前往
大廳
主題

【翻譯】靜希草十郎(翻譯文本・語音翻譯)

サラダ | 2024-04-26 23:41:27 | 巴幣 210 | 人氣 204

「社會的激流就是這種意思嗎?」
 逆行的現在與過去被打亂
 善良少年的命運又會走向何方。

角色詳情

人里離れた山奥の生活から現代に下りてきた田舎少年。ある意味タイムスリップ状態。
平凡なバックボーン、純朴な気質ながらも、街の豊かさに順応していく中、魔術師同士の戦いの場に出くわしてしまった不運なアルバイター。
「でもまあ、都会も魔術も似たようなものなのでは?」
そんな考えで魔法使いと魔女の住む洋館で暮らす事になるのであった。
その前向きさは逞しいと言えなくもない。

自遠離人煙的深山生活來到現代的鄉下少年。某種意義上的時間跳躍狀態。
一邊懷著平凡骨氣、純樸氣質,正在逐步適應都市的豐腴,出現在魔術師之間的戰鬥場所的不走運打工人。
「不過,都會也是類似魔術的東西吧?」
因為這樣的想法而居住在魔法使與魔女所居住的洋館中。
那份積極不可不說是堅強。

筋力:C++ 耐久:B-
敏捷:C++ 魔力:E-
幸運:A   寶具:C++

個人情報1

身長/体重:172cm・61kg
出典:魔法使いの夜
地域:日本
属性:中立・中庸  副属性:人  性別:男性

信じた事は、とりあえず黙っておく堅実派。
特別でもないが、まあ、普通というワケでもない。

身高/體重:172cm・61kg
出典:魔法使之夜
地域:日本
屬性:中立・中庸  副屬性:人  性別:男性

相信之事,便會先默默執行的堅實派。
雖不特別,不過,也並不普通。

個人資料2

影の薄い進行役。
青子・有珠と共同生活をしながら、最後まで“魔術師サイド”の話に関わらない、ある意味すごい一般人。
育った環境が自然マキシマムだったからか、特に特徴があるわけでもないけど、どこか世間とズレている。

自我が薄い……というのではなく、確固とした自我はあるけどそれをなんとも思っていない人。自分イコール一番大事なもの、ではない。

言葉は少ないが人なつこい性格で、たいていの人間とは仲良くなれる長所を持つ。
体力測定のような、あくまで日常生活範囲での運動が得意。

影薄的監督人。
一邊與青子・有珠共同生活,直到最後都沒牽扯上“魔術師側”的事情,某種意義上是很厲害的一般人。
不知是因為養育環境為自然極端,雖然沒有特別表現出特徵,但總覺得與世間有所偏離。

自我薄弱……並非如此,雖有確切的自我但卻是位不重視這點的人。自己等於最重要,沒有這回事。

雖不常發言但卻是親人的性格,具有能與大多人交好的長處。
擅長體力測定這類,止於日常生活範圍內的運動。

個人情報3

○性格
何を基準にして普通というのかは人それぞれだが、そういった曖昧さから見ても普通の性格。
不平等を良しとせず、調和を読み、毎日は楽しくあってほしいと思う、善良で平凡な善悪基準。
積極的でなく、自己顕示欲は薄く、社交的ではない。
さりとて退廃的ではないし、人間嫌いでもない。
受動的だが、何かを受けとめた時の対応は健全。
無口な草十郎に友人が多いのは、気軽に話せて、話した側以上の真摯さで会話を受けとめるからだろう。
草十郎は人間との付き合い方をよく知らないため、とにかく真剣に向き合おうとする。
それが暑苦しくならないのは彼に自分を押し売りする気が皆無だからだ。
その真面目さ、誠実さ、あと妙にほんわかした空気が話しかけた人間にとっていい方向に働いて、結果として人に好かれている。

人畜無害を絵に描いたような、と初対面の人間は評しがちだが、そんな言葉を聞くたびに後ろにいる青子は呆れきった顔をするのであった。

○性格
以什麼為基準會是普通雖然因人而異,但即使從這般曖昧看來也是普通的性格。
不容許不平等、認同和諧、想著希望能每天開心,善良且平凡的善惡基準。
並非積極、自己展現欲淺薄、並不重社交性。
雖說如此卻並不頹廢,也並不是討厭人類。
雖然被動,但在要承受某些事物時的對應會很健全。
沉默無言的草十郎會有許多友人,想必是因為一輕鬆搭話,便會以搭話一方之上的真摯來接下對話吧。
由於草十郎並不太清楚與人的交際方式,總而言之就是認真面對。
並不覺得這難以忍受是因為他毫無推銷自己的意思。
那份認真、誠實,還有舒暢的氛圍會驅使搭話的人走向對那人而言的好方向,結果就是受人歡迎。

