主題

【中日歌詞】yama 『希望論』

奏井ゆりん | 2021-10-02 00:10:02 | 巴幣 14 | 人氣 777

『希望論』
作詞/作曲:ADA
歌:yama
中文翻譯:奏井ゆりん
轉載請註明譯者及出處


正解なんて無いからね
所謂的正解是不存在的
わざと大きい声で叫ぶ世界
在這刻意放聲吶喊的世界裡
大体代替品世代 故の存在証明を今
這幾乎被取代的時代 就於此刻證明其存在的理由

冷えた缶ビールの季節です
現在是冷卻罐裝啤酒的季節
汗で張り付いたTシャツが言う
汗水淋漓的T恤如此傾述
ここで自爆テロの速報です
在此為您帶來自爆恐攻的快訊
ビルに張り付いた画面が言う
高樓上的螢幕裡如此述說

梅雨は明け快晴が続くでしょう
梅雨季結束會一直是晴朗的好天氣呢
モヤがかかったアスファルトが言う
薄霧壟罩的柏油路面如此說著
歩道を舞った新聞紙が言う
人行道上飛舞報紙如此寫道
ところで貴方は誰
話說回來您是哪位

イヤホンから流れ出す いつも通りの音楽が
從耳機裡流瀉而出的 那一如既往的音樂
僕を嘲笑ってるように感じてしまったんです
就彷若在嘲笑我一般

正解なんて無いからね
所謂的正解是不存在的
わざと大きい声で叫ぶ世界
在這刻意放聲吶喊的世界裡
大体代替品世代 故の存在証明を
這幾乎被取代的時代 就於此刻證明其存在的理由

言葉にすり変わる前の
在編織成話語之前的
怒りによく似たこの希望を
這與憤怒相似的希望
忘れないように旗を立て
為了永不忘懷豎立起旗幟
いつか再びここで落ち合おう
有朝一日在此再相見

横たわった日々の怠惰
日復一日臥枕怠惰
何もない とは敗北のよう
無所事事 就如同敗北一般
何もない って笑い泣いたら
說著沒事 笑著哭泣
可愛がられた 歯軋りがした
令人憐愛地 咬牙切著齒

明日の夜またここでお会いしましょう
明晚於此再度相會吧
塗装の剥げた古ベンチが言う
油漆剝落的老長椅如此邀約
路傍に朽ちた週刊誌が言う
路旁腐朽的週刊雜誌如此說道
君に興味はないよ
我對你可沒有興趣
だって金にもならないし
反正也不能拿來換錢

サラリー振り込みの通知 写り込む安堵した顔こそ
看著薪水入帳的訊息 那安心下來的表情才是
僕が画用紙に描くべき「みらいのぼく」だったんです
我該用畫紙記錄下的「未來的自己」的樣子

問題は山積みだね
問題堆積如山呢
本当うるさい声で笑う世界
在這惱人地大笑著的世界裡
大々的開幕次第 僕の憂鬱は無しになって
隨著盛大的開幕 我的憂鬱消失無蹤

言葉にしないと分かんないよ
不將話語說出口就無法明白呢
何度も言われたその指導論
被無數次如此說過的指導論
頷きながら爪を立て
點頭回應之餘抵抗著
いつかなんていつまで待てばいいの
只要持續等待終將到來的那一天就好

うだうだ色々考えたら
叨叨絮絮地思考過許多過後
どいつもこいつも喋り出して
這傢伙也那傢伙也爭相討論
肝心な事は分からない
最重要的事還不得而知
結局一つも言えやしない
結果什麼都說不出口

何も言えやしないけど この歌だけ僕の本当だ
雖然什麼都沒能說出口 只有這首歌是我的真實
なんて強がりじみても大真面目に歌いたいです
看似逞強但仍想竭盡所能地來唱

将来なんて知らないよ
未來什麼的我可不知道
僕が僕で無くても廻る社会
這即便我失去自我仍會持續運行的社會
橙色に染まる街 個々に在る証としての影
染映成橙色的街道 映照出一個個證明存在的身影

正解だってあるはずだ
正確答案也應該是存在的
僕が僕であるなら見える世界
若我能保有自我便能看到的那個世界
散々だった過去の枷
碎落滿地的悲慘過去枷鎖
全て引きずって尚歩くよ
全部背負著繼續前行

言葉にしたけど伝わるかな
編織而成的話語是否有傳達到呢
怒りによく似たこの希望論
這與憤怒相似的希望論
忘れたフリだけ上手い僕ら
只擅長假裝遺忘的我們
再びここでまた会おうね
再次於此相會吧

言葉にしたけど伝わるかな
編織而成的話語是否有傳達到呢
怒りに良く似たこの希望論
這與憤怒相似的希望論

======================================

初次見面
隔了數年又重拾了歌詞翻譯
之後有喜歡的歌會不定期更新
還請多多指教

















創作回應

蓄力谷恆條野
小弟我使用了大大的翻譯製作了中日字幕的影片,所以來告知一下,有標明出處喔。
連結如下:
https://youtu.be/B-jfNn3_130
2021-10-07 00:45:04
奏井ゆりん
謝謝你~
2021-10-11 02:16:33

相關創作

更多創作