前往
大廳
主題

【歌詞中文翻譯】 薄明光線 / Chevon

Murphy | 2024-04-15 20:01:01 | 巴幣 4102 | 人氣 121

        
薄明光線 / Chevon
        
作詞:谷絹 茉優
作曲:Chevon
        
酷い孤独の中、心做しか聴こえる
猛烈的孤獨之中 宛如錯覺般的聲響
あの音の可視化がしたいんだ
我渴望將其化為肉眼可見啊
胸の中の靄を上手く出せない
無法好好表達心中的陰霾
あなたを救う歌詞が書きたいんだ
好想寫出能夠拯救你的歌詞啊
        
あなたと話がしたいんだ
我想要和你談談啊
細く枯れた喉の発した声に
願我能在第一時間注意到
真っ先に気付いてあげられるように
你那緊縮而枯竭的喉嚨發出聲音
深い闇に放り出されてどうしようもなくなって
被拋棄於深邃黑暗之中 無可奈何
もう、自分を傷つけるしかないなんて
唯一剩下的選擇只有傷害自己
そんなの、おかしいよ
這種事 太荒謬了啊
        
崩れそうになりながら、揺れる言葉の海を
我身處崩潰邊緣 獨自橫渡搖盪的話語之海
独りで渡って、辿り着いた小さな部屋
最終抵達了一個小小的房間
あなたの世界に少しだけ、私の歌が
在你的世界裡  我的歌曲
確かに鳴った、夜のこと
確實稍微響起的那個夜晚
そんな偶然を運命と私は、
我將那樣的偶然當作命運
        
1度変われば元の形には戻れないこと
一旦改變了就無法回復原來的形狀
本当の私は外の街じゃ愛されないこと
真正的我在外頭的世界是不會被愛的
心に立ち込めた分厚い雲のその切れ間から
從籠罩內心的厚重雲層縫隙間
私があなたに手を差し伸べることが出来たなら
倘若我能夠對你伸出援手
        
吐き出せずに心の中、溜まる言葉の膿は
無法吐露而積聚於心中的言語膿瘍
声に成らないで、ただ、頬を伝ってゆく
不曾化作聲響  徒然沿著面頰流淌
それでも足りずに手首を伝う前にさ
即使如此依然不足 在其流向手腕前
預けて欲しいの、痛みを少し
希望你能將些許痛楚託付給我
        
崩れそうになりながら、畝り巻く言葉の海を
我身處崩潰邊緣 在起伏翻湧的話語之海中
独り彷徨って、光を待つその小さな手は
獨自徘徊  那雙等待光芒的小小手臂
あの日聞こえた羽音を下手くそに真似た
拙劣地模仿著那一天聽見的振翅之聲
この歌にそっと今、触れている
此刻輕輕觸碰著這首歌曲
そんな偶然を運命と私は、信じている
我深信著 那樣的偶然即是命運
        
翻譯上若有問題希望可以私訊或留言指正  感謝!
送禮物贊助創作者 !
0
留言

創作回應

更多創作