如同體現了人畜無害般,初次見面的人雖如此評價,但每當聽聞這般話語在身後的青子便會目瞪口呆。

個人資料4

○気配遮断:A
別に気配を隠す気はないけどいつのまにかそこにいる、を地で行く影の薄さ。どこにいても、どこに置いても違和感がないのがすごい。

○宗和の心得:C
色即是空、空即是色。特に誰かから学んだ訳ではないが、自然(じねん)のままに受け流すライフスタイル。

○おまじない:EX
いつか、どこか、誰かがかけた恐怖心を無くす初歩の暗示魔術。失敗しているので暗示自体にはなんの効果もなかったが、それはそれとして意味のあるイベントだったようだ。このスキル名は偽物で、本来は『暗器』というスキル名。
恐怖、混乱、スキル封印無効。

○無死不殺遍路:A
むしふさつへんろ。
隣人の死は無いものとして扱い、使命果たすまで自身の命を殺す事なかれ。
文明から離れた厳しい自然の中で暮らすための最低条件。日常、習慣にまで昇華されたリスク回避とオーダー達成の最適効率。

○借転輪自在趺坐:A
しゃくてんりんじざいふざ。
窮地での精神力の高まり。
目的意識からなる気力、気勢といった精神活動による能力向上。
死ぬ前に事を為さなければ、という究極の生命原理を一度きりではなく恒常的に用いられないか、という試み。
而して。運命力という目に見えないものは削られるが、使い捨てられるものどもにとって、見えないものは無きに等しく。

○氣息遮斷:A
雖然沒有特別隱藏氣息的意思,但不知何時就身於此處,展現出了影薄。無論身在何處、身處何方都不會有違和感,十分厲害。

○宗和的心得:C
色即是空、空即是色。雖然並沒有特別向人討教,但就順其自然接受的生活風格。

○詛咒:EX
不知何時,在某處,被某人施加失去恐懼的初步暗示魔術。雖然因為失敗了,暗示本身並沒有任何效果,但那也是具有意義的活動。這個技能名是虛假的,本來是名叫『暗器』的技能名。
恐怖、混亂、技能封印無效。
※註:『魔法使之夜』第五章後半中,青子對草十郎使用過暗示,但卻毫無作用。

○無死不殺遍路:A
無死不殺遍路。
將旁人之死當作不存在,直至履行使命為止不會扼殺自己的性命。。
為了生活在遠離文明的嚴峻自然中的最低條件。昇華至日常、習慣的風險迴避與達成指令的最佳效率。

○借轉輪自在趺坐:A
借轉輪自在趺坐。
身處絕境的高漲精神力。
源自目的意識構成的氣力、氣勢這類精神活動的能力提升。
死前得要達成事情,不僅限於一度,能否能時常使用這般究極生命原理的嘗試。
於是。雖然削減了命運力這般肉眼不可見的事物,但對於使用的人來說,看不見等同於不存在。

個人情報5

『座■不明 悪霊■し』
ランク:C+++ 種別:対界宝具
レンジ:計測困難 最大捕捉:1人

避けられない一撃を与える。
相手が反則まがいのデタラメな防御をしていればいるほど、こちらも現実離れした認識/修正/解読不可能の攻撃を喰らわせる。……らしい。
何が起きているのか、どうやって起こしているのかは、この一撃を選択するにいたった当人と、その持ち主にしか分からない。

『座■不明 惡靈殺■』
階級:C+++ 種類:對界寶具
範圍:測量困難 最大捕捉:1人

施加不可避的一擊。
對手越是有近乎犯規的參數防禦,這邊也就使之接下偏離現實的認知/修正/無法解讀的攻擊。……貌似如此。
發生了什麼事,是如何引起的,只有抵達選擇這一擊的當事人,與其持有者明白。

個人情報6(通過魔法使之夜After Night/隈乃溫泉殺人事件及羈絆Lv.5)

○百骨万世千塔修験:A
ひゃっこつばんせいせんとうしゅげん。
隷属の位において、暗中の一秒とは、長い時間をかけて岩盤から染み出す清水の一滴の如し。以て那由他の修験とする。

