主題

【中日歌詞】無法地点 /La prière(藍月なくる、棗いつき、nayuta)

たわいないCaya | 2022-01-16 00:15:21 | 巴幣 6 | 人氣 249



【MV】無法地点 /La prière
『僕のルールで生きたい』
『想以我的規則存活』

―――――――――――――――――――――


―――――――――――――――――――――

Title:無法地点
Compose / Lyrics:新田目 駿 https://twitter.com/shun_aratame
Mix / Mastering:Meis Clauson https://twitter.com/meisclauson
Movie:みや。 https://twitter.com/udukimiya
TC translation:Caya

―――――――――――――――――――――

  La prière是由藍月なくる、棗いつき、nayuta組成的同人音樂歌唱團體,組合名稱為法語詞,有「祈禱」、「懇求」的意思。成立於2019年,至今已發布三張專輯,現在正在進行連續 12 個月原創單曲的計畫,目前發佈到第10首也就是這次翻譯的《無法地点》。
. La prière Twitter:https://twitter.com/Lapriere_info/
. La prière Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCrzRVEJbO4_aEDgN4WXo0mQ
. 棗いつき:https://twitter.com/itsukinatsume
. 藍月なくる:https://twitter.com/Gelidium_31
. nayuta:https://twitter.com/7utauta

歌手.棗いつき 宣布將隸屬於音樂事務所株式会社一二三(Hifumi, inc.)
https://home.gamer.com.tw/artwork.php?sn=5359920

―――――――――――――――――――――

-Lyrics-
正義と非正規の感染
勝利と不条理の凱旋が
癒えない 癒えないな
曖昧な論理の相違 
限界と喪失感の狭間で
息を止めていれるか

 ⚠ 正義與非正規的感染 
 ⚠ 勝利與不合理的凱旋 
 ⚠ 無法治癒 無法治癒呢 
 ⚠ 曖昧地議論的紛歧 
 ⚠ 極限與喪失感的空隙裡 
 ⚠ 能否在此停止呼吸呢 

なぜ人は夢を見るの
なぜ人は愛し合うの
なぜ人は生きているのか
わからなくなって
溢れ出した声を
聞き逃さないで

 ⚠ 為何人總會做夢 
 ⚠ 為何人總會相愛 
 ⚠ 為何人仍會活著呢 
 ⚠ 漸漸無法理解 
 ⚠ 那流溢的聲音 
 ⚠ 請別因此漏聽 

さあ無法になってしまえよ
僕じゃない 僕じゃない誰かになるなら
目に映るグレイの海原
もう無法になってしまえば
僕らは 僕らは何かを守れる?
ねえ、君のルールを知りたい

 ⚠ 看吧變得無法無天了唷 
 ⚠ 並非我 並非我 若要變為何人的話 
 ⚠ 映入眼簾地灰色滄海 
 ⚠ 已經變得無法無天的話 
 ⚠ 我們還 我們還能守護什麼? 
 ⚠ nee 想理解你的規則 


後悔と弱さの証明
肝心な言葉も感情も
言えない 言えないな
だんだん縺れ合って
だんだん忘れ去っていくんだよな
どこからも見えないままで

 ⚠ 後悔與懦弱的證明 
 ⚠ 關鍵的話語還有感情 
 ⚠ 無法述說 無法述說呢 
 ⚠ 漸漸地錯綜複雜 
 ⚠ 漸漸地忘卻而去了呢 
 ⚠ 就此從何處也都無法窺視 


なぜ僕は立ち止まるの
なぜ僕は齢をとるの

 ⚠ 為何我會停下腳步 
 ⚠ 為何我會年齡增長 

なぜ人は夢を見るの
なぜ人は愛し合うの
なぜ人は生きているのか
わからなくなって
溢れ出した声を
聞き逃さないで

 ⚠ 為何人總會做夢 
 ⚠ 為何人總會相愛 
 ⚠ 為何人仍會活著呢 
 ⚠ 漸漸無法理解 
 ⚠ 那流溢的聲音 
 ⚠ 請別因此漏聽 

さあ無法になってしまえよ
僕じゃない 僕じゃない誰かになるなら
動き出す無縁のパノラマ
もう不幸になってしまえば
いつかは いつかは何かを守れる?
ああ、僕のルールで生きたい

 ⚠ 看吧變得無法無天了唷 
 ⚠ 並非我 並非我若要變為何人的話 
 ⚠ 開始作動地那無緣的panorama 
 ⚠ 已經變得不再幸福的話 
 ⚠ 未來有天 未來有天還能守護什麼? 
 ⚠ 啊啊 想以我的規則存活 

僕らは 僕らは
いつかは いつかは
 ⚠ 我們還 我們還 
 ⚠ 未來有天 未來有天 

ねえ、同じルールで生きれるかな
 ⚠ Nee 能以同樣的規則存活嗎 

創作回應

羽毛羽毛
[e34]
2022-01-17 23:22:12
追蹤 創作集

作者相關創作

相關創作

更多創作