前往
大廳
主題

【歌詞中文翻譯】ヒトリエ『アンチテーゼ・ジャンクガール』Antithesis JunkGirl

伊亞修斯 | 2024-06-14 23:47:45 | 巴幣 210 | 人氣 64


作詞:wowaka
作曲:wowaka
歌唱:ヒトリエ
翻譯:伊亞修斯



「そう あたし 見透かされていたガール。
「沒錯 我是 被人看穿的女孩

それって劣等、劣等感かな
那樣算是一種劣等、劣等感嗎?

今すぐ見惚れたい、ねえ、これ我侭かな?」
現在立刻想一見鍾情,吶,這算是任性嗎?

何一つ 答えなど呑み込めず
不論任何的答案都無法吞進肚子裡

重ねた自問自答の果てまで
重疊的自問自答的盡頭為止

咲きかけてた才を見初められず
正打算綻放的才能卻無法對其一見鍾情

その場しのぎの情を積み上げて
在那裡堆積著忍耐的感情



「ねえ あたし 暇なく泣きたいガール。
「吶 我啊 是個沒空又想哭的女孩

それでも結構、結構
即使如此也無妨無妨

勘違いをただ繰り返して今、これ面白いかい?」
僅僅是重複著誤解的現在,這難道很有趣嗎?」

紙一重 擬態など見破れず
只隔一層紙 卻看不破是擬態

呆れ切ってクラっとなる心で
用過於呆愣而感到眩暈的心

楽になった今日の独りを、ただ、
變輕鬆的今日的孤獨,僅僅是

ひたすらに味わい尽くして
單純地嘗盡它的味道

期待 期待 振り払って
期待 期待 全將其揮空

見たい 見たい ものも無くて
想看到 想看到 的東西也不存在

唄え 唄え 君しかいない!
歌唱吧 歌唱吧 只有你一個人

声の音、聴かせて欲しいわ
想聽聽看你的聲音啊



「だいきらいさ、だいきらいさ」
「最討厭了,最討厭了。」

大人びた声
學著大人的聲音

こじらせたあたしの劣等、劣等、劣等症!
讓我更加惡化的我的劣等、劣等、劣等症!

がらん、がらん 寂しさに飽いて
空空蕩蕩 被寂寞填滿到都厭煩了起來

「あんたなんか、しらないわ」
「你這傢伙什麼的,我才不認識呢。」

理由もなく流れ落ちる感情を今すぐ、
沒有理由就這樣流露出的感情將其現在立刻

今すぐ忘れたいの!
現在立刻就想忘記啊!

さらけ出したあたしの色 見てる かしら
暴露出來的我的顏色 你是否在看呢?



「ねえ あたし 隙間なく咲きたいガール
「吶 我是 毫無空隙想綻放的女孩

それでも結構
即使如此也無妨

ああ 勘違いをただ繰り返して今、
啊啊 僅僅是重複著誤解的現在,

それ面白いかなあ?」
那難道很有趣嗎?」

あれ、どこを探しても見つからない
那個,不管在哪裡都找不到

やけになり見透かした心の底
變得自暴自棄被看穿的內心深處

その場所に眠った独りを、
將在那個地方沉睡著的孤獨

ただ、ひたすらに味わい尽くしていた
僅僅是,單純地嘗盡它的味道

期待 期待 振り払って
期待 期待 全將其揮空

見たい 見たい ものも無くて
想看到 想看到 的東西也不存在

唄を唄うあたしだって、したい、したいことばかりさ
就連唱著歌的我也,充滿著想做,想做的事情啊

伝え 伝え 音に沿って
傳達到吧 傳達到吧 沿著這聲音

似たい 似たい 色なんて無いわ
相似的 相似的 顏色並不存在啊

向かえ 向かえ 君しかいないの
面對我 面對我的只有你一個人啊

声の音、聴かせてくれないかな?
你願不願意讓我聽聽你的聲音呢?



「咲いたよって、泣いてました」
「綻放了啊,哭出來了啊」

無意識の向こう側
無意識的另一端

吐き出したあたしの痛みを認めたいの?
想去承認自己所吐出的疼痛嗎?

からんからん 夕景に沈んで
空洞洞的聲音 沉沒在夕陽裡

―どうしたのって、ききたくて
「怎麼了?」想聽你說出口。

―足りない言葉で枯らした声も、
即使用乾枯的聲音 用不足以傳達的話語也好

今はただ 今はただ
現在只想 現在只想

―見てよ、見てよと唄う今日でした
「看看我吧、看看我吧」如此唱著的當下

「だいきらいさ、だいきらいさ」
「最討厭了,最討厭了。」

「あんたなんか、しらないわ」
「你這傢伙什麼的,我才不認識呢。」

だいきらいでしょうがないな
最討厭了討厭到不行。

音もなくこぼれ落ちる感情を今すぐ、
悄無聲息灑落的感情現在立刻

今すぐ忘れたいの
現在立刻就想忘記啊

さらけ出したあたしの色 綺麗 かしら
暴露出的我的顏色 是否 美麗?

見てるかしら?
你是否在看呢?

送禮物贊助創作者 !
0
留言

創作回應

更多創作