大脳基底核とは、本来極めて複雑な人体の動きを『規程内の簡単な動作』としてパターン化し、脳への負担を減らすいわばオートメーション的な役割を果たしている。
この迷信療法を試されたものは大脳基底核が■■し、活動の際、呼吸、骨子、筋肉、神経といった複雑な連動を常に意識、計算しなければならなくなり、
この民間療法を受けたものは大脳基底核が■■し、活動の際、呼吸、骨子、筋肉、神経といった複雑な連動を『マニュアル』で行えるようになる。

            ◆

『魔法使いの夜アフターナイト』で登場。
サーヴァント草十郎は全盛期……『学生時代』の姿で召喚されたが、それとは別に、現地で出会った『サーヴァントとして召喚されるはずのない、いままさに生きている』二十代後半の大人草十郎も登場した。

大人草十郎は探偵の助手として隈乃温泉を訪れたが、その目的は雇い主である探偵とは微妙に違うものだった。
探偵は人捜しに来ていたが、草十郎は知り合いの失したものも見つける、という副目的があったのである。
『なくしたとしたら森の中かな?』と森を虱潰しに探していたところでカルデアからレイシフトしてきたマスターとマシュと遭遇。
ふたりを隈乃旅館に案内した後、草十郎が旅館をとことこ歩いていると、とつじょ10年前と変わらない姿で現れた蒼崎青子の手によって問答無用で東京までワープさせられた。
いちおう、なぜワープさせられるかの事情は説明された。
東京の槻司探偵事務所にポン、と現れた時、口から出た第一声は「よし、がんばれ昔の俺」である。

○百骨萬世千塔修驗:A
百骨萬世千塔修驗。
在隸屬地位上,所謂暗中一秒,猶如花費長久時間滴穿岩盤的一滴清水。被視為藉由那由他的修驗。

所謂大腦基底核,本來是將極為複雜的人體動作作為『規定内簡單動作』的模式化,減少對腦部的負擔也能說是自動履行職責。
嘗試這個迷信療法的人大腦基底核會■■,活動之際,變得必須要時常去意識、計算呼吸、骨骼、肌肉、神經這些複雜連動,
接受這個民間療法的人大腦基底核會■■,活動之際,變得能透過『指示』來執行呼吸、骨骼、肌肉、神經這些複雜連動。

            ◆

於『魔法使之夜After Night』登場。
Servant草十郎雖是以全盛期……『學生時代』的容貌被召喚,而且還有其他,在當地邂逅『不會作為Servant被召喚,如今仍存活的』二十歲後半的大人草十郎也有登場。

大人草十郎雖是作為偵探助手而造訪隈乃溫泉的,但其目的與身為雇主的偵探有些微妙地差異。
雖然偵探是來找人的,但草十郎是來尋找熟人弄丟的東西,懷著這樣的次要目的。
想著『弄丟的話會在森林中嗎?』徹底搜索著森林時遭遇了自迦勒底靈子轉移的Master與瑪修。
將二人帶往隈乃旅館後,草十郎漫步在旅館中,途中就被與10年前別無二致容貌現身的蒼崎青子不容多說地折躍到了東京。
姑且,有說明為何會折躍的事由。
在東京的槻司偵探事務所砰地,出現時,從口中說出的第一句話是「好,加油吧,以前的我」。


秘傳員工餐

オリジナル自炊メニュー。
それはひとり暮らしの男子が必ず一つは持つと言われる
その人物だけの固有異能。

草十郎がアルバイトしていた中華飯店のまかない飯だったが、後に彼の得意料理となった。
焼きうどんに他の一品を掛けただけのものだが、味付けがしっかりしているため丁寧で味わい深く、高級食材にたよった料理になれていた同居人たちをノックアウトするほどの威力を秘めている。
なんでもない日に、ごく自然に、さらっと、親愛の証として提供される。


原創自製菜單。
那是被獨居男子說是得要有一個的
僅限那位人物的固有異能。

雖是草十郎打工的中華飯店員工餐,但之後就變成了他擅長的料理。
雖然只不過是炒烏龍麵加上其他一級品,但由於也很注重味道而細緻且富含風味,蘊含足以KO習慣依賴高級食材來料理的同居人們的威力。
在稀鬆平常的一天,十分自然、突然地,作為親愛證明而被做出。


召喚
「從小憩中一醒來,此處是一整面想回歸的空間……。
 雖然尚未習慣但請見諒,這也是真心話。
 好―――那麼,說來聽聽吧。」

對話1
「轉移〔註:Ray Shift常被翻為靈子轉移〕的時間到了。打起精神上吧

對話2
「要上了,知更鳥!
 魔夜時間到了!

