主題

【中日歌詞】Vivid BAD SQUAD『月光』【プロセカ】

奏井ゆりん | 2022-05-20 15:03:32 | 巴幣 1042 | 人氣 6617

「月光」

歌:東雲彰人(CV:今井文也),小豆沢こはね(CV:秋奈),白石杏(CV:鷲見友美ジエナ),青柳冬弥(CV:伊東健人),MEIKO(CV:拝郷メイコ)
作詞:キタニタツヤ / はるまきごはん
作曲:キタニタツヤ / はるまきごはん
中文翻譯:奏井ゆりん
轉載請註明譯者及出處


ガラクタばかりを集めて ボロ切れひとを被せた
盡是蒐集些無用廢物 覆蓋上一片襤褸
醜い形をしたレプリカ
拚製成醜陋的仿製品

誰かが紡いだ言葉を 誰かが奏でた音色を
將他人編織的話語 與他人演奏的樂音
歪にコラージュした偽物
扭曲地拼貼而成的贗品

一番最初はベイルの中 革新的な少年の愛情が
在最初的屈服之中 隱藏著少年革新的愛情
僕ら気付いたらもう見えなくなる おもちゃを無くした子供が泣いている
當我們察覺之際已無法看見 丟失了玩具的孩子哭泣著

どうしてだろう? あのスポットライトに照らされている
是為什麼呢? 被那盞聚光燈打照著
その背中はまたこの手から遠ざかっていく
那副背影又從手中遠離而去

あなたみたいになれやしなくて あの月を追いかけるように
不願變得如同你一般 追尋著那抹月光
渇いた心は満たされないまま
飢渴的心仍未被填滿
一人になって一人になって くすんだ夢を見続けてしまった
隻身一人孤獨地 不停追尋這黯淡的夢想
なぞる僕たちは
臨摹著的我們

ガラクタだって、ボロ切れだって その心臓が放っ血液には
即便是廢物、即便是襤褸 從那心臟流出的血液
僕だけの怒りがあった
有著只屬於我的憤怒

足りないのなんだったんだろう 神様に聞いてきたあとで
不足之物是什麼呢 如此向神詢問過後
堕天使の弓矢に 口止めされた
被墮天使的弓矢 封了口
初めから知っていたんだよ 忘れた芝居をしてんだよ
從最初開始便全然知情 只是遺忘後持續演著戲
貰いもんの剣を 抱きしめている
將得到的劍 緊緊擁入懷中

何十回目の失望だろう? いっそ何もかもを捨ててしまいたいと
這是第幾十次的失望了呢? 真想乾脆捨棄一切所有
きっと最後は何も残らない 愛も、紡いだ音も、名前も朽ちていく
最後必然什麼都不會留下 連同愛情、編織的音色、與姓名也腐朽而去

どうしてだろう? この胸の奥にこびり付いている
是為什麼呢? 在這胸口深處揮之而不去
冬の夜の静寂に似た孤独を
恰似冬夜的寂靜一般的孤獨

あなたはきっと知りもしないで 一人星を見ていた
你一定渾然未知 隻身望著繁星
赤い目の僕に 気も留めないまま
對於泛紅著雙眼的我 也未曾留心過
隣に立ったあなたは遠くて くすんだ夢も見えなくなってしまって
站在我身旁的你感覺十分遙遠 就連那黯淡的夢想也已然無法看見
それでも追い続けて
即便如此仍持續追尋著

偽物だって、真実だって 今振り返れば
即便是贗品、即便是真實 如今回首當初
ただそこには ぼやけた記憶があった
那裡僅僅剩下 模糊不堪的記憶

廃物と化したアイロニー クリシェを抜け出しないのに
派不上用場的嘲諷 明明仍未擺脫那些陳腔濫調
「また誰かの焼き直し?」
「這次又是將誰的東西回爐重造了?」
数多の星の屑たち 沈み消えゆくユースタシー
無數的星辰碎屑 沉沒消失於海平面
無慈悲な月の光
殘忍的月光

「アイデンティティさえまやかし?」
「就連個性也得偽造嗎?」
「盗んででも愛が欲しい?」
「即便盜竊也想得到愛嗎?」

羊のような雲が浮かんだ昼すぎ
如同綿羊一般的雲朵漂浮著的午後
懐かしい歌が風に揺れている
懷念的歌聲隨風搖擺著
あなたの声で教えて貰った言葉
那你的聲音所教導給我的話語
今でも忘れぬように書き留めてる同じことを
為了不要忘懷如今也不斷重複書寫著

あなたみたいになれやしなくて あの月を追いかけるように
不願變得如同你一般 追尋著那抹月光
渇いた心は満たされないまま
飢渴的心仍未被填滿
時間が経って 時間が経って 振り返る時目を逸らさぬように
歲月流轉時光消逝 為了回首之時能正視一切
なぞる僕たちは
臨摹著的我們
ガラクタだって、ボロ切れだって 醒めぬ夢を追っていった先には
即便是廢物、即便是襤褸 追尋著無法清醒的夢的前方
僕だけの光がずっと
永遠閃耀著只屬於我的光芒

=================================

雖然都有前人翻譯過了
有點想找時間把VBS過去的原創曲都翻譯一次
用自己的話語理解一次這些歌詞的感覺
總是讓人特別著迷

※29日官方會公開full version,到時會將完整版歌詞補齊
↑已補齊
神曲...
剛剛跟首播聽
真的是連話都說不出來差點尊死在螢幕前
真心感謝





創作回應

相關創作

更多創作