主題

【翻譯】命に嫌われている。/カンザキイオリ【中日羅平假】

凜玥 | 2021-02-13 17:57:23

命に嫌われている。


作詞・作曲・編曲:カンザキイオリ

唄:初音ミク


本家様 






中文/平假/羅馬/都出自本人



「死(し)にたいなんて言(い)うなよ」
“shi ni ta i na n te i u na yo“
「不要再說什麼想死了」

「諦(あきら)めないで生(い)きろよ」
”akira me na i de i ki ro yo”
「不要放棄好好活下去吧」

そんな歌(うた)が正(ただ)しいなんて馬鹿(ばか)げてるよな
so n na uta ga tada shi i na n te baka ge te ru yo na
這樣的歌是正確的什麼真是愚蠢呢


実際(じっさい)自分(じぶん)は死(し)んでもよくて周(まわ)りが死(し)んだら悲(かな)しくて
jissai jibun wa shi n de mo yo ku te mawa ri ga shi n da ra kana shi ku te
實際上自己死了的話也沒關係 但若是周圍的人死了的話卻會悲傷

「それが嫌(いや)だから」っていうエゴなんです
“so re ga iya da ka ra” t te i u ego na n de su
說著「因為討厭那樣子啊」如此的自我主義罷了


他人(たにん)が生(い)きてもどうでもよくて
tanin ga i ki te mo do u de mo yo ku te
其他的人活著怎樣都好

誰(だれ)かを嫌(きら)うこともファッションで
dare ka wo kira u ko to mo fasshon de
討厭誰什麼的也只是趕流行

それでも「平和(へいわ)に生(い)きよう」
so re de mo “heiwa ni i ki yo u”
即便如此也說了「和平地活著吧」

なんて素敵(すてき)なことでしょう
na n te suteki na ko to de sho u
是何等美好的事對吧


画面(がめん)の先(さき)では誰(だれ)かが死(し)んで
gamen no saki de wa dare ka ga shi n de
在畫面之前誰死了

それを嘆(なげ)いて誰(だれ)かが歌(うた)って
so re wo nage i te dare ka ga uta t te
感嘆如此的誰歌唱著

それに感化(かんか)された少年(しょうねん)が
so re ni kanka sa re ta shounen ga
然後被感化的少年

ナイフを持(も)って走(はし)った
naifu wo mo t te hashi t ta
拿起刀子開始奔跑



僕(ぼく)らは命(いのち)に嫌(きら)われている
boku ra wa inochi ni kira wa re te i ru
我們被生命厭惡著

価値観(かちかん)もエゴも押(お)し付(つ)けていつも誰(だれ)かを殺(ころ)したい歌(うた)を
kachikan mo ego mo o shi tsu ke te i tsu mo dare ka wo koro shi ta i uta wo
抱持著價值觀和自我主義 將總是想殺了誰的歌曲

簡単(かんたん)に電波(でんぱ)で流(なが)した
kantan ni denpa de naga shi ta
簡單的用無線電波流出

僕(ぼく)らは命(いのち)に嫌(きら)われている
boku ra wa inochi ni kira wa re te i ru
我們被生命厭惡著

軽々(かるがる)しく死(し)にたいだとか
karugaru shi ku shi ni ta i da to ka
輕率的想去死

軽々(かるがる)しく命(いのち)を見(み)てる僕(ぼく)らは命(いのち)に嫌(きら)われている
karugaru shi ku inochi wo mi te ru boku ra wa inochi ni kira wa re te i ru
輕率的看待生命的我們被生命厭惡著


お金(かね)がないので今日(きょう)も一日中(いちにちじゅう)惰眠(だみん)を謳歌(おうか)する
o kane ga na i no de kyou mo ichinichijuu damin wo ouka su ru
因為沒有錢今天一天也在慵懶的瞌睡中度過

生(い)きる意味(いみ)なんて見(み)出(だ)せず、無駄(むだ)を自覚(じかく)して息(いき)をする
i ki ru imi na n te mi da se zu   muda wo jikaku shi te iku wo su ru
還未發現活著的意義、自覺徒勞卻依舊呼吸著

「寂(さび)しい」なんて言葉(ことば)でこの傷(きず)が表(あらわ)せていいものか
“sabi shi i” na n te kotoba de ko no kizu ga arawa se te i i mo no ka
怎能用「好寂寞」之類的話語 就將傷痕表現出來呢

そんな意地(いじ)ばかり抱(かか)え今日(きょう)も一人(ひとり)ベッドに眠(ねむ)る
so n na iji ba ka ri kaka e kyou mo hitori beddo ni nemu ru
就抱著那樣的執意今天也仍一個人睡去


少年(しょうねん)だった僕(ぼく)たちはいつか青年(せいねん)に変(か)わってく
shounen da t ta boku ta chi wa i tsu ka seinen ni ka wa t te ku
曾是少年的我們總有一天也會成為青年

年老(としお)いていつか 枯(か)れ葉(は)のように誰(だれ)にも知(し)られず朽(く)ちていく
toshio i te i tsu ka   ka re ha no yo u ni dare ni mo shi ra re zu ku chi te i ku
年年老去著總有一天 會像枯葉般誰也不曉得的腐爛去

不死身(ふじみ)の身体(からだ)を手(て)に入(い)れて一生(いっしょう)死(し)なずに生(い)きていく
fujimi no karasa wo te ni i re te   isshou shi na zu ni i ki te i ku
將不死之身的身體得到手一輩子都不會死的活著