對話3
「你問所謂主從關係是什麼呢?
 當然可以,來談談吧。我很熟悉

對話4
「Master……Master,嗎。
 說實話,對於稱呼你為Master有所牴觸。
 畢竟你想嘛,不覺得像是當成外人嗎?

對話5→蒼崎青子
「蒼崎在的話就沒問題了。
 雖然場地會被搞得一蹋糊塗,但到頭來所有事都會被解決。
 雖說如此,但希望能好好地注意一下。
 畢竟蒼崎一旦孤身一人,就會行動力過強呢

對話6→兩儀式(Assassin)
「雖然語氣很堅毅,但卻是很照顧人的好人。
 值得信賴,更何況擅長料理這點非常好。
 你問是指誰?
 就是指用小刀的兩儀小姐

對話7→兩儀式(Saber)
「在山裡的時候,僅有過一次,看過那種身姿。
 就是在日出前飛向淺灰天空的鳥兒。
 那是難以闡述的美麗,難以言喻的感慨啊

對話8→埃莫〔卡蓮〕
「雖然我善於忍耐痛楚,但會輸給卡蓮。
 竟然化苦痛、痛楚為力量,並非尋常的精神力。
 臉皮很厚? 心臓上會長毛嗎?
 原來如此,心臟真強

對話9→馬納南.麥克.利爾〔芭潔特〕
「結合魔術和格鬥技去戰鬥!?
 正可謂全身凶器啊~。
 還以為只有蒼崎」

對話10→千子村正
「從村正氏身上感覺到苦命人的氣息。
 是從未有過的親近感。
 毫無疑問在日常生活中有過問題。
 下次,去聽聽經驗談吧」

對話11→佐佐木小次郎
「為了砍燕子而在山中修行,沒做過哦?
 啊……雖然沒做過,是天才的話,就沒辦法了」

對話12→久遠寺有珠
「有珠可是很麻煩的哦。
 啊不,並不是在壞的方面上,也不是難搞的意思。
 容易引爆……過於複雜,覺得會難以理解。
 打好關係,要慢慢花費時間才好。
 那便需要能享受紅茶的香味。
 有珠能交到新友人,那便是最好的事情了」

喜歡的東西
「喜歡的東西是……嘛,有很多,現在提起也無妨吧。
 是青子哦。只不過要對本人保密哦

討厭的東西
「討厭的東西是暴力。現在和過去都沒有變過

關於聖杯
「有了聖杯,就能許願啊。
 該許什麼才好呢。
 休假、定期票、小汽車……不,最重要的是翻譯機吧。
 希望能翻譯蒼崎的難懂話語

活動
「活動嗎。浪費難得的慶典也不太好。
 去湊熱鬧吧,Master

「你,今天生日對吧?
 傍晚開始排出時間,去吃點好吃的東西吧

羈絆1
「回應召喚參上。
 Servant,Berserker。
 今後在能力所及的範圍內,覺得能幫上你的忙……嗯?
 ……嗯? ……抱歉,照有珠的小抄來看,這樣好像就可以了……
 咦? 「名字」? ……真是丟臉。
 名字是靜希草十郎。
 就隨意稱呼吧,Master

羈絆2
「稍微有點累了嗎?
 這種時候就要去食堂。
 這裡的食物十分美味。會讓人打起精神。
 更重要的是職員會有折扣。
 衣食足而知榮辱,是這麼說的吧。
 是學生時代為數不多的體悟

羈絆3
「Master的工作好像很忙碌。
 現在手頭上沒事,不介意讓我來的話可以幫忙。
 這是……Report? 啊啊,報告書嗎。
 交給我吧,是擅長的範疇。
 畢竟每天,都重寫又修正無數次……可以嗎? 這樣啊

羈絆4
「認真說,有點哀傷。
 大多的不合理……啊,不對。
 明明還對體驗過不可思議的事情引以為傲,但在你的戰績面前,就不過是少少3個活動的份量。
 因此,希望能積極地派上用場。
 等變回和平時,旅遊見聞,多多益善對吧?

羈絆5
「至今為止我的活動範圍都並不廣闊。
 在一個城鎮中,追逐著相襯的事件,比較符合身分。像是去找貓咪之類的呢。
 不過偶爾,稍微放縱也無妨吧。
 挑戰未知無論何時都很有趣。
 你也是這種類型的對吧?
 來場世界規模的活躍吧

靈基再臨1
「沒有換衣服嗎……不,不用在意。
 大概都被蒼崎拿走資源了吧?

