主題

スポットライト/初音ミク/あしかかもしか。/聚光燈 譯:風

御風 | 2021-11-25 19:00:31 | 巴幣 0 | 人氣 72

Spotlight
-スポットライト-

MusicLylic
あしかかもしか
IllustMovie
小猫まり

同じ時 同じ場所で過ごして
我們生活在同樣時間 同樣地點
同じ景色を見てきたはずの僕ら
應該也看著同樣的景色
だけど
可是
少しずついろんな方向見て
當稍微看向不同方向後
ひとり、またひとり……
獨自,又獨自一人……

いつかみな別れて進むんだろうか。
何時大家都離開向前了呢。
僕もいつかはひとり歩む日が来るだろうか。
某天我也會獨自行走嗎。
そう思うと急に心細くて 眠れなくなった
一那樣想心中馬上慌了起來 變得無法入眠了

時計の刻む音 やけに胸を刺す
時鐘銘刻時間之音 深深刺入胸口
君の根拠のない「大丈夫!」と笑顔を
使我忽然想起了
ふっと、思い出した
你那無憑無據的「沒問題!」和笑容

”当たり前の日々
如果去回顧
過ぎていった何気ない日常
那於理所當然的日子裡
振り返ってみれば
逝去了的並不被在意的日常的話
いくつもの積み重ねた小さな奇跡だ”
就可以看到那是許多微小奇蹟積累而成的啊』
なんてさ、そんなありきたりな歌詞に
什麼的,從來沒想過
こんなにも共鳴する日が来るなんて
竟會有一天能和那樣平凡的歌詞
そんなこと、思ってなかったな
產生共鳴呢



不器用な僕は
沒用的我啊
10ある気持ちのうち
有著十分感情的我
1つ言葉にするのでやっとだけれど
最後只讓其成為一句言語 雖然如此
君は不思議
你竟如此不可思議地
2つ受け取ってくれたから
收到了兩份
こっそり 嬉しかったよ
所以我悄悄地 開心了起來

ぼくはいちごが好き
我喜歡草莓
でも、君はいちごが苦手だ
可是,你不愛吃草莓
君の好きなトマトは
你喜歡的番茄
僕は ちょっぴり苦手だ
雖然
だけど
我啊 也有些不愛 不過
同じ本の話ができた時 楽しかったよね
當能夠聊著同一本書時 我就無比開心
そんなふうにいられたら、いいよね
像這樣和你在一起的話,也很好唷


あくびを溢した1秒
和打呵欠的一秒
手に汗握った1秒
捏了把冷汗的一秒
同じように駆け抜けていった 僕の隣を
同樣匆匆流逝的 在我身側
笑った日も
笑著的日子
怒った日も
怒著的日子
泣いた日も
哭著的日子
同じように もう戻れない日々
都同樣的 已無法回去的日子們
コマ送りのように思い出しては
如走馬燈般回想起來
力になれ…… 光になれ……
成為我的力量吧…… 成為我的光亮吧……
明日からを照らし出せ
明天開始照耀出來吧
スポットライトの熱灯るように 輝け
如聚光燈之熾熱明亮般 閃耀吧

今日という日も
今天這天也是
二度とない日 限りのある時間
不會再來的一天 在有限的時間中
忘れないように刻むんだ
為了不忘記般銘刻著
新しいスタートの目印のように
如新起點的標誌般
心に一つ旗を立てて
在心中立一杆旗
それぞれの歩幅で一歩
以各自步伐跨出一步
今、歩き出せ
現在,走出去吧

夢の眩しさに
如果 前方道路如夢般眩目迷茫
道がかすみ 足がすくんでしまうなら
雙腳動不了了的話
今日までを信じよう
直到今日繼續相信吧
積み重ねた小さな奇跡抱きしめて
抱緊那堆疊著的微小奇蹟
ほら
看吧
この道を照らすのは 僕らだ
照耀這條道路的 便是我們
僕自身だ
是我們自己呀

創作回應

相關創作

更多創作