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』では、パラオの守備部隊の中に袖付きの装飾が施された機体が登場(機体色は青とグレー)。ユニコーンガンダムと交戦するが、ビーム・ガトリングガンによる銃撃を浴びて撃破される。
デザイン
  • メカニックデザインは明貴美加。企画時の名称はG-V(ジー・ファイブ)。すなわち、ネオ・ジオンが開発した(サイコ)ガンダムという設定であった。しかし、ガンダムをこれ以上出す必要はないという理由で没となり、頭部のデザインはクィン・マンサへ流用された。ガンダムMk-Vのデザインは本機の初期稿を元にしたものである。
  • 本機登場当時、MSの設定の複雑化は劇中で演出表現しきれない域にまで達しており、さほど重要な役割ではなかった本機も過剰な武装が施され、最大の特徴であるはずのインコムをはじめ多くの武器を披露せずに終わっている。いくつかはゲーム作品で使用されているが、全てを再現した例はない。
  • 『機動戦士ガンダムΖΖ』の放映末期、サンライズはアニメ製作用の塗料不足に陥っていたため、ドーベン・ウルフやゲーマルクの単色に近い色設定はその影響を受けてのものである。なお、当時の一部のアニメ雑誌では、監督の富野由悠季自身の色設定によるものだという。また、劇中ではグレミー軍用のカラーに塗装されそうになるのをラカンが激怒し、グレミー本人に直訴の末例外を認められるという一幕が描かれている。
自評:在戰略遊戲要注意MS,不要排成一直線,雖然可躲過,但其他武裝也很恐怖,該稱讚真不塊是MK-V的後繼機嗎?還量產化單純以機體來講蠻喜歡這種重武裝機體,但要說原作表現的情況下的話...

相關圖:


~END~
引用網址:https://home.gamer.com.tw/TrackBack.php?sn=2488594
All rights reserved. 版權所有,保留一切權利

相關創作

同標籤作品搜尋:機動戰士鋼彈 ZZ|拉肯

留言共 7 篇留言

法蘭克趙
強力量產機啊!! 不管是武裝還是性能都是一等一的啊

06-26 12:44

高町真
[e22]06-27 08:52
月巴豆頁 楊伐善
大眾臉

06-26 13:07

高町真
量產機嘛~~06-27 08:48
越後 ~MAX大変身
很喜歡這隻

超帥的!!!

06-26 18:46

高町真
武裝豐富但無法逃離全滅的命運...06-27 08:53
真紅
依武裝來說真的是很優秀的機體呢!

06-26 20:15

高町真
五號機後繼者!!!!06-27 08:51
阿瑪迪斯
MK-V的量產火力特化版,不過畢竟是量產機在總和性能方面還是不如MK-V

以新吉翁同期新機型來看,在火力只略遜AMX-015蓋馬爾克,打趴同期競爭

對手薩克3

07-31 17:26

高町真
只有量產機才會弄人海戰術~~08-01 10:32
小咪羊
拉坎的變節行為令人不恥
可是這架機體真的是男人味十足啊
Cg真的是太漂亮了
Hguc版雖然還是有些比例上不滿意的地方
但每次看到模型都還是為它能夠立體化而感動

11-23 20:16

高町真
雖然以多欺少很卑鄙,但戰爭就是要靠數量啊,這不是無雙世界...11-25 12:38
小咪羊
欸??
我說的變節指的是和古雷米一起背叛哈曼和米奈芭啊,
因為拉坎的形象給人勇猛的武士的感覺,
所以他受到一點小利誘惑就變節令我感到錯愕。

11-25 17:36

高町真
看不出來是狡猾型11-25 17:58
我要留言提醒:您尚未登入,請先登入再留言

10喜歡★g5275 可決定是否刪除您的留言,請勿發表違反站規文字。

前一篇:【心得】星刻龍騎士... 後一篇:想要我的寶藏嗎?想要的話...

追蹤私訊

作品資料夾

yukaribba17中共
光復香港,時代革命看更多我要大聲說昨天21:50


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】