靈基再臨2
「雖然不是打工,但能拿到報酬還真開心。
 值得了。有獎勵

靈基再臨3
「狀態變好了……又,有點不同呢。
 感覺稍微恢復以前的感覺了。
 明明還活著卻回到過去,這樣,也有些奇怪就是了

靈基再臨4
「收到最終紅利了。
 這麼好的報酬,自公主的護衛以來睽違已久了。
 謝謝,今後也請多多指教。
 雖然做過很多種打工,但覺得很中意Servant業。
 雖然辛苦但卻是值得的工作……嗯,切身體會

升級1
「變強了。營養還真厲害

升級2
「謝謝。近期會還的,不會忘掉哦

升級3
「像這樣一點一滴、不疾不徐地做也不賴。
 正所謂梯子無法一步登上呢

戰鬥開始1
「習慣都市後,這次是Servant生活啊。人生真是難懂」

戰鬥開始2
「別太期待。只能做到能力所及的事」

戰鬥開始3(蒼崎青子在先發隊伍中)
 靜希草十郎:
「堂堂正正地從正面來!
 我誤解魔術師了!」
 蒼崎青子:
「還真是話中有話的語調呢?」

戰鬥開始4(久遠寺有珠在先發隊伍中)
 草十郎:
「不事先下毒或設下陷阱之類的嗎。
 妳是個好魔術師呢」
 有珠:
「照那個說法,就好像有壞魔術師呢」

技能1
「如果會動,就會有呼吸」

技能2
「呼」

技能3
「對不起,想稍微拉開距離」

技能4
「作戰時間到了。冷靜下來吧」

技能5
 羅賓:
「還醒著嗎,傻小子」
 靜希草十郎:
「醒著哦」

技能6
 羅賓:
「會出手嗎,傻小子!」
 靜希草十郎:
「當然」

指令卡1
「呼姆」

指令卡2
「那麼」

指令卡3
「要怎麼做?」

寶具卡1
「話說,為什麼要做這種事?」

寶具卡2
「寶具? 啊啊,是王牌嗎。
 試著做做看吧」

寶具卡3
「雪停之時,要回家哦」

Attack1
 靜希草十郎:
「嗯?」
 蒼崎青子:
「別磨蹭了!」
 靜希草十郎:
「咦?」

Attack2
 靜希草十郎:
「姆姆?」
 蒼崎青子:
「去當誘餌!」
 靜希草十郎:
「才不要?」

Attack3
「上面,很危險哦」

Attack4
「真是受不了蒼崎」

Attack5
「要出勤了,出發!」

Attack6
「下訂的餐,請收下!」

Attack7
 蒼崎青子:
「糟了,快避開!」
 靜希草十郎:
「哎呀!」

Attack8
 蒼崎青子:
「要珍惜生命哦?」
 靜希草十郎:
「真是的!」

Attack9
「下面嗎!」

Attack10
「能理解心情哦」

Attack11
「哼!」

Attack12
「奴!」

Attack13
 羅賓:
「我當第一個! 輸了!」

Attack14
 靜希草十郎:
「差不多該來了吧?」
 羅賓:
「Mayday~!」
〔註:飛機失事的求救訊號〕

Attack15
 久遠寺有珠:
「啊」
 靜希草十郎:
「糟了,那可不是開玩笑的!」

Attack16
 久遠寺有珠:
「糟了……」
 靜希草十郎:
「指尖,會不會太不靈巧了!?」

Extra Attack1
「比起與熊為敵,還算……」

Extra Attack2
「好」

Extra Attack3
「喝!」

寶具1
「好。上吧。
 應供・四顛倒!

寶具2
「亡靈就用亡靈對付。
 會帶你上路。
 逆行運河・惡靈殺手

寶具3

受擊1
「喝啊!」

受擊2
「嗯……」

無法戰鬥1
「腳變得動彈不得了。
 這下就派不上用場了

無法戰鬥2
「只有避開致命傷。
 趁還走運時撤退」

無法戰鬥3
「一天一天變得遲鈍了啊,我」

勝利1
「戰利品! 有這麼好的事嗎!」

勝利2
「一半都是蒼崎她們害……託她們的福。
 我只是站著而已

勝利3
「希望能看看身體情況。
 即使沒受到攻擊,但被毆打還是會全身痠痛」

創作回應

更多創作