そんなSFを妄想(もうそう)してる
so n na SF wo mousou shi te ru
妄想著那樣的科幻情節


自分(じぶん)が死(し)んでもどうでもよくて
jibun ga shi n de mo do u de mo yo ku te
自己死了也怎樣都好

それでも周(まわ)りに生(い)きて欲(ほ)しくて
so re de mo mawa ri ni i ki te ho shi ku te
即便如此卻想要周圍的人都活著

矛盾(むじゅん)を抱(かか)えて生(い)きてくなんて怒(おこ)られてしまう
mujun wo kaka e te i ki te ku na n te oko ra re te shi ma u
抱著矛盾活著什麼的 會被怒責的


「正(ただ)しいものは正(ただ)しくいなさい」
“tada shi i mo no wa tada shi ku i na sa i”
「正確的東西就讓他正確」

「死(し)にたくないなら生(い)きていなさい」
“shi ni ta ku na i na ra i ki te i na sa i”
「不想死的話就請活下去」

悲(かな)しくなるならそれでもいいなら
kana shi ku na ru na ra so re de mo i i na ra
即便變得悲傷 那樣子也好的話

ずっと一人(ひとり)で笑(わら)えよ
zu t to hitori de wara e yo
就永遠都一個人笑著吧


僕(ぼく)らは命(いのち)に嫌(きら)われている
boku ra wa inochi ni kira wa re te i ru
我們被生命厭惡著

幸福(こうふく)の意味(いみ)すらわからず産(う)まれた環境(かんきょう)ばかり憎(にく)んで
koufuku no imi su ra wa ka ra zu  u ma re ta kankyou ba ka ri niku n de
連幸福的意義都不明白僅僅憎恨著生長的環境

簡単(かんたん)に過去(かこ)ばかり呪(のろ)う
kantan ni kako ba ka ri noro u
單單只是詛咒著過去

僕(ぼく)らは命(いのち)に嫌(きら)われている
boku ra wa inochi ni kira wa re te i ru
我們被生命厭惡著

さよならばかりが好(す)きすぎて本当(ほんと)の別(わか)れなど知(し)らない僕(ぼく)らは命(いのち)に嫌(きら)われている
sa yo na ra ba ka ri ga su ki su gi te honto no waka re na do shi ra na i boku ra wa inochi ni kira wa re te i ru
僅僅只喜歡說著永別了 卻連真正離別都不了解的我們被生命厭惡著


幸福(こうふく)も別(わか)れも愛情(あいじょう)も友情(ゆうじょう)も
koufuku mo waka re mo aijou mo yuujou mo
幸福也好 離別也好 愛情也好 友情也好

滑稽(こっけい)な夢(ゆめ)の戯(たわむ)れで全部(ぜんぶ)カネで買(か)える代物(しろもの)
kokkei na yume no tawamu re de zenbu kane de ka e ru shiromono
都是滑稽夢中的戲言 都是錢買得到的東西

明日(あした)死(し)んでしまうかもしれない
ashita shi n de shi ma u ka mo shi re na i
也許明天就死了也不一定

すべて無駄(むだ)になるかもしれない
su be te muda ni na ru ka mo shi re na i
全部都徒勞也不一定

朝(あさ)も夜(よる)も春(はる)も秋(あき)も
asa mo yoru mo haru mo aki mo
早晨也好夜晚也好 春天還是秋天都好

変(か)わらず誰(だれ)かがどこかで死(し)ぬ
ka wa ra zu dare ka ga do ko ka de shi nu
沒有變的都有著誰在哪處死去

夢(ゆめ)も明日(あす)も何(なに)もいらない
yume mo asu mo nani mo i ra na i
夢想也好明天什麼的全都不需要

君(きみ)が生(い)きていたならそれでいい
kimi ga i ki te i ta na ra so re de i i
只要你活著的話那樣就好

そうだ
so u da
就是這樣啊

本当(ほんと)はそういうことが歌(うた)いたい
honto wa so u i u koto ga uta i ta i
真正想唱的就是那樣的事呀


命(いのち)に嫌(きら)われている
inochi ni kira wa re te i ru
被生命厭惡著

結局(けっきょく)いつかは死(し)んでいく
kekkyouku i tsu ka wa shi n de i ku
結局總有一天還是會死去

君(きみ)だって僕(ぼく)だっていつかは枯(か)れ葉(は)のように朽(く)ちてく
kimi da t te boku da t te i tsu ka wa ka re ha no yo u ni ku chi te ku
你啊我啊 總有天會像枯葉般腐去

それでも僕(ぼく)らは必死(ひっし)に生(い)きて
so re de mo boku ra wa hisshi ni i ki te
即便如此我們仍拚命的活下去

命(いのち)を必死(ひっし)に抱(かか)えて生(い)きて
inochi wo hisshi ni kaka e te i ki te
拚命抱著生命活下去啊

殺(ころ)してあがいて笑(わら)って抱(かか)えて
koro shi te a ga i te wara t te kaka e te
殺害著掙扎著笑著擁抱著

生(い)きて生(い)きて生(い)きて生(い)きて生(い)きろ
i ki te   i ki te   i ki te   i ki te   i ki ro
活下去活下去活下去活下去活下去啊。






特別喜歡中間而那一句「君が生きていたならそれでいい。」
人生中總會有那個給你活下去的意義的人



不知道要翻什麼好來填一下カンザキさん的坑好了
歌詞的故事性很高,想傳達的意義也很深,那種在生活中垂死掙扎的感覺不是在開玩笑




不專業翻譯  有錯歡迎糾正(´‧ω‧`)
63 巴幣: 1000

創作回應

相關創作

更多創作